最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探しをしております。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
ブリキの文書箱

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また太った?

原作のマイクロフトは肥満体。(現代版では、頑張ってスリムな体型を保っている設定みたいですね。)
「ギリシャ語通訳」と「ブルース・パーティントン設計書」に登場します。(『最後の事件』にもちょこっと)

シャーロックより7つ年長で、弟との仲はよいようです。
(個人的には、『ブルース~』では弟・ワトスン共にちょっとだけ『兄ちゃんめんどくせぇ…』と思っている気がしますが…)

職場と、ペルメル街の自宅と、彼自身が創立者の一人でもあるディオゲネス・クラブ(社交ぎらいの男のための、絶対に会話をしてはいけないという風変わりなクラブ。マイクロフトの部屋の真向かいにある)を決まった時間に循環する。観察力や推理力は弟より優れているが、行動力は全くない、と、原作の設定も一味違った面白さです。

グラナダ版では、お茶目なお爺さんという感じでしたね。スティーブン・フライ氏が演じるガイ・リッチー版も楽しみにしています!
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

エイプリルフール+イースター企画をお片付けしました。もう見つけるだけで肩がこる、悪い意味でおとなのイースターでしたが、眼精疲労にめげず遊んでくださった皆様、ありがとうございました。そしてお疲れ様でした!
本物のイースター同様、隠すのは楽しいけど片付けは面倒だった!!!どこかに片付け忘れた卵が残っていたら、お手数ですがコメント・リプライ・メールなどで教えていただけますでしょうか。


メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。