最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

#SHERLOCKLIVES

★そろそろ、第3シリーズのネタバレ要素が多くなってきております。
放映まで物語の内容に触れたくない方はご注意ください。


先日、ジョンのブログ再開に関する記事でYOKOさんのコメントへのお返事に
「(S2E3の終了時点でシャーロックの生存がわかっていたので)ファンがBBCにメールをしたり、喪章を付けて歩いたりする必要がなくてよかった」というようなことを書きましたが、これは、原作もお好きなYOKOさんに向けて、「最後の事件」でホームズが「亡くなった」時の読者の反応のことを意識してのことでした。
当時の「ホームズ」ファンの反応について、「最後の事件」のwikiから引用します。

『ストランド・マガジン』に「最後の事件」が発表され、ホームズの死が明らかになると、世間は大騒ぎとなった。ホームズの死を悼んで外出の際に喪章を着けた人々がいたこと、20000人以上の読者が、続けていた『ストランド・マガジン』の予約購読を取り消したこと、ドイルに対して抗議や非難・中傷の手紙が多数送られたことなどが知られている。ドイルは後に、自分が現実で殺人を犯した場合でも、これほど多数の悪意に満ちた手紙を受け取ることはなかったはずだと記している。
ホームズの死は他の雑誌でも取り上げられた。『スケッチ』では「悲劇的な死」と評され、『パンチ』では目撃証言などホームズの死を確認できる証拠がないという指摘がされた。『ストランド・マガジン』を創刊したジョージ・ニューンズは、雑誌の売り上げに大きな影響を与えることから、株主に対して「とんでもない出来事」と話している。
「最後の事件」発表後、ドイルは読者や出版社からホームズを復活させるよう幾度となく要望されることになる。しかし、ドイルは長期間にわたりこの要望を拒絶し続けた。やがて様々な要因からドイルはシリーズの執筆を再開することになるが、ホームズが再登場した1901年の長編『バスカヴィル家の犬』は、「最後の事件」より前に発生した事件だった。ホームズが本当に「復活」するのは1903年の短編「空き家の冒険」で、「最後の事件」の発表から9年と10ヵ月が経過していた。



ところが、その直後に第3シリーズのトレイラーを見て、自分がとんだ思い違いをしていたことに気がつきました。



シャーロックの「復活」に際して、世間が大騒ぎしなくて済んだなんてとんでもない!
BBCは、世界中の「実在する」SHERLOCKファンを巻き込んで「ホームズ死亡→復活」当時の熱狂を21世紀に再現するという、一大プロジェクトを起こそうとしていたのですね!

もちろん、世界中のファンが実際に「#sherlocklives」のハッシュタグを使って動き出します。
さらに、メインスタッフのマーク・ゲイティス、スー・バーチューなどから「明日の朝、ベーカーストリートやガウアーストリート、バーツなどにある車両が現れる」という趣旨のツイートが。

そして予告どおりに、ロンドンの街に現れた車。



第3シリーズ1話のタイトルになっている"The Empty Hearse"!
この車の登場で、ひっぱりにひっぱった「第3シリーズ放映開始日」がついに発表されるという凝りよう!
もう、スタッフにはこの言葉を贈るしかないですよね!心からの賛辞として!

「(前略)ワトスン君はよく知っていますが、私はとかく芝居がかりにやらないじゃいられない癖があるもんで……(海軍条約文書事件・延原謙訳)」




きっと、この他にも取りこぼしている情報がたくさんあると思います。
このブログはあくまで原作との比較がテーマなので、最新情報は知らなくても別にいいや、というスタンスでやってきたのですが、この「究極の原作リスペクト」には、できるだけしっかりついていかなくては!

「作る人」もまたホームズの「ファンである」ということを、しみじみと思いました。
そして、提供側のプロモーションとファンによる口コミの広がりがソーシャルネットワークによって地続きとなっていることや、ただ「作品を見せる」「見せられるのを待つ」だけではない、製作者と視聴者の双方向的な関係に、「現代」らしさを感じます。
過去にも何度か「作品に対する現実の読者の反応が、物語に取り入れられている」例を挙げましたが(関連記事:「ヘイミッシュ」ビリーは二人いる」など)、この作品が、ホームズ物語の舞台を現代に移しただけのものではないこと、ヒット作としてシリーズを重ねてなお、わくわくするような趣向が随所に仕掛けられていることにも、ひたすら感心させられます。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- トビィ - 2013年11月30日 16:19:42

ナツミさん、こんにちは!

ハドスン夫人とジョンと一緒に(と思っている私)シャーロックの墓参りをしたのは昨日の事のようです。

youtube観ようか?どうしようか?!
迷いましたが、やっぱり観てしまいました。

ジョンのヒゲもビックリしましたが、それよりも、携帯を取った女性が「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」のウギ―・ブギーの子分ショックみたいだったのには驚きました。
221-Bの部屋でしたが、ジョン独りで探偵業しているのかしら?!
それともドイルのマネして降霊術しているのかしら???

S2では弟をあっさり敵に売ってしまったマイクロフト。
今度は弟の復活のために国家を利用するかもしれませんね。

「究極の原作リスペクト」S3までに原作を読みなおさなければ・・・

霊柩車。
関西ではむかし神輿のようなゴージャスな装飾でしたが、
最近は黒のシンプルな車ばかりになりましたね。
「ごーるど・霊柩車」あれはあれで格好良いのに・・・

Fantastic!!! - ナツミ - 2013年11月30日 21:12:25

トビィさん、こんにちは!今日はRMさんのブログでもご一緒しましたね!
(ホームズのミュージカルって、本当ですか?)

> ハドスン夫人とジョンと一緒に(と思っている私)シャーロックの墓参りをしたのは昨日の事のようです。

本当ですね。私にとっても、あっという間の二年間でした。

> youtube観ようか?どうしようか?!
> 迷いましたが、やっぱり観てしまいました。

ひょ、ひょっとしてうちのブログで決断を突きつけてしまったでしょうか!?
だとしたらすみません!1週間も我慢なさったのに!

> ジョンのヒゲもビックリしましたが、それよりも、携帯を取った女性が「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」のウギ―・ブギーの子分ショックみたいだったのには驚きました。

「ナイトメア~」大好きなんですが、3人の顔を覚えてなくておもわずぐぐっちゃいました!
http://character.disney.co.jp/nightmare/lock-shock-barrel
どっちかというとウギー・ブギーに似てませんか…あ、メイクか!失礼しました!
るあるあさんのブログでは「マツコ似」と言われてましたね。おねえさん、何者だかわかりませんが、早くも日本でプチブレイクの予感です。

> 221-Bの部屋でしたが、ジョン独りで探偵業しているのかしら?!
> それともドイルのマネして降霊術しているのかしら???

ジョンは「あの部屋には戻れない」って言ってたので、おそらくあの場にはいないでしょう。
「降霊術」はひょっとして名推理かも!ショック・マツコ姐さんはちょっとそれっぽい雰囲気でしたし!

シャーロックのお墓は花でいっぱいだったので、まだまだ狂信的?なファンがいるのでしょう。
彼らはジョンが去ったあとの221Bに入り浸っては、「シャーロックの復活」を待ち望んでいた。手を尽くして調べたものの、さすがにもう死んでいるのでは?と弱気になったとかで、ついに霊媒師マツコを呼んでシャーロックの魂を呼び出すことに!そしてたまたま、彼女が呼び出したタイミングで例のアラートが…というところまで仮説を立ててみました。
…アンダーソンについての説明がないですが、なんかこう、油断してたとこで巻き込まれたんでしょうどうせ。(←シャーロック並に投げやりだな)

> S2では弟をあっさり敵に売ってしまったマイクロフト。
> 今度は弟の復活のために国家を利用するかもしれませんね。

ああ、そう要約すると悲しくなってしまいますね。
原作どおり、シャーロックとつながっていて、文字通り唯一の支援者になってくれているといいのですが…
でも、そうするとジョンを騙したことにもなるし(S2E3での謝罪は、そのことも含んでいるのかもしれませんが…)シャーロックが帰ってきたからと言って、単純にすべてが元通りになるわけではないのですよね。

> 「究極の原作リスペクト」S3までに原作を読みなおさなければ・・・

はい!私も「最後の事件」と「空家の冒険」を読みながら年を越します!
あ、でも久保みねヒャダの特番はぜひとも生で見ます!(いいかげん)

> 霊柩車。
> 関西ではむかし神輿のようなゴージャスな装飾でしたが、
> 最近は黒のシンプルな車ばかりになりましたね。
> 「ごーるど・霊柩車」あれはあれで格好良いのに・・・

わたしも、お神輿のような霊柩車をイメージしていましたよ!最近はシンプルなんですか。
それでもやっぱり、霊柩車で番宣というのは、日本ではちょっと過激なような気がします。
私が知らないだけで、最近はそんなでもないのかしら。
それにしてもあまりにも周りにSHERLOCKファンがいないので、ちょっとあのハッシュタグを透明ステッカーに印刷して、1ヶ月間車に貼ってみようかな…皆が「水曜どうでしょう」とか貼ってる感じで…

盆と正月とクリスマス - へしこ - 2013年12月01日 16:19:30

こんにちは。「#sherlocklives」のタグを即効使って「盆と正月とクリスマスがいっぺんにキターーーーーーー!!!」と叫んでいた私はBBCさんの掌の上で転がされまくりですが、もう「踊らにゃ損」精神で突っ走ろうかと思っています。霊柩車画像も(親指握るのを忘れて)見まくりましたとも!

ところで、トレイラーで「部屋」に集う人々(=狂信的なシャーロックファン?)なんですが。あの部屋って、彼らが221Bを模して作った集会所なんじゃないか?という気がします。最初は私も221Bだと思ったんですが、その内「壁紙が違う(ハドソンさんが変えたの?)」ことに気づきまして。更に、窓から見える風景が1階から(少なくともいつもの221Bの高さではない)のものなので「あ、これは別の部屋だ」と。…新トレイラーを何度繰り返し見てどんだけ一時停止したのか、というツッコミは甘んじて受けます(笑)。
そしてその中になぜあんなヨレヨレ姿のアンダーソンがいるのか、とかもう興味は尽きないわけで。あのカーディガンのボタンの掛け違えはどうしたことなんでしょうか。思わず「可愛い」とか思ってしまうではないですか~。

ジョンのブログ、2014/01/01までに何度か更新されるのでしょうか。「Sherlock(he) is dead 」と何度も書いているのが、自分に言い聞かせてるみたいでちょっと切ないので、本当にシャーロックは一刻も早く戻ってきて欲しいです。

Oh, my…! - ナツミ - 2013年12月01日 23:11:15

へしこ様

> 「#sherlocklives」のタグを即効使って「盆と正月とクリスマスがいっぺんにキターーーーーーー!!!」と叫んでいた私はBBCさんの掌の上で転がされまくりですが、もう「踊らにゃ損」精神で突っ走ろうかと思っています。霊柩車画像も(親指握るのを忘れて)見まくりましたとも!

あ、私も親指隠すの忘れてた…!(むしろ霊柩車のゴージャスさよりそこを笑われたんだった)

盆と正月とクリスマス!(シャーロックのようにジャンプ)言い得て妙とはこのことですね!
問題は、仕事納めも大掃除も年賀状準備もまだなのに、盆と正月とクリスマスが来ちゃったことですよ…もう何から手を付けていいのやら…

> ところで、トレイラーで「部屋」に集う人々(=狂信的なシャーロックファン?)なんですが。あの部屋って、彼らが221Bを模して作った集会所なんじゃないか?という気がします。最初は私も221Bだと思ったんですが、その内「壁紙が違う(ハドソンさんが変えたの?)」ことに気づきまして。更に、窓から見える風景が1階から(少なくともいつもの221Bの高さではない)のものなので「あ、これは別の部屋だ」と。

そ、そうなんですね!私もスマホのちっちゃい画面で何度か観てみたんですが、壁紙も風景も一瞬で、結局よくわかりませんでした。ヨーロッパの似た色調の壁の部屋はだいたい221Bと空目する私なので、確認には世界一あてにならない人材ですが!(ちなみに最初見たときは、『221Bに似ている』ことにも『アンダーソンの存在』にもまったく気付いてませんでしたよ!)

> あのカーディガンのボタンの掛け違えはどうしたことなんでしょうか。思わず「可愛い」とか思ってしまうではないですか~。

「ドノバンさんちでまったりしているところを無理やり連れてこられた」という感じがしているのは私だけかしら。彼にはシリーズの潤い担当として、巻き込まれてひどい目に合い続けてほしいです!

> ジョンのブログ、2014/01/01までに何度か更新されるのでしょうか。「Sherlock(he) is dead 」と何度も書いているのが、自分に言い聞かせてるみたいでちょっと切ないので、本当にシャーロックは一刻も早く戻ってきて欲しいです。

そういえばS2の時は数回分一挙に更新されて、引越しの真っ最中だった私は泣き笑いだったのでした…(その引越し先のアパートも、そろそろ契約更新です)

そうか、ジョンの「Sherlock is dead」に対しての「#Sherlocklives」なんですよね。

ジョンは、どんな思いで帰ってきたシャーロックと向き合うのかな。もちろん嬉しくもあるけど、シャーロックの死が偽りでも、ジョンの悲しみは本当の死に対するものと変わらないわけだし。シャーロックはずっと変わらなくても、悲しんだ歳月を経たジョンは、もう今までのジョンではないですよね。
原作を読んでいたときは「ホームズには、そういうことがわからないのかもしれないな」と思っていたのですが、シャーロックにとってもジョンを守るための苦渋の決断だった、ということを「知ってしまった」今では、お互いの気持ちを切なく感じます。

愛すべきおバカさん - へしこ - 2013年12月10日 00:12:56

こんばんは。BBCさんからのいろいろ諸々で、もう瀕死状態の今日この頃です。
ジョンのブログ、やっぱりちみちみ更新されていってますね!コメント欄の名前がすごーく気になります(特に最後の人)…!

そして、最新版のトレイラーを見たのですが。

>シャーロックはずっと変わらなくても、悲しんだ歳月を経たジョンは、もう今までのジョンではないですよね。

この差が、決定的に見えた気がしました…!
私は以前から、バディものについては「二人組の内、おばかさんの方」好きになってしまう傾向が多々あるのですけど、BBC版については一貫してシャーロックに惹かれている理由を改めて突き詰められたような感じです。

そういえば、S1E1の時点から、ちゃんとジョンが指摘してましたよね…「バカだから」って。

思った以上に大変だった(ジョンとマイクロフトが) - ナツミ - 2013年12月10日 20:21:41

へしこさん、こんばんは!
年末の仕事をなぎ払いつつ、ホビットのプレミア情報も気にしつつ、BBCについていくのは本当に大変です…(インタラクティブなんたらトレイラーって何…)

> ジョンのブログ、やっぱりちみちみ更新されていってますね!コメント欄の名前がすごーく気になります(特に最後の人)…!

あれは、ホビットとのコラボってことでいいんでしょうか。そういえばS2の時もやってましたよね!
ヘンリーが温かい言葉をかけてくれたり、ハドスンさんとターナーさんが相変わらずなのは嬉しいですね。(結婚したゲイのカップル、まだターナーさんとこに住んでるのかなあ…)

> 私は以前から、バディものについては「二人組の内、おばかさんの方」好きになってしまう傾向が多々あるのですけど、BBC版については一貫してシャーロックに惹かれている理由を改めて突き詰められたような感じです。

あ、おばかさんってそういう…いやあ、想像以上にこじらせてましたね…ちょっとあれは耳を疑いました。お兄さんの苦労がちょっと分かったような気がします。
あの台詞からコミコンで公開された場面にどうつながるのか、さっぱりわかりませんね…
私は原作を先に読んだので、ジョンが○○するのがどうしてこのタイミングなのか疑問だったんですが、「させるならむしろ今しかなかった」ということにあのトレイラーで納得しました。アレがいたら無理!

> そういえば、S1E1の時点から、ちゃんとジョンが指摘してましたよね…「バカだから」って。

あ、そうでした…

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura