最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

謙遜は美徳?

"You're too modest, Mr Holmes."
「あなたは謙虚すぎますよ、ホームズさん」
"I'm really not."
「そんなことはない」 (拙訳)


一視聴者としても、全力を振り絞って「そんなことない」と言わせていただきたいですが(たぶん同居人も)、原作でも「謙遜」についての会話がワトスンとの間で交わされますね。

原作では、マイクロフトの存在はホームズとワトスンの他愛ない雑談の中で明かされます。
「ギリシャ語通訳」の冒頭で、「才能は遺伝によるものか環境によるものか」という話題で盛り上がる二人。その中で、ワトスンは「君の推理の才能は少年期からの訓練によるもの」と指摘しますが、ホームズはそれを認めながらも、遺伝によるものもあると思う、と言います。

「だって僕の兄弟のマイクロフトなんか、僕より多くその特性を持っているもの」



初めて兄の存在を知ったワトスンが、ホームズが謙遜して自分より兄弟の方が優れていると言っているのではないか、と聞くと、ホームズがこう答えます。

「ワトスン君、僕は謙遜を美徳の一つに数える人には同意できないね。論理家は、すべての物事をあるがままに見なければならない。自分の価値を法外にひくく見積るのは、自分の力を誇張するのとおなじに、はなはだ事実に即さない。だから僕がマイクロフトは僕よりも優れた観察力をもっているといったら、まったくのところそれが正真正銘の事実だと思ってくれていい」



状況が状況でなかったら、「そんなことはない」の後にこれだけの長広舌が続いていたのかと思うと、状況が状況でよかったです。多分ホープも若干うんざりです。(いや、むしろ意気投合するか?)
現代版では今のところ、マイクロフトの「探偵としての能力」は、それほど前面に押し出されていません。
しかし、ジョンの外泊中のできごとをシャーロックより細かく当てたこともありますし(関連記事:『ソッファ~♪』)、同じ場面で弟に「なぜ自分で調査しないんだ」と聞かれています。これは兄の力を認めていなければ出てこない発言だと思いますので、おそらくシャーロックと同等か、それ以上の観察力・推理力があるのでしょうね。

それにしても、原作のホームズは、ワトスンが「それ謙遜?」と思う程度には日頃から謙遜してるんでしょうか。
ニュアンスをどれほど理解できているかわからないのですが、原作ではこんな会話もあります。

「君は人類にとって恩人だよ」
ホームズは肩をすくめた。「うん、なァに、その、ほんの少しは役にたっているかねぇ。L’homme c’est rien–l’oeuvre c’est tout(人はむなしく、業績こそすべてだ)とギュスターヴ・フローベールもジョルジュ・サンドに書き送っているようにね」(赤髪組合)



「謙遜」というよりは、いつものごとくワトスンの表現が大げさなので、修正しようとしたという感じもありますね。(この時は活動期から停滞期に入る手前で元気が無いので、ワトスンの文章を責めた時のような攻撃的な印象はありませんが)
シャーロックも今のところ、謙遜とは縁がないように思えます。上記の「そんなことはない」だって、謙虚じゃないから謙虚じゃないと言ったまでのことですし。

ところで、自分の推理を披露せずにいられないシャーロックはよく"show off"(見せびらかし、自己顕示)だと非難されます。
ジムにはこの特性を弱みとして利用されてしまいます。本人曰く、「水道みたいに出したり止めたりできるものじゃない」。ということは、自分の力を見せ付けるために意図的に言っているわけではないのですね。
原作でも、ホームズが依頼人を見たとたんにその人の職業や出身地などを当ててみせることがよくありますが、これは依頼人を驚かせ、能力を信頼させるためのひとつのテクニックと解釈していました。どうやらシャーロックの場合はそうではないようです。口から勝手に出てしまって、自分でコントロールできないのかもしれません。
第2シリーズの2話では、ジョンがシャーロックの言動について「アスペルガー」と表現します。

全ての人がそうであるように、ホームズにも彼の「特性」がたくさんあります。観察力、記憶力、分析能力が非常に優れている、一つの物事に寝食を忘れるほど集中する、恋愛など「思考の邪魔になる」干渉を好まない、精力的な時期と怠惰な時期を繰り返す、嫌いな人には失礼な態度をとる、部屋の整頓は苦手だが服装は常にきちんとしている…
現代版は原作の人物像のひとつの「解釈」ですので、やや大げさに描写されている面や、変更されている面もありますが、基本的にはホームズの特性を現代の「診断法」で捉え直していますね。
時代によっては、「個性」のひとつだったものが「病理」として捉えられたりもする。
「犯罪」だったことが「合法」になったり、その逆もある。("SHERLOCK"でいうと、『同性愛』が前者で『麻薬』が後者ですね)
「現代版」の面白さはそんなところにもありますよね。登場人物たちの性格は、現代の社会にこういう性格の人が生きていたら、周りの人にこんな反応をされ、こんな風に成長して…というシミュレーションのもとに設定されているのかもしれません。"The Blind Banker"に出てきた、シャーロックの学友セバスチャンの話からも、原作では明言されていなかった「皆に嫌われていた」という表現が出てきますね。

物語の導入部でホームズが誰かの細部を観察して「名推理」を見せるのは、原作になくてはならないシーンですが、初めてなら「すごい!」と感動しても、あまり何度も見ると「またやってるよ…」という印象は確かにあります。ましてや、シャーロッキアンならいくつもの映像化作品やパスティーシュを見てきているわけですから、「また見せびらかしてる」という感じは強いのかも。そういう作り手の思いも反映しているのかもしれませんね。

(原作からの引用はすべて延原謙訳)
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- 神崎真 - 2013年04月17日 09:25:13

> 依頼人を見たとたんにその人の職業や出身地などを当ててみせることがよくありますが、これは依頼人を驚かせ、能力を信頼させるためのひとつのテクニックと解釈していました。どうやらシャーロックの場合はそうではないようです。口から勝手に出てしまって、自分でコントロールできないのかも

なるほど、この解釈だとシャーロックの言動がスッと納得できます。
「うるせえ」って言われるならちょっとは控えればいいのに、それができないあたりがシャーロックの性格だと思っていましたが、単に自分が思ったことを、口に出して確認したいという知的欲求だけでないのなら、彼があれほど毎回同じ事を繰り返すのも判ります。

もっとも「大いなるゲーム」で警備員の水死体を発見したときのように、「面倒だから説明しない」と言うパターンもありますね。そこであえて「聴かせてくれ」「素晴らしい」と言ってくれるジョンの存在は、やっぱり嬉しいものでしょうね。
あの場面での、聴かせてくれと促された途端、立て板に水の如くしゃべりだし、結果褒められてはにかむシャーロックが微笑ましくてなりません(笑)

確かに、微笑ましい… - ナツミ - 2013年04月18日 07:12:00


> 「うるせえ」って言われるならちょっとは控えればいいのに、それができないあたりがシャーロックの性格だと思っていましたが、単に自分が思ったことを、口に出して確認したいという知的欲求だけでないのなら、彼があれほど毎回同じ事を繰り返すのも判ります。

「コントロールできない」というのはどの程度の「できなさ」なのか、判断は難しいですよね。
私もホームズのこととなるとついつい聞かれてないことまで語ってしまうので、「水道みたいに出したり止めたりできない」という感覚はちょっとわかるような気がするんです。今のところ、誰彼かまわず語りかけてるわけではないのでコントロールできてると思いたいんですが、それも自己診断に過ぎないですし。

> そこであえて「聴かせてくれ」「素晴らしい」と言ってくれるジョンの存在は、やっぱり嬉しいものでしょうね。

絶対に嬉しいですよ!またも自分に引き寄せて語ってしまって申し訳ないのですが、ブログをやる人間なんて大なり小なり「俺の話を聞け!」と思ってるわけで、こうして誰かが受け止めて反応を返してくれたら本当に嬉しいですもの。もう、「今夜はカレー」とかとは全然違う(それも十分嬉しいですけど)、多分自分の存在意義とかなんとかそういうことに関わる深い嬉しさですよ。
シャーロックの場合、今まで嫌われたりからかわれたりする能力だったんですから、ジョンの心からの賞賛はもう本当に「救い」なんじゃないでしょうか。
興味本位で近づいてきたキティにあれほどの嫌悪感を表すのもなんだかわかる気がします。興味がないから冷たくあしらったんじゃなくて、自分の中の大事な部分を揶揄されたと感じて怒ったのかもしれません。

> あの場面での、聴かせてくれと促された途端、立て板に水の如くしゃべりだし、結果褒められてはにかむシャーロックが微笑ましくてなりません(笑)

直前にジョンと大喧嘩したんで拗ねていたかもしれないけれど、きっと、ほんとは言いたくてたまらなかったんですよね(笑)
ジョンもジョンで、新聞を調べ始めた時は泣きそうな弱々しい声になっていたのに(テムズ河に出たときも声がかすれていました)シャーロックの推理を聞いたらあの笑顔。君たちついさっきまで(実際は一晩くらい経ってるでしょうけど)大喧嘩してたんじゃなかったの?と、幼稚園の先生のような気分にさせられますね。

角砂糖、美味しかったです(^▽^) - トビィ - 2013年04月18日 14:42:20

ナツミさん、みなさんこんにちは。

「死を呼ぶ暗号」(Tha Blind Banker)で
推理を披露(ひけらかして)「大学時代はみんなに嫌われていた」って言われてましたよね。
(なにもそこまで正面切って本人の前で言わなくても(;・∀・)
一瞬、泣きそうな顔になるsherlockが可哀想でしたが・・・。

そうか、自分ではコントロールできない(あえて治さない?)のですね。

> そこであえて「聴かせてくれ」「素晴らしい」と言ってくれるジョンの存在は、やっぱり嬉しいものでしょうね。

そうですよね!
「今夜はカレー」と言われても、大丈夫('ω')ノ好きだから食べる!でもやっぱりジョンじゃなきゃ!

PS
すき焼きパーティには、牡蠣と雷鳥が一番、それに、ちょっといける白ワイン持参しますね(笑)

真珠の件ではお世話になりました - ナツミ - 2013年04月19日 07:56:21

トビィさん、こんにちは!
>
> 「死を呼ぶ暗号」(Tha Blind Banker)で
> 推理を披露(ひけらかして)「大学時代はみんなに嫌われていた」って言われてましたよね。
> (なにもそこまで正面切って本人の前で言わなくても(;・∀・)
> 一瞬、泣きそうな顔になるsherlockが可哀想でしたが・・・。

シャーロック、あんなひどいことを言われてるのにどうしてセバスチャンに協力したんでしょう。
単に事件が面白そうだったからかなあ。シャーロックのほうではアンダースンやキティに対するような嫌いオーラを出していない、というか、珍しくいじめられっこポジションで、一方的にやられてるような感じがします。

そしてジョン、唐突に思い出したんですがここでシャーロックに「友達」と紹介されて「仕事仲間」って言い直してた!これって自分がやられたら地味に傷つくような…「バスカヴィル」の「友達いない」発言はシャーロックが悪いと思ってたけど、遡って考えたらジョン君もよくないです!(幼稚園児の喧嘩仲裁モード続行中)

> そうか、自分ではコントロールできない(あえて治さない?)のですね。

「あえて治さない」ですか、なるほど…。
戦略としては演技もできるはずだし、手の内を見せないほうがいい場面もあるはず。
でもシャーロックは、事件を「誰かを助けたい」というよりむしろ「何が起きたのかわかりたい」及び「それを披露して誰かに褒められたい」という動機で探偵をやってたような気がしますもんね。アイリーンに関わった頃からすこし様子が違ってきて、ライヘンバッハのトリックは明らかに「助けたい」という思いから生まれたものですから、少しずつ変わってきているのですが。

> すき焼きパーティには、牡蠣と雷鳥が一番、それに、ちょっといける白ワイン持参しますね(笑)

おお、なんと豪華な!ホームズメニューばかりのパーティーをやったら楽しそうですね!
しかしやたら費用がかさみそうな…じゃあ私はグラナダ版ワトスンが作るりんごのすりおろしを!(低コスト過ぎ)

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

ご閲覧やRSS登録ありがとうございます!まだ廃墟じゃありませんよ~!亀の歩みですが、過去の振り返りも含めてのんびり元ネタ探し続けていきたいと思います。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura