最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友達と敵と

このお話には、「友達」と「敵」に関する会話が3回出てきますね。
1度目はマイクロフトとジョン。

「彼に会ったろう?彼に何人友達がいると思う?私は友達に最も近い立場だ」
「近い立場とは?」
「敵だ」
「敵?」
「彼にとってはまさにね。本人に聞いてごらん、多分宿敵だというよ」


この時点では、マイクロフトはまだ正体不明。彼の得体の知れない雰囲気が、この言葉で盛り上がります。その後、実際にシャーロックはマイクロフトを敵と言い放ちます。

原作の「唇の捩れた男」に、「友達」と「敵」が出てくる会話があることに気づきました。
事情があってアヘン窟を訪れたワトスンは、老人に変装して潜入捜査をしているホームズと鉢合わせます。

「あんなところで君に会うなんて、まったく思いもよらなかったよ」
「僕のほうがよっぽど驚いたよ。まさかあんなところに君が来ようとはね」
「友人をさがしに行ったんだ」
「僕は仇敵をさがしに行った」
「仇敵?」
「そうさ。僕にとっちゃ先天的な仇敵のひとり、いや、宿命のえじきというべきかな。(後略・延原謙訳)


同じ場所に、ワトスンは友人を探しに、ホームズは敵を探しに行ったわけですね。

"A Study in Pink"に戻りましょう。アンジェロの店で、ジョンは「普通、人には宿敵なんていないものだ」とつぶやきます。

「じゃあ『普通の人』は何を持っているの?『現実の生活』では?」
「友達かな? 知人、好きな人、嫌いな人、ガールフレンド、ボーイフレンド…」(拙訳)



この後、シャーロックに「交際を申し込まれている」と誤解されそうになったジョンはあわてて「そういう意味じゃなくて、僕は君が『普通』じゃなくてもいいって言ってるんだ」と説明します。
ジョンは、別に深い意味を持ってそう告げたわけではないんだろうなあ、と私は思うのですが(誤解を解きたい気持ちが強かったんじゃないでしょうか)、思わず漏れたジョンの本音というか、人としての基本的な姿勢というか、とにかくこの言葉、シャーロックの心にものすごく響いてしまったみたいです。ジョンにとっては幸か不幸か……(いや、すみません、幸です!)

ここから二人の鉄壁の信頼関係が始まるわけですが、偶然鉢合わせたホームズとワトスンも、そのまま冒険に出かけます。ワトスンは友人を救うためにアヘン窟を訪れ、妻の待つ「普通の世界」に送り返したのですけれど、「普通の世界」ではないところに「仇敵」を持ち、しょっちゅう出入りしているホームズに「そんなところに行くな」とは言わないんですね。ワトスンにとっても、ホームズが「普通」かどうかはどうでもよいことなのでしょう。

この頃のワトスンは既にメアリと結婚していて、開業医としても忙しそう。アヘン窟に出向く前、家にいるワトスンの描写からは、幸せそうな生活がうかがえます。もしそれが「普通」の生活だとしたら、ワトスンは普通の生活を時折飛び出しては、「普通じゃない」ホームズの冒険に加わっていることになります。
ワトスンが結婚した当初は二人は疎遠になっていて、素直に会いに行けないようなわだかまりを抱えていたことが「ボヘミアの醜聞」での再会シーンから推察されますが、この頃の二人はもうそういう時期を乗り越えていますね。ワトスンにとってホームズが「普通でなくてもいい」ように、ホームズもワトスンが「普通でもいい」と思えたのかもしれません。






関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- トビィ - 2013年02月04日 17:53:42

ナツミさん、みなさんこんにちは。
ホームズの思考回路は普通じゃありませんね。なんせ24時間頭の中で何かがダンスしている人なんだから(笑)
ジョンの『普通じゃなくても構わない』はシャーロックにとっては本当に嬉しかったと私も思います。
今までは『うせろ』とか『みんなから嫌われていた』(これは本人目の前で酷い)言われていたのに、はじめて自分を認めてくれたのですから。
キーコード知りたさに弟の半世を教えてしまったマイクロフトを叱る事が出来るのもジョンだけでしょうね(笑)
メアリには気の毒ですが、ホームズのような常軌を異した人間にはジョンの普通が必要なんですね。



♪隠せないさ~僕の瞳は~ - ナツミ - 2013年02月05日 06:09:41

トビィ様

何よりもまず、「♪24じか~ん~ あたまの~な~かで な~に~か~が~」と熱唱してしまいましたよ!続けて「空からこぼれたSTORY」も!(※何のことやら…という方へ。アニメ『名探偵ホームズ』の主題歌です)この歌詞、シャーロックにも不思議と似合いますね!犬とはいえ同一人物(?)だから、当然かもしれませんが…

>はじめて自分を認めてくれたのですから。

マイクロフトは彼の優秀さを、ジムはそれに加えて「普通じゃない」ところを認めてくれているけれど、「君がどうあってもいい」と言ってくれたのはジョンだけなんですよね。その言葉にシャーロックがどれだけ飢えていたか、考えると切ないものがありますね。

>マイクロフトを叱る事が出来るのもジョンだけでしょうね(笑)

マイクロフトにとっても、ジョンは唯一弟の問題を共有できる人で、特別なんでしょうね。ガイ・リッチー版のワトスンはホームズの妨害をかいくぐって見事ゴールインしましたが、兄弟揃って敵になったら、ジョンの結婚は遠いかもしれないですね…



- トビィ - 2013年02月05日 20:09:12

ナツミさん、こんばんは。
ダ・カーポのデュエットありがとうございます(笑)
久しぶりに熱唱しました♪(´ε` )
ガイ・リッチー版のホームズは見た事はないのですが、面白そうなので、ぜひ観てみたいです!
マイクロフト姑&シャーロック小姑でジョンは苦労の連続ですね(⌒-⌒; )負けるなジョン!

渡る世間はフリークばかり - ナツミ - 2013年02月05日 20:54:23

トビィ様

こちらこそありがとうございます!気持ちよく歌わせていただきました!2曲とも名曲ですよね!

> マイクロフト姑&シャーロック小姑でジョンは苦労の連続ですね(⌒-⌒; )負けるなジョン!

そう書くと「脚本:橋田壽賀子」って感じですね…
誰にも嫁いでないのに姑ばっかり大勢って……泉ピン子より苦労してるじゃないですか!

- Schnee - 2013年02月06日 14:09:37

昨日はメールでお世話になりました。
ブログ、読めるようになりました。
はずかしながら、RSS設定を分かってなかったことが原因のようでした。
これからゆっくり読ませていただきます♫

ウィーンはちょこっと旅行に行っただけで、在日本ですv-48
イギリスへ、シャーロックゆかりの地を訪れたいv-119
英語と貯金を頑張らないと!

ジーヴス、DVD出るのですね、楽しみ楽しみ
情報ありがとうございました。

はじめまして - theimprobableone - 2013年02月06日 21:31:36

何日か掛けて最初から読ませていただきました。とても読みやすく、深く考えられた文章だと思います!Brilliant!

原作は全て読んでいたのですが、お正月にやったSeries1を観て「現代版シャーロック」にガッツリハマってしまいました。S1の前にS2を放送していたのを後から知ってガッカリしているところです。。。

S1は何度も観返して、元ネタを思い出したり何度でも楽しめますね♪

また覗かせていただきますので、投稿楽しみにしています!ではでは

いらっしゃいませ - ナツミ - 2013年02月07日 07:46:59

Schnee様

こちらこそ、メールありがとうございました!
RSS登録していただいたんですね!うれしいなあ。
なるべくがんばって更新します…!


> ウィーンはちょこっと旅行に行っただけで、在日本ですv-48
> イギリスへ、シャーロックゆかりの地を訪れたいv-119

ウィーンのTVでカンバーバッチさんに出会われたということ、
旅先のロマンチックな出会いにちょっと嫉妬!
私もロンドンに行きたいです!遊びにきてくださるYOKOさんは半年後に行かれるそうで、YOKOさんのブログをのぞいては勝手に旅気分を満喫しております。オープニングに出てくるSANYOの看板はなくなってしまったそうで悲しいですが、221B下のカフェは絶対はずせませんよね!あとはセバスチャン勤める銀行になった建物?もう、妄想だけでも楽しいっ!

ジーヴスのお話もさせていただけたらうれしいです♪

!!! - ナツミ - 2013年02月07日 07:55:15

theimprobableone 様

コメントありがとうございます!
コメントをいただくとメールで知らせがあるので、携帯を見て気づくことが多いのですが、ハンドルネームに「!!!」となってしまいました!
お、お褒めの言葉恐縮でありますっ…!(敬礼)

原作をよくご存知の方が「現代版シャーロック」にハマってくださるのは、ファンの一人として嬉しいです!
本当に何度でも楽しめる作品で、私も先日の放送で新たな「元ネタ」に気づいたりして、とても楽しんでおります。(私の元ネタ検証が穴だらけなだけかもしれない…)
何かお気づきの点などありましたら、ご教示いただければうれしいです♪

読むのもったいないとか言ってるのももったいない… - ゆい - 2013年02月08日 02:00:47

こんにちは!

少し前に、中断していた「事件簿」を読み終えました。前々回の記事「ワトスンでないとだめな理由」を読んだ直後に「這う男」を読んだので、記事で引用されていた箇所はちょっと興奮気味に読みました(笑)

>「たとえてみれば、私は彼にとってヴァイオリンや刻みタバコや、愛用の黒パイプや索引帳や、そのほかそれ以下のロクでもないものと選ぶところはないのである。」

の部分、私は単純に、(後半はワトスンの謙遜として)ホームズが身近に置いて「愛用している」ものにワトスンが並ぶ、というところに、何というか「なくてはならない」感を感じたりしました。

>ホームズが何とかしてワトスンをそばに置こうと頑張るのは(もう、ワトスンの結婚からホームズ引退までは、延々とその攻防ですよね…)、ワトスンでなくてはいけなかった理由が他にもあるのでしょう。

というナツミさんの文章も影響して、「ホームズのワトスンへの執着」、もう本当に、ホームズの気持は「いないと困る!」だったんだろうな、と思いつつ「這う男」を読んでいたのに、次の話「ライオンのたてがみ」で「このころワトスンは私の身辺からほとんど姿を消していた。」とあって、そのせいか(?)ホームズ調子悪そうで、なんかもう、せつないというかショックと言うか……

>ワトスンが結婚した当初は二人は疎遠になっていて、素直に会いに行けないようなわだかまりを抱えていたことが「ボヘミアの醜聞」での再会シーンから推察されますが、この頃の二人はもうそういう時期を乗り越えていますね。ワトスンにとってホームズが「普通でなくてもいい」ように、ホームズもワトスンが「普通でもいい」と思えたのかもしれません。

「ボヘミアの醜聞」の該当箇所を読み返してしまいました。たまたま通りがかって、「ホームズの顔を見たい」という気持になってくれて、ありがとうワトスン……(なぜかホームズ寄り)
シャーロックがジョンに向かって「It's all fine.」と言える日がいつか来るのかな、なんて思ったり。

上のコメント欄での、
>兄弟揃って敵になったら、ジョンの結婚は遠いかもしれないですね…
というところを読んでから、また例の妄想脳が暴走をしまして。
ジョンにいい感じの人ができて、結婚するかも?なんて雰囲気になってきたら、マイクロフトとシャーロックが妙に仲良く密に連絡を取り合い始めたりして。で、ジョンが「自分を間に挟まずにやりとりするようになってよかった」なんて思っているうちに、もう結婚妨害のための恐ろしい計画が進行してたり……。

ところで。
この前の日曜日、こちらのサイトをいつもどおり開いたら本文とコメント欄が真っ白になっていて仰天しまして。(トップの絵とその下の文字、サイドのプロフィールや最新記事タイトル等は通常どおりで、本文とコメント欄はリンク文字だけが白い中に浮かび上がってて…)ケータイとかRSSでは普通に読めるのでもしやと思って反転してみたら文字が浮かび上がってきてちょっと安心したのですが。私のパソコンだけ何かおかしいのかな、とも思ったのですが、古いパソコン引っ張り出してそっちで見てみてもやっぱり同様でして……現在も、反転させないと本文もコメント欄も読めなくて……私が何か分かってないだけだったらすみません。

ありがとうございました! - ナツミ - 2013年02月08日 05:05:35

ゆい様

まず、ブログ表示の件ですが、教えていただきありがとうございました!
実はSchnee様からも表示されないというお問い合わせをいただいていて、月曜にリンクの文字色を変えたせいかな?と思っていたのですが、複数のPCで読めないのにいつも通り読めている方もいるのであれば、おかしいですね。
詳しく書いていただいて、ありがとうございました。私の環境では見えているので、お二人に教えていただかないと気づかないままでした!ゆいさんのコメントやSchneeさんのメールをもとに、解決策を探してみます。
これをごらんになっている方で、同様の現象が起こったなど、何かご存知の方がいらっしゃいましたら何とぞご教示くださいませ…!(ごらんになれている時点で、その方は大丈夫なのかもしれませんが…)


> >「たとえてみれば、私は彼にとってヴァイオリンや刻みタバコや、愛用の黒パイプや索引帳や、そのほかそれ以下のロクでもないものと選ぶところはないのである。」
>
> の部分、私は単純に、(後半はワトスンの謙遜として)ホームズが身近に置いて「愛用している」ものにワトスンが並ぶ、というところに、何というか「なくてはならない」感を感じたりしました。

私はこの部分、ワトスンの謙遜どおりに受け取ってしまったのですが、シャーロックを観ているとゆいさんのおっしゃる通りなのかな、と思います。何と言うか、対象が人でも物でも、関心の度合いが変わらない、のでしょうか。
「人>物」というのが「普通の考え」かと思いますし、人が「モノ扱い」されたら普通怒ると思うんですが、ホームズにとっては垣根がないのかもしれませんね。スー・リンとか、「高名の依頼人」のグルーナーも「物を人のように愛せる」タイプだと思いますが、ホームズ(シャーロック)は価値があろうがなかろうが、無機物だろうが有機物だろうが、僕が好きなものは好き!という感じがします。

> >ホームズが何とかしてワトスンをそばに置こうと頑張るのは(もう、ワトスンの結婚からホームズ引退までは、延々とその攻防ですよね…)、ワトスンでなくてはいけなかった理由が他にもあるのでしょう。

> 「ライオンのたてがみ」で「このころワトスンは私の身辺からほとんど姿を消していた。」とあって、そのせいか(?)ホームズ調子悪そうで、なんかもう、せつないというかショックと言うか……

び、微妙に印象を操作してしまっていたら申し訳ありません!
実は私もかなりジューン・トムスンの「ホームズとワトスン~友情の研究」に影響を受けてしまっております。「ボヘミアの醜聞」や「マザリンの宝石」でふたりがぎこちないのは、ワトスンの結婚をホームズが喜ばなかったから、というのもこの本に書いてあったことです。
トムスン氏はちょっとワトスンびいきでホームズに厳しいかなあ、とは思うんですが、ホームズも完璧ではなくて、人並みに執着とか独占欲があったと考えると、色々辻褄が合う気がするんですよねえ…

> シャーロックがジョンに向かって「It's all fine.」と言える日がいつか来るのかな、なんて思ったり。

多分シャーロックは、彼にしてはものすごいエネルギーを使って「ありがとう」(プールの場面)や「ごめんね」(バスカヴィル)を表現しているんですよね。ジョンが一番それをわかっているんでしょうけれど。
いつか、優しい言葉を使える日がくるのかな。来て欲しいような、今のままの彼でいてほしいような、見ているこちらとしても複雑な気持ちですよね。

「ごめんね」といえば、あのマイクロフトに心から謝罪させたジョンはひょっとしたら凄いんじゃないでしょうか。パスティーシュなどでは、マイクロフトは弟ほどにはワトスンの価値を感じていなくて、ワトスンがつらい思いをする設定のものもあるのですが、"SHERLOCK"ではマイクロフトとジョンの関係もいいなあと思います。

> ジョンにいい感じの人ができて、結婚するかも?なんて雰囲気になってきたら、マイクロフトとシャーロックが妙に仲良く密に連絡を取り合い始めたりして。で、ジョンが「自分を間に挟まずにやりとりするようになってよかった」なんて思っているうちに、もう結婚妨害のための恐ろしい計画が進行してたり……。

ああああ、マイクロフトがジョンと仲良しなのも良し悪しか!
ジョンがガールフレンドと長続きしないのは、シャーロックを優先し過ぎるせいかと思っていましたが、クリスマスの様子を見る限り、かなりマイクロフトによる操作も入ってるんですよね…ひょっとしたらもう「恐ろしい計画」は始動しつつあるのかもしれません……

- - 2013年02月08日 20:27:09

何故か本文が「背景と同じ色」で表示されております…(反転すれば読めます)

こちらは問題ありません。 - YOKO - 2013年02月08日 21:28:13

表示の不具合があるのでしょうか?
私は今まで通りなんの問題もなく見られるので、環境によるのかな?
ちなみに、iPadーSafari、Xpーfirefox、androidーfirefox、は問題なく表示されていますよ。

表示されました!! - ゆい - 2013年02月09日 00:11:37

YOKOさんが環境を書かれているのを見て、不具合の出るうちのPC環境もご連絡しようと思って古いPCを開いたら、ついさっき表示が出ました!(今使っている方のPCも!)

よかった……ほっとしました。

すみません - ゆい - 2013年02月09日 00:30:55

表示されて一安心、と思ってたら、トップ絵と文章が外されてたんですね。
早とちりすみません…

- ナツミ - 2013年02月09日 08:47:17

ご迷惑おかけしております!
まだ完全に直ってはいないのですが、途中経過をご報告いたします。
見えない環境の方にご連絡いただいてわかったのですが、問題は、本文記事の文字表示が背景色と同色で表示されてしまうということでした。

私の知識不足でよくわかっていないのかもしれませんが、スタイルシートでの文字色指定は元のままでした。
テンプレートをダウンロードし直したところ、表示は通常に戻りましたが、ゆいさんがご指摘されているトップ絵と文章の部分(プラグイン3)を元と同じ位置に入れると、また同じ現象が起こってしまうようです。

この問題のご指摘をいただいた2月3日にはテンプレート設定をいじっていないので、どうしてこうなったのか不思議なのですが、コンピュータに疎い私のことですから、多分どこかでミスをしているのだと思います!

とりあえず、まとめてのご報告で失礼してしまいましたが、メールやコメントでご報告をくださった方に心から御礼を申し上げます!あとはプラグイン3の追加だけですので、もう少し頑張ってみます。解決後にあらためてご挨拶をさせてくださいね。本当に、慣れない作業に疲れた脳に、優しさが沁みております!ありがたいです!


ご指摘ありがとうございました! - ナツミ - 2013年02月10日 08:37:26

> 何故か本文が「背景と同じ色」で表示されております…(反転すれば読めます)

表示崩れの直後にリンクの文字色を変えたこともあり、はじめスタイルシートを疑っていたのですが、ひとつひとつ試してみたところ、IEではプラグインをはずすと文字色が正常になったようなので、一旦削除して入れ直してみました。お使いの環境でも、元に戻っているといいのですが…

ご迷惑をおかけしてしまいました。コメント、ほんとうにありがとうございます!

何とか、解決…? - ナツミ - 2013年02月10日 08:46:19

YOKO様

ブラウザの情報、ありがとうございました。私の環境(Google chrome)でも問題なく表示されていたのですが、IEで確認してみたところ、皆さんのおっしゃるような文字色の問題が見られました。
今のところ私からはクロムでもIEでも見えているのですが、大丈夫でしょうか…もう、コンピュータに疎いので必要以上にオタオタしてしまいました。コメントいただけて心強かったです!

ほんとうにありがとうございました - ナツミ - 2013年02月10日 09:19:44

ゆいさ~~ん!!!

今回のミスは、ゆいさんが教えてくださらなかったら気づけませんでした。
その上ずっと見守っていてくださり、本当にありがとうございました。
使っていらっしゃらないPCをわざわざ開いてまで確認していただき、かなりお時間をとらせてしまったのではないでしょうか。もう感謝の言葉もございません!

いろいろ試した結果、プラグインを一旦削除して入れ直すことで、私からは見えるようになったのですが、ゆいさんの環境ではいかがでしょうか。

ゆいさん、本当に、優しいお気持ちをありがとうございました。
YOKOさんや無記名でコメントをくださった方、メールで助けてくださった方にも、この場をお借りしてもう一度御礼を言わせてください。

…って、大団円のような書き方をしておいて、まだ直っていないかもしれないし、直っていてもそのうちまた何かやらかすに違いないのですが、「私は頭の良さには恵まれなかったものの、優しい方との出会いに恵まれている!」とジョンの言葉(『友達が人を守る』)を実感したりしました…。
「いやいや、勝手に友達扱いするなよ!」と思われるかもしれませんが、優しさに守られているなあ、と、うれしいです。今度は私がお役に立てるように、日々の色々なことをがんばろう!という気力が湧きました。(できればコンピュータ関連以外でお願いしたいところですが…)重ね重ね、ありがとうございます。

よかったです!! - ゆい - 2013年02月10日 11:03:13

ちゃんと見えてます!大好きなトップ絵も復活してよかった!!
なんせ、こちらのサイトがちゃんと見られないなんて、私にとっても大問題ですから!!!

私も(「も」とか言ってすみません。私の方が、ですが)PC疎くて、だから見えなくなったのもなんかこっちの原因でかな、とはじめ思ったりしてて……そして私は自分のブログを始めるまで「ブラウザって、なに?」というレベルだったので、古いPCは開いて確認しないとブラウザがわからなかったという……(その確認方法も、少し前に人に教えてもらってやっと知ったのでした)

お友達に入れてもらえて嬉しいです。
今後もどうぞ、よろしくお願いいたします。

I've got… - ナツミ - 2013年02月11日 09:33:38

ゆい様

おかげ様で、大体の環境で大丈夫なようで、一安心致しました。
考えてみれば今まで各ブラウザでの表示状態を確認したことがなかったので、教えていただけてよかったです。

自分のブログを始めるまで知らなかったこと、たくさんあります!そして、やっている今もわからないこともたくさん…。
便利に作られている道具がたくさんあって、仕組みを知らなくてもある程度使えてしまうのですが、その場合一部でも壊れてしまうと大変無力になってしまうということが、今回身に沁みてわかりました!

大人になってからお友達宣言するのは、ほんとにシャーロックとジョンみたいでなんだか照れますね。こちらこそ、受け容れていただけて嬉しいです!よろしくお願いします。

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

ご閲覧やRSS登録ありがとうございます!まだ廃墟じゃありませんよ~!亀の歩みですが、過去の振り返りも含めてのんびり元ネタ探し続けていきたいと思います。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。