最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

ディモックとサラ

第二話に登場するディモック警部補のモデルは、優秀な若手でホームズを尊敬している(ことになる)という意味では、
スタンリー・ホプキンス警部(『黒ピーター』『金縁の鼻眼鏡』『アベ農園』に登場。『スリー・クォーターの失踪』にも、警察に駆け込んだ依頼人にホームズを紹介したということで名前だけ出てきます)と思われます。

ジョンのガールフレンド(といっても第1シーズンの3話終了時点ではまだ肉体関係はないと思われるので、彼女候補、くらい?)サラは、現代版メアリ・モースタン(『四つの署名』のヒロイン。後にワトスンの妻になる)になるのかどうかは微妙な感じ…

第2話は、良くも悪くも原作マニア度が低い気がします。このブログのために拙訳を流し読みしていても「これは原作のアレだな」という細かなネタがあまり見つからないんです。(それが単なる私の勉強不足ゆえで、これを読んでいる方に色々教えていただけたら嬉しいのですが…)
この二人も、「わけあって原作のキャラクターの名前を変えた」というよりは「ドラマのオリジナルキャラ」という印象があります。

でも、ホプキンスは初めて出てきた時は既にホームズに心酔していたので、ディモックのシャーロックやジョンとのやりとりと同じような経緯がそれ以前にあったのかも、と想像するのは楽しいですね。
サラも、デート中に乱闘に巻き込まれてもとっさに戦ってしまうような肝の据わった女性で、しかもシャーロックの露骨な「邪魔すんなオーラ」に挫けない心の広さも持っているので、消えてしまうには惜しい気がします。


【追記・2011-6-05】グラナダの「海軍条約文書事件」を観ていて気付いたのですが、この作品に出てくる「フォーブズ刑事」はかなりディモックに近いかも。

小柄なずるそうな男で、愛嬌のない鋭い顔をしている。私たちにたいする態度はあくまでそっけなく、ことに私たちの訪ねた目的をきくと、ますます冷淡になった。
「あなたのやり口のことは聞いていますよ、ホームズさん」いうことも辛辣である。「あなたは役所にやってきちゃ、聞きだせるだけの資料を聞き取って帰って、それでもって事件をうまく解決するんですな。おかげでわれわれの評判はさんざんですよ」(延原謙訳)

「あなたのことは知ってます。証拠を持ち帰らないでくださいね」(拙訳)と釘を刺すディモックと似てますよね。

「若くもあり未経験」(延原謙訳)ともホームズに言われてます。

【追記2・2011-10-16】しつこくすみません。現在の私の「ディモックのモデル候補」には、「ウィステリア荘」のべインズ警部が浮上中です。ルックス的にありえない(がっしり肥ってあから顔)と思っていたのですが、ホームズに「あなたはきっと出世しますよ。すばらしい本"能と直覚力だ」と将来を祝福されてるところが似ています。
まあ、要するに全然モデルを特定できてないわけです。色々な刑事さんのミクスチュアなのかもしれません。

【追記3・2015-1-17】三谷幸喜版人形劇「シャーロックホームズ」第6話 『生真面目な証人の冒険』 の録画を視聴して気づきました。番組の終わりに、日本シャーロック・ホームズクラブ監修の「シャーロッQ」というクイズコーナーがあるのですが、その中で「ホームズとベインズの会話」がいくつか取り上げられていました。ディモックとシャーロックの別れ際の会話と呼応しているように思います。原作はベインズ:"You try yours and I will try mine."(あなたはあなたの、私は私の道を行きましょう) 現代版はディモック"I go where you point me."「あなたの示した道を行きます(そうすれば、あなたの言うように出世できるでしょう)」シャーロック"Exactly"「その通り」(鍵括弧内は拙訳と補足)

【追記4 2015.10.12】 ホームズに心酔してる刑事ではたぶん一番有名な、アレック・マクドナルド警部もこの際入れておきましょう!
名前(Alec MacDonald )もなんとなくディモック(Dimmock)に近い感じがします。若くて長身、几帳面で粘り強い。
出会った時点でホームズがすでに有名だった、というのはちょっと違いますね。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

『高名の依頼人』のこと書きましたが、6月24日までグラナダ版がGYAOで無料で観られるそうです。
こちら

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura