最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

韓国の選挙さえなかったら

原作では

「シャム国の現状からすると、僕が役所を留守にするのははなはだ困る」(『ブルース・パティントン設計書』延原謙訳)



【追記2012.6.2】マイクロフトが"legwork"(足でする調査)を嫌っていることの元ネタも入れておきます。

「なんだって自分でやらないんです、兄さん?兄さんなら僕に負けないほど眼がきくじゃありませんか」
「そうかもしれないがね、問題は細かい資料の収集にあると思う。お前が集めた資料をよこしてくれたら、僕はひじ掛椅子にいて、お返しに老練な意見を提供するよ。
あちこち走りまわったり、鉄道員を尋問したり、レンズをもって腹ばいになったり、そういうことは苦手なんでね(後略・『ブルース・パティントン設計書』延原謙訳)」


関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura