最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

ジムとダイヤと青いガーネット

前記事の場面と同時に描かれるジムの侵入シーンでは、ロンドン塔に展示された「クラウン・ジュエル」の展示ケースを割るために、ダイヤモンドが使われます。シャーロックは「(ガラスは)結晶化した炭素にはかなわない」と言うのですが、ホームズも宝石を「炭素の結晶」と表現していました。

「(前略)こんな四十グレーンばかりの炭素の結晶が人殺しを二度、硫酸浴びせを一度、自殺を一度、窃盗にいたっては数しれずおこしているんだぜ。こんな美しい玩具が、人を牢獄や絞首台へ送る役目をつとめるとは、誰が想像しよう。」(後略・『青いガーネット』)


「科学の人」らしい物言いに、くすりとさせられます。
(でも、ガーネットは炭素じゃないですね。原作ではblue carbuncleと書かれているこの石。カーバンクルは丸く磨き上げられたガーネットを意味すると同時に、赤い宝石の総称でもあり、ドイルがどの石を意図して書いたのかはよくわからないそうなんです。Wikiの『青い紅玉』の項には、『ブルー・カーバンクル』の正体についてさまざまな説が挙げられる中に、『ブルー・ダイヤモンドのこと』という説の紹介があります。)

また、「ダイヤでガラスを割る」という行為からは、「青いガーネット」を拾ったピータースンの「ダイヤでがしょう?すばらしいもんだ。ガラスがパテのようににザックザクときれますぜ」という台詞も思い出されます。この時、新聞に広告が出て話題になっていたという、「モーカー伯爵夫人の青いガーネット紛失事件」を知らなかったピータースン。新聞を読まないような人々にとっても、既に「ダイヤがガラスよりも硬い」ということは常識だったんですね。

それもそのはず、ダイヤモンドは、なんと紀元前3世紀から珍重されていたとのこと。
ダイヤの一番古い記録はインドにあるらしいのですが、採掘量がとても少なかったことや、あまりにも硬くて研磨が困難だったことから、宝飾品ではなく魔除けとして用いられていたそうです。
宝飾品として注目されたのは、研磨方法が発見された1445年以降。
どうやって研磨するかというと、ダイヤでダイヤを磨くようです(なるほど…!)。
17世紀末、「ブリリアントカット」という技術が発明されます。ダイヤの表面にたくさんの面をつくり、光を反射させることで、きらきらと輝かせ、ダイヤならではの美しさを引き出すのがこのカットの特徴だそうです。
今でも、宝石といえばまずダイヤを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。ダイヤと人間の長い長い歴史から見れば、19世紀に生きたピータースンの知識が、21世紀の庶民の私とそう変わらないのもうなずけます。

それにしてもピータースン、拾った宝石で実際にガラスを切ってみたんでしょうか。う~ん、私ならできない!
彼にとってダイヤの「凄さ」は、美しさよりも硬さにあったのかなあ……

ひょっとしたら硬度を比べることで「ブルーカーバンクル」の正体に近づけるかもしれないと思い、こちらの表(修正モース硬度)を参照しました。ガーネット(柘榴石)は10、ガラスは5。これって、「パテのようにザックザク」切れるほどの違いなのかしら?結局よくわかりませんでした……。ダイヤモンドは15で、やはり圧倒的ですね。

ダイヤの歴史についてはこちらのサイト(ユーアクセスさん)で、簡潔にまとめられたものが読めます。
Wikipediaでは、「四つの署名」にも登場した「グレート・ムガール」など、有名なダイヤを図にして比較しています。ジムが侵入したロンドン塔に保管されているものも複数ありますので、ご興味のあるかたはリンク先をごらんください。
また、「グレート・ムガール」に関しては、"Sherlock"シーズン1の2話冒頭で、シャーロックと戦っていた男と関連があるのでは、という話題が当ブログコメント欄で出たことがあります。
憶測の域を出ませんが、もしご興味があればこちらもご一読ください。

(過去記事)Jalia Diamondと翡翠のヘアピン

ちなみにジムが身にまとっていた王冠などの「クラウン・ジュエル」ですが、どんなものがあるかwikiで確認できます(英語版のみ)。日本の「クラウン・ジュエル」としては、「三種の神器」が挙げられていますね。

(原作からの引用はすべて延原謙訳)
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスンがより好きです。

2017年エイプリル・フールお片付けしました。お付き合いありがとうございました!片付けきれてないところがあったらお知らせいただければありがたいです。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura