最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

ワトスンの目

観察が得意なのはシャーロックですが、ジョンも物や人をよく見ていると思います(特に綺麗な女の人)。
221bの周りに住み着いた暗殺者たちの写真をマイクロフトが見せた時、女性の写真には「見覚えがある」と反応していましたね。

シャーロックが気付いてないものを見つけることもあります。
"The Blind Banker"では壁に残された暗号をいち早く見つけましたし、"The Hounds of Baskerville"ではベジタリアンレストランにあった肉の注文票に目をつけました。
これらの「発見」は偶然によるところもありますが、やはり物事をよく見る目がなければ為しえないことでしょう。シャーロックも、データ集めに関してはジョンを頼りにしているようです。
原作でもワトスンの「目」の良さは何度も描かれています。

「話をつづけてくれたまえ。すっかり面白くなってきたよ。君その切符をみたのかい?ひょっとして切符の番号を見なかったかい?」
「それがまた、ひょっとするんだよ」私はいささか得意だった。「三十一番というのは、僕の学生時代の番号なのさ。頭にこびりついているよ」『隠居絵具師』)


発見としては小さなものなんですが、こうした小さな発見こそがホームズが最も大事にするもの。
きっと、ホームズからの影響も大きいのでしょう。
「君は見るだけで観察していない」とホームズに指摘される場面が印象的なので、いつもぼんやりしているように思われがちなワトスンですが、彼の目にはなかなかの鋭さがあります。

観察のほうはどうでしょうか。ホームズはワトスンの観察眼をけなしますが、そもそも、物事をぼんやりと見るだけではなく、観察・分析ができないと小説は書けないのではないかと思います。「花婿失踪事件」で依頼人の女性の服装を描写してみせたワトスンを、ホームズは「色彩の感覚が鋭敏」と褒めます。いつもは「地の文」で読める、登場人物や風景の描写からもワトスンの描写の繊細さはわかりますね。

また、人の容貌や家のインテリアなどの美醜に関する言及が多いような気がします。

ホームズの声に応じてはいってきたのは、内輪に見ても身のたけ六フィート六インチは下らず、神話のヘラクレスのようなたくましい体格の男であった。服装は立派であるが、ただしこんなふうな美々しさは、イギリスではむしろ下品と見なされるだろう。上着の袖と両前の襟には幅ひろくアストラカン毛皮の折返しを見せ、両袖を肩にはねあげた濃紺のマントにはまっ赤な絹裏がつけてあり、キラキラ光る緑柱石一粒を飾ったブローチで襟もとをとめている。そして脛の半ばまである長靴の、上端にふさふさした茶色の毛皮をつけたのをはいたところは、いよいよもって全体の下品なゆたかさの感じを強めていた。それが片手には鍔びろの帽子をもち、顔の上半分は、額から顴骨の下までもある眉庇がたの黒いマスクで隠しているが、ちょうどその具合を直したところと見えて、はいってきたときは、まだ片手をそこへやっていた。顔の下半分の、見えている部分だけから察するに、強い性格の持ち主らしく、厚くつき出た唇、まっずぐにながくのびた顎などは、強情といってもよい剛毅さを思わせた。(『ボヘミアの醜聞』)



結構、「醜い」と思ったものに関しては容赦ありませんね。正直といいますか…
ジョンがブログにヘンリーを"a normal-looking bloke"と書いたのも、このばっさり加減に似ているかもしれません。

自分の感性を基に観察を行うワトスンと、あくまで客観的な事実としてのデータを求めるホームズ。
観察の内容が違うだけで、ジョンやワトスンにも十分な目ざとさがあるように思うのですが、彼らの探偵としての活躍には、やはり「運の良さ(悪さ?)」も大きく作用しているのかも。
先述したように、ジョンは偶然事件の証拠に出会うことが多いですし、ワトスンはホームズに

「(前略)君はもっと面白い事件を持ってきたんだろう?君ときたら、まったく犯罪の海燕だからな(『海軍条約文書事件』この事件は、ワトスンの幼馴染からの依頼)」


なんて言われています。脚注によると、「海燕が現れると暴風雨が来ると言われる」そうです。「ライゲートの大地主」ではホームズが自分自身を海燕に例えています。
確かに、「ライゲート~」もワトスンの友人宅に二人が逗留した時に巻き込まれた事件。「技師の親指」も、ワトスンの医院に持ち込まれた事件。偶然ですが「唇の捩れた男」ではホームズが潜入捜査している場所にワトスンが来ましたし、ホームズとの交流を差し引いても、ワトスンは犯罪に縁があるのかも。
まあ、ホームズとの出会いも含めて、そういう運命なのかもしれません。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- トビィ - 2013年09月03日 21:43:39

ナツミさん、みなさん、こんばんは。

「ワトスンの目」と聞いて以前ナツミさんがレッドカーペットで見たマーティンの瞳の事をプロフィール欄で仰っていたのを思い出しました。
(原作にはワトスンの描写が殆どなかったような気がするのですが、私のイメージは瞳の色はやはりブルーですね。)

シャーロックが事件一直線で物事を見ている分ジョンが周りに気を配っているような気がします。(後々のフォローなんか特に)
シャーロックも自分と違った見方をするジョンを頼りにしてますよね。
(カールパワーズの靴の時は素人意見とか言ってましたけど)

>観察が得意なのはシャーロックですが、ジョンも物や人をよく見ていると思います(特に綺麗な女の人)。
「四つの署名」の時なんて、メアリーベタ褒めですよね!!

ホームズ程ではないですが、ワトスンもかなり観察眼がありますよね。それにしても、「ボヘミアの醜聞」今読んでもワトスン辛口(笑)

やりすぎワトスン - ナツミ - 2013年09月04日 07:41:29

トビィさん、おはようございます!

> 「ワトスンの目」と聞いて以前ナツミさんがレッドカーペットで見たマーティンの瞳の事をプロフィール欄で仰っていたのを思い出しました。
> (原作にはワトスンの描写が殆どなかったような気がするのですが、私のイメージは瞳の色はやはりブルーですね。)

マーティンの瞳の色、やっぱりいろんな意見があるみたいですね。私も間近で見た時はブルーだ!と思ったのですが、ステージに上がってからはそう思わなかったかも…微妙な色なんですね。
トビィさんのワトスンの瞳の色のイメージはブルーなんですね!
私ははっきりとイメージしたことがないんですが、落ち着いた温かい色かな?濃いブルーとか、ブラウンとか…


> シャーロックも自分と違った見方をするジョンを頼りにしてますよね。
> (カールパワーズの靴の時は素人意見とか言ってましたけど)

素人意見なんて言ってましたっけ!ジョンは嫌がってたのに、自分でやらせといて失礼なヤツですね!DVDをチェックしてみます!

> 「四つの署名」の時なんて、メアリーベタ褒めですよね!!

確認したら、新潮文庫では10行に渡ってメアリの美しさを描写してます。よく考えたらやり過ぎではないでしょうか…推理小説なのに。

> それにしても、「ボヘミアの醜聞」今読んでもワトスン辛口(笑)

私も、打ちながらしみじみ辛口だなあって思いました。下品って二回も言わなくても…

謙譲の美徳 - 神崎真 - 2013年09月04日 14:23:49

原作のワトソンさんは謙虚な人なので、自分の長所については描写しない人なんだろうと思っています。
そもそも彼の語る事件の情報がホームズの推理の材料として有効に機能するためには、普通の人なら見落としがちな、細かいところまでちゃんと拾い出して、言葉で伝えているからではないでしょうか。ホームズはあくまでそれをもとに料理=推理しているのです。
つまりワトソンさんは分析能力こそ相方に及ばないものの、情報収集に関してはは卓越しているのではないでしょうか。

> ワトソンの目の色
なんかごく普通に落ち着いたブラウンをイメージしていました。
これは私が日本人だから、平凡=茶色という刷り込みがあるのかもしれません。

謙虚な性格、謙虚な見た目? - ナツミ - 2013年09月05日 07:51:28

神崎真様 こんばんは!

> 原作のワトソンさんは謙虚な人なので、自分の長所については描写しない人なんだろうと思っています。

ほんとですね。そこで後世、多くの研究家が材料不足に悩まされることになることになるのですが…

> つまりワトソンさんは分析能力こそ相方に及ばないものの、情報収集に関してはは卓越しているのではないでしょうか。

「卓越している」とは、ワトスン好きにとっては嬉しいお言葉!
ホームズは「重要なことはすべて見落としている」と批判的ですけれど、それはワトスンの情報収集能力ではなくて、観察力への批判ですものね。
日本語でも「わかっている」ということを比喩的に「見えている」と言ったりしますが、英語の「わかる」と「見る」はもっと垣根が低いという気がします。ワトスンはとてもよく物事が「見えている」のだけれど、ホームズの求める「見る」とは少し対象も方法もずれているのかもしれません。
原作では、ワトスンが少しずつ「ホームズ流」を会得している感じがありますが、現代版ではそれに加えて「ジョンならではの視点」が生かされ、視野狭窄気味のシャーロックの弱いところをカバーしている感じがとても『好きです。ひょっとしたら、原作でもそうだったけれど、神崎さまのおっしゃるように「謙遜」で省いたり変えたりしたのかも。ジョンのブログではどうだったかしら。原作と比べてみたら面白いかもしれませんね。

> > ワトソンの目の色
> なんかごく普通に落ち着いたブラウンをイメージしていました。
> これは私が日本人だから、平凡=茶色という刷り込みがあるのかもしれません。

あまり目立たない外見、ということですよね。
眼光が鋭く、背の高いホームズとはまた違う、親しみやすい外見も潜入捜査に役立っていますよね。

尺は? 吹き替えは?? - 神崎真 - 2013年09月06日 11:54:18

ぇぇぇえええ!?
……って、失礼、取り乱してしまいました。
プロフィール欄でリマスター版の放送を知って、あわあわしている私です。
放送時間が55分あるということは、もしかしてノーカット版なんでしょうか(ドキドキ)
それとも、前後に広告が入るだけで45分版なんでしょうか……(ハラハラ)
私もグラナダ版はDVDをBOXで持っているのですが、普通画質で、NHKでカットされた部分は英語音声+字幕のものなのです。なのでもしノーカット版かつ日本語吹き替えだったりしたら、もう全話録り直すしかありません。
あああ、BSプレミアムさん、そのあたりの情報をもっと詳しく~~~《o(><)o》

神崎さま、初めまして^ ^ - midori - 2013年09月06日 13:08:08

神崎さま、初めまして、midoriと申します。
あはは〜、取り乱しておられますね^_^。昨夜、他サイトで情報を見かけ、BSプレミアムの来月の番組表で確認できた時、私も思わず小鼻が広がるのを自覚しました!
週一で1話ずつ…長編はどうなるのか、とか、だいだい40週なら来年夏まで楽しめるじょお〜、とか、年末は一挙放送あるかも〜とか…
ケーブルのBSで録画出来る環境なのに、外付HDDにも高画質で残したくて、新たにBSCSアンテナ、ポチりましたよ、私。
『なんでまた同じの録ってるのー?もう容量足らないよー』そのうち家族からクレームきますね(^_^;)

追伸:ナツミさま、
BSプレミアムで『ハイジ』やってますよ。ドクターの出番はもう終わりだと思いますが、もうすぐクララが立てそうです。さぁ、早く契約を!

マジっすか?(紙兎ロペ風で) - トビィ - 2013年09月06日 16:16:31

うきゃぁぁっ!
神崎さん同様プロフィール欄を読んで取り乱しています。
BSで毎週ジェレミーに会える(DVD持ってるくせに・・・)

どうなる?!どうする?!NHK・BS放送(;゚Д゚)ハラハラドキドキ

イエーイ! - RM - 2013年09月06日 21:51:41

わーい!皆様と同じように、私も大喜びです!

NHKはもう、グラナダ版の放映はしてくれないのかと思っていました。「NHK」と「ハイビジョンリマスター版」という二つのキーワードのそれぞれに、懐かしさと新しさを感じます。グラナダ版が時をこえて受け継がれていくことを象徴しているようです。

グラナダナイトフィーバー!! - ナツミ - 2013年09月07日 07:53:33

昨日、仕事中に皆さんが書き込んでくださるのがすごく嬉しかったです!
NHKの関係者さんが、たまたま検索かなんかでひっかかって見てくださったらいいのになあ…現代版も大人気ですが、グラナダ版の人気もまだまだ現役ですよ!(何のブログでしたっけ)

以下、もっと熱く語り合いたい気持ちを抑えながらも、まとめての投稿で失礼致します!

神崎真さま
今日は一日出かけるのですが、尺と吹替えの件が気になってしかたありません。
残り10分って微妙ですよね…できればノーカット!ノーカットを熱望します!!お願いNHKさん!
一般向けの放送で一部字幕になるのはちょっとびっくりされそうなので、吹替えが一部差し替えのバージョンではないかなあ、と推測しているのですが,どうなるんでしょう(どきどき)

midoriさま
前からちょっと疑ってたんですが、もしやmidoriさんはNHKの中の人じゃ…!こんなに私の財布の紐を緩める刺客に出会ったことありませんよ!
ああ、来年夏までジェレミーと過ごしたい!正月をどっぷりホームズ見ながら過ごしたい(←決まったわけじゃないから)!クララが立つのを見届けたいです!

トビィ先輩
そうなんですよ!DVDで観れば、といわれるとぐうの音もでないんですが!
でも毎週毎週「週末まで頑張ればジェレミーに会える」「次はあの話♪」と盛り上がる、そんな素敵な生活をしたいじゃないですか!
ところでロペとアキラ先輩は相変わらず私の中で「カンバーバッチ&フリーマンの楽しそうな会話を和訳した感じ」です!先日のアキラ先輩がお化けに説教する話はそういう意味で最高でした。

RM様
この情報を友人に教えてもらった瞬間、「RMさんに!RMさんに早馬を!!」といきりたってしまいましたが、冷静になってみれば既にご存知でしたでしょうし、「ハイビジョンリマスター版」もご覧になっていて今さらかなあ、と思い直して自分のところに書きました。でも喜んでいらっしゃるようで、私も嬉しいです!
私はこれからもホームズものが新しく創られるたびに観ていくと思うんですが、その度に「グラナダ版では~」とこの作品の話題が出てくると思います。まさに、時を越えて受け継がれる作品になるのでしょうね!
このブログでは原作と現代版の比較をやっていますが、RMさんのブログにも書き込んでおられるよっしぃさんがグラナダ版と現代版の類似点を指摘するメールを下さって、それがすごく面白くて(よっしぃさん、勝手にここに書いてすみません)、毎週見られるようになったら、よっしぃさんのような視点で一話一話観て行くのも楽しそうです。よい作品は、何度見ても楽しいというだけでなく、さまざまな鑑賞の仕方に耐えるのだなあ、としみじみ思います。

- よっしい - 2013年09月07日 13:42:25

ナツミさん みなさん こんにちは

NHKBSでシャーロックホームズに再会できる歓びをみなさんと共有できるなんてシアワセ!情報をありがとうございます!
私もDVD持ってはいますが 録画待機します 受け止めたいという気持ちでしょうか(笑)

私の思いつきを面白いといってくださってうれしいです グラナダは正典に忠実に創ろうとしてましたから やっぱりBBCとも見比べたくなります
また別の話になりますが ドイルの家に泥棒がはいり 泥棒はじきに警察につかまったのですが そのときドイルは拡大鏡を持って地面にはいつくばり 窓の桟を確かめた という話があって 筆者はドイルはホームズになりたかったがやはりワトソンだったと書いていました

グラナダのまだらの紐でワトソンがホームズの真似をして地面を調べ 「ホームズの足跡を見つけた」 と言ってホームズに失笑されるところがあって これはドイルのこの逸話だったのかしら と思ったりしてます 
>よい作品は、何度見ても楽しいというだけでなく、さまざまな観賞の仕方に耐えるのだなあ、としみじみ思います。

私も大きく同感です そうして製作に関わった人々の熱意にも改めて感動させられます 

ドイル先生可愛い… - ナツミ - 2013年09月09日 07:17:23

よっしぃ様

> 私もDVD持ってはいますが 録画待機します 受け止めたいという気持ちでしょうか(笑)

皆さん同じ気持ちですよね!私藻この盛り上がりに参加したいので、やはりBS契約してしまうかも!

> また別の話になりますが ドイルの家に泥棒がはいり 泥棒はじきに警察につかまったのですが そのときドイルは拡大鏡を持って地面にはいつくばり 窓の桟を確かめた という話があって 筆者はドイルはホームズになりたかったがやはりワトソンだったと書いていました
>
> グラナダのまだらの紐でワトソンがホームズの真似をして地面を調べ 「ホームズの足跡を見つけた」 と言ってホームズに失笑されるところがあって これはドイルのこの逸話だったのかしら と思ったりしてます 

おお、そうなんですか!
大好きな場面です。私はまじめな顔で這いつくばってるワトスンが可愛らしいなあ、という意味でくすっとしてしまいました!なんだか、ドイル氏にも親しみが持てます。

> 私も大きく同感です そうして製作に関わった人々の熱意にも改めて感動させられます 

本当ですね。RMさんのサイトでもグラナダ版製作スタッフの逸話を書いてくださってますが、こだわりや仲の良さも伝わってきて、うれしくなってしまいます。

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

『高名の依頼人』のこと書きましたが、6月24日までグラナダ版がGYAOで無料で観られるそうです。
こちら

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura