最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【事件の重要なネタバレ】驚きましたね

今回の「元ネタ」は、らいかみんぐさんがお気づきになって教えてくださったことです。
ご承諾を得て、記事にさせていただきました。(教えていただいてから1年近く経ってしまいましたが…)

らいかみんぐさんが教えてくださったのは、ジムからマイクロフトへのメールについてです。
「恐怖の谷」をお読みになったというお話だったのですが、

そしてエピローグに登場したモリアーティからの手紙でびっくり!
 『驚きましたね、ホームズ君! 驚きましたよ!』(延原版)
 これってもしや……と原文を確認しましたら、まさに。
 "Dear me, Mr. Holmes. Dear me!"

 S2E1でモリアーティがマイクロフトに送ったメールのモトネタはこれだったんですね。知らなかった。
 "Jumbo Jet. Dear me Mr. Holmes, dear me."



「恐怖の谷」ではモリアーティ教授からシャーロック・ホームズに送られた手紙、"A Scandal in Belgravia"ではジムからマイクロフトに送られたメールなので、同じMr.Holmesでも受取人が違うのですが、どちらも犯行声明であるのと同時に、「お前が関わっていることはお見通しなんだぞ」という脅しなのだと思います。
まさに「元ネタ」ですよね!らいかみんぐさん、ありがとうございました!(1年近く経って今更お礼を言われるのもアレかと思いますが…)

「恐怖の谷」からは、「バールストン・ギャンビット」(バールストン先攻法)というミステリ用語が生まれています。

参考記事・「初心者のためのミステリ用語辞典・ハ行」

「バールストン」は、第一部の舞台となった「バールストン館」からとられています。「ギャンビット」はチェス用語らしいです。作品のネタバレになってしまうのですが、簡単に言ってしまうと、被害者と思われていた人物が本当は被害に遭っていなかった、というトリックです。
マイクロフトの計画も、被害者を出させない、という意味では「バールストン・ギャンビット」に近いものがあるのかもしれません。

ジムの計画が恐ろしいのは毎度のことですが、マイクロフトの計画も、倫理的には首を傾げてしまうようなものですよね。彼がジムに「氷の男」と呼ばれることや、遺族たちが出てくること、何よりマイクロフト自身の苦悩の表情によって、この計画がけして英雄的な行為ではありえないということが描写されます。

マイクロフトは、ひとりひとりの人間に対する敬意よりも、国防を優先せざるを得なかったのですね。
それは、大きな脅威からたくさんの国民を守る「正義の行い」であることには間違いないのですが、代償としてマイクロフトが負わされた罪の意識は、けして小さなものではないと思います。このお話を最後まで観てから、クリスマスの病院での兄弟の会話に戻ると、とても哀しいです。

"Look at them. They all care so much. Do you ever wonder if there's something wrong with us?"
「あの家族を見ろ。あんなに心を痛めてる。僕たちは何かおかしいのかもしれないって思ったことはあるか?」

"All lives end, all hearts are broken. Caring is not an advantage, Sherlock."
「どんな命も終わり、どんな感情も砕かれるものだ。心を痛めても意味はないんだ、シャーロック。」
(拙訳)







関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

メリークリスマス!! - トビィ - 2012年12月24日 12:49:18

ナツミさんこんにちは。
TOP画像に思わず笑いました!!

ジムからマイクロフトへのメール・・・
そうだったのか!!((((゜д゜;(私も気づくの遅っ!)

メールが届いた時、あのマイクロフトの凹み具合は
そういう理由だったのですね。

クリスマスの病院でホームズ兄弟の会話はとても冷酷です(´д`)
お互いが死んでも悲しまないという事でしょうか。

でもsherlockはS2最後でやっと人間らしい感情「心」ができましたよね。
ジョンには可哀想ですが、そこがモリアーティに勝てた理由かな?

「HOBBIT」やっと観れました♪
ビルボの台所&宴会が出てきたときはナツミさんのブログとリンクしました(笑)

来年の映画予告「スタートレック」でベネさん(カンバーバッチの事を我が家ではそう読んでます(^^;)
が出てきたのでちょっと興奮しました。
来年は観たい映画がたくさんできました。

Merry Christmas and Happy New Year

Happy Holiday! - R is for ROCKET - 2012年12月24日 22:00:23

ナツミ様、皆様、こんにちは。
メールの一文でさえこんなに深い引用があるなんて、まさに「驚きましたよ!」ですね。

ところで、この記事を読んで"A Scandal in Belgravia"を見直していたら、マイクロフトは「ボンドエアー」(作戦名かな?)と口走り、計画に使われたのは「007便」だったのに気がつきました。

これって、"世界一有名なスパイ"へのオマージュなんでしょうか…?

私からも、メリークリスマス!! - ナツミ - 2012年12月25日 06:37:39

トビィ様

> ナツミさんこんにちは。
> TOP画像に思わず笑いました!!

笑っていただきありがとうございました!
いつものパンダを描いてくださった園生さんにお願いしたのですが、一年に一日しか使えないのはつくづくもったいないです。(特に今日の悲しいアンダーソンは傑作だと思うのですが、彼が奥さんに逃げられた事実をどれくらいの人が覚えているんでしょうか)


> クリスマスの病院でホームズ兄弟の会話はとても冷酷です(´д`)
> お互いが死んでも悲しまないという事でしょうか。

あの会話を聞いて、マイクロフトは 悲しんだり苦しんだりする「心」があるのに、それを抑えこんでコントロールしようと努力しているんじゃないかなあ、と私は思いました。
シャーロックは人間らしい感情に欠けているように見えますが、それはある程度マイクロフトに教育されたためだったのかもしれないです。それは、マイクロフトなりの弟への愛情だったのかもしれないけれど(いつかYOKOさんともお話したように『孤独は守ってくれ』ますから)、あまりに極端にシャーロックがそれを実行してしまっているので、兄として後悔している部分もあるんじゃないかと。
冷酷であろうと、お互いが死んでも悲しまないようにしようと、長年自分たちに言い聞かせてきたことが綻びかけている。それが、ふと表れた一瞬だったように思います。(※以上、全て私のクリスマス妄想です

> でもsherlockはS2最後でやっと人間らしい感情「心」ができましたよね。
> ジョンには可哀想ですが、そこがモリアーティに勝てた理由かな?

きっと、そうなのでしょうね。
私はいつも思うのですが、マイクロフトやモリアーティにも、ジョンのような人がいてくれたらよかったのに。
これは私の価値観から生まれた考えですから、きっと当人たちには大きなお世話でしょうけれど。
お金だけが幸せじゃない、とはよく言いますが、友情や愛情を得ることだけが人間の幸せだと思うのも、きっととても偏狭な価値観ゆえなのでしょう。孤独が幸せな人生も、あるに違いありません。
でも、たとえばマイクロフトが一人で自宅で悩んでいる場面や、ジョンを呼び出して話をする場面を観ていると、実は弟や政治のために利用するだけではなく、マイクロフト本人がジョンとのコミュニケーションを必要としていたのではないかなあ、と思ってしまいます。

> 「HOBBIT」やっと観れました♪
> ビルボの台所&宴会が出てきたときはナツミさんのブログとリンクしました(笑)

おお!私はあれから未だに映画館に行けていないんですよ~!うらやましいです!
「家に大量に知らない人が押しかけてきて勝手に宴会をされる」演技に、マーティン・フリーマンの真骨頂を見たような気がします(笑)

「ホビット」、日本での興行成績があまりよくないらしいですね。
スタトレ予告編含め、ベネさん(真似してみました)もちょこちょこ現れることですし、迷っている方はぜひ劇場に足を運んでいただきたいです。(そういう私は今夜も年賀状作業ですが…時期がねえ、どうも…)

> Merry Christmas and Happy New Year

ありがとうございます!トビィさんも、楽しいクリスマスとよいお年を!
来年も、たくさんいい作品に出会える一年になりますように。

驚きますよね - ナツミ - 2012年12月25日 07:31:13

> ナツミ様、皆様、こんにちは。
> メールの一文でさえこんなに深い引用があるなんて、まさに「驚きましたよ!」ですね。

本当ですね。ドラマに引用されてあらためて、この文面の意味深さを実感したような気がします。
「恐怖の谷」のホームズは、モリアーティ逮捕への執念を燃やしている最中。この連絡で、モリアーティにこちらの手の内を知られていることがわかって、相当なショックだったのではないかと思います。

一方現代版シャーロックは、この時点ではジムとの争いはあくまで「ゲーム」なので、気持ち的には失うものは少ないですね。
この文を送られて、原作のシャーロック・ホームズのように大きなダメージを受けるのは、現代版では兄の方のホームズなんですよね。
ただ物語の舞台を現代に移すのではなく、原作からの引用のひとつひとつを効果的に用いた脚本なのですね。


> これって、"世界一有名なスパイ"へのオマージュなんでしょうか…?

はい、そうだと思います!

シャーロックがマイクロフトの電話の意味に気づくのが遅れてしまったのは、あまり映画などの知識がないからでしょうが、最終的にかなり近いところまで推理することができたのは、以前ジョンにDVDを見せられていたからではないでしょうか。
シリーズ1の放映時、ジョンが第二話冒頭の事件(Jaria Diamond事件)のことをちらっとブログに書いたところ、コメント欄でシャーロックと「世界一有名なスパイ」の話になって、じゃあ一緒に観よう、という話がまとまっています。

http://www.johnwatsonblog.co.uk/blog/23march

シャーロックとジョンの『ボンド・ナイト』の模様は、シャーロックのサイトの『フォーラム』に載っています。
http://www.thescienceofdeduction.co.uk/forum/page3

記事を書くのがだいぶ遅くなってしまいましたが、新作映画の公開と重なってちょうどよかったですね。すべて私の作戦通りです(←大嘘)。

R is for ROCKET様も、素敵な年末年始を過ごされますよう、お祈りしております!

懐かしい2枚の画像、来年もみたいです - RM - 2012年12月25日 22:32:55

原作とBBC版「SHERLOCK」を熟知なさった皆様のやりとりに、もう私は「驚きました!」そしてへえー、ほおー、と楽しんでいます。

それから、マイクロフトとシャーロックに関するお話にはじーんときてしまいました。

そしてもう一つ、昨日(クリスマス・イブ)と今日のそれぞれの画像、本当にナツミさんがおっしゃるとおり、「一年に一日しか使えないのはつくづくもったいない」です!でも一年に一日だけという潔さもいいですね。ああ一年たったんだなあと感慨深く懐かしく、2枚の画像をみせていただきました。

一年経ちましたね - ナツミ - 2012年12月26日 01:30:35

RM様

今年もこうしてクリスマスにお話ができること(そして、RMさんのブログにもお邪魔してお話ができたこと)嬉しく、ありがたく思っております。何げない会話の積み重ねですけれど、こうしていつのまにか一年経ったことを思うと「驚いて」しまいますね。新しい年にも、RMさんやお親しい方々に、何げなく幸せな毎日がつづきますように。

今年はグラナダ版がブルーレイで再発売されるという、嬉しい締めくくりもありましたね!
同じ月に全エピソードガイドのついた「シャーロック・ホームズ映像読本」の出版もあり、ジェレミーのホームズに新たに出会う人も多かったのではないでしょうか。
そしてその中には、SHERLOCKやElementaryなど、新たな世代のホームズを入り口にして、ジェレミーに出会う人もいるのでしょうね。私は、ホームズを通して、今生きている時やその前やその後には、ずっと続いているゆるやかな鎖があって、自分もその環のひとつであることを感じられたような気がしています。
来年も、その次の年も、ずっとそんな風に思えればいいなあと思います。

アンダーソン・・・哀れ - YOKO - 2012年12月26日 11:21:12

クリスマスバージョンの扉絵(?)楽しませていただきました。
受け取り拒否・・・って、かわいそうだった。

私もこのクリスマスにはちょっと悲しいできごとがあり、嬉しいこともその倍くらいありましたが、いろいろ考えさせられました。孤独は守ってくれるんですよね。マイクロフトがシャーロックをそのように育ててしまって、それで責任も感じているという妄想は、納得させられました。きっと本編では描いてもらえないと思いますが、マイクロフトと弟の兄弟愛と確執には、いろいろなドラマがありそうですね。

ナツミさんはお友達と過ごされたんですね。
一度家に帰られたのは、荷物が重いから一旦置きにに帰られたんですよね。忘れたんじゃないですよね~~。

でおくれましたが、ナツミさんとここに集われる全ての方に、素敵な年越しを♪

守ってくれるもの - ナツミ - 2012年12月27日 16:23:39

YOKO様

> 私もこのクリスマスにはちょっと悲しいできごとがあり、嬉しいこともその倍くらいありましたが、いろいろ考えさせられました。

私はひとつでも悲しいことがあると、自分に嬉しいことや、いいことも起こっていることを忘れて、マイナスの感情ばかりに気を囚われてくよくよしてしまいます。だから「嬉しいこともその倍くらいありました」と何げなくおっしゃるYOKOさんはすごいなあと思いました。何というか、YOKOさんだ!と思いました。

孤独は守ってくれる、というのも真実だし、ジョンが「違う、友達が人を守るんだ」と言うのもまたひとつの真実なのでしょうね。守る、というのとはすこし違うかもしれませんが、私はYOKOさんや他の皆さんとお話ができると、すこし元気になれます。YOKOさんにとってもそうであったらいいなあ、と思います。

ひとつの悲しみがたくさんの喜びよりも大きいこともままあると思いますが、それでも、YOKOさんが一瞬でも悲しみを忘れてしまうくらい素敵なことがたくさん起こりますように!とお祈りさせてください。


>きっと本編では描いてもらえないと思いますが、マイクロフトと弟の兄弟愛と確執には、いろいろなドラマがありそうですね。

本当ですね。私も、あえて具体的なことは描かれないのではないかなあ、と感じています。
家族やきょうだいの間の感情って、些細なことの積み重ねで育っていたりしますよね。何か決定的なことがあって、そこから決裂したのであれば、ドラマとしては面白いのでしょうが。

YOKOさんが「兄弟愛」と書かれたように、マイクロフトとシャーロックの間にはちゃんと「愛」を感じますよね。睨み合っていても、必要な時にはちゃっかりお互いに甘えたり。しかし、愛があるからこそ、他人同士ではありえないような煩わしさや嫌悪感も生まれるのかな。ハリエットとジョンも、そうなのでしょうか。家族愛って、綺麗な面を描かれることが多いですけれど、憎しみとか嫌悪とか、醜い感情を内包してそれでも離れないからこそ、深まっていくのかもしれませんね。


> 一度家に帰られたのは、荷物が重いから一旦置きに帰られたんですよね。忘れたんじゃないですよね~~。

と、当然そうですよ!? そういうことですとも!obviousです!
(……ナイスフォローありがとうございます)

> でおくれましたが、ナツミさんとここに集われる全ての方に、素敵な年越しを♪

YOKOさんも、すてきな休日をお過ごしくださいね!
台湾に行かれるのですよね!ちょうど台北から帰ってきた人に会ったのですが、23日頃は東京みたいに寒かったけれど、25日は半袖で大丈夫だったそうです。温かい場所でリラックスしながら、おいしいものをたくさん召し上がってきてくださいね!

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

ご閲覧やRSS登録ありがとうございます!まだ廃墟じゃありませんよ~!亀の歩みですが、過去の振り返りも含めてのんびり元ネタ探し続けていきたいと思います。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。