最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

(事件の重要なネタバレ)一杯食わされるジョン

この前の記事では二人の仲良しぶりを書いたつもりですが、皆さんご承知のように、一筋縄ではいかないのがこの二人の関係。

原作でも現代版でも、事件解決のためならシャーロック・ホームズは手段を選びません。
必要があれば、親友だって騙して利用することも厭いません。

シャーロックが、コーヒーを淹れてあげるふりをしてジョンに薬を盛り(結果的にはシャーロックの推理が間違っていて、コーヒー自体は無害だったわけですが)、ジョンの意識を誘導して幻覚を見せるに到っては、やり過ぎを通り越して若干サディスティックにさえ思えました…ジョンがブログに「いつか殺す!」って書くのも無理ないですよ!

そういえば「緋色の研究」でスタンフォード君が言ってました。

「(前略)たとえば親しい友だちにだって、新発見の植物性アルカロイドをちょいと一服のませてみる。それくらいのことはやりかねない人ですね。むろんそれは悪気があってやるわけじゃありませんよ。そうじゃなくて、ただ探究心が旺盛なあまり、その毒物の反応を正確に知るためには、それくらいのことは辞さないかもしれぬという一例なんです。(後略)」



100年以上経ってますけど、「やっぱりやったか」って感じです。

原作のホームズだって結構やらかしているのですが(ワトスンが異常なほど大らかで本当によかったと思います)、「バスカヴィル家の犬」はその中でも五本の指に入る「やっちゃった」話だと思います(別にそういうランキングが存在するわけではないんですが…)

ホームズは他の事件のためロンドンを離れられないと言い、ワトスンだけをダートムアに向かわせます。
(現代版でも、それをするかな?と思わせる描写がありましたね)
ホームズの指示通り、ワトスンはヘンリー卿の護衛と事件の調査をそれは真面目に務め、ダートムアで起こったことをロンドンに書き送ります。
「バスカヴィル家の犬」は、ホームズシリーズ中四つある長編の中で唯一二部構成になっていない作品で※、それゆえ一つの事件としてはとても長いのですが、第八章と第九章はワトスンからホームズに宛てた手紙、第十章はワトスンの日記からの抜粋という体裁をとっていて、臨場感たっぷりに読ませる工夫が施されています。

ワトスンの得意とする視覚的描写はもちろんのこと、ホームズがいない、しかも問題の「魔犬」が人の手によるものか、超自然的なものなのかもわからない状況で、ヘンリー卿を守るという使命を帯びたワトスンの緊張した気持ちが随所に綴られているのも、臨場感を盛り上げるのに一役買っていると思います。

以上は昨夜の冒険の顛末だ。しっかりと報告する労だけは、ホームズ君も認めてくれることと思う。もっとも大部分は事件とは無関係であるかもしれないが、私としてはこの地のできごとを細大もらさず君の手もとまで報告して、その中から事件の解決に参考となるべき部分だけを、君の自由な選択にまかすのが最もよいと思う。(中略)次の便の報告までには、何とか光明を得たいものだと願っている。最良の方法は一日もはやく君自身がこの地にきてくれることだ。(第九章)



僕はすぐ自分の部屋にかえって、ホームズあての詳しい報告のペンをとった。彼は近頃ひどく忙しいとみえて、さっぱり手紙をよこさない。(中略)ホームズよ、早く来てくれ。(第十章)



ところが、ホームズがロンドンにいるというのは、犯人を油断させるための嘘でした。
ホームズは沼沢地に点在する、新石器時代の石室に潜伏して捜査を進めていました。使いの少年カートライトを使って、ワトスンの行動も全て把握していたのです。これには温厚なワトスンもさすがに怒ります。

「じゃ僕の報告はみんなむだだったんだね?」私の声はふるえていた。あのたくさんの報告を、いかに苦心して作り上げ、しかも得々としていたことか!



対するホームズの返事。

「ワトスン君、きみの報告はみんなここにあるよ。くりかえし読んだから、ずいぶん手あかでよごれている。ちゃんと手はずをつけておいたから、手に入るのが一日おくれるだけだった。この難局にあたって示した君の熱意と手腕には、僕としてはただ舌をまいて驚きかつ感謝するほかないよ」



それに対するワトスンの感想。

私はホームズにうまく一杯くわされたと思って、このときまで心おだやかではなかったが、この賞賛と感謝にあって怒りだけはとけた。聞いてみれば彼のいうことはいちいち道理で、私はやはり彼が沼沢地にきていることを知らずにいたほうがよかったのだという気がした。



納得しちゃうんだ……

(※原作の引用部分はすべて延原謙訳)

※【追記】よく考えてみたら、「四つの署名」も2部構成ではありませんね。「過去にあった事件に関する告白」が長いせいか、勘違いしておりました。お詫びして訂正します。(2013.1.2)
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

まったくシャーロックったら - RM - 2012年08月18日 20:35:06

>シャーロックが、コーヒーを淹れてあげるふりをしてジョンに薬を盛り

え、そんなことを!(でも毒じゃなかったのですね。ほっ)

で、原作の方の

>たとえば親しい友だちにだって、新発見の植物性アルカロイドをちょいと一服のませてみる。

を読んで、「悪魔の足」を思い出しちゃいました。(あれは植物由来とはありますが、アルカロイドとは書いていないし、のませたわけではありませんが。)「悪魔の足」ではあの実験の後、ワトスンは「ホームズがこんなに温かさを見せるのは初めてなので、私は感激した」ということでしたが、現代版のシャーロックは、温かさを少しは見せたのでしょうか?

確かに - ナツミ - 2012年08月19日 12:32:47

毒といえば、私も「悪魔の足」を思い出します。ワトスンが実験台になるのも同じですね。

シャーロック、反省してたでしょうか?いたずらがばれないように小細工する子どものように振舞っていたけれど、「もうしない」と深く心に誓ったわけではないような気がします。原作のホームズも、新しい事件になったらまた無茶しちゃったかもしれません。皆さんはどう思われるでしょうか。

真相はいずこ? - 神崎真 - 2014年02月21日 00:37:26

過去記事に対してコメント失礼します。
来たるシーズン3の放送に向けて、シーズン2のおさらいを始めている神崎です(笑)
先ほど「バスカヴィルの犬」を見てきたのですが、改めて見返してもどうも腑に落ちない点があったので、こちらで質問させていただこうかとやってきました。

> シャーロックが、コーヒーを淹れてあげるふりをしてジョンに薬を盛り
> (結果的にはシャーロックの推理が間違っていて、コーヒー自体は無害だったわけですが)、
> ジョンの意識を誘導して幻覚を見せるに到っては

ここはすっごくシャーロックらしくて、そのドSぶりとその後でなんとか機嫌を取ろうとソースとか選んであげてる場面に思わずニヤニヤしてしまいます。
ああ、シャーロックも原作ホームズも、こういうこと実にやりそうだなあ。そしてジョンもワトソンさんも、なんだかんだで受け入れちゃうんだろうなあとは思うのです。

ただ、そうするとジョンが光る犬の幻を見た=幻覚剤を摂取したのは、いったいどこでだろうという疑問が残るわけです。
シャーロックは配管に亀裂がとか言ってましたが、それってどこの配管なんでしょう? ジョンが閉じ込められた研究室ではないだろうし、ジョンは窪地に降りていないから、窪地でもない。
……窪地に仕込んだガスを引いてきてる、林の中のどこかの配管? ってそんな無茶しませんよね。ガスを仕込むなら、たぶん窪地自体にボンベごと埋めるでしょう。
どうしてもこの点が気になって、私は現代版「バスカヴィル~」にのめり込めないのです。
皆様はそのあたり、どのように解釈されていますか? ぜひ聞かせていただきたいところです。

- midori - 2014年02月21日 09:22:08

おはようございます。
横合いから失礼します。

バスカビル、私も納得してなかったのですが、その後見かけたネットに散在してる解説を総合するに…

フランクランド登場時、『私は蛇口の修理をね』と言ってるので、機材のない自宅では合成出来なかった例のガスを研究所内で作ったがそれが漏れてるのに気づき慌てて自分で修理しようとした。
修理が必要なのは蛇口ではなく配管の亀裂だったので、あの時点では修理は完全でなく『寒いぞ、入るな』て貼り紙をしてたのに、無視して入ったジョンがガス吸っちゃった。

よく観ればフランクランド登場時は貼り紙のある部屋から出て来た様子ですし、後にその部屋からジョンが出てくる場面では部屋は霧が充満し、直後に
幻覚が始まります。

細かい説明が必要でよく観ないとわからない流れに今だ無理を感じますが。

こんな感じでどうでしょう。

意外と不器用なフランクランド - ナツミ - 2014年02月21日 19:34:50

神崎真様
midori様
(まとめてのお返事で失礼します)

朝、出掛けに神崎さんのコメントを承認させていただいて、仕事が終わって携帯を見たら、既にmidoriさんが完璧な解説を!ありがとうございます!

私も、midoriさんのご解説と同じように解釈しました。
ほんの少しだけ補足させていただければ、登場時のフランクランドは、「蛇口の修理をしにきただけ」と言っているのに、ガスマスクを手にしていますね。
それと、(単なる訳し方の違いなのかもしれませんが)貼り紙にはたしか「風邪をひきたくなかったら入るな」と書いてあったと記憶しています。
危険な、しかも絶対バレたくない薬物を扱ってたにしては文言が軽すぎるので、「ウィルス的なものを扱ってるので、入らないように。※入室するならガスマスクを」という研究所内での隠語みたいなものかな~と思ったのですが、考えすぎでしょうか。

この流れ、私はわりと素直に納得しちゃったんですが、よくよく考えると「そんな危ない薬物扱ってるくせに管理がずさんすぎるだろ!」とか、「毒は作れるのに配管は直せないのか!」とか(←これは意外とありがちなことかもしれませんが)、「ジョンが入った時にたまたまガス漏れしてるのがありえない」とか、確かに突っ込みどころがあり過ぎですよね……
疑問や無理を感じるほうがむしろ正しいです!

な・る・ほ・ど! - 神崎真 - 2014年02月22日 01:25:46

ありがとうございました、お二方 <( _ _ )>
フランクランド初登場時に、そんな細かいところまで伏線がはられていたとはとんと気づきませんでした!<ガスマスクとか蛇口の修理発言とか
あの「風邪を引きたくなければ~」の張り紙にも、そこまで深い意味があったとは……

そして私は、「違法なガス兵器だからこそ研究所には保管していないだろう」と思っていたのですけれど、なるほど確かに作成に必要な機材なんて、自前でそうそう用意できませんよね。
シャーロックが人体(笑)実験に使用した部屋が、たまたま犯人のラボを通るルートにあったという偶然の強引さは、まあ原作でもままあることですし(苦笑)<たとえば「二つの汚み」で、たまたま犯人が犯罪を犯したその夜に痴情のもつれで殺されたとか、偶然のラッキーは随所にある

> 細かい説明が必要でよく観ないとわからない流れ
現代版バスカヴィル~は、この点が特に顕著だと思います。
実は私、荒野の中で光ってたなんちゃってモールス信号の真相なども、最初に見た時には意味が判りませんでした(苦笑)
ことにジョンが幻覚を見た理由をはっきりさせないという点は、かつてPTSDの診断でカウンセリングを受けていたジョンが、実はまだ回復していないのでは?? という疑念を第三者に抱かせかねないと思うのですよ。そうすると探偵の助手兼記録係というポジションそのものが危うくなってくるのではないかとか思えてきてしまって、すごくひっかかっていたのです。
お二方からご説明いただいて、ようやくスッキリできました。
いきなりの質問に丁寧に答えてくださって、ありがとうございました!

ミスリードに失敗してるかも? - midori - 2014年02月22日 12:35:11

ナツミさま、
神崎さま。

(私もまとめてお返事失礼します^^;)

先日は横合いから失礼しました。

あの後、気になったので、貼り紙をミステリーチャンネルの吹替録画で確認しました。(はい、暇なんですよ)

KEEP OUT…
unless you want a COLD!
『入るな
風邪がうつっても知らないぞ』
となってました。

きっと私は
KEEP OUT と COLD しか読んでなくて、大まかに、寒いから風邪ひくじょ、の意味で記憶してたんですね。a cold なら風邪か。

今回観なおしたら、フランクランドの正体が分かった時、ステイプルトン博士が彼はウイルス学専門なのに…と言ってます。

フランクランドが風邪ひくじょ〜と警告したら、死に至る新型インフルのウイルス培養してるんだ!と、研究所の皆さんは連想するからあの文言で充分だったのかも知れませんね。ガスマスクも当然だと。ただ部外者(ジョン)には軽い意味に取られる。

この辺はナツミさんの貼り紙は隠語説と同じ感じになりますね。

たまたまジョンが来た時にガス大量に漏れてるぞ、とか、脚本は偶然に頼りすぎ〜なのは確かですよね。

しかも、ステイプルトン博士にBLUEBELLと書いて見せるシーンで、シャーロックに『偶然なんてないって人もいるが、人生退屈だろうな!(吹替)』と言わせてます。

脚本家も偶然に頼りすぎの自覚あったのかしら(苦笑)。

シャーロックの脚本は視聴者をあらぬ方向へ導くのが上手いものが多く、マイクロフト登場シーンとか、プールサイドにジョン登場シーンとか、ITのジムの正体露見シーンとか、もう口あんぐり開けたり、鳥肌たったり、ぐぐぐっと見入ってしまうほどなのですが、バスカビルのジョンが吸う毒ガスに関しては、シャーロックの砂糖に目を向かせるために伏線し過ぎて失敗してるかもしれない珍しい例ではないかと思います。偶然に頼るからか?

それともナツミさんのように最初から原語で観たら細かいニュアンスの差で一発で理解できたのかしら?現地の方々はどう感じてるのかしら。

なんだかんだ言ってますが、じつは日本で放送済みエピソードで一番安心して見れるのはバスカビルだったりします。二人の仲良さがMAXに達してる感じがいいですよね。でも勿論それもライヘンバッハで我々も一緒に屋上から突き落とす魂胆で仕上げてるのですが。

では。

ジョンは信用できるか? - ナツミ - 2014年02月22日 17:40:30

神崎真様

「貼り紙の意味」は私が深読みし過ぎかもしれませんが!
もし裏の意味があって、ジョンに通じてなかったのだとしたら、「バチカンのカメオ」軍の符牒説と対になってちょっと面白いですよね。

このブログは「元ネタ探し」のために立ち上げたものでそこを批評する場ではないので、あまり触れたことがなかったのですが、ミステリとしてお話があちこち弱い、という面は否めないですよね。
神崎さんがおっしゃるように、原作にも結構偶然に依る部分があるので(『犯人は二人』もすごいですよね……)そこも含めてなぞりました!といわれたらぐうの音もでないですが!

>PTSDの診断でカウンセリングを受けていたジョンが、実はまだ回復していないのでは?? という疑念

これ、車中のむにゃむにゃがわかってしまった、汚れた私にもありましたよ!
実は、S2ラストにはそこを使うんじゃないかな、と思ってたんです。どこまでジョンの妄想で、どこまで本当に起こった事か、視聴者にもわからないまま終わる、みたいな。
でもよく考えたらイギリスでは夜9時くらいに放送しててお子様も楽しみにしてるわけで、あんまりごちゃついた構成にするのもアレですもんね……
S1のラストでもジョン=モランだと思いかけた私は、本当はジョンをまったく信用してないのかもしれません。

フランクランド…… - ナツミ - 2014年02月22日 18:14:56

midori様

ご確認をありがとうございます!

> 今回観なおしたら、フランクランドの正体が分かった時、ステイプルトン博士が彼はウイルス学専門なのに…と言ってます。
> フランクランドが風邪ひくじょ〜と警告したら、死に至る新型インフルのウイルス培養してるんだ!と、研究所の皆さんは連想するからあの文言で充分だったのかも知れませんね。ガスマスクも当然だと。ただ部外者(ジョン)には軽い意味に取られる。

そんなウイルス培養するような人なら、配管が壊れてる上にセキュリティが貼り紙ってどうなんだ、と思わずにはいられないですけどね……(まあ、入り口に関してはカード認証がありますけど)下手したら研究所内がバイオハザードになるよ!
しかし、バリモアが逆らえない真の理由がここにあるのかもしれません。邪険にしたら地味にいやな病気にされそうだ。鼻かぜとか口内炎とか。

> シャーロックの脚本は視聴者をあらぬ方向へ導くのが上手いものが多く、マイクロフト登場シーンとか、プールサイドにジョン登場シーンとか、ITのジムの正体露見シーンとか、もう口あんぐり開けたり、鳥肌たったり、ぐぐぐっと見入ってしまうほどなのですが、バスカビルのジョンが吸う毒ガスに関しては、シャーロックの砂糖に目を向かせるために伏線し過ぎて失敗してるかもしれない珍しい例ではないかと思います。偶然に頼るからか?

確かに、ミスリードが上手な作品ですよね!
ただ「原作ありき」のミスリードが多く、純粋にミステリとしてのカタルシスが得られる場面は少ないかもしれないですね。そんな偉そうに言えるほどミステリを知ってるわけではないですが……
そして、原語で観ても日本語で観ても結構いろんなとこを理解できてない私です……ううう。

> なんだかんだ言ってますが、じつは日本で放送済みエピソードで一番安心して見れるのはバスカビルだったりします。二人の仲良さがMAXに達してる感じがいいですよね。

そうですね。S1もS2も、まん中のエピソードにはターニング・ポイントが入らないので、二人の素というか、日常をのぞき見るような楽しさがありますね。平常時、とでもいいましょうか。ぜんぜん平和じゃないけど。

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

ご閲覧やRSS登録ありがとうございます!まだ廃墟じゃありませんよ~!亀の歩みですが、過去の振り返りも含めてのんびり元ネタ探し続けていきたいと思います。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura