最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探しをしております。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
ブリキの文書箱

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(事件の重要なネタバレ)リバティ

ヘンリーの記憶にあった言葉、「リバティ・イン」。
シャーロックの「マインド・パレス」では、アメリカのインディアナ州にある町リバティ、という結論に達しましたが、「リバティ」はホームズシリーズが掲載されたアメリカの雑誌の名前でもあります。

Wikipediaでホームズシリーズの作品名を検索すると、初出誌も出ています。

第一作・『緋色の研究』はイギリスの「ビートンのクリスマス年鑑」に発表されましたが、それほど人気は出なかったようです。
しかし、アメリカの「リピンコット・マガジン」という雑誌に目をつけられ、二作目の『四つの署名』が掲載されることになります。
続く第三作目にして初の短編、「ボヘミアの醜聞」以降の作品はすべてイギリスの「ストランド・マガジン」に載るのですが、「シャーロック・ホームズの帰還」に載っている作品あたりから、アメリカの「コリアーズ・ウィークリー」や「リバティ」にも掲載されているようです。

よく見ると、たまにアメリカの雑誌への掲載の方が「ストランド」より早いのもありますね。
なんか、いろんな「大人の事情」があったんでしょうね……

「リバティ」に掲載された作品は、「白面の兵士」「三破風館」「ショスコム荘」「隠居絵具屋」。
見落としがあったら申し訳ありません。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

エイプリルフール+イースター企画をお片付けしました。もう見つけるだけで肩がこる、悪い意味でおとなのイースターでしたが、眼精疲労にめげず遊んでくださった皆様、ありがとうございました。そしてお疲れ様でした!
本物のイースター同様、隠すのは楽しいけど片付けは面倒だった!!!どこかに片付け忘れた卵が残っていたら、お手数ですがコメント・リプライ・メールなどで教えていただけますでしょうか。


メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。