最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

シャーロックとジョンとお金

以前にも触れましたが、第1シリーズ2話はBBCによって、ネット上で脚本が公開されていました。読んでみると、いくつかカットされてしまった設定や場面もあるようです。その一つに、スー・リン・ヤオ亡き後の博物館のエピソードがあります。台詞をざっと訳出してみます。



アンディがシャーロックとジョンに語りかけます。

「まるで、遺言みたいになっちゃったけど…彼女が言ってたんです。『ものをよく見て、価値を見極めなきゃダメよ』って。
優しい子だっていうのはわかってた。でも、僕は見極められてなかったんだ。彼女が本当は、すごく強い子でもあったってことを」

ジョンは悲しい微笑を残して歩き去ろうとしますが、あるものを見つけて戻ってきます。
「あの、壁にある寄付者のリスト…どれくらい寄付をすれば載せてもらえるの?」
ジョンはセバスチャンにもらった封筒を手渡します。それを見てアンディは驚きます。
「十分ですよ!なんて載せます?」
「3語で」
「なるほど、『ホームズとワトスン』ですね?」
「違う、違う」

場面が変わり、新しい名前を彫りつけている職人の手元がアップになります。もちろん、その名前は「スー・リン・ヤオ」。



冒頭でお金に困っていた割には、あっさり報酬を放棄してしまったジョンですが、なんだか彼らしいですよね。シャーロックもはじめから「褒美はいらない」と言い張っていたので、ジョンの行動に異議を唱えたとは思えません。

原作でも、ワトスンとホームズはお金に困ってルームシェアを始めるところからお話が始まるのですが、(当時、軍隊からワトスンへの支給額は1日に11シリング6ペンス。ロンドンでホテルを利用し続けるのはちとツライ、という金額らしいです。手頃な部屋をみつけるか、田舎に引っ込むかという選択を迫られていたわけですね)、シリーズを通じて、二人ともそれほどお金に執着している様子がないですね。「四つの署名」ではワトスンが、莫大な財産の所有者になるかもしれないメアリ・モースタンに恋するのですが、「もし彼女がお金持ちになってしまったら、自分の手の届かない人になってしまう」と悩みまくり、宝がなくなっていた時は心からの大喜び。「彼女も財宝も」という発想は、はじめからないようです。

後にホームズは、かなりの金銭的成功をおさめます。ライヘンバッハの滝で亡くなったと思われた後、帰ってきた時には、開業医になっていたワトスンをベーカー街に呼び戻すために、親戚の医師の名を使ってワトスンの診療所を高値で買い取っています(『ノーウッドの建築士』)。また、ハドスンさんにも「王侯貴族なみに」家賃を支払うことで、彼女の献身に報いていたようです。ワトスン曰く、「私といっしょに暮らした何年間かに支払った下宿代だけで、優にこの家は買えたろうと思う(瀕死の探偵)
探偵業の報酬システムはどうなっていたのかというと、「(前略)報酬のことですが、私には仕事そのものが報酬なのです。けっしてご心配には及びません。ただご都合のよいとき、かかった実費だけ支払っていただければ結構です。(後略・『まだらの紐』)」という時もあれば、6千ポンド取る時も(プライオリ学校)。
「ある一定の基準を設けている」とホームズは言いますが(ソア橋)、ワトスンに言わせると「事件そのものが気に入らないと、相手が有力者であろうと、金持であろうと、調査を拒絶することも珍しくはなかったし、そうかと思うと事件の性質が尋常普通でなく、空想力を刺激されたり、巧妙な相手であったりすると、報酬など初めから期待のできぬ貧乏な依頼者の事件であっても、幾週間もぶっ通しで熱心にそれに打ちこむという調子で、実に脱俗的――気まぐれというか――であった。(『黒ピーター』)」そうです。

一度だけ、金銭への執着らしきものを見せたことがありますが(過去記事『足跡を追う』参照)、当ブログコメント欄では、それも本当は金銭が問題ではなかったのではないか、という結論に落ち着いています。

ワトスンがギャンブル好きだったという説があるものの、二人共仕事好きなのでそんなにはお金に困らないんでしょうね。ジョンの診療所の仕事がその後どうなったかは謎なんですが(第2シリーズではお仕事シーンがなくて、シャーロックの手伝いに専念してるように見えるので)、財政面はなんとかなっていると思いたいものです。





関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

やっぱり報酬は折半なのでしょうか? - YOKO - 2013年01月23日 16:23:40

ナツミさん、ステキなエピソードをお知らせいただきありがとうございます。
スーリンの名前で寄付をする。
いい話ですね。
脚本が公開されていて楽しいですよね。
「ここがこういう風に変わったんだ~」とか、あれこれ楽しめますね。
わたしもまだ脚本は本の一部しか読んでないのですが、スーリンの両親は天安門事件に参加して命を落とした設定になってるとか、ホームレスから情報を手に入れようとしたジョンが、ホームレスに遊ばれるとか。ジョンのパソコンのパスワードをどうやって手に入れたかとか、いろいろ面白いネタがあります。

でもカットされて結果的にはよかったかもですね。
あっちこっちに話がいっちゃうと、散漫な印象になってしまいますものね。

ワトスンは競馬大すきだったようですけど、ジョンは今のところそういう悪癖の描写はありませんね。少し女好きだけど、独身だしあの程度は普通でしょう。むしろ、キケン愛好家みたいな部分が悪癖といえるのかな?

気になるおサイフ事情 - ナツミ - 2013年01月24日 07:42:19

YOKOさま

> 「ここがこういう風に変わったんだ~」とか、あれこれ楽しめますね。

「パイロット版→1話」もそうですが、わざわざ設定したことやそれを説明する台詞がばっさりカットされていたり、面白いですよね。お話をより深く楽しめますね。

> でもカットされて結果的にはよかったかもですね。
> あっちこっちに話がいっちゃうと、散漫な印象になってしまいますものね。

BBCのサイトでドラマの脚本を一部公開しているのは、後進の育成のためのようですね。
脚本家をめざす人々にとっては、「どこがカットされているか」を学ぶのもいい勉強になるのでしょうね。

> ワトスンは競馬大すきだったようですけど、ジョンは今のところそういう悪癖の描写はありませんね。少し女好きだけど、独身だしあの程度は普通でしょう。むしろ、キケン愛好家みたいな部分が悪癖といえるのかな?

当時の一般的な読者から見て、ワトスンの競馬好きはどの程度「悪癖」だったんですかねえ?「戦傷者年金の半分つぎ込んでいる」とか言われたり、ホームズがワトスンの小切手帳を管理しているところを読んだりすると、まるでろくでなしみたいに思えますけど、競馬のイメージ自体も日本とちょっと違うような気がしますよね。

ジョンの「女好き」許容範囲内ですよね!
今のところ人に迷惑をかけてはいないですもんね!たぶん…

「キケン愛好家の悪癖」鋭いご指摘なのではないでしょうか。
現代で「悪癖」というと、何かに依存しているそのこと自体よりも、人をそうさせる「心の闇」みたいなものが取り沙汰されますものね。そして、見るからにヤバい人よりも、ジョンのように一見バランスがとれている人がより大きな闇を抱えてたりしますね。まあ、本人が幸せで人に迷惑をかけなければ、別に「闇」という表現をしなくていいんでしょうが(むしろ『幸福』なのかも)、いつ死ぬかわからないようなスリルの中毒者、というのは、戦士が英雄視される社会ならともかく、現代のロンドンでは生きにくそうだ!なんか結婚もできなそうな気がしてきました。

ところで「報酬は折半なのか」問題は気になりますよね!
私はS1E2からずっと「財布がひとつ」なんじゃないかと思いますが、どうなんでしょう。
原作ではホームズがワトスンの小切手帳を預かって鍵のかかる引き出しに入れてましたけど、現代版はジョンがシャーロックのカードをずっと持ってるのかな?(日常の買い物は明らかにジョンがしてるし。その後完全にハドスンさん任せになったかもしれませんけど)こういう細かいこと、すごく気になっちゃいます!当の二人は全然気にしてなさそうですけど…

- トビィ - 2013年01月25日 13:55:40

ナツミさん、みなさんこんにちは。
原作でも家賃を折半しなければならない程貧乏人だったホームズがいきなり数年後には金持ちに(笑)
現代版ではジョンが財布を握っていそうですね。sherlockも報酬より事件が第一なので、後先考えずに最後は無一文になりそうなので、ジョンがコッソリ報酬貰っているのかも⁈

カットされたエピソード - そふぃー - 2013年01月25日 15:54:06

こんにちは!お世話になっております。
実は、Blind Bankerは先日の放送が初視聴でして、ロンドンの街並(他のエピソードよりも、スーパーに銀行に博物館にチャイナタウン…と様々な場所が出てくるような気がします)にときめいたり、色々と驚いたり、まだ理解が追いつかない部分があったりしていました。

気になったのが、スーリンの死後、ジョンとシャーロックがそれを「気にする」描写が特になかったように感じられた所でした。特に、危険であることがわかっているのに、彼女をあそこに一人残すという選択をしてしまったジョンは相当後悔してもおかしくないのではないかな、と…。
でも、カットされた部分にそのようなエピソードがあったのですね。スーリンが少しは報われたようで、私も救われる思いがしました。

そして本題の、お金について。
私も、「報酬は折半」というよりも、もうお財布自体が共用のものになっているような気がします。ジョンが管理してあげないと、シャーロックは現金をその辺に放り出しておいたり、本のしおりにしたりしてしまいそうです笑(さすがに言い過ぎでしょうか・・・?)
お財布共有とはいえ、シャーロックが時偶ポンポン購入する高価なブランド服や実験機器などは、ジョンが「そういうのは自分の口座から払え!」と指示していたりしたら面白いです^^

ジョンの金銭管理 - ナツミ - 2013年01月26日 00:20:39

トビィ様

> 原作でも家賃を折半しなければならない程貧乏人だったホームズがいきなり数年後には金持ちに(笑)

ホームズはどのあたりから懐具合に余裕が出てきたのでしょう。帰ってきてすぐに活躍のピークを迎えているので、そこまでは右肩上がりのはずなんですが、金銭的、物質的な余裕の描写に着目して読んでみるのも面白いかも。(主婦の方とか、一家の家計を握る方に読んで欲しい気もします!)
ホームズ兄弟は二人共働いていますけれど、世襲財産のようなものはなかったんでしょうかね。(マイクロフトの上に、もうひとりお兄さんがいるという説もあるようですが…)


> 現代版ではジョンが財布を握っていそうですね。sherlockも報酬より事件が第一なので、後先考えずに最後は無一文になりそうなので、ジョンがコッソリ報酬貰っているのかも⁈

わたしもそう思います。原作ではワトスンはおっとりした印象があるんですが、現代版ではシャーロックよりもジョンのほうが生活者としてしっかりしているような気がしますよね。

221Bの掟 - ナツミ - 2013年01月26日 00:49:40

そふぃー様

> ロンドンの街並(他のエピソードよりも、スーパーに銀行に博物館にチャイナタウン…と様々な場所が出てくるような気がします)にときめいたり、色々と驚いたり、

あ、そういえばそうですね!
このお話には、「普段のシャーロックとジョンの生活」がぎゅっと詰まっている気がして、私は結構好きです。
いや、エピソードとしては十分に非日常なんですが、今のところ他のお話はすべてスペシャルというか、番外編というか、ターニングポイント的なお話ばかりだと思うんですね。そふぃーさまのお気づきになった「現代のロンドン風景」も含め、現代版シャーロックとジョンの日常をいちばん上手に描いているのは、このお話だと思います。

> 気になったのが、スーリンの死後、ジョンとシャーロックがそれを「気にする」描写が特になかったように感じられた所でした。特に、危険であることがわかっているのに、彼女をあそこに一人残すという選択をしてしまったジョンは相当後悔してもおかしくないのではないかな、と…。
> でも、カットされた部分にそのようなエピソードがあったのですね。スーリンが少しは報われたようで、私も救われる思いがしました。

なるほど、見えないところで、無数の後悔があるのかもしれませんね。
このシーンは、ジョンの心に彼女の死がずっとひっかかっていた証なのかもしれません。


> そして本題の、お金について。
> 私も、「報酬は折半」というよりも、もうお財布自体が共用のものになっているような気がします。ジョンが管理してあげないと、シャーロックは現金をその辺に放り出しておいたり、本のしおりにしたりしてしまいそうです笑(さすがに言い過ぎでしょうか・・・?)

「本のしおり」って!思わず笑ってしまいました。確かにサイズはちょうどいいんだけど、執着なさ過ぎだ!

> お財布共有とはいえ、シャーロックが時偶ポンポン購入する高価なブランド服や実験機器などは、ジョンが「そういうのは自分の口座から払え!」と指示していたりしたら面白いです^^

ジョンは元軍人だから、すごく規律に厳しそうですよね…
「ガリガリ君はセーフだけどハーゲンダッツを買う時は自分の口座から」とか、細かな「ジョン・鉄の掟」がありそうな気がします(※適当に英国の製品に変換してお読みください)。
でもシャーロックは基本ぼんぼんなので、「同じアイスクリームじゃないか!」とか「何が違うんだ!」とか、全く理解がなさそうです。

お財布はひとつ、でも… - ゆい - 2013年01月26日 03:12:27

こんにちは。
私もそふぃーさんと同じ感じで、スーリンの死に対する2人の反応の描かれ方が気になっていました。なのでカットされた部分を知ることができて、とても嬉しかったです。

ところで、お財布事情の話を読んでから、私の中にジョンが家計簿をつける姿が浮かんで、頭から離れなくなっています。もちろん手書きで、レシートなんかも糊で丁寧に貼り付けているような感じで…

私の勝手な想像の中では(なんか1日で膨れ上がってしまいました…)、お財布も口座も共有のものがあってジョンが管理しているけれど、ジョンは「このうちいくらはシャーロック、いくらは自分」と毎回残金に付記しているようです。報酬も割り振ってそれぞれにプラスで、「基本は6-4で分割」「でも今回はかなり自分が動いたから5.5-4.5で」「(バスカヴィルの後)今回は4-6だ!慰謝料みたいなものだ!」「シャーロックの残が少ないな……今回の報酬は8-2にしておこう(共有でないシャーロックの口座も把握してる模様。で、共有口座から補充してあげてる)」とか、ジョンがあれこれ考えているのではないかと……律儀にシャーロックに伝えたりしても、シャーロックは聞いてなさそうだし……

上のそふぃーさんやナツミさんの書かれた内容を見たら、ますます妄想が広がってしまいました。ジョンは現金の金額が合わなかったらとりあえずシャーロックの読みかけの本を片っ端から開いて「しおり」を探すのだろうとか、「ぼんぼんシャーロック」にはもしかしたらジョンから「買い物禁止令(スーパーに買い物に行ったら無駄に高いものを買ってしまうからむしろ行くなと)」が出ているのではないかとか……

で、家計簿をつけて「221Bの掟」にさらにあれこれ追加する必要を感じため息をつくジョンは、ふと我に返って自分の主婦化を感じて、「ちがうんだ!」と自分に言い聞かせるために、きっちりきっちりシャーロックがいくら、自分はいくら、と書き記し……共有部分の出費(ハドソンさんへの支払とか)の後の残高も、きっちり割合を計算して按分して……

でもきっと、もしも金銭状況が苦しくなってもシャーロックは「自分の残高」どころか「ジョン込の残高」さえも気にせずに買いたいものがあったらカードで買ってしまうと思うので、そしたらジョンは診療所にパートに……

……って妄想を長々と書いてしまい申し訳ありません。
今週の私の脳内ジョンは、犬(?)に懐かれるおじさんになったり、主婦になったり大忙しです……

妄想楽しすぎます - ナツミ - 2013年01月26日 07:24:34

ゆい様

> ところで、お財布事情の話を読んでから、私の中にジョンが家計簿をつける姿が浮かんで、頭から離れなくなっています。もちろん手書きで、レシートなんかも糊で丁寧に貼り付けているような感じで…

私の中では、ジョンもシャーロックも全然几帳面じゃない、というか「いかにも独身男」な感じだったんですけど(食べ物もダメにしちゃうし、きちんとお皿を使わないし…)、ケースブックを見たら、ジョンは結構レシート管理とかできるタイプかもしれない、と思いました。み、見習わなくては…

>「(バスカヴィルの後)今回は4-6だ!慰謝料みたいなものだ!」

慰謝料!そうだそうだ!(爆笑)それでもちまっと割合を変えるだけのジョンが可愛いです!全額とらないのね!
原作のワトスンもそうですけど、ジョンって、ブログに結構ひどいこと書いてしれっとしてたり(『驚くほど無知』をどう読んだらいい意味にとれるんだ!と怒るシャーロックにはちょっと同情した)、決してやられっぱなしじゃないところが面白いですよね。ジョンが臍を曲げるとシャーロックが本気で焦るのも面白い。ちょこちょこ小競り合いをしながらも深刻な喧嘩にならない二人の、ちょっとぽやっとしたところが可愛いなあなんて思ってしまいます。

ところで、バスカヴィルは結構もらえたと思うんですが(ヘンリーはお金持ちだし、調査結果に満足してくれたし)、警察から事件が持ち込まれる場合は報酬ナシなんですよね?そもそも依頼はレストレードの独断で、上の了解はなかったようですし……(あ、下もか…)

すると、シリーズ1では、少なくともドラマで見えてる限りは、シャーロックは手取りゼロじゃないですか!?(あ、USB取り戻したからお兄ちゃんはくれたか?)
もう、しおり捜索しっぱなしですよ!221Bの家計簿はつけたくないな…家計の面倒を見て、探偵の仕事もこなして、パートにも出て、ジョンはほんとに偉大です。でも(なぜそこまで!?)と思うガールフレンドたちの気持ちもちょっとわかります…

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスンがより好きです。

2017年エイプリル・フールお片付けしました。お付き合いありがとうございました!片付けきれてないところがあったらお知らせいただければありがたいです。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura