最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

シャーロックの偽名

"It's always hard to remember an alias when you've had a fright. Isn't it?"
「驚いてる時、偽名を思い出すのはたいへんよね」(拙訳)



聖職者に変装したシャーロックの正体をあっさり見抜くアイリーン。
原作でもホームズは「独立教会派の牧師」に変装しているのですが、ここは自分で見抜けず人に教えていただいて悔しかったところ…!服はいつもと同じだけど、カラーをつけているんですね。前のシーンでジョンに「結局いつもの服じゃないか」とつっこまれているんですが、シャーロックが「カラー(collar)をつける」と言ったのを「彩(colour)を添える」(=顔に血を流す)のだと勘違いしてました(聞き取る力もないですが、語彙と結びつけるとかそもそも剥ぎ取られたカラーの意味に気づかないとか、いろんな能力の限界が…)。

私の愚痴はおいといて。
元ネタかどうかはわかりませんが、ホームズにも同様に「人の偽名を見抜く」場面がありますね。

鼠男はかすかなためらいを見せてから、「私はジョン・ロビンスンという者です」と横目を使って答えた。
「いいえ、本名をいってくださいよ。変名で話をするのは、気まずいものですからね。
(It is always awkward doing business with an alias.)」



「青いガーネット」の一場面ですが、ホームズが偽名を見抜く場面はほかにもあると思います。
偽名を使うのは犯罪者だけではなく、依頼人が立場を隠したい場合もありますね。
たとえばボヘミア王は「フォン・クラム伯爵」と名乗っていました。
もっと似ている場面をご存知の方がいらっしゃれば、教えていただけたらありがたいです!

ところで、シャーロックはどんな偽名を名乗るつもりだったのでしょう。
失踪中に旅行記を出版した時の名前「シーゲルソン」、「犯人は二人」で使った「エスコット」、「最後の挨拶」の「アルタモント」と、原作のホームズの偽名はいろいろありますね。(シーゲルソンは偽名というより筆名なのかもしれないけれど…)
「高名な依頼人」では、ホームズがワトスンに「ヒル・バートン」という偽名を使わせます。これは、ドイルの幼い頃からの友人ウィリアム・K・バートンからつけられた、という説がwikiの「高名な依頼人」のページに載っています。同作品でグルーナー男爵が見せる日本の正倉院に関する正確な知識は、当時のイギリスではなかなか得られないものだったようで、いわゆる「お雇い外国人」として日本に滞在していたバートンが直接ドイルに教えたのではないか、ということです。

単なるこじつけですが…ドラマには出てこなかったけれど、脚本にシャーロックが使うはずだった偽名があるとしたら、それは脚本家さんの親しい人の名前かもしれませんね。
もっとこじつけると、シャーロックの相対する敵(この場合アイリーン)の「専門分野」に詳しくて、執筆にあたって助言を与えてくれた人だったりして…いえ、もうやめておきましょう。

(原作からの引用はすべて延原謙訳)



関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

お洒落な会話♪ - ちぃ - 2013年03月17日 22:34:19

偽名の話でなくて恐縮なのですが...
アイリーンとの初対面付近のシーンは会話が難しい...、と感じる私が英語初心者丸出しですが(;_;)
シャーロックがキャブでカラーを着ける「splash of colour」、アイリーンにカラーを剥がされた時の「we are both defroked」。日本語吹き替えはさらりとかわされていたので、しばら「???」でした。
ナツミさんの英語訳はいつも勉強になります(*^^*)
ヨーロッパってお洒落な?会話が多い気がします。
ウィットに富んだ会話とかいうのでしょうか?
ところでナツミさんはポルトガル語もお出来になるのですか?銀行の待合室で読まれたとか...(’-’*)♪
私はイタリア語を習っているのですが、活用の多さに、orz...
あ、脱線しました。すみません...


難しいです… - ナツミ - 2013年03月18日 04:16:16

ちぃ様

>偽名の話でなくて恐縮なのですが...

いえいえ、脱線大歓迎です!そもそもこのブログが脱線でできているようなものです!

> アイリーンとの初対面付近のシーンは会話が難しい...、と感じる私が英語初心者丸出しですが(;_;)

難しいですね。急に、意味深な感じの言い回しが増えますよね。私はジムとの会話も結構難しく感じます。
初見の際は、できればあんまりウィットに富まないでください!と勝手に念じてます…

> シャーロックがキャブでカラーを着ける「splash of colour」、アイリーンにカラーを剥がされた時の「we are both defroked」。日本語吹き替えはさらりとかわされていたので、しばら「???」でした。

そ、そもそも車内でつけてたんですね!PCの小さい画面で観ていたのもよくなかったか…!

日本語吹き替えでは、ふたつ以上意味がある場合の処理は難しいですよね。
私の訳は当てにならない、というかそれ以前に色々理解できてなかった気がするので、翻訳に特化なさっているYOKOさんやそふぃーさんのブログも覗かせていただきました。お二人共colourとして訳していらっしゃいました(よっしゃ!)。スクリプトも読ませていただきましたが、その方が自然ですね。そふぃーさんはcollorとの洒落かもしれない、とのこと。まあ仮にcollorと言ってたとしても、絶対に聞き取れない自信がありますが!

> ところでナツミさんはポルトガル語もお出来になるのですか?銀行の待合室で読まれたとか...(’-’*)♪

いえいえいえ!できません!
英語と似た単語もあるので、頑張れば裏表紙の解説文くらいわかるんじゃないか?と20分ほどにらめっこしていただけです(当然ですが、固有名詞くらいしかわかりませんでした)!
いつか、旅行に必要な会話くらいはできるようになってみたいのですが。
イタリア語をお勉強なさっているとのこと、素敵ですね!お仕事など、何か、目的がおありなのでしょうか。ご旅行なども楽しそうですね。音楽鑑賞なんかも、イタリア語がわかったら面白いんだろうなあ…
私はむか~し学校の第二外国語でスペイン語をかじったのですが、活用の多さには本当に閉口させられました。しかし学習者の立場でみれば、しょっちゅう主語を省略しておきながら動詞をろくに活用しない日本語の方が不親切なのかなあ…

Amore...??? - ちぃ - 2013年03月18日 09:58:48

すみません
キャブでカラーは着けてないです...
アイリーン宅のベルを鳴らしたところではついてますよね?
カラーを着けると宣言?した、と書きたかったのに、私の書き方が悪いですね

スペイン語ですか!
イタリア語と似ているのでたまにNHK「テレビでスペイン語」も見てます。翼君が口説き文句ばっかり習得していくのが笑えます(*^^*)

The game is on! - ちぃ - 2013年03月19日 12:54:02

シャーロック、シリーズ3の撮影が昨日始まったようですね!
きゃー

嬉しくて思わずコメントしてしまいました。
失礼いたしました

なつみさんの質問に答えてなかったですね(._.)
重ね重ねすみません

イタリア語は、

趣味

です

見直してみます! - ナツミ - 2013年03月20日 04:07:38

ちぃ様

こちらこそ勘違いして申し訳ありません!
というかちゃんとDVDを見返せ、という話ですね。すみません…!

そして、バタバタしているうちにいつの間にか、S3の撮影が始まっていたんですね!放映まで長いような気がしていましたが、きっと、あっという間ですね…!

ご趣味でイタリア語学習とは!ちぃさんの向学心、見習わねば!
スペイン語と似ているんですね~。ポルトガル語とスペイン語もすこし似ているのですが、いくつか並行して言語を学ぶと面白いですね。(私の場合、混乱もしてしまうんですが…)
「テレビでスペイン語」観てみようと思います!
イタリア語も、口説き文句のボキャブラリーが豊富そうですね。

SHERLOCKも各国語に訳されているので、見比べてみるのも楽しそうですね。
一度、ルフトハンザの機内でドイツ語版を観たことがあります。心なしか、ドイツ語シャーロックは若干おじさんっぽかったです。逆に日本語版は、若返った感じがしますよね。

- あなみ - 2015年08月07日 21:31:27

あの、かなり余談なのですけれど、気付いてしまったので投稿せずにはいられません(ここに来て私のホームズ愛が溢れ出しすぎて困っております)。

私がナツミさんのブログを知るきっかけとなった"ユリイカ"増刊号の168ページに、気になる文章を見つけました・・・・・・
ドイルの父の名前が"チャールズ・アルタモント"となっています!
恐らくお気づきかとは思いますが、原典"最後の挨拶"で彼が用いた偽名は、ドイルの父由来だったのですね。(かなりそれだけです)

ナツミさんの記事を読んでいる時間は本当に至福の時です〜!このままホームズの世界にたゆたっていたい・・・・・・

お父さんの名前! - ナツミ - 2015年08月08日 19:13:59

あなみ様

> ドイルの父の名前が"チャールズ・アルタモント"となっています!

わあ、恥ずかしながら気づきませんでした。登場人物に「メアリー」が多いのはお母さんの名前から、というのは聞いていたのですが……

お祖父さんは風刺画家、お父さんの兄弟もそれぞれ芸術方面で成功を収めたのに、お父さんはお酒に溺れてしまったんですよね。ワトスンの経歴にもそのことが反映されているのでしょうね。

ホームズの世界にたゆたう…という表現、素敵ですね。ただ文字を読むのではなくて、現実とどこかでつながった世界に入り込むような感じ。
たゆたっていると、気付きがたくさんあるんですよね。『シャーロッキアン!』の愛理ちゃんが言うように、何度読んでも新しい発見がある!
その発見を誰かと分かち合えたらもっと楽しい、と思います。ホームズにワトスンやレストレードがいるように、あなみさんの冒険におともさせていただければ光栄です。

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

ご閲覧やRSS登録ありがとうございます!まだ廃墟じゃありませんよ~!亀の歩みですが、過去の振り返りも含めてのんびり元ネタ探し続けていきたいと思います。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura