最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

事件をありがとう

This case, Henry,Thank you. It's been brilliant!
この事件をありがとう、ヘンリー 素晴らしい事件だった!(拙訳)



事件解決後、現場で大はしゃぎしてジョンに「タイミング!」とたしなめられるシャーロック(よっぽど楽しかったらしい)。

様々な事件が持ち込まれますが、シャーロックにとってはその内容が「面白いか、面白くないか」というゲームとしての評価が第一かもしれません。
でも事件の当事者たちにとっては、事件は人生を左右するような大問題ですよね。特にヘンリーの場合は深刻。ジョンに叱られるのも、無理もないかもしれません。

しかし、解決まで我慢していたシャーロックはまだいい方かも。原作ではこの台詞、かなり序盤で出てきます。
まだロンドンのホテルにいるヘンリー卿に、奇怪な警告文が届く場面。

「これでみると、沼沢地で何がおこっているのか、私たちより詳しく知っている者があるように思えますね」モーティマー医師がいった。
「しかも危いぞと警告してくれているのですから、あなたに対して悪意はないらしいです」ホームズが言葉をそえた。
「それともほかに何か目的があって、私を追い払おうとしているのかもしれません」
「そう、それも考えられますね。モーティマー先生、おかげでいろいろに解釈のできるおもしろい事件をお知らせくださって、ほんとにありがとう。しかしヘンリー卿、ここで決めておかなければならない実際問題は、あなたがバスカヴィル館に行くほうがよいか、行かない方がよいかの問題ですね」(延原謙訳)


お気づきになりましたでしょうか。てきぱきとした会話に紛れて、非常にさりげなく「空気の読めない発言」しましたね・・・
自分にとって生死や尊厳のかかった大問題を「面白い」と言われたら多分腹が立つと思うんですが、

1.まだ自分の命が危ないときにさらっと言われる
2.一応解決したあとで、高笑いしながら言われる

う~ん、どっちの「タイミング」がいいんだろう・・・
皆さんがヘンリー、もしくはヘンリー卿の立場だったら、どう思われるでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- YOKO - 2012年08月28日 13:41:32

原作にもそんなKY発言が!
気がつきませんでした。さりげなさすぎ!
原作をちゃんと踏襲してるんですね、細やかだな~。

私だったら、原作パターンがいいですね。
命が危ないかもしれないのを「笑って」もらえれば少し気がまぎれそうですしね。

- S.S - 2012年08月28日 14:59:52

はじめまして、こんにちわ。
いつも楽しく読ませていただいております。
こちらのブログで、どれだけ勉強させていただいたか……!!
感謝してもしきれないほどです。

さて、記事の「事件をありがとう」ですが、ジョンに窘められたあと「No good?」とやや不安げに聞くシャーロックが大変に愛らしくて大好きなシーンです。
この「No good?」第1期の1話でも出てきましたよね。なんとなく育ちの良さ気な聞き方でとても好きです(笑)
英語は暗黒大陸(拝借しました!)なので、さっぱりですがイギリスの聞き方なのでしょうか?(笑)
記事でナツミさまが仰ってるどちらの言い方が腹が立つか……という事ですが。
バスカヴィルは好きで何度も読み返しているはずなのに、原作の方では全く気付きませんでした!なので、1の方が気づかれにくいのでいいのでは?(笑)
でも、現代版ではヘンリーが「いいよ、構わない」と言ってくれてるので、どちらかのタイミングとしては事件後の方がいいのかもしれません(どっちなんだ)
ここからは個人的な感想なのですが、シャーロックの「No good?」はジョンと出逢ってなければ発せられなかった言葉かもしれないと思ってます。
例えば、同じ場面でレストラード警部が窘めても知らんふりしそうですし(笑)
なんとなくシャーロックがジョンを気にしている(ジョンを含めた周りかもしれませんが)のが、強く感じられるのです。
この回は特にシャーロックとジョンの絆が更に深まっているのを再確認する感じがして、とても好きなんです。もちろんどの回も好きなのですが(笑)
なんだか、取りとめのないコメントで申し訳ありません。
あと!以前にプロフィールで書いてあったグリーンカレーはどうなったのでしょうか?(笑)
実は気になって夜も眠れません(うそです、ごめんなさい)

今後も素敵な記事をよろしくお願いいたします(平伏)

もしかして優しさ!? - ナツミ - 2012年08月28日 22:34:27

YOKO様
>原作をちゃんと踏襲してるんですね、細やかだな~。

製作者がどの程度はっきりと「ここが元ネタ」と意識して脚本を作っているのかは、正直わからないのですが、たとえ無意識でも、「ホームズっぽい行動」をとらせていると感じることがありますよね。状況が深刻でも事件の難解さにかえってわくわくしてしまうところは、とてもホームズらしいですね!

> 私だったら、原作パターンがいいですね。
> 命が危ないかもしれないのを「笑って」もらえれば少し気がまぎれそうですしね。

そ、そうか!ホームズは、深刻な状況にいるヘンリー卿に別の視点を与えることで、リラックスさせようとしてるんでしょうか?だとしたら、KYじゃなくてむしろ気遣い?

じゃあひょっとしてシャーロックも!?………いや、それはないな……

こどものこころ - ナツミ - 2012年08月28日 23:44:26

S.Sさま

べ、勉強など、とんでもない……!
ほとんど妄想でできているブログですので、話半分に読んでいただければ!
おまけに拙宅の夕食のご心配までしていただき、なんともはや恐縮です!
あの後結局、グリーンカレーの材料(なす、鶏肉など)をナシゴレンの素で炒め、ココナッツミルクでのばすというよくわからない料理を作りました。味は聞かないでください。

> ジョンに窘められたあと「No good?」とやや不安げに聞くシャーロックが大変に愛らしくて大好きなシーンです。

ああ、わかります!こういう時、ジョンがシャーロックのことを「12歳の子どもみたい」と書く気持ちが(ワガママとは別の意味で)理解できますね。
1期3話で、ジムがゲイ云々の会話でモリーを怒らせた後、「どうしておこるの?」という妙に無垢な表情でモリーを見送るシャーロックも大変愛らしいですよね。きっとS.Sさまのツボも刺激したことと信じて疑いません!

「No good?」に関しては、すみません、私こそ暗黒大陸で(らいかみんぐさん私もお借りしました)、イギリス独特の言い方なのかどうかはよくわかりませんでした(アメリカの方も使っているような気はするのですが…)。

> シャーロックの「No good?」はジョンと出逢ってなければ発せられなかった言葉かもしれないと思ってます。

確かに!相手がレストレード、ましてやマイクロフトだったら、このような反省というか、自分の言動を振り返ること自体がなさそうですよね。勝手気ままに振舞っているように見えても、だいぶジョンの影響を受けているというか、ジョンの存在がシャーロックを刺激し、更新し続けているのですね。
その直後の場面(物語の終わり)で、違うベクトルからシャーロックを刺激するジムが姿を現すのも印象的ですね。

こちらこそ、素敵なコメントをありがとうございます!
これからも、お気軽に遊びにきていただけたらうれしいです。

そして、YOKO様、S.S様、「事件をありがとう」発言へのご意見をありがとうございました。言い方は原作、 タイミングはドラマ推奨ということでよろしいでしょうか。いや、この採決にも特に意味はないんですが…

- corara - 2012年08月30日 17:23:06

はじめまして。シャーロックとジョンに対する、そしてホームズとワトスンに対するナツミさんのあたたかい眼差しに共感しつつ、心癒されつつ、いつも楽しく拝読しつつ、たくさん勉強させていただいています!

ホームズもシャーロックも、非常識なくらい、自分の知恵と力を試せる事件を大喜びしますよね。それが嫌味にならず、魅力になっちゃうところが、ドイルのホームズと、ベネディクトのシャーロックの大きなチャームポイントだと思います。
(グラナダ版は子どもの頃大好きでよく見ていて、今も見返したいと思っているのですが、まだ手をつけてはいないのです。でもジェレミー氏のホームズもとってもチャーミングだった記憶があります☆)

ドラマの方でも、ヘンリーが「ハウンドの足跡を見た」と言ったのを聞いて、急に前言を撤回して
「依頼してくれてありがとう。期待できそうだ。」
と言ったり(NHKで放映した日本語吹き替えのほうしか録画していなくて、英語版は見たことがないです・・・)、
その後、すっごく嬉しそうに、
「20年前の消えた死体、巨大なハウンドの足跡、これを逃してたまるか!」とはしゃいだり、そういうところもシャーロックの可愛らしいところですよね。

もうひとつ「ありがとう」があったんですね! - ナツミ - 2012年08月31日 01:23:22

coraraさま

コメントありがとうございます!
勉強…になるとは思えないうっかりブログですし、若干ワトスンびいきではありますが、共感していただけてとてもうれしいです!

> ホームズもシャーロックも、非常識なくらい、自分の知恵と力を試せる事件を大喜びしますよね。それが嫌味にならず、魅力になっちゃうところが、ドイルのホームズと、ベネディクトのシャーロックの大きなチャームポイントだと思います。

そうですよね!嬉しい気持ちを隠せないこの子供っぽさが、かえってチャーミングに見えますよね。
考えてみればヘンリーもシャーロックのそんな態度に腹を立てたりはしていないわけで(原作のヘンリー卿もですが)、むしろ彼の魅力のひとつなのかもしれませんね。

あ、ドラマでも序盤で「依頼してくれてありがとう」の台詞があったんですね!
「煙草の煙をありがとう」に紛れて、見逃しておりました!
こうして見ると、シャーロックは「ありがとう」って言葉を結構使うんですね。これは、育ちのよさを表しているのかしら。わりと素直な一面があるということかしら。

お名前のリンクからcorara様のサイトも訪問させていただいたのですが(今まではコメントをいただけるだけで舞い上がっていた私ですが、やっと即座にリンクに気づける落ち着きを持てるまでに成長しましたよ…!)、「アスペルガー」と「ソシオパス」の違いの考察がとても勉強になりました。なるほど、S1とS2でも違いがあらわれているのですね。

ところでグラナダ版、ブルーレイのセットが出るらしいですね…
私も子供の頃よく観ていたのですが、そのよく観てた「NHK吹替版」が収録されているので、アマゾンからのお知らせと通帳の残高を見比べてはため息をついております。

- YOKO - 2012年08月31日 15:14:31

corara様
私もブログを拝見しました!
とても素敵な考察だと思います。
とくに、ベルグラーヴィアのラストの救出劇についての、お考えに感銘を受けましたです。
私自身あのラストがなかなかすんなり受け入れられなくて、「妄想」だとか「夢」だとか言ってるクチだったんですけど。たしかにシャーロックのキー解除によって「お守り」がなくなったわけなので、あのまま死んでいたら全体として後味悪いですよね。
そっか・・・・。

青の洞窟も素敵ですね!

- ナツミ - 2012年09月01日 18:01:26

corara様、YOKO様

私もアイリーンの「最期」に関してはYOKOさんと同じく、はじめは妄想だと思っていました。でもだんだんと考えが変わり、coraraさんの記事で確信を得たような気がします!
シーズン2に関してはいろいろに解釈できることが多いので、ゆっくり考えていきたいと思うのですが、彼女に関しては特に難しいですね。もうすこし考えがまとまったら、ぜひ書き込みをさせてください!

一人でぐるぐる考えるだけではなくて、他の方が書かれた文章を読んで目から鱗が落ちる、というのは幸せな体験ですね。すぐに影響されてしまうので、今はなるべく自分の頭で考えようと思うのですが、ある程度気が済んだらいろいろな方のいろいろなご感想を読んでみたいです!

そして青の洞窟、ほんとうに素敵です!行ってみたい~!

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

『高名の依頼人』のこと書きましたが、6月24日までグラナダ版がGYAOで無料で観られるそうです。
こちら

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura