最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

ジョンの影響

人に辛辣なシャーロックに、人に気を遣うジョン。
美人に目のないジョンに、恋愛に興味がないシャーロック。
2人の性格や嗜好は正反対のように見えますが、どんな人間でも、長く一緒に過ごすうちには、多少なりとも相手に感化されるものです。

シャーロックの変化は、"The Great Game"事件以降、テレビのショーを観るようになったことでしょうか。
ジョンによると、モルグでアイリーンの「死体」を確認した後、しばらく様子がおかしかったそうですが、その間ですらテレビに突っ込む癖は健在だったようです。結構なテレビっ子です。
このお話を観た頃、私はSNSをやっていたのですが、シャーロックがズボンの折り返しに突っ込んでいたのはどんな番組か気になって海外の方に聞いてみたところ、複数の方から「ジェリー・スプリンガーショー」みたいなものだろう、というお返事が返ってきました。日本でも深夜に放映されていたのを覚えています。



原作でも、ホームズはワトスンの影響を色々と受けています。
一番大きな変化は、コカインをやめたことですね。

その輝かしい経歴をいちどはおびやかしかけた麻薬嗜好の悪癖を、私は何年もかかって徐々に捨てさせた。いまでは普通の状態では、もはや彼もこの人為の刺激を求めようとはしなくなったが、それでも根治したわけではなく、邪念が休眠状態に入っているだけなのはよくわかっている。こうした退屈な時期にホームズが苦行僧めいた顔をしかめ、落ち窪んだ測りがたい両目をくもらせているのを見ると、眼をさますのも近いかとひやひやさせられるのである。(『スリークォーターの失踪』)



完全にやめられたわけではないようですが、ワトスンに咎められても悪びれずに注射していた「四つの署名」の頃に比べれば劇的な変化ではないでしょうか。

そして、「トルコ風呂」好きになったこと。

「バスのことだよ!風呂さ!何だってまた、だるくなる上に高価なトルコ風呂なんかへいったんだ?イギリスふうのにすれば、からだが引きしまって元気がでるのに!」
「この二、三日リューマチの気味で老いこんだような気がするものだからね。トルコ風呂は医者のほうでは薬の代用品だというよ―新しい出発点になる体質の清浄剤とでもいうかな」(フランクス・カーファックス姫の失踪)


ところが、1902年9月に起こった「高名な依頼人」事件の時点ではこういうことになっています。

ホームズも私も、トルコ風呂ときたら目のないほうだった。風呂からあがって、休憩室で汗のひく間、快い疲労のうちにぐったりしてタバコをやっているときは、彼もいくらか口が軽く、よほど人間味をおびてくるのだった。



「ノーサンバランド大通りのトルコ風呂屋の階上」の「ほかとは妙にかけ離れた場所に二つ並んだ寝椅子」がお気に入りだったようです。(なんか、『リューマチの気』だの『サウナのお気に入りスポット情報』だの、"SHERLOCK"の若々しい2人がお好きな方の夢を壊しまくる引用ですみません…)

ただ、「フランクス・カーファックス姫の失踪」は年代がはっきりしないですね。少なくとも「聖典」からは、1889年以降ということしかわかりません。「高名な依頼人」より遅い可能性もありますけれど、「目がない」と言われるほど好きなものを突然軽蔑し始めるというのは考えにくいので、

リューマチ気味のワトスンがまずハマる→ホームズ、あまりよく知らないのに否定(これが『フランシス~』の冒頭)→ワトスンに何度かつきあっているうちにハマった(『高名な~』冒頭)

という流れなのではと推察します。


さらに、自然を楽しむようになったこと。
ワトスンとホームズが散歩に出る描写は本当にたくさんあります。

早春のある日、珍しくもホームズは私と公園を散歩するほどくつろいだ気持でいた。楡の梢は緑のわか芽をもちはじめ、槍の穂さきに似てねっとりした胡桃の新芽は五葉にほころびかけている。二時間ばかりそのなかをぶらついたが、どちらからもほとんど口はきかなかった。心の底までふかく知りあった仲として、べつに珍しいことでもない。
べーカー街へ帰ったのは五時に近かった。
「お帰りなさいまし。あの、お留守にお客さまがございました」ドアをあけてくれた給仕がいう。
「だから午後の散歩なんかダメなんだ」ホームズはとがめるように私を見かえって、「で帰っていったのかい?」
(『黄いろい顔』ホームズ失踪前~1891年4月以前~の事件。1893年発表)


「入院患者」でホームズから誘った時は、町の中を散歩していました。公園を提案したのはワトスンだったのかな。

「ま、いずれにしても、ここはこれまでだね。ワトスン君、あの美しい森を二、三時間散歩して、 鳥と花のお相手でもしようじゃないか。」
(『黒ピーター』1895年事件発生)


そして、引退後のホームズ自身による手記。

多年にわたるうす暗いロンドンのまっただ中での生活中も、おりにふれては、自然を相手の静かな生活を待ち望んでいたものだが、念願かなってサセックスに一家をかまえて隠退することができた。
(『ライオンのたてがみ』1907年事件発生、1926年発表)



もともと自然や田舎の生活を愛する資質があったのかもしれませんが(『ぶな屋敷』なんて読むとそうは思えないんですが…)、健康に悪いとワトスンに再三警告されながらもコカイン注射をして退屈を紛らせていた頃のホームズが、田舎で養蜂を営むのを楽しみにしていたとは思えません。きっと、どこかで「自然」に対する心境の変化があったのではないでしょうか。
よくわからないながら、失踪中のダライ・ラマとの会見あたりも影響してるような気がしているんですが、ワトスンとの何度もの「散歩」で過ごした時間も無関係ではないと思います。

そうだとしたら、ホームズの人生はワトスンによって大きく方向が変わったともいえますね(もちろん、要因はワトスンだけではないでしょうが)。シャーロックの人生も、ジョンの出現で変わっている最中なのかもしれません。それを私たちは現在進行形で見ているのだと思うと、ちょっと感動です。
とりあえずは、禁煙の成功を祈っております。

(原作からの引用はすべて延原謙訳)
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

British Country Side - ちぃ - 2013年04月02日 00:53:01

私はシャーロキアンではないので、ナツミさまはじめ皆様のような深い考察はできないのですが...

イギリス人にとって、都会(ロンドン)は金を稼ぐところであって、余生を送るのは、というか人間らしい暮らしをするのは田舎、ということらしいので(どこで読んだか見たか、忘れましたが...)、ドイルも、引退したホームズは田舎にいるのが当たり前だと思っていた、っていう解釈は「しないのが、無言のお約束♪」、でしょうか?
クリスティのポワロも仕事場はロンドン、引退(何度か引退してますが...)したら田舎でペポカボチャ栽培、だったので、ホームズは田舎で養蜂なのねー、って勝手に思っていました。
ホームズファン的コメントではなくて失礼いたしました。

田舎の名探偵 - ナツミ - 2013年04月02日 06:30:44

ちぃ様

> 私はシャーロキアンではないので、ナツミさまはじめ皆様のような深い考察はできないのですが...

いえいえ、とんでもない!イギリスに関する知識をありがとうございます。勉強になります。

> イギリス人にとって、都会(ロンドン)は金を稼ぐところであって、余生を送るのは、というか人間らしい暮らしをするのは田舎、ということらしいので(どこで読んだか見たか、忘れましたが...)、ドイルも、引退したホームズは田舎にいるのが当たり前だと思っていた、っていう解釈は「しないのが、無言のお約束♪」、でしょうか?

本人の好みと関係なく、若い頃から「老後は田舎で」というのは決まっていたのですね。
どこかに「思いを田舎にいる兄の下に馳せる時くらいのもので~」という文があったと思うので、マイクロフトも弟より早く隠退して田舎に行ったようですしね。
では、ワトスンも隠退後はどこか田舎に引っ越したのでしょうか?なんとなく、「週末に時々遊びにくるくらいでめったに来ない」というホームズの書きぶりからは、まだ都会で働いている感じがしたのですが、最終的には田舎に家を買ったのかもしれませんね。

それにしても、何かにつけてすぐ「ジョンっ」って言うシャーロックも、いずれ田舎で一人暮らしするんでしょうか…いや、今もたぶん一人だし、モンタギュー街でもそうだったはずなんですが、なんか「ちゃんとご飯食べてるの?」と田舎の母のような気持ちになってしまいます。

養蜂にしてもペポカボチャ栽培にしても、収入のためというより趣味と言う感じがすごくしますね。
2人の名探偵が、それぞれなぜその趣味を選んだのか気になります。

Bee lovely! - ちぃ - 2013年04月02日 08:13:01

ナツミさま
いつも丁寧なコメントを返していただいてありがとうございます(*^^*)

よく考えたら(考えなくても...),クリスティの探偵はベルギー人でした。あちゃー(/。\)
1人暮らしの男性の食事!
気になりますよね~♪ ちゃんと食べてる?、始め、野菜もとってる?肉ばっかりじゃダメよ、とか母性本能が疼くポイントです☆

シャーロックはあのファッションのせいか、田舎が似合いませんよね~(けなしているわけではっ)。個人的にはドルガバのシャツをさりげに着こなすままのおじいちゃんになってほしいような、ほしくないような。ドルガバのままだと引退後も、ロンドンなのかしら...

リューマチと養蜂 - へしこ - 2013年04月02日 19:36:20

>『リューマチの気』
…妙なところに反応してすみません。
今に生きる30代と、19世紀に生きる30代とでは年齢の感覚がかなり違いますよね。
時代設定はもうちょっと昔ですが、映画『いつか晴れた日に』では主人公姉妹の妹(17歳)に恋する大佐(35歳)が"老いたる独身男"と表現され、妹にも「リューマチ持ちだからイヤ」等と言われてしまっていて、ちょっと泣けてしまったのを思い出しました。
(映画で大佐を演じているのはアラン・リックマンで、それはもうステキでしたのに…。)
「30代でリューマチ」というのも、当時はそんなに珍しいことでもなかったのでしょうか。

映画つながりでもうひとつ。カンバーバッチさんも出演していた『裏切りのサーカス』で、引退した警察官が登場するんですけど、その彼も養蜂を営んでいたので、一緒に見た友人と「70年代でも"引退したら養蜂"なんだ~」と言い合ってました(笑)。これは今でもそうなんでしょうかね?

「現在進行形で見ている」喜び、ドラマからたくさん味わっております。
21世紀の二人がリューマチ持ちになるような年齢まで続けていただけたら…と思ったり。

ドルガバおじいちゃん - ナツミ - 2013年04月05日 06:28:12

ちぃさま

> いつも丁寧なコメントを返していただいてありがとうございます(*^^*)

とんでもない!コメント欄なのに一番しゃべりたいのが私という本末転倒な感じですみません。
止まらなくなってるときはテキトーにスルーしてやってください!

> よく考えたら(考えなくても...),クリスティの探偵はベルギー人でした。あちゃー(/。\)

いやいや、ざっくりで申し訳ないのですが(私、イギリス文化とベルギー文化の違いをちゃんとわかってません)、イギリスに住んでる以上、隠退後の過ごし方も多少影響を受けるんじゃないでしょうか。

> 1人暮らしの男性の食事!
> 気になりますよね~♪ ちゃんと食べてる?、始め、野菜もとってる?肉ばっかりじゃダメよ、とか母性本能が疼くポイントです☆

シャーロックは食べてるかも心配ですけど、「パンツはいてるか」とかそういうレベルで心配ですもんね…
第2シリーズ1話のジョンの「適当にいなしつつ寝かしつける」スキルにはびっくりしました。あれはもう、友達付き合いと言うより子育ての領域です。

> 個人的にはドルガバのシャツをさりげに着こなすままのおじいちゃんになってほしいような、ほしくないような。ドルガバのままだと引退後も、ロンドンなのかしら...

そう、現代版の老後の過ごし方は原作とまた別だと思うんですよ!
大きな違いとしては、原作では引退後に第一次世界大戦が起こりましたし(『大きな違い』であって欲しいものですが)。
田舎に引っ越すかどうかはわかりませんが、かっこいいおじいちゃんになってくれる確信だけはありますね。
シャーロックって、ジョンと違って大きくイメージの変わるものは着ないので、ああいう上質そうでダークカラーのシャツやコートを多分ずっと着てるんじゃないでしょうか。

養蜂の魅力とは - ナツミ - 2013年04月05日 06:40:25

へしこ様

30代でリューマチというケースもあるんですね。1889年以降とは言ってみたものの、ワトスンのリューマチを根拠にもう少し後の事件かと思っていました。

「1889年以降」の根拠は、シュレシンガーが耳に怪我をしたのが1889年だから、なのですが、あらためて調べてみると、ベアリング・グールド説ではこの事件は1901年。同じくグールド説でワトスンは1852年生まれ。ぎりぎり40代。
仮に1889年にこの事件が起こったとすると、ワトスン37歳。若かったとしても、大佐より年上ですね。
戦場帰りでもありますし、この年齢でリューマチでもおかしくないのかな?
(『いつか晴れた日に』私も観ました!懐かしい…確か『エマ』もそんなに遠くない時期に上映されて、どちらもオースティンを好きな友人と観に行きました。)

「いまでも"引退したら養蜂"なのか」
これはどうなんでしょうね。日本の都会で働く人が「いつか田舎で農業をやりたい」って言うようなものなんでしょうか。
これは文化の違いだと思いますが、「養蜂」って、私にとってはあまり身近な趣味ではないので、「引退したらやりたい」と思う気持ちがあまりよくわからないです。それまでの趣味の延長線上という感じでもないし。
引退後に突然「そば打ち」や「陶芸」を始める人はみたことがあるので、そういう感じなのかなあ…?
ホームズは研究書まで出しているので、夢中になったのでしょうね。


それにしても、今やシャーロックのファンサイトは星の数ほどあると思いますが、二人の老後についてこんなに語り合ってるのは私たちくらいじゃないでしょうか…

名探偵と蜂 - XiXi - 2013年04月09日 23:18:50

へしこさん、初めまして。…にもかかわらず名指しさせていただくのをお許しください。
(ナツミさん、お久しぶりです)

名探偵の老後談義が盛り上がってらっしゃいますね!
出遅れましたが、89歳のホームズが養蜂をする動機に言及したパスティーシュがあったので、献上いたします。
マイケル・シェイボン『シャーロック・ホームズ最後の解決(原題:THE FINAL SOLUTION)』より、以下引用(文中の”老人”はホームズ)です。

 ミツバチは本当に語りかけてくる。彼らなりのやり方で。
 ほかの人にはただぶうんと唸るだけの無意味な音も、老人にとっては声音と抑揚に豊かな変化を含んだ語りかけだ。(中略)背をかがめて巣箱の世話をしていると、その音に驚異を感じる。もちろん、意味など何もない―(中略)―だが、だからといってミツバチの歌がなんの意味も持たないということではまったくないのだ。それはある都市の歌だ。ロンドンよりもずっと遠い。ロンドンが天国やラングーンから遠いのと同じくらいに。その都市ではすべての人が、尊い先祖が定めたとおりに自分の本文をまっとうする。(中略)刃物で刺す、首を絞める、殴打する、銃で撃つというような暴力沙汰はほとんどない。ときに女王殺しが起こるだけだ。ミツバチの都市における死は、何千万年も前から計画され、準備を整えられてきたものだ。それぞれの死は、巣の中の生命の増加に直結する。
 (日本語訳・黒原敏行)

もちろんパスティーシュなので「ほんとうのホームズ」の動機とは違うかもしれませんし、このホームズは助手に先立たれて長いので、養蜂をえらぶきっかけとはまた違うのでしょう。
けれど惨い死をあきるほど観てきた名探偵にとって、「たしかな意味のある死」は魅力的な存在だったのではないかと。おのれの死までの生業として。

BBC21世紀版の二人の老後、楽しみですよね(ぐっ)

蜂と死と老後と… - ナツミ - 2013年04月10日 06:19:25

XiXiさま

パスティーシュのご紹介、ありがとうございました。
(XiXiさんのブログにもこの作品のレビューがありましたね。ご興味のある方はお名前のリンクからぜひ。)

ホームズが養蜂に何を見出していたか、色々な研究があるようですね。トムスンだったと思うんですが、「女王蜂の分封」と彼の女性嫌いを結び付けて語ったものを読んだことがあります。

> けれど惨い死をあきるほど観てきた名探偵にとって、「たしかな意味のある死」は魅力的な存在だったのではないかと。おのれの死までの生業として。

現代版ではまだシャーロックは若いせいもあるのかもしれませんが、犯罪を知的ゲームとして楽しんでいるという印象が強いです。でも、第1シリーズ3話でのジョンの「人の命」に関する怒り、第2シリーズ2話での病院でのマイクロフトとの会話と、「ひとつひとつの死の意味と、それに対しての感情」についてシャーロックが考えている、という流れが確かに描かれているな、と思います。

> BBC21世紀版の二人の老後、楽しみですよね(ぐっ)

どうなるんでしょうね。ていうかその頃には私も「老後」だよなあ、と思うと、同時代を生きていることが嬉しいような、切ないような…

パスティーシュと老後問題 - へしこ - 2013年04月10日 21:47:07

こんばんは。
XiXiさん、ご指名(違)とパスティーシュのご紹介、ありがとうございます。
引用していただいた部分だけでも素敵な文章で、ちょっとドキドキしました。ミツバチの羽音が聞こえてきそうです。
ホームズ関連のパスティーシュは数がとにかく多くて、何から手をつけたらよいのやら…という感じだったのですが、この作品から読んでみたい気分になりました。
私は関西の人間なのですが、大阪の図書館ではタイムリーにこんな催しがあるそうで。
http://www.oml.city.osaka.jp/info/71higashisumiyoshi/files/71-130322L.pdf

>二人の老後についてこんなに語り合ってるのは私たちくらいじゃないでしょうか…

…すいません、爆笑してしまいました。
引退後のホームズさんといえば、ぱっと思い出すのは「ライオンのたてがみ」と「最後の挨拶」。私は「最後の挨拶」での二人の雰囲気が、もう大好きなんです。「ライオン」では(語り手がホームズさん、ということもあって)少々疎遠になっているワトソンさんへの愚痴(笑)めいた記述があったりしますが、「挨拶」以降の二人は、明日も会うようにさよならを言って、昨日会ったばかりのように再会してるんじゃないかなあ、と思えてしまうのです(かなり妄想入ってますが…)。

シャーロックの場合、歳を取ったとしてもそんな達観?した雰囲気を纏うようになるとは今のところ思えないですね。ジョンと離れて暮らしているとしても、Skype繋ぎっ放しで、しょっちゅうミュートボタンを押されていそうなイメージがあります。

老後の通信 - ナツミ - 2013年04月11日 07:36:12

へしこ様

横からすみません! 私も、XiXiさんのレビューを拝見すると、その本を猛烈に読みたくなってしまいます。

パスティーシュ展、す、すごいですね!
関東に住んでおりますが、行きたいです!

「挨拶」以降の二人は、明日も会うようにさよならを言って、昨日会ったばかりのように再会してるんじゃないかなあ、と思えてしまうのです(かなり妄想入ってますが…)。

そうだったら、素敵ですね。私もそんな風に想像したいです。
あの後第一次世界大戦が起こることを予感させつつの「エピローグ」の終わりですが、その後も相変わらずの二人だったんじゃないでしょうか。

> シャーロックの場合、歳を取ったとしてもそんな達観?した雰囲気を纏うようになるとは今のところ思えないですね。ジョンと離れて暮らしているとしても、Skype繋ぎっ放しで、しょっちゅうミュートボタンを押されていそうなイメージがあります。

おじいちゃん二人で「ミュートボタン使うぞ!」「待て待て待て!」
…それは、相当に可愛いですね……!鼻血が出そうです。
ジョンに(原作では電報だった)「都合ヨケレバコイ」のメールが入った時、「現代版ワトスンは呼び出されるのが簡単で大変だなあ…」と思ったものですが、おじいちゃんになる頃にはどんだけ依存アイテムが進化してるんだよ!と思うと空恐ろしいです。LINEはやってるんでしょうか。

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

ご閲覧やRSS登録ありがとうございます!まだ廃墟じゃありませんよ~!亀の歩みですが、過去の振り返りも含めてのんびり元ネタ探し続けていきたいと思います。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura