最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

シャーロックの部屋

なんか、昼下がりのトーク番組みたいなタイトルをつけてしまって、若干後悔してるナツミです。(かと言って『シャーロックの寝室』だと今度は深夜番組感が出てしまうし、どうしたら…)

ええと、調子が悪いようなので今回は短く行きます。
シャーロックと日本・S2分と補足」という記事では、シャーロックの枕元に飾られた「バリツの免状」に触れましたが、ジョンが出入りしていたドアの近くの壁には、元素周期表が貼られていましたね。
あれも原作にある、ということを皆さんご存知だったかもしれませんが、私は全く気づいていませんでした。今日「マザリンの宝石」を読んでいて唐突に気付いたので、自分へのメモとして記録しておきます…!

ワトスン博士にとっては、かくも多くの目ざましい冒険の出発点となったベーカー街の家の二階の乱雑な部屋を、久しぶりに訪れるのは心うれしいことだった。壁にかかげた科学図表(the scientific charts upon the wall)や酸で焦げている薬品棚、すみにもたせかけてあるヴァイオリン・ケースや、以前はパイプやタバコ入れをよく入れてあった石炭入れなどを彼は見まわした。
(延原謙訳)



気付かなかった言い訳ですが、これって実験を行う場所に貼るものではないんでしょうか。原作のホームズはそうですよね。シャーロックの場合、こういうインテリアなの…?

そもそも、「科学図表(scientific chart)」と「元素周期表(periodic table of the elements)」が同じものかもよくわかっていません。頓珍漢な記事になっていたらすみません…!
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

はじめまして。 - - 2013年06月16日 15:20:55

ナツミさん、はじめておじゃまします。以前より時々拝見しておりました。
るあるあさんブログのコメント欄で、ご一緒はしていたかもしれません。
(^^)

私はほとんど原作を覚えていないので、いつもほほーと記事を拝見しております。
原作には「化学図表」というものが登場するのですね!「元素周期表」と同一のものなのかは、どうなんでしょうね?

あのシャーロックのお部屋のカラフル元素周期表はデザインが妙に気に入り、ネットで海外のファンの方が作ったものを探し出して、プリントアウトして額に入れて飾っています。次は「免状」を探そうと思っているところです(笑)

それでは、またおじゃまさせて頂きますね!

シャーロックのインテリア - ナツミ - 2013年06月17日 05:08:35

Mさま

コメントありがとうございます!

> るあるあさんブログのコメント欄で、ご一緒はしていたかもしれません。

はい、Mさんとるあるあさんがお話なさっているところにわたしがお邪魔させていただきました!
Mさんのブログも、るあるあさんのコメント欄のリンクから拝見してました。ミステリドラマにおける広範な知識と速くて有益な情報の数々、興味の範囲が狭くて偏った私は尊敬してしまいます…!

> 原作には「化学図表」というものが登場するのですね!「元素周期表」と同一のものなのかは、どうなんでしょうね?

「科学(化学?)図表」というのも、何やら曖昧な表現ですよね。Scientific chartでGoogleの画像検索をかけてみたところ、上の方はほとんど「元素周期表」だったので、少なくとも元素周期表が含まれるのではないかな、と思ったのですが、どうなんでしょうねえ。

> あのシャーロックのお部屋のカラフル元素周期表はデザインが妙に気に入り、ネットで海外のファンの方が作ったものを探し出して、プリントアウトして額に入れて飾っています。

インテリアの一部として元素周期表を使うって、おしゃれですよね!リビングにあるドクロの絵と壁掛けの動物につけたヘッドホン、あれはハドスンさんではなくてシャーロックの趣味だと思うのですが、科学者か哲学者の脳を持っている上にスタイリングの才能まであるんでしょうか。底知れない男…!

>次は「免状」を探そうと思っているところです(笑)

Mさんのお部屋がどんどんシャーロックモードに…!
実は私も小さい頭蓋骨のオブジェを持っていたりします(笑)

後ろのことばかりで前方が全く見えていないブログですが、また遊びにきていただけたら嬉しいです♪お待ちしております…!

わ~Mさんだ~ - YOKO - 2013年06月17日 17:21:18

あ~Mさんだ。
実はMさんところも毎日訪問するぶブログです。るあるあさんところも。他にもいろいろありますが。こうやって自分がお邪魔しているブログの方が、同じようにお気に入りのブログにコメントされてるのってうれしいですね~。

完全に横からのコメントで失礼します。

正典の「化学図表」っていう記述を読んでたときは、なんか実験器具のカタログみたいなものを想像してました。(←アホ)周期律とは思い至りませんでしたね。

ところで、れわれは「水平リーベ僕の船~」って覚えましたけど、英語の皆さんはどんなごろあわせで覚えてるんでしょうね。勿論、頭のいいシャーロックはそんなの使わずに覚えてるんでしょうけど、ジョンはきっと使ったはず、語呂合わせ。それもエッチなやつ(笑)

や、やっぱり…? - ナツミ - 2013年06月19日 04:52:13

YOKOさま

お返事遅くなってすみません。

実はMさんのコメントをいただいたとき、るあるあさんのブログ以外でもどこかでお会いしたような気がずっとしていて(口説いてるわけじゃありませんよ!)、YOKOさんのところか、もうひとつよくお邪魔している友人のブログか、悩んでいて必死にコメント欄を読み返させていただいてたのですが、特定に至らないまま過去記事を読みふけっておりました。試験勉強中におもむろに掃除を始めてアルバムとか見始めちゃうタイプです。

でも、その間に英語の語呂合わせ(『覚え方』mnemonic aidsですね)を聞き出してきましたよ!
聞いた人たちの国籍がばらばらで、「水兵リーベ~」みたいな誰もが知ってる決定版があるかはわからなかったのですが、文章に入れ込んで覚えるのは同じみたいですね。歌もいろいろあるみたいです。このリンク先に貼ったHarry, He likes Betty…というのが聞いた物に似てたようです。

http://www.wikihow.com/Memorise-the-Periodic-Table

最後まで教えてもらったわけではないんですが、エッチなやつもありそうですよね。
この話題、結構盛り上がって、日本の「にしむくさむらい」とか、幼少時お世話になった語呂合わせの披露大会になってしまい、だんだん周期律から話がそれてしまったのですが…
ちなみに東西南北を覚える時は、(北から時計回りに)"Never Eat Soggy Wheat"だそうですが、これも国によって最後がwheatbixだったりwaffleだったり、"Naughty Elephants Squirt Water"だったり、バラバラなようです。日本の「東西南北」は順番が覚えにくい!とダメ出しを喰らいました。語呂としては覚えやすいんだけどなあ…

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

ご閲覧やRSS登録ありがとうございます!まだ廃墟じゃありませんよ~!亀の歩みですが、過去の振り返りも含めてのんびり元ネタ探し続けていきたいと思います。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura