最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

続きはまた今度

前回の記事の「予告」からだいぶ間が空いてしまいましたが、予告を滅多に守らなかったワトスンをリスペクトしているだけで決してさぼっていたわけでは…あります。midoriさま、申し訳ありません。
midoriさんのメールでのご指摘とは、こんな一言でした。

「次のエピソードはチャイナ系!て振りもあったのかな」



確かに、"SHERLOCK"には次のエピソードへの「引き」があることが多いです。色々な意味でインパクトの強かった、第1シリーズ3話→第2シリーズ1話のつながりは有名ですが、そのほかにシリーズ2・2話の最後にモリアーティの独房が映し出されたり、シリーズ2・3話の最後の最後で大事なことが明かされたり。
シリーズ1・2話の「引き」はシャンとモリアーティーのやりとりかと思っていましたが、「シャーロックが読んでいる新聞にコニー・プリンスの記事が載っている」と以前メールで教えていただいて、目からウロコでした。
綺麗に終わっているシリーズ1・1話とシリーズ2・1話には「引き」はないように思えたんですが、こんなところがつながっていた、と思うと楽しいですね。
同じ話の中ではありますが、"The Great Game"でジョンがサラのフラットにいる場面では、ベーカー街の爆発のニュースの前に「フェルメールの名画発見」のニュースが流れているのも芸が細かいと思いました。

原作では、ワトスンが「こんな事件も、こんな事件もあったのだが、今日はこの事件について書く」という書き始め方をすることが多いので、たくさんの「予告」があるように見えるのですが、実際にその事件の記録が発表されたことはめったにありません。
数少ない例外として、「第二の汚点」事件の記録は「海軍条約文書事件」と「黄いろい顔」で言及された後に発表されています。この、何度も出てくる事件名"The Adventure of the Second Stain"は、なんだか語呂がよくてかっこいいですよね。単に音が似てるだけですが、ジムが"Stayin' Alive"を聞いている場面では、なんとなくこの事件を思い出しちゃいます。
それと「花婿失踪事件」についても、「メアリー・サザランド嬢の持ち込んだちょっとした簡単な事件」として「赤髪組合」でホームズが口にしていますね。他にもあったら教えていただけたらうれしいです。

「語られざる事件」以外で"SHERLOCK"の「引き」に近い例といえば、「恐怖の谷」で出てくるモリアーティの影、ではないでしょうか。
"SHERLOCK"では第1話で既にモリアーティの名前が出てきて、シリーズを通してその存在をちらつかせています。対して原作では「最後の事件」で唐突に現れて、ホームズと対決することになります。
これは、モリアーティが「ホームズシリーズを書くのをやめたかったドイルが、ホームズを葬り去るために作ったキャラクター」であるという裏事情を考えると仕方ないことかもしれませんが、グラナダ版シリーズのスタッフもこの唐突さが気になったようで、「最後の事件」のひとつ前の放送回「赤髪同盟」では「モリアーティが影で糸を引いていた」という設定になっています。
「恐怖の谷」は、「最後の事件(1893年発表)」よりもずっと後(1914年~1915年)に発表された事件。時代を遡って「打倒モリアーティ」に燃える若き(?)ホームズの姿が見られるのは嬉しいですけれど、「最後の事件」ではワトスンがモリアーティの名を「聞いたこともない」と言っているので、ちょっと矛盾しちゃってるのが残念ですね。ここら辺、現代版では合理的な説明をしてくれるのではないかと思っていたのです(ジョンの負傷箇所の矛盾をみごと解決したように)。せっかく『モリアーティ』の名をジョンのいない場所で明かしたので、ジョンに対しては偽名で通す(シャーロックとジョンで、違う情報を持っている)という趣向もできたのではないかと思うのですが、続きの製作が不確定なシリーズものでは、難しいかもしれませんね。
何よりも、そうするとシャーロックとジョンが「一緒に戦っている」という感じが薄れてしまうので、やはりあれで良かったのかも。
むしろ、原作のワトスンのほうが「実はずっとモリアーティとホームズの確執を知っていたが、思いがけない形でその顛末を発表するにあたって、読者への説明をスムーズにするために自分は知らなかったという設定にした」と考えるほうが良いのかもしれません。

なお、wiki(英語)によると、モリアーティの名前は「空家の冒険」「ノーウッドの建築士」「スリー・クオーターの失踪」「高名な依頼人」「最後の挨拶」などに出てくるそうです。いわゆる「外典」にあたる「消えた臨時列車」でもその存在を感じさせます。
大部分は「死後」ではありますが、シリーズを通して大きな存在感を持ち続けるキャラクター、といえます。ジムもそうなるのでしょうね。

(原作からの引用はすべて延原謙訳)
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

7人の小人の職業をはじめて知りました。 - トビィ - 2013年11月16日 15:48:28

ナツミさん、みなさん、こんにちは。

ジェームズ・モリアーティ教授。
原作では名前だけしか登場していないのに、あのインパクトは凄いです。

グラナダ版の教授は本のイメージ通りの人物で違和感なく見れたのですが、
BBCのモリアーティは、sherlockより年上だと思っていたので、
登場した時にはビックリしましたが、観ているうちにアンドリュー・スコットさんにハマってまいました。
現代版では西部地方のどこかで駅長をしているモリアーティ弟も登場してほしいですね。
>"SHERLOCK"には次のエピソードへの「引き」があることが多いです。
S1の3話なんて、NHKの事故で放送が途中で切れたのかと思いましたよ。
よく見ると次回に繋がる箇所が何個かあって探すのも楽しいですね。
(だんだん難しくなってきている気もしますが・・・。)

原作のワトスンの語られない事件。
どれも題名が良いだけに内容がすごく気になります。
ドイルの中ではちゃんとストーリーがあったのでしょうか?

>ワトスンがモリアーティの名を「聞いたこともない」と言っているので、ちょっと矛盾しちゃってるのが残念ですね
解説で延原謙氏がワトソニアンは、ワトスンの健忘症を悔しがるのである。
ホームズに実験として変な薬を(コッソリ)飲まされていなければいいのですが・・・。

ホームズ三昧で「動いて喋るドイル」を見ました。
動くカーネル・サンダース映像をはじめて観た時みたいに感動( ;∀;)

ハイホー♪ハイホー♪仕事が好き♪ - ナツミ - 2013年11月16日 19:33:33

トビィさん、こんにちは!

> グラナダ版の教授は本のイメージ通りの人物で違和感なく見れたのですが、
> BBCのモリアーティは、sherlockより年上だと思っていたので、
> 登場した時にはビックリしましたが、観ているうちにアンドリュー・スコットさんにハマってまいました。

グラナダ版のモリアーティ教授、挿絵のイメージぴったりですよね!「赤毛連盟」であのお顔のアップが挿絵調になってのエンディングには、感激しましたよ!

そして、私もS1ラストまでは、モリアーティはシャーロックのお父さんのような年齢の人を想像していたなあ。
出てきた時は「なんの教授なんだろう」と相当悩みました。
そういえばすっかり忘れていたけど、実は教授という設定なんでしょうか。

> 現代版では西部地方のどこかで駅長をしているモリアーティ弟も登場してほしいですね。

そうそう、3兄弟なんですよね。
ジェームズ・モリアーティ大佐(教授の兄or弟)
ジェームズ・モリアーティ教授
田舎の駅長さん(教授の弟)

という…
ジムは長男なんでしょうか、次男なんでしょうか。何にせよ、弟がいるお兄ちゃんなんだ!と思って見直すと、バリバリ末っ子気質のシャーロックとの絡みがなんだか可愛らしく見えないこともないです。(『褒めたわけじゃないんだが…』ってちょっと引くところとか…)

> よく見ると次回に繋がる箇所が何個かあって探すのも楽しいですね。
> (だんだん難しくなってきている気もしますが・・・。)

たぶん、S2のラストにはS3につながる場面がちりばめられているんでしょうね。

> 原作のワトスンの語られない事件。
> どれも題名が良いだけに内容がすごく気になります。
> ドイルの中ではちゃんとストーリーがあったのでしょうか?

どうなんでしょう。正典より多いくらいですから、全部はどうかなあ…
「ブールヴァールの刺客」とか「オランダ船フリスランド号」の事件なんかは映像で観たいですよね!現代版でもやってくれないかな?

> ホームズに実験として変な薬を(コッソリ)飲まされていなければいいのですが・・・。

ホームズの陰謀で健忘症に…だ、だからあんなにホームズに失礼なことされても平気なんでしょうか!?…定期的にリセットされてるとか…こ、これは新説かもしれませんよトビィさん!

> ホームズ三昧で「動いて喋るドイル」を見ました。
> 動くカーネル・サンダース映像をはじめて観た時みたいに感動( ;∀;)

私、まだ地球ドラマティックを観られてないんですよ!録画はしたんですが…
今観ようと思ったら、今週の「イヌの秘められた力」も面白くてつい観ちゃってます。
カーネル・サンダースの映像、私も観たことあります。人形と同じ白いスーツでしたね!人形の方が見慣れているというのも、なんだかおかしな話ですね…

引きを探す楽しみ - midori - 2013年11月24日 20:12:18

皆さんこんばんは。
結局なんで中華だったのか、ナゾのままですが、
妄想出来る遊び部分あってこそのホームズ物ですよね。

教授の弟の件は指摘されるまですっかり失念してましたが、
駅長のアンドリュー、制服姿で見たいですよね、ぜひ。

カーネルサンダースと言えば阪神タイガースの呪い。
見つかった像は甲子園駅前のケンタッキーにいるらしいです。

本日イノダコーヒー、行ってきました!
アラビアの真珠もジャーマンも、
ミルクと砂糖入れるとさらに美味しくなりますね。

伝説のあの人 - ナツミ - 2013年11月25日 21:27:31

midori様

> 結局なんで中華だったのか、ナゾのままですが、
> 妄想出来る遊び部分あってこそのホームズ物ですよね。

なんとなく、イギリスにとって原作の時代のアメリカの位置に今の中国があるのかなあ(よくわからない部分や犯罪がはびこっていて胡散臭い、しかしエネルギーに満ちた、エキゾチックな大陸という感じ?)とも思うのですが、それもまた妄想ですね。
遊び部分あってのホームズもの…本当にそうですね!
>
> 教授の弟の件は指摘されるまですっかり失念してましたが、
> 駅長のアンドリュー、制服姿で見たいですよね、ぜひ。

見たいです!かなり見たいです!ちょっぴり鉄オタが過ぎるけれどめっちゃいい子とかいう設定だったらどうしたらいいんでしょう!(どうもしない)

> カーネルサンダースと言えば阪神タイガースの呪い。
> 見つかった像は甲子園駅前のケンタッキーにいるらしいです。

あの、道頓堀に投げられたとかいう伝説の…!?げ、現役なんですか!
>
> 本日イノダコーヒー、行ってきました!
> アラビアの真珠もジャーマンも、
> ミルクと砂糖入れるとさらに美味しくなりますね。

いいなあ!イノダコーヒがお近くにあっていいなあ!
店舗も、どれも素敵なんですよねえ。寒くなると、ミルクをたっぷりいれた濃厚なコーヒーが飲みたくなります。こんど京都に行ったら、寄ってきます!

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

ご閲覧やRSS登録ありがとうございます!まだ廃墟じゃありませんよ~!亀の歩みですが、過去の振り返りも含めてのんびり元ネタ探し続けていきたいと思います。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura