最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

ぶらさがる人形

このお話のはじめの方で、シャーロックたちの部屋ににだらんとぶらさがっている大きな人形(マネキン?)、すごく気になっていました。

「等身大人形」自体の元ネタは、「空家の冒険」でモランの狙撃対策に使われたホームズの胸像(『グルノーブルのオスカー・ムニエ』作。フランスに潜伏してる時に知り合ったんでしょうか)や、「マザリンの宝石」で宝石泥棒を欺くために使われた全身像なのだと思います。

そこまではいいんですが、なんで上からぶらさがってるんでしょう。

「彼」についてだと思うのですが、バスルームから出てきたジョンが"Did you just talk to him for a really long time?"(『ずいぶん長い間話しかけちゃったのか?』)とシャーロックに聞きます。人形が、延々と続くシャーロックの話を聞かされてるうちに首を吊りたくなっちゃったのか、ということでしょうかね。シャーロックは"Oh, Henry Fishguard never committed suicide.(『ああ、ヘンリー・フィッシュガードなら絶対自殺じゃないよ』)と答えます。
シャーロックは、ヘンリー・フィッシュガード氏が首吊り自殺したかどうか、人形を使って検証したのでしょうか。

原作中で首吊り自殺に見せかけた殺人があったのは、「入院患者」。ホームズは首吊り死体の近くに残された葉巻などから、侵入者による他殺であることを見抜くのですが、ワトスンによると「その夜以来三人の殺人犯人たちは、ついに警察の手にはかからなかった。(延原謙訳)」そうです。
シャーロックも、この事件に関係した警察の無能ぶりを嘆いていますね。この後も、ヘンリー・フィッシュガード氏を殺した犯人は、結局見つからないのかもしれません。






関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

Hanged, yes! - XiXi - 2012年10月11日 21:07:35

こんばんは、XiXiです。やったぁ一番乗り!

ホームズで「人形」と聞くとただちに「踊る」変換してしまう日本語読者ですが、BBCでは「ぶらさがり」バージョンもありましたか…!
ガイ・リッチー映画版では1作目で絞首刑を偽装したり、2作目で探偵がフックに引っかけられたりとBBC版よりぶらさがりシーンが多いですね。やっぱり身長のある方よりぶらさげやすいのかしら(ヲイ)

などと笑いつつも、いまだに絞首刑のある国の人間としては、あのシーンはけっこうなインパクトでした。イギリスでは「絞首刑」という言葉はもう死語なんでしょうか…
でも「ぶらさがり」を「吊るされた」に変えるともれなくS1E3の冒頭「文法講座」が思い出されて笑いに戻れます。なんて素敵な脚本でしょう♪

ぶらさがる探偵 - ナツミ - 2012年10月12日 04:13:00

XiXiさま

> ホームズで「人形」と聞くとただちに「踊る」変換してしまう日本語読者ですが、BBCでは「ぶらさがり」バージョンもありましたか…!

そういえば、どうしてThe Adventure of the Dancing "Men"なのに「おどるにんぎょう」なんでしょう。ひょっとしたら「おどるひとがた」だったんじゃ!?と思ったら、やっぱりwikiにもありました。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B8%8A%E3%82%8B%E4%BA%BA%E5%BD%A2 
延原先生は、漢字の読み方は特に説明なさらなかったようですね。

> ガイ・リッチー映画版では1作目で絞首刑を偽装したり、2作目で探偵がフックに引っかけられたりとBBC版よりぶらさがりシーンが多いですね。やっぱり身長のある方よりぶらさげやすいのかしら(ヲイ)

私も、首吊りというとガイ・リッチーの映画を思い出します!そうか、身長か……(←納得しちゃダメ!)
確かに、カンバーバッチホームズを再現しちゃったら場所とりそう。ジョンやハドスンさんにいちいち邪魔そうな顔されて、不条理な腹の立て方をするシャーロックが目に浮かびます。

「文法講座」の生徒の彼は結局吊られちまった……イヤ、「絞首刑になった」のでしょうか。フィッシュガード氏同様、シャーロックが興味を失った後のアフターケアは一切ないっぽいので気になってます。

クイズ!山中峯太郎の冒険 - YOKO - 2012年10月12日 16:13:51

山中峯太郎先生の作品一覧をプリントアウトして、どの話なのかあててみようと思って書き出してみました。短編56本のうち19個間違いましたよ。今のタイトルと同じのも多いので、わかりにくいの全部間違いました・・・・。
正典また読み返さないと^^
楽しい話題をありがとうございました~!!

そういえば、ガイリッチー版では吊るされるの多いですね。
食肉加工場でも吊るされてたし・・・・
やっぱり身長・・・

クイズ挑戦中です! - ナツミ - 2012年10月13日 12:00:46

> 山中峯太郎先生の作品一覧をプリントアウトして、どの話なのかあててみようと思って書き出してみました。

おお、さすがYOKOさん!
私も真似して昨夜から考え始めたのですが、む、難しい……
(プロフィール欄が更新されてからご覧の方がいらっしゃったら、山中ホームズタイトル一覧はこちらです)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E4%B8%AD%E5%B3%AF%E5%A4%AA%E9%83%8E

プロフィール欄で悩んでいた「手品師」は「背の曲がった男」ではないかと思いついたのですが、

全然わからない;
「魔術師ホームズ」「奇人先生の最後」「怪談秘帳」

多分、あれかなあ、と思うけど確信が持てない;
「スパイ王者」「怪スパイの巣」(←どっちかが『最後の挨拶』だと思うんですが…)
「謎屋敷の怪」(←『マスグレーヴ~』?『ぶな屋敷』?)
「一体二面の謎」「一人二役の芸当」←(どっちかが『花婿失踪事件』でしょうね。後者かな?と思います。すると前者はなんだろう??)
「黒蛇紳士」(←『まだらの紐』『犯人は二人』は確信が持てる組なので、こっちが『高名な依頼人』かな?すると『バカな娼婦』はどうなる?『三破風館』かなあ…)

消去法で、確信が持てないものにここに挙げたものを当てはめていけばいいのでしょうが、それにしてもグレーゾーンが多すぎです。
シャーロッキアンには程遠い素人とはいえ、これだけ毎日ホームズホームズ言ってるくせにお恥ずかしい!まだまだですっ!(土下座)
もうちょっと考えたいので、正解をご存知の方がいらっしゃっても、書き込んだりリンクを貼ったりはお控えいただけますようお願い申し上げます!(意地っ張りの割りに意志が弱いので、多分見ちゃうと思います……)


> そういえば、ガイリッチー版では吊るされるの多いですね。
> 食肉加工場でも吊るされてたし・・・・
> やっぱり身長・・・

相対的にジュードワトスンはすごく背が高く見えますね。2作目鑑賞中は、「いいコートと背の低い友人を備えている」というシャーロックの名言がちらついて仕方ありませんでした。

- XiXi - 2012年10月16日 23:23:53

YOKOさん、ナツミさん、こんばんは。
山中峯太郎の冒険に出たら帰ってこられなさそうな(ので出られない)XiXiです。

> そういえば、ガイリッチー版では吊るされるの多いですね。
> 食肉加工場でも吊るされてたし・・・・
> やっぱり身長・・・
アメコミ映画を観ていると、俳優のロバートが吊るしやすいのは身長だけで体重はけっこう吊るしにくいほうかと思われますが(笑) そこは人力以外でどうにかなるのか♪

「いいコートと背の低い友人を備えている」件は…ガイ・リッチー版を観ていると笑いがひとしおですね。
ホームズ物は正典へのオマージュだけじゃなく「あのホームズ」へのオマージュにも溢れてて、百年以上ミルフィーユ状にかさなってきた愛情のかおりがいたします。

愛情のミルフィーユ - ナツミ - 2012年10月18日 07:26:01

XiXiさん、いらっしゃいませ♪
あれから数日、お察しの通り未だ冒険から帰れないナツミです(遠い目)

> アメコミ映画を観ていると、俳優のロバートが吊るしやすいのは身長だけで体重はけっこう吊るしにくいほうかと思われますが(笑) そこは人力以外でどうにかなるのか♪

体重はつるしにくい!確かに!なんか、皆の愛情が高じて文字通りの「つるし上げ」になってきたような(※会議に水を差すおじさんみたいな寒い発言失礼しました)
私は「アイアンマン」「アベンジャーズ」くらいしか観ていないですが(いや、遡ると「アリー・マクビール」も大好きだったんですが…)、この2作品も「ホームズ」もアクション俳優さんというイメージですものね。多彩な動きの中に「吊るされ」も入るのかな?

> ホームズ物は正典へのオマージュだけじゃなく「あのホームズ」へのオマージュにも溢れてて、百年以上ミルフィーユ状にかさなってきた愛情のかおりがいたします。

本当に!
オマージュといえば、私はまだシーズン2のコメンタリーを聞いてないんですが、ベネディクト・カンバーバッチがドラマ中でものを食べたことを後悔しているコメントがあるとか。ああ、やっぱりジェレミー・ブレットのホームズを子どもの時に見た世代には、「ホームズはものを食べない」イメージが脳にこびりついているんだなあ、と勝手にものすごく共感してしまいました。コメンタリー、近いうちに時間をとって聞いてみたいです。

「ミルフィーユ状の愛情」って素敵な表現ですね!重なってるけど混じりあわないあたり、すごく的確!

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura