最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

古風な言い方

"What? Why do you call it a hound?" 
「何だって?君はどうしてあれをハウンドだなんていうんだ」

"It's a strange choice of words, archaic."
「奇妙な言葉遣いだ、時代遅れの」 (拙訳)



シャーロックがヘンリーの事件に興味を持ったのは、ヘンリーがHOUNDという古風な言葉を使ったから。
すぐには結びつかなかったものの、記憶の城に眠っていた言葉とバスカヴィルが彼の中で呼応したのでしょう。
ヘンリーのこの「古風な」台詞には、原作の台詞が一言一句変えられずに使われています。

Mr. Holmes, they were the footprints of a gigantic hound!「ホームズさん、それがじつは巨大な犬の足跡なんですよ!」(延原謙訳)



英語が堪能でない私には、どの言葉が現代風でどれが古風か、いまいち理解しきれていないのですが、これまで原作とドラマの台詞を見比べてきた中では、原作の台詞が「全く」変更されずに用いられるというのは珍しいと思います。

バスカヴィル家の伝説を聞かされていた時は無関心そうに見えたホームズがこの言葉で事件に興味を持ち出すのも、ドラマと同じですね。

白状するが、私はこれを聞いてぞっと身ぶるいがした。モーティマー君の声も震えをおびていたのをみれば、彼もまた自分の話にふかく動揺しているのだろう。夢中になってからだを前にのりだしたホームズの眼も、鋭く輝いてきた。ホームズのこの眼つきは、いつでも彼が強く関心を持ったことを示すものなのだ。(延原謙訳)

関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

『高名の依頼人』のこと書きましたが、6月24日までグラナダ版がGYAOで無料で観られるそうです。
こちら

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura