最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

ジョンとマイクロフト(S2)

前回の記事(『兄弟だから』)ではシャーロックとマイクロフトについて書きましたが、"SHERLOCK"ではジョンとマイクロフトの関係もとても丁寧に描かれていると思います。
マイクロフトはジョンを一方的にこき使っているようにも見えますが、ジョンの内面を深く理解してもいるのが、二人の出会いの場面でわかります。
そして、ジョンも決してやられっぱなしではないですね。
第2シリーズでは気心が知れてきたのか、シャーロックに同調しては、二人してマイクロフトに盾突いたり叱られたり。マイクロフトはまるで弟が1人増えたようです。
かと思えば、マイクロフトと一緒にシャーロックの心配をしたりして、シャーロックにお兄さんが1人増えたようでもあります。
ジョンは、マイクロフトにとってはシャーロックにないものを、シャーロックにとってはマイクロフトにないものを持っているのでしょう。そして、ジョンに男のきょうだいがいるかどうかはわかりませんが、復員後に頼れるような肉親がいなかったことは確かですし、唯一存在が確認されている姉のハリエットにはうまく心を開けないようです。ホームズ兄弟と親密に関わり、頼ったり頼られたりするのは、ジョンにとっても嬉しいことなのでしょうね(もし本人にそう言ったら、思い切り迷惑そうな顔をするんでしょうけれど)。

さて、寂しいので何度も言いますが、原作でのマイクロフトの登場回数はとても少ないのです。
本人が出てくるのは「ギリシャ語通訳」「ブルース・パティントン設計書」のみ。
その他にも存在を感じさせるような記述はいくつかあるものの(『最後の事件』では、謎の御者としてワトスンをホームズのもとに送り届け、『空家の冒険』では失踪中のホームズの便宜を図っていたことが明かされます。また『ボール箱』では、『田舎の兄(his brother of the country)』と書かれていますが、これはマイクロフトではなくて田舎にもう1人兄弟がいるのでは、とも言われているようです)、ワトスンとマイクロフトの間に、現代版ジョンとマイクロフトのような親密な関係があったのかどうか推察するには、きわめて「粘土が足りない」ことになります。
もっとも、ジョンだってマイクロフトのことは、めったにブログには書きません。マイクロフトの立場は、表に出すわけにはいかないでしょう。原作にも同じことが言えますから、描写が少ないからと言ってワトスンとマイクロフトの間の交流も少なかったとは言い切れません。

ひとつだけ、現代版ジョンとマイクロフトを彷彿とさせる描写があります。

オバーシュタインの家のエーリアのドアはまえの晩から開けはなしたままになっていた。マイクロフトがへいをのりこえることなどはまっ平だというので、私はそこからはいって玄関のドアを開けてやらねばならなかった。(『ブルース・パティントン設計書』延原謙訳)



どうですか、この手のかかるお兄ちゃん…
このお話では、なぜかマイクロフトとレストレードが行動を共にしていて、職務から真剣に事態を憂える二人と、自由奔放に捜査するホームズ・ワトスン組との対比も面白いです。無茶するホームズがレストレードに「いつかワトスンまで窮地に陥れる」って怒られたりします(現代版シャーロック同様、本人はけろっとしてますけど)。渋い年上キャラクターがお好きな方にもお勧めの一編です。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- トビィ - 2013年06月02日 09:58:50

ナツミさん、こんにちは。

マイクロフト。
パスティシューではよく登場するので気が付きませんでしたが・・・

>寂しいので何度も言いますが、原作でのマイクロフトの登場回数はとても少ないのです。

そうですよね!!原作での登場回数が可哀想なくらい少ないです。
マイクロフトだけで物語があってもいいくらいです。(ドイルさん、そこのところどうなのでしょう?)

マイクロフトのイメージは裏で国家を自由自在に操れる人物。
表だっては登場しにくいのでしょうか?

「SHERLOCK」で(バッキンガム宮殿でのくだりで)ジョンとシャーロックに「クソガキ」と言ってますよね。あれだけを見るとマイクロフト大変だね・・・と同情しそうですが、よくよく考えるとホームズ兄弟に振り回されているジョンが一番大変かもしれない。

>渋い年上キャラクターがお好きな方にもお勧めの一編です。
まさにドンピシャ私のことです(/ω\)イヤん♪

胸を射抜かれる瞬間 - ナツミ - 2013年06月02日 18:36:55

トビィさんこんにちは!

> マイクロフト。
> パスティシューではよく登場するので気が付きませんでしたが・・・

そうですよね!二次創作でよく登場するということは、人気があるということですよね。
グラナダ版では、ホームズ役のジェレミー・ブレットが活躍できない事情があったにしても、マイクロフトの活躍が多いこと自体は嬉しかったなあ。

> マイクロフトのイメージは裏で国家を自由自在に操れる人物。
> 表だっては登場しにくいのでしょうか?

きっと、そうですね。ジョンのブログを真っ先にチェックして、あれはダメだこれは削除だ言ってそうですね(ある意味ジェイコブ君以上のファンか?)

> 「SHERLOCK」で(バッキンガム宮殿でのくだりで)ジョンとシャーロックに「クソガキ」と言ってますよね。

そ、そんなことをマイクロフトが!?今あわててNHK版を再生してみましたが、「君たち、一度でいいから大人らしくふるまったらどうだ」ってとこかな?これって意訳すれば「クソガキ」ってことですよね。何度も聞いてる気がしてましたが、心の声だと思ってました。

> >渋い年上キャラクターがお好きな方にもお勧めの一編です。
> まさにドンピシャ私のことです(/ω\)イヤん♪

そうでしょう!マイクロフトとレストレードが一緒に行動なんて、年上好きにはたまりませんよね!
私も基本的におじさま好きなはずなんですが、たった今、日本語版シャーロックの妙に滑舌のいい「せっ●すなんて こわくない!」「みんなであいさつ すばらしい」にキュンときてしまいました…小学校の朝会で標語を読まされている児童会長のようです。

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスンがより好きです。

2017年エイプリル・フールお片付けしました。お付き合いありがとうございました!片付けきれてないところがあったらお知らせいただければありがたいです。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura