最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

兄弟だから

マイクロフトについて(2)シャーロックとマイクロフトという記事で、原作のホームズにも兄に対する反感があったのかもしれない、というようなことを書いたのですが、言うまでもなくホームズ兄弟には、絶大な信頼関係がありました。

「最後の事件」でモリアーティの手先に追われて何度も殺されかけた日、ホームズはペルメル街の兄の部屋に身を寄せています。夜になってからワトスンの診察室に来るのですが、二人して大陸に逃亡することが決まると、ホームズは待ち合わせの手順をこと細かに説明します。その中に、「黒い外套の御者」が待っているのでその馬車に乗るように、という指示があります。翌朝、指示通りに行動したワトスンは、無事にホームズと落ち合います。

「御者に見おぼえはなかったかい?」
「いいや」
「兄のマイクロフトだったんだよ。こうした場合は、金で雇ったものなぞ信用できないから、兄にたのむのさ。(後略・延原謙訳)」


さらりと書かれていますが、この小さなエピソードが私はとても好きです。これ見よがしの大活躍ではないけれど、弟の兄に対する信頼の大きさ、ひどい無精者で生活圏が極端に狭いはずの兄が変装して御者の真似事までしたという、兄弟の絆の深さ、そして兄弟二人の、ワトスンに対する信頼と友情の厚さを感じます。
ワトスンを迎えに行き、送り届ける間、猛スピードで馬車を駆りながら、マイクロフトは何を考えていたんでしょう。

以前ご紹介させていただいたシャーロッキアン!」という漫画(4巻まだかな~)で、このエピソードがとりあげられていて、とても嬉しかったです。(2巻・『マイクロフト・ホームズの想い』)
この作品、キャラクターの表情と台詞で「泣かされる1コマ」が多いのですが、2巻で私が最も泣かされたのは車教授のお兄さんが「兄弟だからね」と愛里ちゃんに微笑みかけるコマ。
絵のタッチが独特で手に取りづらい、というお声をたくさん耳にしているのですが、マイクロフトについての「かけ離れた容姿なのに、確かにシャーロックと兄弟だとわかる」という描写が、初登場のコマと、このコマだけで表現されているのが凄い!
つくづくこの作品は、漫画でしかできない演出が素晴らしいと思います。4巻まだかなあ(←2回目)。

ところで、何かと兄に反発する現代版シャーロックも、いざと言う時はマイクロフトに甘えていますね。
第2シリーズ2話"The Hounds of Baskerville"では、電話して「やあ、兄さん、元気?」なんて、猫なで声を出しています。
まあそれは甘えているというより「利用している」範疇にあるのかもしれませんが、原作の「最後の事件」にあたる第2シリーズ3話では、ジョンをはじめとする友人たちを守るため、シャーロックもマイクロフトに何らかの協力を依頼したかもしれません。第3シリーズで明らかになるのが楽しみですね。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

兄弟ですもの。 - YOKO - 2013年05月25日 15:26:37

楽しみです・・・ああ、たのしみ!!!


ところで、この記事を読んではっとしました。

グラナダのエピソード、「マザランの宝石」だったかな?
ジェレミーホームズがあまり活躍できない事情だったせいか、マイクロフトが八面六臂の大活躍するのがありますけど、そこで御者に変装して...っていうのがありませんでしたっけ?

あれをみて、いくらなんでもグラナダさん、やりすぎでしょう。
マイクロフトは出不精さんなんですよ。

と思ってたのですが、正典にちゃんとこういう記述があったのですね!
「最後の事件」何度も読み返してなかったのがバレバレですわ。
だって、辛いんですもの・・・。


グラナダ版マイクロフト! - ナツミ - 2013年05月25日 20:47:55

YOKOさま

> グラナダのエピソード、「マザランの宝石」だったかな?
> ジェレミーホームズがあまり活躍できない事情だったせいか、マイクロフトが八面六臂の大活躍するのがありますけど、そこで御者に変装して...っていうのがありませんでしたっけ?

ありました!「3人ガリデブ」と合わさっているエピソードですよね。
チャールズ・グレイのマイクロフトは元気いっぱいで行動的な印象がありますね。「ギリシャ語通訳」でも原作を遥かに超える活躍をしていました。
飄々として茶目っ気があって、男性としても魅力的ですよね。ワトスンサイドの事件に出てくる双子のおばあちゃんたちとの邂逅も可愛かった。

あれ?でもグラナダ「最後の事件」にはマイクロフト演じる御者、出てきましたっけ?
ワトスンが馬車に乗る場面はあったと思うのですが、チャールズ・グレイの名前はクレジットにないですよね?
設定が変更されたのでしょうか。あ、RMさ~ん!!

そして、SHERLOCK第3シリーズ本当に楽しみですね!
「最後の事件」、原作の辛さもグラナダ版の辛さも見てきてはいますが、リアルタイムでホームズの「死」から「復活」までを見届けることができそうなのはガイ・リッチー版とこの作品が初めてで、どきどきしています。

グラナダ版、実は持っていたり - 神崎真 - 2013年05月25日 23:54:08

横から失礼します。
DVD-BOXのブックレットで確認したところ、やはりグラナダ版「マザランの宝石」で、マイクロフトは御者に変装しているそうです。

> シルビアス伯爵の身辺を探るマイクロフトが選んだ変装の一つは、シリーズの「最後の事件」でなしえなかった、御者であった。

とあります。「最後の事件」での御者は、やはりチャールズ・グレイではないようですね。

> リアルタイムでホームズの「死」から「復活」までを見届けること

「復活」が確定するまで、「死」が怖くて見られない私は、未だに The Reichenbach Fall を録画したまま積んであります。
早くシーズン3を放送してくださーーいっっ(切実)>BBCとNHKさん

呼ばれて飛び出て - RM - 2013年05月26日 00:04:13

>あれ?でもグラナダ「最後の事件」にはマイクロフト演じる御者、出てきましたっけ?
ワトスンが馬車に乗る場面はあったと思うのですが、チャールズ・グレイの名前はクレジットにないですよね?
設定が変更されたのでしょうか。あ、RMさ~ん!!

はい、出てきません!ただし、ホームズがワトスンに指示する時に御者を描写する表現は、原作とほぼ同じです(...driven by a fellow with a heavy black coat, tipped at the collar with red.)。画面では御者はマイクロフトが変装したとはとても思えない体型ですから(つまり、より太っているのではなくて、より細いので)、ここは設定が変更されて、ホームズは他の人を御者役に手配したのでしょうね。チャールズ・グレイのスケジュールがあわなかったのでしょうか。

一方で、ホームズは前日の夜、ワトスンに "No, it's too dangerous for you if I stay here. I will leave the way I came and find lodgings with my brother Mycroft." と言っています。この、兄のところに泊まるというのは、ざっとみたところ、原作にはないようですね?

ホームズとマイクロフトは、大切な旅立ちの日の前に、どんな話をしたのでしょうね。

- トビィ - 2013年05月26日 10:23:58

ナツミさん。皆様こんにちは。

グラナダでは御者に変装したマイクロフトのセリフはバッサリと切られてますよね。
あの体系(失礼)で御者席はキツいからなくなったのかと(^^;
最後の喪服着たワトスンの問いかけが悲しくて
エンドロールの名前までチェックしていませんでした。

神崎さん、>The Reichenbach Fall を録画したまま積んであります。
まだ観てられないのですね。
観てしまった私は日々悶々としています。早く復活してほしいです!

ホームズ兄弟と関係ないですが・・・
「アボカドチーズ」じゃがりこ品切れらしいですね。
食べてみたかったのに(`皿´)=3
見つからないと、余計に食べたくなります!!

ちなみに私もアボカド好きでよく買いますが、
二つに切ってそのまま醤油かけてスプーンでほじって食べます。
ナツミさんは何かつけて食べてますか?

夢の4連コンボ - ナツミ - 2013年05月26日 20:07:32

神崎真様

> DVD-BOXのブックレットで確認したところ、やはりグラナダ版「マザランの宝石」で、マイクロフトは御者に変装しているそうです。

ありがとうございます!「なしえなかった」ということは、企画されたものの何らかの事情があって意図的にカットされたのですね。そこで後に「マザラン~」につけ加えられたと。
じゃあ「現代版マイクロフトのタクシー運転手姿」も可能性あり、ということか…!

> 「復活」が確定するまで、「死」が怖くて見られない私は、未だに The Reichenbach Fall を録画したまま積んであります。
> 早くシーズン3を放送してくださーーいっっ(切実)>BBCとNHKさん

では、神崎さんは4作見られるんですね!そ、それはそれでうらやましいかも…!

ジャジャジャジャーン! - ナツミ - 2013年05月26日 21:38:10

RMさま

「都合ヨケレバコイ ワルクテモコイ」レベルの勝手な呼び出しに応じていただき、ありがとうございました!

> ただし、ホームズがワトスンに指示する時に御者を描写する表現は、原作とほぼ同じです(...driven by a fellow with a heavy black coat, tipped at the collar with red.)。

そうなんですね!これって、襟をボタンホールに変えたら、現代版シャーロックのコートみたい!…ということに引用していただいて初めて気付きました。

>画面では御者はマイクロフトが変装したとはとても思えない体型ですから(つまり、より太っているのではなくて、より細いので)、ここは設定が変更されて、ホームズは他の人を御者役に手配したのでしょうね。チャールズ・グレイのスケジュールがあわなかったのでしょうか。

そうですか。いくらマイクロフトでも、自分より細い人にはなれませんよね…!

> この、兄のところに泊まるというのは、ざっとみたところ、原作にはないようですね?

ないですね。ベーカー街に戻ったのだと思います。
どうしてホームズはワトスンに「兄が来る」と言わずにこういう表現をしたんだろう、と不思議だったんですが、ワトスンを迎えにくる御者を誰が務めるかがあとで決まったのなら、納得がいくんです。
グラナダ版では御者は兄自身ではなかったわけですが、その辺りのことを話し合ってそういう展開にしたのではないでしょうか。

> ホームズとマイクロフトは、大切な旅立ちの日の前に、どんな話をしたのでしょうね。

原作ではワトスンに話をするよりも先に、グラナダ版ではおそらく後に兄弟の話し合いが持たれたのでしょうが、その中には「ワトスンを巻き込むことの是非」もあったんじゃないか、と思います。想像ですが、マイクロフトは一度は反対したんじゃないかなあ、とも。当時ワトスンには家庭がありましたし、マイクロフトにはワトスンが弟の足手まといになるのではないか、という懸念もあったんじゃないでしょうか。(ワトスンが元軍医とはいえ、普通に考えたら、逃亡は単身の方がやりやすいはずですよね)

弟に押し切られたのか、書かれていないところでワトスンとマイクロフトの間に信頼関係が育まれていた(現代版では『今夜は弟のそばにいてくれ』とマイクロフトの方から頼むなど、ジョンとマイクロフトには共同戦線というか、独特の信頼関係があります)のか、最終的にはワトスンを連れて行くことに合意したわけですが、この時のマイクロフトは色々な思いを抱えていたと思います。

馬車も特注なんでしょうか - ナツミ - 2013年05月27日 06:17:48

トビィ様


> あの体系(失礼)で御者席はキツいからなくなったのかと(^^;

御者席がキツい!確かに(笑)

> 最後の喪服着たワトスンの問いかけが悲しくて
> エンドロールの名前までチェックしていませんでした。

そうなんですよね。「最後の事件」でマイクロフトの存在感があまりないのは、それどころじゃないからだと思います。「空家の冒険」でも名前が出てきますから、裏で活躍しているんですけれどね。

> 神崎さん、>The Reichenbach Fall を録画したまま積んであります。
> まだ観てられないのですね。
> 観てしまった私は日々悶々としています。早く復活してほしいです!

もう「空家の冒険」にあたるお話の撮影は終わっているみたいですね。楽しみですね!

そして、トビィさんも「アボカドチーズ」じゃがりこを逃しておられましたか!

> ナツミさんは何かつけて食べてますか?

私は切って何かにいれることが多いです。サラダのドレッシングとも合いますけど、冷やしうどんもいいですね!醤油との相性抜群ですよね。わさびをつけてもいいし!
実家では、トビィさんのように2つ割にした後、種があったところにお砂糖を入れて、レモンを絞って食べます。両親がブラジルにいたのですが、そこで覚えた食べ方みたいです。私はしょっぱくして食べるという先入観があってどうしても馴染めず、「お醤油ください…」となってしまうのですが…

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

ご閲覧やRSS登録ありがとうございます!まだ廃墟じゃありませんよ~!亀の歩みですが、過去の振り返りも含めてのんびり元ネタ探し続けていきたいと思います。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura