最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

(事件の重要なネタバレ)リバティ

ヘンリーの記憶にあった言葉、「リバティ・イン」。
シャーロックの「マインド・パレス」では、アメリカのインディアナ州にある町リバティ、という結論に達しましたが、「リバティ」はホームズシリーズが掲載されたアメリカの雑誌の名前でもあります。

Wikipediaでホームズシリーズの作品名を検索すると、初出誌も出ています。

第一作・『緋色の研究』はイギリスの「ビートンのクリスマス年鑑」に発表されましたが、それほど人気は出なかったようです。
しかし、アメリカの「リピンコット・マガジン」という雑誌に目をつけられ、二作目の『四つの署名』が掲載されることになります。
続く第三作目にして初の短編、「ボヘミアの醜聞」以降の作品はすべてイギリスの「ストランド・マガジン」に載るのですが、「シャーロック・ホームズの帰還」に載っている作品あたりから、アメリカの「コリアーズ・ウィークリー」や「リバティ」にも掲載されているようです。

よく見ると、たまにアメリカの雑誌への掲載の方が「ストランド」より早いのもありますね。
なんか、いろんな「大人の事情」があったんでしょうね……

「リバティ」に掲載された作品は、「白面の兵士」「三破風館」「ショスコム荘」「隠居絵具屋」。
見落としがあったら申し訳ありません。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスンがより好きです。

2017年エイプリル・フールお片付けしました。お付き合いありがとうございました!片付けきれてないところがあったらお知らせいただければありがたいです。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura