最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高いところに…

第2シリーズ2話では、シャーロックがムーアの大きな岩の上に佇むシーンが出てきます。
この場面は原作の一節を思わせます。
「バスカヴィルの犬」第九章、先にバスカヴィル館に来ていたワトスンが、ロンドンにいるホームズに書き送った手紙に描かれている場面。
脱獄囚を追って沼沢地を駆け回っていたワトスンは、不思議な人物を発見します。

のぞみのない追跡を断念し、呼吸のしずまるのを待って、やおら腰をあげて帰路につこうとすると、上弦の月は右手に低くおちて、突兀たる花崗岩のいただきにひっ掛っていると思われたが、見よ、そのいただきの上には、月光を背にあびて墨絵の影人形のように、一人の男がつったっていたではないか!幻覚でもなんでもない、まざまざとこの眼に見えたのだ。みたところ痩形の、背の高い男で、すこし股をひらいて突ったち、腕を組んでじっとうつむいたところは、眼前に展開するさいげんなく広い泥と岩との海を前に、なにかをふかく沈思しているかに思われた。これこそこの荒れ地の精霊なのかもしれない。(延原謙訳)


精霊も何もむろんホームズなんですけど、印象的な場面ですよね。
現代版では昼間だったので、月を背にして立つホームズの影は見られませんでしたが、パイロット版では夜高いところに登っているシャーロックが見られますね。なぜかロンドンで。
孤高の探偵と、それを見上げるジョン。本編ではこの場面がカットされ、一緒に(高いところも含めて)走りまわっていますし、ダートムアでもはじめから一緒に捜査をしています。現代版では、原作のホームズとワトスンが与える印象よりも、シャーロックとジョンをより対等に描こうという試みがなされているように見えますが、こんなところにもそれが表れているのかもしれません。
その分、シャーロックがただの「高いところ好き」に見えちゃうのは私だけでしょうか…いや、何か深い考えがあって登ってるんですよね!?
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- トビィ - 2013年06月23日 14:13:18

ナツミさん、こんにちは。

「荒地の精霊」ワトスンったらロマンチシズムなんだから!
だからホームズに「詩情は止したまえ。」と言われるんですよね。
ホームズの影人形なんて ファンゴルンの森に住むエント族にしか見えないですよ。

パイロット版でビルの上からキョロキョロしてますが、
あんな上からじゃ探している物がいくらピンクでも見つからなさそう。

私も何となく今のホームズは高いところが好きなのかと・・・
高層ビルの上から下を覗いたり、マンションのベランダから下の部屋(ベランダ)に下りたり、
シャーロックは高いところ好きそうですよね。

S3での登場は007みたいにヘリかもしれませんね(^^;
マイクロフトなら弟の為にジェット機も用意しそうですが・・・

なるほど! - RM - 2013年06月23日 20:46:32

ナツミさん、トビィさん、こんにちは。

私はまたもグラナダ話、それも一人で深く納得したという話なのですが。

グラナダ版「バスカヴィル家の犬」の宣伝用写真の中に、ちょっと地味なのに割と良く使われる写真があって、たとえばMichael Coxの「A Study in Celluloid」の第一版の見返しや、販促グッズだと思われるクリアファイルのおもての写真になったり、インタビュー記事に載っていたりします。それが、早朝か薄暮の空(だと思っていました)を背景に、ホームズのシルエットが浮かび上がるのを、少し見上げる形でうつした写真なのです。(私のブログのプロフィール欄に、数日間だけちょこっと載せます。)

雰囲気があって素敵だけど、でも顔が見えないのに何故こんなによく使われるのかしら、と思っていましたが、なるほどこれは「バスカヴィル家の犬」を代表するだけの価値がある写真だったのですね。ナツミさんが引用して下さった部分、本当に印象的な描写でした。この写真ではうつむくというよりは、遠くをみている感じなのですが。そして三日月の光の中にしては、空が明るすぎるきらいもあるのですが。

ただ、チャンネル銀河では「バスカヴィル家の犬」を代表する(?)写真として犬のアップを使っていて、それもあまり怖くなくて頭なでてやっても良さそうな感じなので、こちらには「もっといい写真があるでしょう」と突っ込んでしまいました。
http://www.ch-ginga.jp/special/holmes.html
(上記のリンク、消してくださってもOKです。)

エントやらホビットやら… - ナツミ - 2013年06月24日 06:38:32

トビィさんこんにちは!


> だからホームズに「詩情は止したまえ。」と言われるんですよね。

本当ですね。しかもこれ、ホームズ宛ての手紙の一節ですもんね。自分のこと精霊扱いされたら、ホームズでなくともツッこみたくなりますよ!

> ホームズの影人形なんて ファンゴルンの森に住むエント族にしか見えないですよ。

エント族とホビット族が魔犬を探してるとか、なんかもう、すごい話ですね…
そういえば、ジェレミー・ブレットはなんとなくエルフっぽいです。

> パイロット版でビルの上からキョロキョロしてますが、
> あんな上からじゃ探している物がいくらピンクでも見つからなさそう。

そうなんです、パイロット版のあの場面、具体的に何がしたいのかよくわからないんですよ…
それを見たジョンが「あいつかっこいい!」みたいに思ってる(ように私には見える)のにもたいへん疑問です。絵的には素敵なので、どうしても押さえたかった場面なんでしょうね。

> 私も何となく今のホームズは高いところが好きなのかと・・・
> 高層ビルの上から下を覗いたり、マンションのベランダから下の部屋(ベランダ)に下りたり、
> シャーロックは高いところ好きそうですよね。

原作・現代版とも、高いとこ大丈夫じゃないと、ライヘンバッハは無理ですもんね。
それにしても現代版は高いところの場面が多いですね!挙げていただいて初めて気がつきました。
>
> S3での登場は007みたいにヘリかもしれませんね(^^;
> マイクロフトなら弟の為にジェット機も用意しそうですが・・・

それは、かっこいい!世界のどこにいても、現代版ならひとっとびですもんね~。観てみたいです!

やはり、有名な場面なんですね - ナツミ - 2013年06月24日 06:56:08

RMさん、こんにちは!

> グラナダ版「バスカヴィル家の犬」の宣伝用写真の中に、ちょっと地味なのに割と良く使われる写真があって、たとえばMichael Coxの「A Study in Celluloid」の第一版の見返しや、販促グッズだと思われるクリアファイルのおもての写真になったり、インタビュー記事に載っていたりします。それが、早朝か薄暮の空(だと思っていました)を背景に、ホームズのシルエットが浮かび上がるのを、少し見上げる形でうつした写真なのです。(私のブログのプロフィール欄に、数日間だけちょこっと載せます。)

画像を貼ってくださって、ありがとうございます!なるほど、素敵な写真ですね!
(ジェレミーはシルエットでもかっこいい…)
時間帯は違っても、「荒野にたたずむ謎めいた人物」を表しているのでしょうね。やはり、この一節を意識しているのでしょう。

そして、チャンネル銀河へのリンクもありがとうございます!
このページ、初めて読んだのですが、ホームズとワトスンの人物紹介が面白いですね。
ホームズとワトスンの性格は作品ごとに違うのに、こういうちょっとした紹介ページってステレオタイプなイメージが書かれていて、「本当にドラマ見たの~?」とがっかりすることも多いんですが、このページはグラナダ版がお好きでよく観ていらっしゃる方が書かれた、ような気がします。(オタクの小姑的な発言ですみません)

> ただ、チャンネル銀河では「バスカヴィル家の犬」を代表する(?)写真として犬のアップを使っていて、それもあまり怖くなくて頭なでてやっても良さそうな感じなので、こちらには「もっといい写真があるでしょう」と突っ込んでしまいました。

「頭なでてやっても良さそうな感じ」!笑いました。
確かに、ちょっと「犬のおやつ」とかあげれば尻尾振りそうですね。
原作ではこの犬も恐ろしげだし、トビィも「醜い犬」なんて書かれちゃってるんですけど(トビィさんすみません)、グラナダ版に出てきたトビィはとっても可愛いですよね!現代版トビィも楽しみです。

煙とシャーロックは・・・ - YOKO - 2013年06月24日 15:14:12

シャーロックは無意味に高いところに上ってるようにしか見えなくて、現代版はなかなか残念な人ですよね。
パイロットはギャグにしか見えなかったので、カットは妥当でしょうね。
えがらとしてはかっこよかったんですけどね。
バスカヴィルでも、岩の上に上って「あれは何だ?」なんていってるけど、ジョンは上ってないのに全部見えてて、「あれはどこ、こっちは何々」って全部解説してて、高いところにあがってる意味ないじゃん・・・とほほ。
です。

でも正典ファンにしたら、やっぱり岩の上に立つホームズという絵面はどうしても欲しい!
妥協点だったのかなと思ってます。
今は、高いところ好きにしか見えないシャーロックが愛らしく見えます。
煙とシャーロック・・・・ふふ。

- RM - 2013年06月24日 20:28:48

あ、YOKOさんだあ、こんにちは。

ナツミさん、えっと、昨日の文章でホームズ並に天文学の知識ゼロのところをご披露申し上げてしまったのですが、「上弦の月」って三日月とは限らないのですね。そしてこの挿絵では、ほとんど満月ですね。
http://en.wikisource.org/wiki/The_Hound_of_the_Baskervilles/Chapter_9

原文でも "against the lower curve of its silver disc" ですから、多分この挿絵のような感じで、三日月ではないですね。というわけで、「三日月の光の中にしては、空が明るすぎるきらいもあるのですが」は撤回します。

>ホームズとワトスンの人物紹介が面白いですね。

本当ですね!とおりいっぺんの紹介ではないですね。そしてワトスンの紹介にホームズよりも字数を使っているなんて、書いた方はワトソニアンかもしれませんね。

高い場所からこんばんは - へしこ - 2013年06月24日 22:03:47

こんばんは。
基本、高いところから「わはははは」なシチュエーションが好きなもので、パイロット版のあの場面が削られたのはちょっと寂しい少数派な私です。
(いや、シャーロックは別に高笑いはしていませんでしたけど…。)
昔からお月夜の東京駅の尖塔(という名称でいいんでしょうか)とか、花やしきのメリーゴーラウンドの上とか、怪人二十面相が出そうだな~と思って見てしまうんですよ。今は無き仁丹塔なんかも、魔人が螺旋階段をかつーんかつーんと降りてきそう、とわくわくします。小学生時代、図書館でホームズさんと共に明智小五郎シリーズも読み漁っていた名残でしょうか(笑)。
…そういえば、S1E1のコメンタリで聞いたのですが、BBC版ではモファットさんとあともう一方しか「屋根の上のホームズ」には賛同してくださらず「皆が間抜けだと言ったので仕方なく引き下がった」とのことでした。でも、その後の公衆電話の謎がより深まった、とも仰ってましたね。
ジョンは既にS2E1でヘリデビューを果たしているので、ジャーロックには大門団長張りの搭乗シーンをお願いいたします。

>RMさん、チャンネル銀河のリンクをありがとうございます。ドラマは見ているのに、こちらは見たことがありませんでした。バスカヴィルのわんわんは、顔は怖いんですけどサイズ小さそうですよね。…そして、「ショスコム荘」で堂々単独どアップになっている若きジュード・ロウに吹きました。未来のワトスンさん…だなんて、この当時は想像もしなかったでしょうか。
明日、25日は「最後の事件」と「空き家の怪事件」が両方見られるんですね。

登りたがり!? - ナツミ - 2013年06月25日 06:02:21

YOKO様

> バスカヴィルでも、岩の上に上って「あれは何だ?」なんていってるけど、ジョンは上ってないのに全部見えてて、「あれはどこ、こっちは何々」って全部解説してて、高いところにあがってる意味ないじゃん・・・とほほ。

た、確かに…!ジョンは地図を見てたから実物が見えてたわけではない…と言い訳してあげたいところですが、望遠鏡も持ってましたもんね。ち、地理感覚を掴みたかった…?(苦しい…)

> でも正典ファンにしたら、やっぱり岩の上に立つホームズという絵面はどうしても欲しい!

そうですよね!それだけ、あのホームズ登場場面が印象的だったのですね。

> 煙とシャーロック・・・・ふふ。

やっぱり、若干「単に高いところが好き」という心理も働いているんでしょうか。
わざわざ縁石の上を歩いて下校する小学生みたいなものでしょうか…

ヘンリー、うしろ! - ナツミ - 2013年06月25日 06:28:17

RMさま

調べてくださってありがとうございます!
(いつものことながら知識のない私は、月の形になんの疑問も抱いてませんでした!)

> そしてこの挿絵では、ほとんど満月ですね。
> http://en.wikisource.org/wiki/The_Hound_of_the_Baskervilles/Chapter_9

なるほど、明かりもない状況ですから、かなり月が明るくないとホームズの姿がみえないですものね。
それにしても、ワトスンの隣にいるヘンリー卿のスルーっぷり…(私も気付かないだろうなあ!ホームズは自分に比べてけなすけれど、ワトスンの観察力はすごいですよね。)

> そしてワトスンの紹介にホームズよりも字数を使っているなんて、書いた方はワトソニアンかもしれませんね。

そうかもしれません!ワトスンがずいぶん褒められていて、嬉しくなっちゃいます。ホームズの薬物摂取への言及も、この字数にしては多いような。考えてみれば「ボヘミアの醜聞」もコカイン注射の場面から始まりますし、グラナダ版には大事なポイントなのでしょうね。

できれば縄梯子にぶら下がってて欲しい - ナツミ - 2013年06月25日 07:00:38

へしこ様

> 基本、高いところから「わはははは」なシチュエーションが好きなもので、パイロット版のあの場面が削られたのはちょっと寂しい少数派な私です。

なるほど、必要性云々は置いといて、「高いところに仁王立ち」の「けれん味」に痺れるわけですね(モファットさんもそうなんでしょうね)!おそらくへしこさんは"The Blind Banker"でジョンとサラを助けに来るシャーロックもお好きなのではないかと思います!

> 小学生時代、図書館でホームズさんと共に明智小五郎シリーズも読み漁っていた名残でしょうか(笑)。

確かに、ホームズとルパンと明智小五郎はセットで嵌まっている小学生が多かったです!
私の学校ではワトスンとウィギンス(たぶんちょっとビリーも)と小林少年がよくごっちゃにされていました…!

> ジョンは既にS2E1でヘリデビューを果たしているので、ジャーロックには大門団長張りの搭乗シーンをお願いいたします。

ジョン、何も言わなかったけど絶対007気分を味わっていましたよね!そうか、マイクロフトの仕打ちに耐えられるのは、忍耐力だけじゃなくて「結構楽しんでるから」もあるのか…!

> …そして、「ショスコム荘」で堂々単独どアップになっている若きジュード・ロウに吹きました。未来のワトスンさん…だなんて、この当時は想像もしなかったでしょうか。

どうなんでしょう。英国の俳優さんとしては、ホームズやワトスンは一度は演じてみたいものなのかな?ワトスンのタイプではないと思っていたので、ガイ・リッチーの映画の配役を知った時は驚きましたが…。
それにしても「ショスコム荘」、「まだらのひも」や「バスカヴィル~」に比べたらそれほど有名な話ではないと思うのですが、ジュード・ロウのおかげでトップに書かれるまでに!ジュード・ロウからグラナダ版に興味を持つ人もいるんでしょうねえ。

> 明日、25日は「最後の事件」と「空き家の怪事件」が両方見られるんですね。

いいなあ!粋な編成ですねえ。「空飛ぶモンティ・パイソン」の放映をしていた時とか、ときどき契約したくなるんです、チャンネル銀河…

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

ご閲覧やRSS登録ありがとうございます!まだ廃墟じゃありませんよ~!亀の歩みですが、過去の振り返りも含めてのんびり元ネタ探し続けていきたいと思います。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。