最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

アンダースン

このブログのトップ絵をくださった園生さんは、友人が紹介してくれたのですが、"SHERLOCK"で一番好きなキャラは?と伺ったら「アンダースンです!」ときっぱりおっしゃってました。主役二人への思い入れゼロのトップ絵で皆様をお迎えしております、21世紀探偵です。
そんな園生さんにアンダースンの元ネタを聞かれたとき、「オレンジの種五つ」に出てきた「ソフィ・アンダースン号事件」くらいしか思い出せなかったのですが、後になって気付きました。「ライオンのたてがみ」にアンダースンという巡査が出てきますね。このお話はホームズが書いているので、ホームズ自身による描写が読めます。

アンダースンは鼻下に赤いひげをはやした大男で、いかにもサセックスの田舎そだちらしくのっそりとしていた。お国がらで外見は鈍重だけれど、腹は悪い人間ではないのだ。私たちの話を一通り聞いて、手帳に控えると、私を小脇へ引っぱっていってそっと言った。
「ホームズさん、知恵を貸してくださいよ。これは私には荷がかちすぎます。やりそこなうとまたルーイスの本署に油をしぼられますからねえ」(延原謙訳)



"SHERLOCK"のアンダースンとはあんまり似てませんよね。
外見もそうですが(パイロット版のアンダースンは髭を生やしていましたけれど)、ホームズと自分の能力差を認め、素直に頼っているところが全然違います。ホームズの方でも、「腹は悪い人間ではない」とは、「通り全体のIQを下げる」に比べたらずいぶん鷹揚な感じ。(ただし、シャーロックが不遇の時代にいたのに対して、ホームズはすでに成功をおさめて隠退しているので、年長者としての精神的余裕はあると思います。のっそりとか鈍重とか言ってますけど)

そんなこんなで、単に名前が「かぶった」だけと結論付け、特に園生さんにご報告することもなかったのですが、つい先日、調べたいことがあって、遠い昔図書館で読んだきりだったベアリング・グールドによる「ホームズの伝記」を買ったのです。
最近、RMさんのブログでもご紹介なさっていましたが、あらためてリンクを貼ります。

シャーロック・ホームズ―ガス燈に浮かぶその生涯 (河出文庫)シャーロック・ホームズ―ガス燈に浮かぶその生涯 (河出文庫)
(1987/06)
小林 司、W・S・ベアリング=グールド 他

商品詳細を見る


何かと多感、というか意識過剰な子ども時代、シャーロッキアンの入門書とも言われるこの本にどうしても納得がいかず、シャーロッキアンになり損ねた私ですが(今読むとなんとなく見当はつきます、どこらへんに反発したのか…)、やっぱりとても面白いです。研究書としてだけでなく、読み物としてちゃんと面白いのもすごい。そしてこの本の最後の最後、つまりホームズの「生涯」の終わりに、アンダースンが意外な役目を!

翌朝彼の死体をそこで発見したのはサセックス警察のアンダースンだった。(小林司・東山あかね訳)


すごい重要な役じゃないですか!
"SHERLOCK"のスタッフは間違いなくこの本を読んでいると思うのですが、このアンダースンから取ったんでしょうか?もしそうだとしたら、犬猿の仲とはいえ、おじいちゃんになった後までシャーロックとアンダースンの(腐れ)縁は続くのかもしれません。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- midori - 2013年08月13日 11:41:07

こんにちは。お暑うございます。肌を刺す暑さですな。

パスティーシュて凄いですねぇ。そんな場面にアンダーソンが!
あ、凄いのは世界中の熱心なシャーロキアンの皆々様か(汗)。

パスティーシュはなんだか苦手で、図書館であれこれ借りても読み切れないことが多いのですが、こちらのブログで紹介されてるもの、色々読んでみたくなりました。

パスティーシュとの出会い - ナツミ - 2013年08月13日 13:24:23

midori様

本当に、お暑うございます!「肌を刺す寒さ」とは昔から言われますが、肌を刺す暑さ(!)ってここ最近ですよね。年々、体験したことのない暑さになっているような…

パロディやパスティーシュが苦手な方って、意外と多いですね。私も読むのにエネルギーが要ります。多分、自分が築いてきた原作のイメージとの違いに、良くも悪くもストレスを感じるんじゃないでしょうか。まるきり新しいお話を読んだり観たりするよりも個人的な体験というか、自分と向き合わなければならない作業なんだと思います。でもその分、ぴんとくるものに出会えた時はすごく嬉しかったりして。"SHERLOCK"もそうですよね。

本との出会いってタイミング次第で、以前苦手だったものを読み返してみたら好きになっていたりしますよね。(な~んて訳知り顔しつつも、未だに『ガス燈~』のホームズには納得いかない面もあるんですが!)拙いブログですが、midoriさんにとっての「良い本」との出会いや再会のきっかけになれれば光栄です。

- midori - 2013年08月13日 17:59:23

そう、"SHERLOCK"も広い意味でパスティーシュですよね。
『ホームズって、紳士のタガを外したらきっと高慢無礼な変人に違いない』と1人で思ってた自分には、まさに、まさにピンと来た作品です。

本との出会いってタイミング…本当にそうですね。何度かトライした『指輪物語』も『ゲド戦記』も完読できたのはアラフォー以降ですし、10代で読み切ったと思えた『はてしない物語』は最近読んだら全然違う印象を受けました。自分のほうが変わったんですよね。

他の物語の話題ついでに…

私の中では『アルプスの少女ハイジ』に出てくるクララのお医者様=ワトソン君のイメージがあります。

ゼーゼマン氏の親友で口ひげの紳士。一目でハイジの病状を見抜く腕もあって、氏の提案でスイスまで休暇がてらお使いに出る、友の頼みに弱い親切な人。つまりキャラもビジュアルもワトソン君。…只今ケーブルTVでハイジ一気見を絶賛視聴中^ ^合間にグラナダ版ソア橋(自動車と自転車とビリー!)&ショスコム荘(ジュード・ロー!)を挟む。

アニメ製作者もワトソン君をイメージしたのかな。

『ハイジ』初版が第一部1880年第二部1881年、ホームズとワトソンの出会いの時期とほぼ重なりますね。

詳しくは知らないけど赤毛のアンも同年代なんですよね。

あぁ素晴らしき哉ビクトリア期。

あらやだ素敵! - ナツミ - 2013年08月14日 05:25:36

midori様

お父様やセバスチャンの顔はなんとなく覚えていましたが、お医者様がこんなハンサム紳士だったとは!
http://www.heidi.ne.jp/pg145.html

落ち着いた雰囲気がエドワード・ハードウィック路線でしょうか。
しかしクララのお父さんも、今見ると若くて可愛いなあ…これは美中年好きの方とかBL好きの方々も、押さえておくべきコンテンツだと思います(←大きなお世話)。
ハイジ一気見なんて、素敵な夏ですね!その上グラナダ版も見られるなんて、ケーブルテレビいいなあ…!

> 『ホームズって、紳士のタガを外したらきっと高慢無礼な変人に違いない』と1人で思ってた自分には、まさに、まさにピンと来た作品です。

確かに「原作ホームズ-慇懃=現代版シャーロック」という感じがしますね。
この「タガ」は時代によるものなのか、とても興味深いと思います。
タガがはずれたからと言って、生きやすそうにしているわけでもないんですよね。

> 本との出会いってタイミング…本当にそうですね。何度かトライした『指輪物語』も『ゲド戦記』も完読できたのはアラフォー以降ですし、10代で読み切ったと思えた『はてしない物語』は最近読んだら全然違う印象を受けました。自分のほうが変わったんですよね。

私も遅まきながら『指輪物語』に嵌まっております!たぶん、自分の知らないことを想像するのが苦手な子どもだったと思うのですが、自分の知識や経験に照らし合わせて理解(しようと)する、ということが多少なりともできるようになったのか、今はファンタジーも楽しめるようになりました。でも、その年代でしか持てない印象の記憶がある、というのも羨ましいです。

> 『ハイジ』初版が第一部1880年第二部1881年、ホームズとワトソンの出会いの時期とほぼ重なりますね。
> 詳しくは知らないけど赤毛のアンも同年代なんですよね。

調べたら「アン」の最初の作品(Anne of Green Gables) は1908年発表ですね。ほんの少し後ですが、ホームズの時代ですね!
このころ生きていたら(本が読めるお金と知識があれば)楽しかったんだろうなあ、とも思いますが、「ハイジ」や「アン」、犬だけど「ホームズ」など、名作をたっぷりアニメ版で観られたというのも、かなり恵まれた子ども時代だったかもしれません。

- トビィ - 2013年08月25日 11:46:33

ナツミさん、みなさん、こんにちは!

BBCでは嫌われ役ですが、小説ではアンダースン重要な役どころだったのですね(気が付かなかったです)
 
>名作をたっぷりアニメ版で観られたというのも、かなり恵まれた子ども時代だったかもしれません。
同意見です!!「ハウス食品・世界名作劇場」とか毎週楽しみでしたね。
(NHKの名犬ジョリーとかニルスの不思議な旅とかも)

スタートレックを観てきました。上映前の近日公開予定作品紹介で「鷹の爪GO」が妙なツボにハマって暫くは宇宙船が出るたびにリンクして一人笑いを堪えてました。

「カンバーバッチはハンサムなのか問題」
最初に見たときは個性的な顔だな・・・と思いましたが、見ていると顔がどんどん変わるのでビックリしますね。
私もクールな役(無表情でヤッちゃう)ベネさんが好きです。

た~か~の~つ~めー! - ナツミ - 2013年08月26日 01:15:27

トビィさんこんにちは!

実は職場の旅行で岐阜から書き込んでおります。慣れない携帯からの書き込みで、不手際がありましたらすみません!(日頃から不手際としか思えない日本語遣いですが…)

> BBCでは嫌われ役ですが、小説ではアンダースン重要な役どころだったのですね(気が付かなかったです)

ホームズの死体を発見したのは、あくまでグールドの創作ですけれどね。でもひろく読まれている作品なので、ひょっとしたら現代版スタッフが役名を決めるとき、脳裏のどこかに浮かんだかもしれませんね。

> 「ハウス食品・世界名作劇場」とか毎週楽しみでしたね。
> (NHKの名犬ジョリーとかニルスの不思議な旅とかも)

わあ、私も観てましたよ!「小公女セーラ」が特に印象深いです。今でも主題歌が歌えると思います。職場でもちょっとでも辛いことがあると「泣いたらひまわりさんに笑われちゃう!」と言ってますが、果たしてセーラが元ネタだと皆わかってくれているのか急に不安になってきました。

> 上映前の近日公開予定作品紹介で「鷹の爪GO」が妙なツボにハマって暫くは宇宙船が出るたびにリンクして一人笑いを堪えてました。

私はギリギリに(たぶん映画泥棒あたりで)入館したので、鷹の爪の予告に気がつきませんでした!
嫌がらせとしか思えない被せ方ですね!たーかーのーつーめー!

> 「カンバーバッチはハンサムなのか問題」
> 最初に見たときは個性的な顔だな・・・と思いましたが、見ていると顔がどんどん変わるのでビックリしますね。
個性的というのが一番ピッタリきますね。ホームズもハンサムというよりは個性的な顔、という感じの描写ですし。STIDでも、顔をすごく歪ませて叫んだりして、イケメン役としてはありえない感じの演技もするんですが、それがまた印象的で!ホビット役のマーティンがペタペタ歩くところを見ても思うのですが、リアルに見たことがないものをリアルに見せるってすごいなあと思います。

お食事ホームズ - midori - 2013年08月29日 22:11:58

こんばんわ。
先日は我が心のワトソン君を絶賛して頂いてありがとう。
問題はこのワトソン君を基準にするとホームズ先生はさらにパリッとかっこいいカリスマ的なキャラでないとならず…もーいっそ赤毛で明朗闊達な若々しいゼーゼマン氏のホームズでも楽しい作品出来そうですが(もうええ)

さて、ここにコメントしていいものか考えましたが、思い切って…。

以前グラナダホームズの食事シーンの話題が出てましたが、その後何か発見あったのでしょうか。
今日『三破風館』でホームズ先生が"ケーキのかけらをつまんで口に入れてもぐもぐ"してるのを発見しました。
依頼人の老女の話を聞きにワトソンと訪れた館で怪しいメイドを追い出した直後です。
皆さんとっくにご存知だとかなりマヌケな報告ですが。

毎週ケーブルTVでグラナダ45分版視聴してます。後半のシリーズは何というか、色々工夫された感じがします。今回は映像にプリズムいれたり、ワトソン君大乱闘してたり!

サービスショットと言えば、ホームズに叩き起こされるワトソン、バーク・ワトソンでしか見てないように思うのですが。私が数えたところでは13話中3回。結構な高確率。

これも皆さんとっくにご存知?(^_^;)

もぐもぐホームズ! - ナツミ - 2013年08月31日 15:20:06

midoriさんこんにちは!

コメントのお返事が遅くなって申し訳ありません。(愛読中のYOKOさんのロンドン旅行記でよくお名前を拝見しているので、わたし的には間が空いた感覚がないのですが、こちらではお久しぶりです!)

> 問題はこのワトソン君を基準にするとホームズ先生はさらにパリッとかっこいいカリスマ的なキャラでないとならず…もーいっそ赤毛で明朗闊達な若々しいゼーゼマン氏のホームズでも楽しい作品出来そうですが(もうええ)

性格のよさそうなホームズですけれどね!彼とセバスチャンとアルムおんじくらいしか選択肢がないから…(もっといるかな?猫をくれた人とかいましたっけ。ああ、ハイジ観たいなあ)


> 今日『三破風館』でホームズ先生が"ケーキのかけらをつまんで口に入れてもぐもぐ"してるのを発見しました。

わあ、ありがとうございます!結構あるんですねえ、グラナダ版の「食べる場面」。
以前にその話をしていたのはこの記事のコメント欄ですね!

http://sherlock221b.blog.fc2.com/blog-entry-173.html

RMさんやYOKOさん、トビィさんとお話して楽しかったのですが、ここでは「もぐもぐ」現場は発見されなかったのですよね。
ケーキというのが可愛いですね!

> 毎週ケーブルTVでグラナダ45分版視聴してます。後半のシリーズは何というか、色々工夫された感じがします。今回は映像にプリズムいれたり、ワトソン君大乱闘してたり!

プリズムの表現、私もよく覚えています。明るく軽妙な場面の目立った前半部分に比べてちょっと暗いというか、気難しい雰囲気があって子どもの頃は苦手だったのですが、働くようになった今観ると、また違った印象を受けます。既にホームズドラマの金字塔として人気シリーズになったという、与えられた条件のもとでスタッフがいろいろと新たな挑戦をしていたのですね。
"SHERLOCK"も第4シリーズ製作の噂が聞こえてきて、そろそろ「初期の方がよかった」という声が気になってくる頃ではないかと思うのですが、そういう意味でもグラナダシリーズへの挑戦を続けて欲しいですね。

> サービスショットと言えば、ホームズに叩き起こされるワトソン、バーク・ワトソンでしか見てないように思うのですが。私が数えたところでは13話中3回。結構な高確率。

起こされてましたよね!目が覚めたらホームズがベッドの横に立ってるって、結構怖いです!
そういえばシャーロックがジョンを起こしに来るのをまだ観たことがないな…「薄闇に佇んで見下ろされたら心臓に悪いホームズ」ランキングをやったら、カンバーバッチホームズは上位に食い込んで来ると思うんですが…今後に期待しましょう!

もぐもぐ、気がつきませんでした - RM - 2013年08月31日 22:52:54

midoriさん、こんばんは。ご近所のものです。ナツミさん、またお邪魔します。

> 今日『三破風館』でホームズ先生が"ケーキのかけらをつまんで口に入れてもぐもぐ"してるのを発見しました。

これ、気がつきませんでしたので、今みてきました。ホームズは「おいしい」と言ってましたね。なんて幸せなケーキなんでしょう!

> サービスショットと言えば、ホームズに叩き起こされるワトソン、バーク・ワトソンでしか見てないように思うのですが。私が数えたところでは13話中3回。結構な高確率。

うふふ、サービスショットという表現がいいですね!叩き起こされる、という感じではありませんが、エドワード・ハードウィックのワトスンでは、「もう一つの顔」で「サービスショット」がありましたね。すっかり身支度を整えたホームズがベッドの足もとに立っていて、ワトスンの足の裏をさわる、という...。あれは台本に書いてあったのでしょうか?ト書きに「そしてホームズはワトスンの足の裏をそっとさわる」なんて。まさか原作にはないですよね?!

あのねあのね(悲) - midori - 2013年09月01日 11:50:54

皆さんおはようございます。
RMさん、『もう一つの顔』早速見直しました。
が…リマスター45分版ではカットされてました!明け方ホームズ先生顔洗い中にヒラメキ→直後2人馬車に乗り込むが寝不足ワトソン機嫌悪し、て流れで。しくしく(T . T)
ところでホームズ先生、あんな大っきな海綿用意しなくても。あんなの大っきすぎて怖いよぅ。

原典ではワトソンは『誰かの思わず発した大声』で目が覚めてホームズに誘われるまま着替えながら時計を見たら『4:25』だったと。足裏サワサワは書かれてはないです。でも誰かの大声とはヒラメキのホームズのものではなくて、サワサワで刺激された寝ぼけワトソン自身の声かも知れません(笑)

食べてましたね! - トビィ - 2013年09月01日 14:44:55

ナツミさん、皆さん、こんにちは。

皆さんに同調して私も『三破風館』見直してみました。
出てきたケーキを指で突ついたり、凄く食べたかったのかな?
だから、食べた後の「美味しい」はアドリブかもしれませんね。
『もう一つの顔』確かにスポンジが大き過ぎますよね。もしかしたら掃除用なのでは⁈( ̄◇ ̄;)
ひとりでに鳴る公衆電話…メリーさんからかもしれません(怖っ)

「足裏サワサワ」って、いい表現ですね! - RM - 2013年09月01日 18:25:25

midoriさん、こんにちは。これからあのシーンは私の中でも、「足裏サワサワ」シーンという名前になりました。でも... えーっ?! あの名シーンがNHK放映時にはカットされちゃってたのですか?しかも原作ではそんな展開だったのですか?それではあれは、グラナダ版の脚本家(か監督か出演者)の渾身の原作改変だったのですね、それをカットしちゃうなんて、なんともったいない、しくしく。

トビィさん、確かにアドリブでも不思議ではない感じでしたね!わあ、その時のことを想像するとおもしろいです。そして、掃除用スポンジ説にも、私も一票。

ケーキが食べたいホームズ - ナツミ - 2013年09月01日 19:11:58

わ~い、ご近所のRMさんがグラナダ版のおすそわけを持ってきてくださいました!

> これ、気がつきませんでしたので、今みてきました。ホームズは「おいしい」と言ってましたね。なんて幸せなケーキなんでしょう!

「おいしい」って言ってたんですね!ケーキか~、なんだか可愛いですね!
そうするとそのケーキは、グラナダ版では数少ない、ホームズにおいしくいただかれた食べ物ということになるんですね…!ワトスンが朝食に食べるキッパーや、レストレードにあげた飴なんかはよく覚えているんですけれど。

足裏サワサワシーン、あれも、ジェレミーのアドリブということはないでしょうか?エドワード、すごくびっくりしていましたよね!

4時25分に叩き起こされるって… - ナツミ - 2013年09月01日 20:08:38

midori様

私はNHKの45分版から入りました。midoriさんがご覧のバージョンと同じ部分が切られているのかはわからないのですが、やはり事件の筋は削りにくいためか、そういうささやかなお楽しみ場面(と書いてサービスシーンと読む)から切られてしまう傾向があったんですよね~。あと、コカインに関連する場面ですね。あとでDVDで完全版?を観て大きく印象が変わった作品もあります!

> でも誰かの大声とはヒラメキのホームズのものではなくて、サワサワで刺激された寝ぼけワトソン自身の声かも知れません(笑)

それいいですね!寝ている時に足の裏にそんなことされたら、頓狂な声をあげそうです…!

スポンジでかい… - ナツミ - 2013年09月01日 20:56:11

トビィさま

> 出てきたケーキを指で突ついたり、凄く食べたかったのかな?

ひょっとして、ホームズが食べたがってる演技をしてるというよりも、ジェレミー本人が食べたかったんでしょうか!どちらにしても可愛らしい…!

> 『もう一つの顔』確かにスポンジが大き過ぎますよね。もしかしたら掃除用なのでは⁈( ̄◇ ̄;)

原作を読み返したところ、「入浴用のスポンジ(a very large bath-sponge)」ですって。
それにしても大きいですよね!シドニー・パジェットの挿絵でも、異様に大きいです。ホームズの頭より体積あるかも。これ、ホントにこのまま使うものなんでしょうか?私なら切って使いますけど…

> ひとりでに鳴る公衆電話…メリーさんからかもしれません(怖っ)
実は私もその話を聞いて、夜ネットで原因を調べまくってしまいました…!どうやら、公衆電話にも間違い電話がかかってくることがあるらしいです。そうだったということにしておきます。メリーさんやマイクロフトじゃありませんように!

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

ご閲覧やRSS登録ありがとうございます!まだ廃墟じゃありませんよ~!亀の歩みですが、過去の振り返りも含めてのんびり元ネタ探し続けていきたいと思います。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura