最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワトスンでないとだめな理由

先ほどの記事の続きです。ホームズの台詞は、あの後こう続きます。

「じっさい僕にとっちゃ、話し相手をもつというのは、非常にありがたいことだ。というのは、僕の考えることの内容は、いつでもあんまり愉快なことじゃないからね。」



シャーロックも、ジョンにいつでも(本人がいない時ですら)話しかけてます。モリーに「ジョン」と言ってしまったことも。これは、ジョンを好きだからというよりは、誰かに対して話しかける形で考えをまとめる癖があって、その「誰か」の象徴がジョンなんでしょうね。ジョンに出会う以前は、例の頭蓋骨がその役割を果たしていたのでしょう。
この件に関しては、原作のワトスンが(おそらく付き合いが長くなるにつれて)よく自覚していて、シリーズの終わりのほうでこんな風に分析しています。

たとえてみれば、私は彼にとってヴァイオリンや刻みタバコや、愛用の黒パイプや索引帳や、そのほかそれ以下のロクでもないものと選ぶところはないのである。そして活劇が予想される事件がおきて、いくらか信頼するに足る豪胆な相棒のほしいときには、私の役目はおのずから明らかである。
 だがそんなこととは別に、私には用途があった。私は彼の心を研ぐ砥石だった。刺激剤だった。彼は私を前において、考えることを口に出してしゃべりながら、思索をすすめるのが好きだった。発言は私を目あてになされているのではない――大部分はベッドに話しかけているようなものだ――が、それにもかかわらず習慣になっているので、私が感情をあらわしたり、言葉をはさんだりするのが、どこか彼には役にたつところがあるらしい。(這う男)



ワトスンはかなり自嘲的に「要するに相手が自分ではなくても、物でもなんでもいい」と言ってますが……まあ、そうなんでしょうね……(フォローのしようがない…)
一方で、ホームズにはホームズなりに、ワトスンでなくてはいけない理由もあるようです。先ほどの分析はこう続きます。
 

私は心知の働きが悠然としていて、はたから見るとついもどかしくなるほど緩慢にも見えるのだろうが、そのために彼は火のような直覚力を刺激され、思考力が勢いよく燃えあがってくる。そこに、至らぬながらも二人の親和の上に私の役割があるのである。



要するにワトスンがトロいので、ホームズはいらいらさせられて、その感情に刺激されて思考がはかどるということでしょうか。それはあんまり悲観的過ぎるよワトスン!と言ってあげたいですが、真実でもあるんでしょうね。

でも、トロいだけでいいなら、世の中の大部分の人間はホームズよりもトロいわけで。ホームズが何とかしてワトスンをそばに置こうと頑張るのは(もう、ワトスンの結婚からホームズ引退までは、延々とその攻防ですよね…)、ワトスンでなくてはいけなかった理由が他にもあるのでしょう。
ワトスン本人にはその自覚がないようだし、下手するとホームズもよくわかってないかもしれないですが、"SHERLOCK"は視聴者に「やっぱりこの二人はいいコンビ」と思わせる描写が巧いですよね。二人が相手のために危険を冒したり、大人気ないケンカをしたりと、原作で描かれていない(ワトスン自身による手記の公表という形式では描きづらい)エピソードを追加することで、二人の間に「お互いではなくてはいけない」という絆が育っていく過程を上手に見せてくれます。

関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

このタイトルが嬉しすぎます~vvv - るあるあ - 2013年01月27日 18:32:08

ナツミさん、こんにちは。引き続き、こちらからも失礼します(^^)

まず、このタイトルに大喜びしました~ そう、「ワトソンでないとだめ」なんですよね!!(力説)

>ワトスンはかなり自嘲的に「要するに相手が自分ではなくても、物でもなんでもいい」と言ってますが

というのは、確かに事実ですよね。ホームズの煙草入れ同様、シャーロックが頭蓋骨を友人にしていたことがそれを証明していますよね。

ただ、私はこの「這う人」の描写を初めて読んだ時、ホームズが自分の精神を安定させるためには、お気に入りの「物」だけではダメで、
ワトスンが必要なんだな、本当に傍にいて欲しいんだなって感じたのを覚えています。
そう感じたのは私がワトスン大好きだからかもしれませんが……(笑)

確かに悲観的というか自嘲的というか、そこまで謙遜しなくても、とも思いますが(笑)、気づいていないところが、ワトソンの美点ではないかなと思います。

「物」は思考を妨げませんし、異論も賛同も挟みませんから、ホームズが「人」は妨げになると思うのは無理もないと思います。
でも、ワトスンだけはホームズの思考の「砥石」になって、「光を導く」ことができるわけで、
これはホームズにとっても驚きだったのではないでしょうか。
おそらく、初めて出会った「妨げない人」だったのではないかと思います。

ではどうして「妨げない」のかなと考えると、ナツミさんおっしゃる通り、ワトスンの思考はホームズより「トロい」から、
刺激を与えてくれるということが一つと(冷静に見て、これは事実ですよね)、ワトスンが与えているもう一つのものも理由としてあるのでは、と感じています。

原作の一人称の描写でも、「SHERLOCK」でも、ワトスンもジョンも、呆れたり怒ったりいらだったりはしても、
ホームズやシャーロックのことを決して見放したり、切り離したりすることはないことが伝わってきますよね。
”沈黙”の時と同様、ありのままを肯定的に受け入れている、その絶対的な安心感を与えられていることを感じます。
それこそが、とても得がたいものなんじゃないかと思います。ホームズにとっても、シャーロックにとっても。

しかも、この安心感は、与えてくれるなら誰からでもいいというわけではありませんよね。
ホームズやシャーロック自身が気に入らない存在だったら、それ以前にシャットアウトされるのではないでしょうか(笑)

ナツミさんがおっしゃるように、”ホームズが何とかしてワトスンをそばに置こうと頑張る”(ワトスンの結婚以降はまさに”心理的攻防”の繰り返しですよね~)のは、
そして、シャーロックがジョンを必要とし、傍にいてもいなくても(笑)「ジョン」と呼びかけてしまうのは、
ワトスンとジョンのこういうところが、ホームズとシャーロックの心にちゃんと届いていて、
しかも彼(ら)から受け取りたいと望んでいるからじゃないかなと思います。

ホームズが語らなくても、ワトスンが気づいてなくても、”ワトスンでなければならない”理由がちゃんと描かれていて、原作も「SHERLOCK」も本当に素敵だなあと思います(^^)

(あくまでも私個人の見方ですので、「Wrong!」とお思いになられたら、申し訳ありませんm(_ _)m)

コメント欄で長々と語ってしまい、失礼しましたm(_ _)m 
なかなか昔の記事に遡れていなくて焦っております(^^; 今年はもう少しマメに訪問させていただきたいと思っています。
遅い挨拶になりましたが、今年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m

なるほど! - ナツミ - 2013年01月28日 07:51:08

るあるあさま


> ただ、私はこの「這う人」の描写を初めて読んだ時、ホームズが自分の精神を安定させるためには、お気に入りの「物」だけではダメで、
> ワトスンが必要なんだな、本当に傍にいて欲しいんだなって感じたのを覚えています。
> そう感じたのは私がワトスン大好きだからかもしれませんが……(笑)

おお、るあるあさんすごい!!私はワトスンの口調があまりにも悟りきったというか、諦めたような感じなので、そこまで読み取れませんでした。

> でも、ワトスンだけはホームズの思考の「砥石」になって、「光を導く」ことができるわけで、
> これはホームズにとっても驚きだったのではないでしょうか。
> おそらく、初めて出会った「妨げない人」だったのではないかと思います。

ああ、それで初めて会った時から,ワトスンがパートナーに向いているとわかったのかな?
「SHERLOCK」では、初対面のジョンにウインクなんてしてたシャーロックが、回を重ねるごとに意外と気難しい人だということがわかって、ちょっと疑問だったんです。ジョンの経験や性格はある程度観察と推理でわかっても、あのシャーロックがそれだけで同居を即決するかなあって。「妨げない感じ」なら、直感的に感じ取れても不思議はないかも。

> 原作の一人称の描写でも、「SHERLOCK」でも、ワトスンもジョンも、呆れたり怒ったりいらだったりはしても、
> ホームズやシャーロックのことを決して見放したり、切り離したりすることはないことが伝わってきますよね。
> ”沈黙”の時と同様、ありのままを肯定的に受け入れている、その絶対的な安心感を与えられていることを感じます。
> それこそが、とても得がたいものなんじゃないかと思います。ホームズにとっても、シャーロックにとっても。

ただ、そこにいる自分を受け容れてもらえる。自分の一番好きなことしている自分を、認めてもらえる。
それって、誰もが求めて止まないことですけれど、シャーロックにとっては特にそうだったんでしょうね。
セバスチャンを見ていると、学生時代までのシャーロックの浮きっぷりは一目瞭然ですし、兄のマイクロフトにも、自分の思う形に弟を当てはめようという姿勢がちらちら見えます(それはそれで愛情ともいえるのですが)。

> ワトスンとジョンのこういうところが、ホームズとシャーロックの心にちゃんと届いていて、
> しかも彼(ら)から受け取りたいと望んでいるからじゃないかなと思います。
> (あくまでも私個人の見方ですので、「Wrong!」とお思いになられたら、申し訳ありませんm(_ _)m)

Wrongなんてとんでもない!Fantasticです!原作はワトスン視点だから、ワトスンの良さがはっきり描かれていないんですが、「SHERLOCK」のおかげで原作のホームズとワトスンの思いにも気づくことができて嬉しいですね。
こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします。るあるあさんのブログにもしょっちゅうお邪魔させていただいております!昨日はリチャード・アーミテイジのありえないほどのイケメンっぷりといい体っぷりに、鼻血が出そうでした。思わず動画を二度ほどクリックさせていただきました(じっくり見すぎ)。

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

ご閲覧やRSS登録ありがとうございます!まだ廃墟じゃありませんよ~!亀の歩みですが、過去の振り返りも含めてのんびり元ネタ探し続けていきたいと思います。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。