最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

黙っていてほしい

「何か僕にできることは? 手伝いたいんです」
「今は静かにしていてくれるのが一番ありがたいよ」(拙訳)



ディモックの申し出をすげなく断るシャーロック。
第2シリーズ1話で、マイクロフトもハドスンさんに「黙っててください」と言って、シャーロックとジョン両方に噛みつかれていましたね。あそこは、3人兄弟とお母さんの会話みたいで微笑ましかったです。その後どさくさに紛れてシャーロックが「でもほんとに黙ってて」なんて言ってたのも、ちゃっかりした末っ子みたいですね。

さて、雑音を嫌う、というか、人に色々言われることに耐性が低いのは、原作ホームズから伝わる性格みたいです。
「唇の捩れた男」で、ワトスンは外出先で偶然ホームズに出会い、捜査に同行することになるのですが、ホームズが事件について説明しようとしないので、ワトスンは黙って待っています。

ホームズは顎を深く胸にうずめて、思いに沈んでいるらしく、無言のまま手綱をとっており、それにならんだ私は、こんなにホームズに全力をうちこませる事件というのは、いったいどんな内容だろうと、大いに好奇心を動かされながらも、思索を乱しては悪かろうと、あえて尋ねるのはさし控えていた。



急に連れ出しておいてこの態度、私ならどんな事件なのかしつこく聞いちゃうと思うんですけど、ワトスンは黙ってるんですよね。しばらくして顔をあげたホームズは

「君はすばらしい天禀をもっているよ、寡黙というね。これがあるから君は相棒としてもってこいなんだ。(後略)」



なんだよそれ。なんかちょっと馬鹿にされたような気すらするんですけど(ガイ・リッチー版では怒って黙り込んでるワトスンにホームズがこれを言って、ひどい目に合ってました。あの映画、ワトスン好きはあちこちで溜飲が下がります)、ワトスンはホームズのこういう性格をよ~くわかっていて、ホームズが自分から話したくなるまでは、いつでも辛抱強く待っていますね。
ホームズの台詞はもう少し続くのですが、テーマがすこし変わるので、別記事に分けて書きます。

(原作の引用はすべて延原謙訳)

関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

お久しぶりです! - るあるあ - 2013年01月27日 18:10:24

ナツミさん、こんにちは! お久しぶりです(^^)

しばらくゆっくりブログを拝見しに来ることができなかったのですが、久しぶりにお伺いしたこの時に、
このテーマの記事が更新されていたことに、またしても”神の手”を感じております(笑)
ありがとうございます!!

>ワトスンはホームズのこういう性格をよ~くわかっていて、ホームズが自分から話したくなるまでは、いつでも辛抱強く待っていますね

本当にそう思います!
ワトスンの天賦の才能は、この「話したくなるまで、自然体で待つことができる」ところにもあるように感じています。
おそらく、ホームズが話したくなるまで待つことは、レストレードでもグレグスンでもできると思うのですが、
ホームズがワトソンの寡黙さを貴重に感じるのは、単なる忍耐強さだけではない沈黙を贈ってくれているからではないかなと思います。


>大いに好奇心を動かされながらも、思索を乱しては悪かろうと、あえて尋ねるのはさし控えていた。

という”沈黙”には、思いやりとホームズへの敬意と、友情がこめられていると思います。
しかも、これを自然に押し付けることなくできるのがワトソンのすごいところで、
きっとホームズはそれがいかに貴重なことかをよくわかっているんじゃないかなと思います。

ホームズもシャーロックも、思考することが人生の喜びで、集中するためには雑音をシャットアウトしますが、
自分のことを理解して見守ってくれているワトスンとジョンの”寡黙さ”を得たことで、
さらに思考が冴えてくるところがあるような気がします。
上手く表現できないのですが、”優しい沈黙”とそうでない沈黙は、受け取る側にとって全然違うものになることは、とてもよくわかるので……

でも、ガイ・リッチー版のワトスンの容赦ないところ、私も好きです(笑) 
ワトスン・ファンとしては、ああいうワトスンもいいですよね~(^^)

天賦の沈黙 - ナツミ - 2013年01月28日 07:16:11

るあるあさん、いらっしゃいませ~!
お体はもう大丈夫でしょうか?ブログがまたたくさん更新されるようになって、うれしいです。(あ、でもご無理はなさらないでくださいね!)

> ワトスンの天賦の才能は、この「話したくなるまで、自然体で待つことができる」ところにもあるように感じています。
> おそらく、ホームズが話したくなるまで待つことは、レストレードでもグレグスンでもできると思うのですが、
> ホームズがワトソンの寡黙さを貴重に感じるのは、単なる忍耐強さだけではない沈黙を贈ってくれているからではないかなと思います。

なるほど、皮肉にも聞こえる台詞ですが、ホームズは文字通り本気で言っているのですね。
(S2E2でシャーロックが『自ら輝くことは出来なくても光を伝えることはできる』というようなことを言う時も、大真面目に言ってます!という必死さが伝わってきました)

> 上手く表現できないのですが、”優しい沈黙”とそうでない沈黙は、受け取る側にとって全然違うものになることは、とてもよくわかるので……

あ、そう言っていただけると私にもよく分かります!本当にそうですね!ホームズを全面的に信頼して、受け容れた上での沈黙なんですね。
それがワトスンにしかできないことだと実感しているから、ホームズは「天禀」という言葉で表現したんですね。

「ノーウッドの建築士」では、依頼人への嫌疑を晴らすために一人で捜査に赴いたものの、依頼者=犯人説のレストレード(時系列関係なくやな奴になったり味方にする彼ですが、この時はよき競争相手という感じ)の説に有利に事が運んでしまい、憔悴したホームズのこんな台詞がありますね。

「(前略)ワトスン君、食事をすませたら、いっしょに出かけてみよう。きょうは君に行ってもらって、精神的な支持をしてほしい気がする(延原謙訳)」

ミステリとして観賞するので、「実質的に事件解決の役に立つか」だけを基準に登場人物を評価してしまいがちですが(ジョンのキャラクター設定にも、原作以上に『捜査の役に立つ』要素が追加されている気がします)、ホームズのような人間にとって、「精神的な支持」は何よりも大事なことなのかもしれませんね。

> でも、ガイ・リッチー版のワトスンの容赦ないところ、私も好きです(笑) 
> ワトスン・ファンとしては、ああいうワトスンもいいですよね~(^^)

あそこんちはホームズにちょっとM入ってるので、あれはあれでいいんですよね(笑)
あのワトスンにシャーロックが怒られたら、本気で怯えた子犬のような顔をしそうです。まさにEvery Sherlock has his John…

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

『高名の依頼人』のこと書きましたが、6月24日までグラナダ版がGYAOで無料で観られるそうです。
こちら

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura