最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

つまらない事件

シリーズ2の冒頭では、前回ラストシーンの続きの後、ジョンのブログ効果で名が売れてきたシャーロックを訪れる依頼人たちが描かれます。でも、その大部分は話し始めてすぐにシャーロックに「つまらない!」と一蹴されてしまう模様。シャーロックが興味を示した「オタクの伝道者」や「まだらのブロンド」などの事件は既に記事にしているので(『ジョンのブログ』カテゴリをごらんください)、今回は「つまらない」事件に目を向けてみようと思います。


1、「妻がすごく長い間オフィスにいる事件」
  「夫が浮気してるかもしれない事件」


前者は「つまらん」の一言で片付けられ、後者には「そうだ」の一言。

後者の事件は曲がりなりにも解決したんでまあいいんですが、前者はちょっと気になります。
妻が「一定の場所に拘束されている」と考えると、「赤毛連盟」や「株式仲買店員」、「3人ガリデブ」のパターンを思い出します。背後ですごい事件が進行していたことが後に判明する(もちろんジムの仕業)のではないかと想像していましたが、考えすぎだったようです。

2、「おばの遺灰がすりかえられた事件」

この事件は後の展開への伏線ですね。ひょっとしたら1の事件にも背景が設定されていたものの、シャーロックがあまりにも多くの事件を見逃しているのもどうか、ということで見直されたのかもしれません。

遺体すりかえ事件といえば「フランシス・カーファックス姫の失踪」。
目的は逆ですが、死体を使ったトリック、という点ではこの事件とマイクロフトの作戦は同じですね。
「フランシス~」では犯人たちによって大きな棺桶が特注されますが、ボンド航空のジャンボジェットも、空飛ぶ巨大な棺桶と言えるかもしれませんね。

3、「ファイル紛失事件」

かなりお金のある人の依頼らしいこと、重要なファイルの"recovery"(回収、復旧)が依頼内容であることから、「第二の汚点」事件を思い出すのですが、原作のこの事件は、国際問題の絡んだセンセーショナルな事件でした。ワトスンも事件名をちらつかせては「いつか書く」と約束しておいて、読者の熱望を受けての発表、という焦らしぶり。もしこの事件が元ネタだとしたら、あまりにもどうでもよさそうな処理に笑ってしまいます。
ちなみにこのファイルって、コンピュータ上のファイルだと私は思いこんでたんですが、考えてみたらそれは探偵じゃなくてエンジニアの仕事ですよね。原作同様、紙文書の回収が依頼内容なのでしょうか。それとも、何でも屋だと思われちゃったんでしょうか。


4、「おじいさんに会わせてもらえなかった事件」
子どもにも人気のジョンブログ。「子どもが依頼人」というパターンは、原作にはありませんでした。時代の流れでベーカーストリート・イレギュラーズは大人という設定になりましたが、識字率もコンピュータの普及率も高い今、ブログは子どもにも読めますものね。これも2の事件同様、マイクロフトの作戦とつながっているのですが、この時点では2、4の事件の背後にあるものにシャーロックは気づいていません。

子どもと言えば、2話ではうさぎのブルーベルの事件が意外な伏線となっていましたね。このように、依頼された時点では他愛もない相談のように見えたのに、実は氷山の一角に過ぎなかった、という例は原作にもあります。

「椈(ぶな)屋敷」では、ホームズにこんな手紙が舞い込みます。

 

シャーロック・ホームズさま
 私はただいま家庭教師の口が一つあるのでございますが、行ってもよろしいかどうか、あなたにお教え願いたいと存じます。(後略)



これを読んだホームズは、「落ちるところまで落ちたらしい」「紛失した鉛筆をさがすとか、寄宿学校出の世間を知らぬ娘の相談相手になるくらいが関の山になりそうだ」と嘆いてみせますが、ワトスンは「こいつは君の予想に反して、案外おもしろい展開をみせるかもしれないよ。いつかの青いガーネット事件なんかも、はじめはつまらないいたずら気分だったのが、あのとおりの大事件になったんだからね。こんどのだって、調べてゆくうち案外大ものになるかもしれないよ」と励まします。その言葉通り、この「つまらない事件」から、一件平和な郊外の家庭に隠された犯罪が暴きだされることになります。

ではホームズは大事件であればあるほど燃えるのか、というと、そういうことでもないらしく、「花婿失踪事件」でこんなことを言っています。

「(前略)とるに足らぬ事件のなかにこそ、つねに観察の場があり、原因と結果とを敏速に分析する活きた舞台があり、そこにこそこの仕事のもつ魅力があるのだと思う。大きい犯罪と言うものは、とかく簡単でありがちだ。というのは、犯罪が大きければ大きいだけ、がいして動機が明瞭なものだからね。(後略)」



ホームズにとっては事件の規模の大小は関係なく、動機や手法が面白い(状況から解析しにくい)ことが大事で、簡単過ぎると「魅力がない」わけですね。個人や家庭に起こった事件を殺人事件や国際問題よりも軽視しているわけではなく、どんな事件でも、動機や手法が明白だと心をひかれないのでしょう。
それはシャーロックにとっても同じで、一見奇妙な若者の戯言に聞こえる「オタクの~」事件には腰を上げています。
「つまらん」で済ませてしまった「妻が長い間オフィスにいる事件」は、きっとあの時点で正解がわかってしまったのでしょう。

・ベラルーシの事件(第1シリーズ3話)のように、痴話喧嘩に過ぎないことが明らかで、興味が湧かなかった
・妻が不倫している徴候を夫からシャーロックが読み取ったなど、事件として簡単過ぎた

という感じでしょうか。


すぐに追い返してしまった依頼人たちにもジョンが何かフォローをしていると思うのですが、おばさんの遺灰や孫とおじいちゃん、ブルーベルの事件のように「つまらない」相談の裏に「おもしろい」事件あり、というパターンが続いていることですし、あまり依頼人を無下にしないであげて欲しいものです。マイクロフトにもイヤミを言われちゃいましたしね…
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- トビィ - 2013年02月21日 14:01:16

ナツミさん、みなさんこんにちは。

シリーズ2「ベルグレービアの醜聞」は話の展開があまりにも早くて何度も見直した話です。
しかも家族団欒で観るのはちょっと気恥ずかしい内容なので、
高校生がエロビを隠れて見るように一人の時に見てました(^^;

ジョンのブログのおかげで有名になったのに、
依頼内容に納得しないと「つまらん」の一言で片づけてましたね。

「妻がすごく長い間オフィスにいる事件」
  「夫が浮気してるかもしれない事件」
なるほど!!そういう見かたもあったのですね。

「ファイル紛失事件」
お財布事情から今月は厳しかったのかな?
シャーロックが断ったときジョンは引き受けてほしそうな顔をしてましたね(笑)
夜な夜な家計簿とにらめっこしているジョンの姿が・・・

「おばの遺灰がすりかえられた事件」
「おじいさんに会わせてもらえなかった事件」
これは最後につながるとは考えていませんでした!
しかも死者の飛行機(><;

犯罪の裏にはマイクロフトありですね。

ほんとだ! - ナツミ - 2013年02月22日 04:48:27

トビィ様

> しかも家族団欒で観るのはちょっと気恥ずかしい内容なので、
> 高校生がエロビを隠れて見るように一人の時に見てました(^^;

確かに、男女のヌードが出てくるといえば出てきますしね…

> 「ファイル紛失事件」
> お財布事情から今月は厳しかったのかな?
> シャーロックが断ったときジョンは引き受けてほしそうな顔をしてましたね(笑)

ここ、気づきませんでした!ここのところDVDを人に貸していて、ちょうど返ってきたので早速確認したのですが、ほんとですね!何も言わなかったけれど、ぱっとシャーロックを振り返って目をまんまるにしてるジョンが可愛いです!こんな細かいとこからも221Bの窮状(?)が垣間見れるとは!

> 犯罪の裏にはマイクロフトありですね。

マイクロフトの、正体が判明した後も「いい人」に見えないところが面白いですよね。
ジムの人物像が現代の犯罪者風になっている分、ちょっと原作のモリアーティ風な気もします。
このお話では、ジョンがしょっちゅうマイクロフトの黒い車で連行されていることが、アイリーンにバレてるのも面白かったです。いろんな人に同じことしてて、部下の間ではお馴染みの愚痴だったりして…

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

ご閲覧やRSS登録ありがとうございます!まだ廃墟じゃありませんよ~!亀の歩みですが、過去の振り返りも含めてのんびり元ネタ探し続けていきたいと思います。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura