最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

印象的な登場

ハドスンさんがシャーロックたちの冷蔵庫を開けているところ。背後にいきなり大柄な男性が現れ、彼女は大いに驚きますが、この男性がいきなり転倒してしまいます。

この場面の元ネタは、「プライオリ学校」冒頭で依頼人のハクステーブル博士が現れるところかもしれません。
ワトスンによれば、ハクステーブル博士はこんな人。

学問的な堅苦しい称号や肩書をところ狭しとならべたてた名刺がまず取り次がれ、つづいてすぐに本人がはいってきたのだが、とても大柄で、尊大で、もったいぶって、まことに沈着堅実の権化かと思われる人物だった。


大柄というところを除けば、シャーロックたちの依頼人とはまるっきり違う人物ですね。
シャーロックによれば、

"Morbidly obese, the undisguised halitosis of a single man living on his own.The right sleeve of an internet porno addict, the breathing pattern of an untreated heart condition. Low self-esteem, tiny IQ and a limited life expectancy."
「病的な肥満。独身男・ひとり暮らしの口臭を隠そうともしない。右袖の様子から言ってインターネットポルノ中毒。呼吸の様子からして未治療の心臓疾患あり。自尊心は低く、知能指数も低く、ついでに余命も少ない(拙訳)」



と踏んだり蹴ったり。
しかし、登場のしかたは似ています。

しかもまず何をしたかというと、はいってきて後手にドアを閉めるなりテーブルにつき当たってよろめき、足を辷らせて暖炉の前の熊の皮の敷物の上へその大きなからだで倒れ伏して、気を失ってしまったのである。


ホームズとワトスンもこれにはびっくりした様子。

私たちは驚いて同時に立ちあがったが、しばらくはただ茫然として、人生の大洋のはるかな沖合いで突如おこった運命の大あらしを思わすこの不恰好な難破物を見おろして、あっけにとられるばかりであった。が、気がついてホームズは急いでクッションを頭の下にあてがい、私はブランディを取って口に流しこんでやった。



ホームズシリーズというと、名探偵ホームズはいつも余裕しゃくしゃくで、助手のワトスンは驚かされてばかり、というイメージをお持ちの方が多いようですが、こんなふうに二人して一緒にあたふたしたり、笑ったり悲しんだりする場面もたくさんあるんですよね。
たとえば、「赤髪組合」のこんな場面。

この簡単な一片の発表書と、その向うにある悲しげなウィルスンの顔とを、ホームズと私はじっと見つめていたが、いろいろと思慮せねばならぬことがあるのはさしおいて、何よりも事件のおかしさのほうが先にたち、二人はドッとふきだしてしまった。



シャーロックとジョンも、二人で大笑いする場面がありますね。
今のところ、"A Study in Pink"の犯人追跡の後で一度、"A Scandal in Belgravia"のバッキンガム宮殿の場面で一度。小さなクスクス笑いも含めればもっとあるだろうし、小説やドラマに出ていない場面でもきっとあったはず。
性格や趣味嗜好はまったく違って見える二人ですが、「笑いのツボ」は同じなのかもしれません。

きっと、「プライオリ学校」を読みかけたホームズも、「不恰好な難破物」というくだりでは思わず笑みをもらしたと思うのです。それをいたずらっぽい目で見ているワトスンも目に浮かびます。
このフレーズを読んで誰よりも笑えるのは、当事者のホームズのはず。ワトスンはこんな風にユーモラスに書くことで、誰よりもホームズを笑わせたかったんじゃないかな。

「探偵と助手」として紹介されることの多いホームズとワトスンですが、対等な友人同士として多くの感情を共有していることを、もっと多くの人に知ってもらえたらいいなあと思います。

来客が倒れた時、たまたまシャーロックとジョンはいなかったわけですが、この二人ならどうしたんでしょうね。

ちなみにこの後で、気絶しているハクステーブル博士が北イングランド地方のマクルストンからの往復切符の片割れを持っていることをホームズが指摘するのですが、"The Hounds of Baskervill”でヘンリーが列車の旅をしてきたことをシャーロックが当てる場面にすこし似ていますね。元ネタというほどの粘土ではないんですが…

(原作の引用はすべて延原謙訳)
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

こんにちは! - トビィ - 2012年11月22日 10:48:02

ホームズは無表情・無感動(機械人間)と思いきや感情表現豊かですよね。

「ボヘミアの醜聞」では大笑いして、笑いが止まらずにグッタリのびてしまった・・・とか。
ジェレミーホームズもよく笑っていましたから。

バッキンガム宮殿でシャーロックとジョンが大笑いするシーン私も好きです。
ナツミさんの仰る通り「笑いのツボ」が同じなんですね。
マイクロフトと一緒の時には絶対見れない笑顔だ(^^;

シャーロックがジョンに時々微笑むのも好きです。

>「探偵と助手」として紹介されることの多いホームズとワトスンですが、対等な友人同士として多くの感情を共有していることを、もっと多くの人に知ってもらえたらいいなあと思います。
そうですよね!ワトスン無くしてホームズは存在しません(`・∀・´)ノ

ちぃさんの探しているガウン見つかると良いですね。
私はシャーロックの(ベルスタッフ特注)コートが欲しい・・・。


ホームズの笑い - ナツミ - 2012年11月24日 15:58:51

トビィ様

「ボヘミアの醜聞」の笑いシーンのご紹介、ありがとうございました!

ホームズ、笑わない人かと思いきや、笑う場面が結構あるんですね。
島田荘司のパスティーシュ「漱石と倫敦ミイラ殺人事件」の著者後書きには、「シャーロック・ホームズ氏は、六十の全作品の内で二百九十二回笑ったそうである。しかし多くの研究家は、これらがすべて感情を押し殺したくすくす笑いであって、彼は一度も手放しの高笑いというものを読者に見せたことがないと主張している。」とありました。

どこまでがくすくす笑いでどこからが高笑いか、解釈が難しいところがありますが、くすくすでも大笑いでも、シャーロックとジョンみたいに心が通じる笑いが、原作のホームズとワトスンにもきっとあったと思います。
ジェレミーホームズは、「ハッ!」と大きく息を吐くような笑いがイギリス人っぽくてかっこよくて、誰もいないとき密かに真似したりしてました…

>シャーロックがジョンに時々微笑むのも好きです。

わたしも~~~!!!
シャーロックがジョンに微笑みかけるときって、文字通り「子どものような」無邪気な表情なんですよね!あの微笑みがあれば、ジョンの子育ての苦労も吹き飛んじゃいますね!(※子育てはしてません)

ワトスン無くしてホームズは存在しない・・・力強いお言葉をありがとうございます!

私も、ちぃさんにぴったりのガウンがみつかるようお祈りしております!
ベルスタッフ特注のコート…ね、値段を調べるのも恐ろしいですっ!

記事に関係なくて申し訳ないのですが - RM - 2012年12月02日 17:22:30

ナツミさんのプロフィール欄は見逃せないのですが、昨日来の

>ジョン役のマーティン・フリーマンを見ました!思っていたより色が白くて目が青かったです。

って、これは?
ちょ、直接見たんですか?

(しいて記事と関係づければ)マーティンの印象的な登場?

思いがけない冒険 - ナツミ - 2012年12月03日 05:53:40

RM様

はい、思いがけないことですが、ご厚意をいただいて映画「ホビット~」の日本プレミアに入場することができました!
引用してくださったプロフィール欄の日記は、「伝え下手にも程がある」「進駐軍に会った戦後の子どもか、お前は」と友人の酷評を受けたので、なるべく早く下げようと思います……

第一印象は忘れずに書き留めといたほうがいいですよね^^ - YOKO - 2012年12月03日 17:44:28

ナツミさんよかったですねっ。
進駐軍って・・・ww
うけました。
ぜんぜん平気じゃないですか~。
私も昨日『ラブアクチュアリ』をみてマーティンの色の白いの、ましゅまろみたい~と思いました。ぼでぃーだぶる・・・・。面白かったです。
今日はベネディクトが来日したんですよね。
にぎやかな師走ですね。

別の友人から、「今のところ日本最悪のプレミアレポ」という評も追加 - ナツミ - 2012年12月03日 19:46:49

東京の冒険に疲れたので早めに帰宅致しました。とことんスケールの小さい私です。

『ラブアクチュアリ』いいですよね!大好きな映画です。この時期には必ず観たくなります。
マーティンのもろ肌、確かに真っ白でした!土曜日に白かったのは寒かったせいだと思っていましたが、元々とても白い肌なんですね。シャーロックが青白いのでジョンは健康的な肌色、と思い込んでいましたが、まさに透きとおるような白さでしたよ!
ベネディクトは入れ違いで来日したんですね~。次の『ホビット』のプレミアは、二人揃って来てくれるような気がしますね。タイトル・ロールですものね。

おかえりなさい! - トビィ - 2012年12月03日 21:52:33

ナツミさん、こんばんは。
東京の冒険お疲れ様でした。
ホビットが益々楽しみになってきました♫

フリーマンやカンバーバッチこれからも日本に遊びに来て欲しいですね(^∇^)

余談ですが、ジェレミー・ホームズBlu-ray発売になりましね!
また暫くテレビから離れられなくなりそうです(^◇^;)


旅のおみやげ - ナツミ - 2012年12月04日 06:48:17

トビィ様

映画の公開はいよいよ今週末ですね!!私も、もう一度観に行こうと思います!

> 余談ですが、ジェレミー・ホームズBlu-ray発売になりましね!
> また暫くテレビから離れられなくなりそうです(^◇^;)

こちらは、今日発売ですね!ホームズ漬けの年末年始になりそうですね。

旅行中に教えていただいて買ってきた「シャーロック・ホームズ映像読本」というムックには、グラナダ版の全エピソードガイドが載っていました。時節柄(?)「SHERLOCK」の記事多めでしたが、グラナダ版にもかなりのページ数が割かれていてうれしかったです!

「別冊映画秘宝 シャーロック・ホームズ映像読本 (洋泉社MOOK)」
http://www.amazon.co.jp/dp/4800300584

トラックバック

まっとめBLOG速報 - 2012年11月22日 00:53

まとめ【印象的な登場】

ハドスンさんがシャーロックたちの冷蔵庫を開けているところ。背後にいきなり大柄な男性が現れ、彼女は大

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

『高名の依頼人』のこと書きましたが、6月24日までグラナダ版がGYAOで無料で観られるそうです。
こちら

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura