最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

預けるもの、預かるもの

第1シリーズ2話"The Blind Banker"で、シャーロックはジョンにデビットカードを預けていました。
これはワトスンがホームズに小切手帳を預けている、というエピソードから来ているのかもしれません。

「(前略)第五に、君の小切手帳は、僕の引出しに入っているが、一向に鍵を貸せといわないこと。(後略・『踊る人形』)」


ワトスンはどうして鍵のかかる引き出しに小切手帳を入れてもらっていたのか。
これは、ワトスンの競馬好きと結び付けて語られることが多いんじゃないでしょうか。
ガイ・リッチーの映画ではそうなっていました。

しかし現代版のジョンは、裕福とは言えないものの、ギャンブルで首がまわらないという描写はありません。
(くじの話題はちょこっと出てきますが、ジョンよりハドスンさんのほうがはまってそう…)
代わりに「無人レジが使えない」というエピソードがありましたね。
この「無人レジにイライラさせられる」というのは、相当な「あるあるネタ」なんでしょう。
ジョンのブログで最も盛り上がった話題のひとつではないでしょうか。
省略・意訳をお許しいただくとして、他にも「バーに来ておいて飲み物を決めてない人」、「遅いエレベーター」、「パッケージと色が違う口紅」、「(シャーロックがつけた)家具の刀傷」「愚かしさ」「シャーロック」「シャーロック」など、納得のラインナップです(←シャーロック一個多い)。
この記事にコメントをくださる方がいらっしゃったら、お一人ひとつずつ「イライラさせられるものへの苦言」お願い致します。

さて、「使ってしまわないように預ける」という意味では、第2シリーズでシャーロックが煙草をジョンに託すエピソードの方が、「ワトスンの小切手帳」に近いようです。

ジョンは禁煙治療までこなすんでしょうか…
第2シリーズ1話でマイクロフトに1本もらって吸っちゃった時は怒ってましたね。マイクロフトを巻き込んだジョンの罠だったんでしょうか。
2話ではcold turkey(いっぺんに断ち切る)に踏み切っていますが、これが徹底しています。

1.手持ちの煙草はジョンが隠す
2.半径2マイル以内のお店に、シャーロックに煙草を売らないように頼む


一応「お医者さんと禁煙しよう」というファイザー製薬のサイトも読んでみたんですが、そこまでやれとは書いてありませんでした。ジョンの指導で禁煙するのはかなり辛そうです。
第3シリーズで、シャーロックの喫煙習慣がどうなっているか楽しみですね。

この二つのお話では、「7パーセント強いもの」断ちも同時に行われていることが仄めかされます。
これも原作由来ですね。

その輝かしい経歴をいちどはおびやかしかけた麻薬嗜好の悪癖を、私は何年もかかって徐々に捨てさせた。(『スリークォーターの失踪』)


当時は違法でもなかったわけですし、現代版と違って無精者の原作マイクロフトが協力していたとは思えないんですが、「いちどはおびやかしかけた」という表現に、何かあったのではないか、と勘繰る気持ちが刺激されます。こっそりワトスンと連絡をとって弟の薬物依存を断ち切ろうとしていた、という可能性はありますよね。何度かご紹介しましたが、このパスティーシュもそういうお話です。

ヒーローとして捉えられがちなホームズとワトスンですが、やめようとしてもなかなかやめられない悪癖を抱えている、という人間くさい一面もあったのですね。
そして、悪癖を断ち切るには、親身になってくれる人の協力が必要なんだなあ、ということがわかります。
現代版ハドスンさんの言う通り、
"Family is all we have in the end"(最後にあてになるのは家族)なんでしょう。
血がつながっていなくても、221Bの面々は家族のようなものですよね。

(原作からの引用はすべて延原謙訳)
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- 神崎真 - 2013年05月20日 00:23:39

> ワトスンがホームズに小切手帳を預けている
常識があって、ちょっと鈍重だけど善良な一般人の代表だと思いがちなワトソンですが、良く考えるとけっこう彼なりにダメ男な部分がありますよね、そう考えると。賭け事が好きだったり、女性遍歴がアレだったり。
ホームズのことは良い部分も悪い部分もいっぱい描写するけれど、自分のことは、良い部分も書かない代わりに悪い部分も控えめに書いていたのかもしれません。

> イライラさせられるものへの苦言
レジで会計が終わって「○○円です」と言われてから、おもむろにバッグを開けて財布を捜し始めるお客さん。
レジを打たれている間に、手に持って支払う準備ぐらいしとけ! と思います。

レジでの攻防 - ナツミ - 2013年05月21日 06:36:36

神崎真様

「賭け事好き」も「女好き」も、ほんの少しの描写をふくらませ過ぎているのかもしれないですけれど、あまりにも材料がないので、そうするしかないですもんね。

> ホームズのことは良い部分も悪い部分もいっぱい描写するけれど、自分のことは、良い部分も書かない代わりに悪い部分も控えめに書いていたのかもしれません。

確かに!ホームズや現代版シャーロックが、記録にいい顔しないのもうなずけます。
「自分のことは伏せている」という解釈を最大限に生かしたのが現代版の第1話(のラストシーン)だと思いますけれど、「伏せている可能性」があるからこそ、色々想像できて楽しいですよね。

そして「イライラさせられるものの苦言」、ありがとうございます!
それは確かに、イライラする!私など、持って準備していても、1円玉をつかみだすのにトロトロしてたりしますからね…そういえば、ジョンが無人レジと戦っている間、待たされている後ろの人の表情は妙にリアルでした。

「待たされる系」では、私は「自宅のDVDレコーダー/プレイヤーのトレイの開閉が妙に遅い」ことかなあ…
うちのも実家のも開閉ボタンを押してからディスクが出てくるまでに、たっぷり10秒はかかるんですが、この2台だけなのか、皆そうなのか気になります。

- トビィ - 2013年05月21日 17:42:48

ナツミさん、皆さんこんにちは。
ワトスンのお財布事情を、あのホームズが心配して、管理までするなんて、余程の事なんだろなぁ(^◇^;)
ギャンブル依存は怖いですね。
そういうホームズも薬物依存を7年掛けてワトスンが治しましたよね!
でも、それも浅い眠りについただけで又いつ起きて悪さするかわかりませんけど。
『ホームズ氏の素敵な冒険』タイトルと内容が合ってないですよね。
可哀想で大迷惑な教授とトビィ

ジョンの禁煙計画(?)何もそこまでしなくても…シャーロックへの日頃の仕返しの様です(笑)

≫イライラさせられる物への苦言
混雑時の銀行ATMの一人占め。
後ろで並んでいる人たちの怒りのオーラが凄まじい(゚д゚lll)

ATMからこんにちは - ナツミ - 2013年05月22日 05:10:51

トビィさんこんにちは!

> ワトスンのお財布事情を、あのホームズが心配して、管理までするなんて、余程の事なんだろなぁ(^◇^;)

やっぱり、心配してたんでしょうか?
生活のことに関してはワトスンのほうがしっかりしているイメージがありますが、すべてにおいてそうというわけではないみたいですね。シャーロックも、ハドスンさんのスクラッチカードに注意みたいなことを言ってましたけど、およそ賭け事に関しては、金銭に執着の無いホームズの方が冷静みたい。


> 『ホームズ氏の素敵な冒険』タイトルと内容が合ってないですよね。
> 可哀想で大迷惑な教授とトビィ

原題は"The Seven-Per-cent Solution"ですが、翻訳されるとき、これではホームズ物とわからないだろう、という危惧があったのかもしれませんねえ。
教授とトビィのロンドンまでの道中記が読みたいです!

> ジョンの禁煙計画(?)何もそこまでしなくても…シャーロックへの日頃の仕返しの様です(笑)

仕返し!それか!!

> ≫イライラさせられる物への苦言
> 混雑時の銀行ATMの一人占め。
> 後ろで並んでいる人たちの怒りのオーラが凄まじい(゚д゚lll)

「一人占め」というのは、並び直さずに何度も同じATMを使っている、ということでしょうか。だとしたら、今か今かと待っている人はイライラしますよね!お昼休みに来ていたりしたら、時間にも限りがあるでしょうし。
暗証番号が見えるくらい真後ろに立たれるのもイヤですけど…

ATMといえば、ATMでジョンにメッセージが送れるマイクロフト、あれにもジョンは相当イラっとさせられてますよね…もしジョンがギャンブルにはまっても、現金を下ろす段階でものすごく気持ちが萎えそうです。

この「ごへいもち」め! - RM - 2013年05月22日 20:45:32

ナツミさん、こんばんは。お気づきのとおり、思いがけなくはやくブログを再開することになりました。ご心配いただいて申し訳なく、そしてありがたい気持ちです。そして、休止中に加えて今回も、ナツミさんのブログの伏兵とも言うべきプロフィール欄に再びとりあげて頂いて、光栄です!

さてさて、BBC版シャーロックにも原典にも詳しくない私は、「イライラさせられる物への苦言 」という話題に飛びつきました。

周りはおろか前も気にせずに、歩道いっぱいの幅を使って、しゃべりながら歩いている5人以上の若者。こういう若者をみると、「ごへいもちのような」という形容が頭に浮かびます。大島弓子さんのエッセイマンガにあるんです。愛猫のサバのノミを駆除したけれども、ノミのばさまが生き残って、大島さんに「イライラせよ」と呪いをかけたために、テニスボーイのごへいもちに大島さんがイライラする、というひとコマ。「ぜんぜんほぐれない。」

でも私、五平餅って、見たことも食べたこともなかったのです。今日初めて画像検索しました。大島さんにとって、なぜこのお餅なんでしょう。

「ごへいもち」見てきました - ナツミ - 2013年05月23日 07:26:30

RMさま
再開ありがとうございます!でもどうかご無理をなさらず…!いつでも「更新されている可能性がある!」というだけでも、こんなに毎日楽しいものか、と驚いています。
「とりあげた」というより「嬉しくて(悲しくて)思わずつぶやいてしまった」という感じの、いつもいい加減なプロフィール欄ですみません…

> 周りはおろか前も気にせずに、歩道いっぱいの幅を使って、しゃべりながら歩いている5人以上の若者。こういう若者をみると、「ごへいもちのような」という形容が頭に浮かびます。大島弓子さんのエッセイマンガにあるんです。愛猫のサバのノミを駆除したけれども、ノミのばさまが生き残って、大島さんに「イライラせよ」と呪いをかけたために、テニスボーイのごへいもちに大島さんがイライラする、というひとコマ。「ぜんぜんほぐれない。」

コメントのタイトルを読んで、落語のオチかと思ってしまいました。具体的に思い出せないのですが(読んではいるはず!)大島弓子さんのエッセイマンガらしいひとコマですね。
>
> でも私、五平餅って、見たことも食べたこともなかったのです。今日初めて画像検索しました。大島さんにとって、なぜこのお餅なんでしょう。

お話をうかがって、いくつかのお餅がずらりと串に並んでいる様子を思い浮かべたのですが、そうではなくて平たくて長い、サーフボードのような形なんですね。なぜこのお餅なんでしょう。噛み切りにくくてなかなかほぐれない、とか?それにしても、イライラしながらも連想に「お餅」が出てくるなんて、かわいらしい。

落語なら「幾代餅」を馬生師匠で! - RM - 2013年05月24日 20:17:20

>いつでも「更新されている可能性がある!」というだけでも、こんなに毎日楽しいものか、と驚いています。

わーん、ありがとうございます!

>いつもいい加減なプロフィール欄ですみません…

いえいえ、そんなことありません!ナツミさんのまねして、休止中にプロフィール欄であそんでました。ナツミさんの書かれる飄々とした感じがすごく好きで、でもそこはまねできていません。

>具体的に思い出せないのですが(読んではいるはず!)大島弓子さんのエッセイマンガらしいひとコマですね。

おお、ナツミさんも大島さんのエッセイマンガをよく読んでいらしたのでしたね!ジョンが「猫に向かって口を開ける仕草」をする、という話題のところでお話したのを、すっかり忘れていました。これは私が持っているあすかコミックスでは「毎日が夏休み」と一緒にはいっていた、「わたしの屋根に雪ふりつもりつ」からです。今ぱらぱらと読み返しても、名作です!

>平たくて長い、サーフボードのような形なんですね。

そうなんです。私も意外でした。ずらりと並んだお餅ではなく、大島さんのイメージでは、くっついて一体となっている必要があったのでしょうか。

ああ、タイトルから終わりまで、ここは何のブログだっけ?と読んでいる方に思われかねないコメントでした。

「幾代餅」いいお話ですね~ - ナツミ - 2013年05月25日 08:37:34

>休止中にプロフィール欄であそんでました。

そうだったんですね!最近はいつもスマートフォン用のサイトから見ていたので気付いていませんでした!くやしい…!さっそくPCからお邪魔してきました。デイビッド・バーク氏のお誕生日でしたね!ジェレミーとデイビッドの笑顔のツーショット写真に、座ってるのに立ちくらみが…!か、かっこよすぎる!いつ見ても格好よさが完璧すぎる…!

現代版の二人も、あちらが馴染んできたせいなのか、こちらが見慣れてきたせいなのか、二人並んだ姿を今まで以上に格好よく感じるようになってきました。貧血気味の私には、ネットがいちいち健康に悪いです。

>「毎日が夏休み」と一緒にはいっていた、「わたしの屋根に雪ふりつもりつ」からです。今ぱらぱらと読み返しても、名作です!

大島弓子さんの作品、私は学生のときに、自選集を図書館で借りて読んでいたんです。時間があったので、一冊にかじりつくように何度も読んでました。きちんと覚えてはいなくても、小さなエピソードをふっと思い出します。1日は24時間でも人間の体内時計は25時間周期で、時間が一時間ずつずれていくとか…また読み返したくなってしまいました。
これからは、誰かに道をふさがれても巨大なごへいもちを思い浮かべてくすっとしてしまいそうです。

> ああ、タイトルから終わりまで、ここは何のブログだっけ?と読んでいる方に思われかねないコメントでした。

お気遣いいただいたのに、またブログと関係ない話題で恐縮なのですが、「落語入門」したいと思っております。数年前に飛行機で映画「しゃべれどもしゃべれども」を観て、佐藤多佳子さんの原作を読んでからずっと興味を持っていたのですが、実際に聞きに行きたいです。全くの初心者ですが、RMさんや落語がお好きな方々にご指南をいただけたら嬉しいです!
「幾代餅」検索してあらすじを読んでみました。素敵なお話ですね。

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

『高名の依頼人』のこと書きましたが、6月24日までグラナダ版がGYAOで無料で観られるそうです。
こちら

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura