最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

ヴァチカンのカメオ

アイリーン宅にて、金庫を開くときシャーロックが「ヴァチカンのカメオ!」と叫びます。
するとジョンが姿勢を低くし、金庫から銃が発射される…

この場面、「SHERLOCK」ファンの間ではかなり以前からその「元ネタ」は何か?と話題になっていたようで、何度か「どう思われますか?」とお声をかけていただきました。こういう時、細々とですがブログを続けていてよかったと思います。ありがとうございました!

メールを下さった方々も看破されていますが、「ヴァチカンのカメオ」は「語られざる事件」の一つで、「バスカヴィル家の犬」に出てきます。

「(前略)当時の新聞でちょっと見ることは見たのですが、ヴァチカンのカメオ事件というちょっとした事件で忙しく、ローマ法王を何とか安心させてやりたいと一生懸命だったので、イギリスのおもしろそうな事件をいくつか取り逃がしてしまいました。(後略・延原謙訳)」


シャーロックはジョンに向かって言っているようなので、おそらく現代版ではこの事件が先に起こっていて、そこでジョンに「とっさの危険」を悟らせるような何かが起こったのでしょう。

シャーロックやジョンになったつもりで考えてみると、これは「ノーバリ」じゃないでしょうか。

「ワトスン君、これからさきもし僕が、自分の力を過信したり、事件にたいしてそれ相当の骨折りを惜しんだりするようなことがあったら、ひとこと僕の耳に、『ノーバリ』とささやいてくれたまえ。そうしてくれれば僕は非常にありがたい」(『黄いろい顔』延原謙訳)


要するに、ホームズとワトスンの間だけで通じる「合言葉」ですね。
シャーロックとジョンも二人だけの隠語らしき表現を使っています。

「ほら、6だ。7以下だったら僕がフラットを留守にしても意味がないって二人で決めたろ」(拙訳)



これはおそらく、事件の難易度を数値化したものです。
プールでジムと別れてからどれくらい時間が経ったかはわかりませんが、いつのまにか二人がこういう表現をするようになったということは、他にも合言葉ができたと考えてよいと思います。

ここからはただの屁理屈です。

もしシャーロックとジョンがローマ教皇庁に関わったとしたら、きっとトップシークレット扱いになりますよね。
ジョンが「ヴァチカンのカメオ」という題で記録を書いたものの、ブログでの発表を「取り下げる(withdraw)」ことになったとします。
そこから二人の間で「姿勢を低くしろ(Duck low)」というときの暗号をこの言葉にしよう,という了解が生まれた、という仮説も立てられなくはないんじゃないでしょうか。
日本語の「伏せる」という言葉からの発想なので、英語圏の人に似た感覚があるかどうか(『事実を伏せる』のと『体を伏せる』のに同じような言葉を使うかどうか)は怪しいですが……

まあこの「由来」はほんとに屁理屈ですので、普通に考えれば、アイリーンの金庫と似たような仕掛けが「ヴァチカンのカメオ事件」中に登場したのでしょう。しかし「ヴァチカンのカメオ」が合言葉として取り決められた言葉であるのは、ジョンの反応の速さからいって間違いないと思います。

原作で銃の仕掛けといえば「ソア橋」。
(製作者側の選択として)「ソア・ブリッジ!」を暗号にした方がわかりやすいだろう、というご意見が聞こえてくるようですが……そこはほら、アレですよ、「ヴァチカンのカメオ」のほうがかっこいいじゃないですか……(自信なさげな反論)ジョンの表現を借りれば「すごくジェームズ・ボンドっぽい(It was all very James Bond)」感じがしませんか?

図に乗って、元ネタ探しの枠を超えて妄想を語ってしまい申し訳ありません。
(あと今DVDを人に貸しているので、コメンタリーとかで正解が出てたらすみません…)
知性は枯渇しておりますが、妄想だけは潤沢にございます。

パスティーシュを持ち出すときりがないかもしれませんが、たまたま知っているものだけ挙げますと、ジューン・トムスンが「ヴァチカンのカメオ事件」をもとにしたお話を書いています。
金庫は登場しますが、銃の仕掛けはなかったです。
比較的新しいものではないかと思うのですが、こんなのも見つけました。

Murder in the Vatican~The Church Mysteries of Sherlock Holmes
by Ann Margaret Lewis


【追記:2013.5.16】別記事のコメント欄で以前取り上げましたが、その後、「実在する英国軍の符牒である」が主流になっているようです。
まだ裏付けが取れていないのですが、「ヴァチカンのカメオ」で検索してくださる方が大変多いこと、メールで何度かご指摘いただいていることから、有力な説として記事内に追記させていただきます。

【追記:2014.6.23】第3シリーズで「ヴァチカンのカメオ」の意味が明らかになりました。
【事件の重要なネタバレ】ヴァチカンのカメオ(S3編)
リンク先の記事では、第3シリーズ2話の謎解きの核心に触れております。未見の方はご注意ください。



関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- らいかみんぐ - 2012年07月31日 11:12:16

なるほど!「ノーバリ」とのアナロジー。記事を拝見してものすごーく納得致しました。withdrawとDuck lowの関連可能性についても、とても面白く拝見しました。解答が明示されていないがゆえに、由来があれこれ想像できる。突っ込みどころも満載なゆえに、話を数倍楽しめるのもホームズ物語の大いなる魅力ですね!

しかし恥をしのんで告白しますと、6だの7だのいう「合言葉」の方は、日本語版を見るまですっかり誤解しておりまして、”this is a six"だというのに、
「見ろ、6時だ。7時前に僕が出かけるなんて意味がない」だと思っていたのです。
その後ジョンが「8 じゃないか」とつぶやくやら、依頼人が部屋の中にいるやら、そうすると依頼人は超々早朝にやってきたのか?泊ったのか?もし泊ったならジョンは依頼を受けた後にダブリンへ行ったのか?なんて矛盾点で無駄に頭をかかえていたんです。まことに阿呆です。

私がかようなアホコメントをした時は、どうぞ「6」とだけご返信ください。そうしていただければ、非常にありがたく存じます。

語られたい事件 - XiXi - 2012年07月31日 23:49:35

ナツミさん、こんばんは。

twitterでこの記事とS1E2の記事(「高名な依頼人」に言及されていた記事です)にリンクさせていただきました。事後報告ですみませんが、差し障りがありましたらお知らせください。
秋に出版される書籍で「ヴァチカン・カメオ」の真相が明かされたら、うれしいようなさびしいような…我ながら、ファンは勝手気ままですね(苦笑)

>らいかみんぐさん
はじめまして、XiXiと申します。コメント欄にさえ文字色を変えてくださる一途さがすてきです! UK版DVDを鑑賞するとそういうお楽しみもあるのですね(失礼な・笑) S3は私も買っちゃおうかなUK版…でも他言語との邂逅はそんな悲喜劇にあふれてて、だから止められないんですよね!
エピソードのお披露目ありがとうございました(平伏)

私のノーバリ - ナツミ - 2012年08月01日 04:38:16

らいかみんぐ様

お優しいコメントありがとうございます…!

しかし、いやいやいや!「納得」のお言葉がいただけるほどでもないです!
らいかみんぐさんのマインドパレス(←これも、日本語でどう言うのか楽しみな言葉です)の中の「あれこれ」に放り込まれたがらくたの一つとして、軽く受け流してやってください。

そういう「ノーバリ」でしたら私も負けずにいっぱい持ってますよ!

もう数限りないですが、たとえばSherlockでいうと、シーズン1の2話で、診察室で居眠りしたジョンがサラに"It wasn't very professional"(プロらしくなかった)と謝罪をして、サラが短く"No"と返すんですが、二人共平気な顔をしている(あまつさえそのままデートの約束をする)ので、サラは「そんなことないわ」と慰めたと思い込んじゃったんですね。
そのままご指摘を受けるまで気づかなかったのですが、この場合サラは"No,it was not."(それはプロらしくない行為だった)と認めていますよね。

色まで変えてくださったらいかみんぐさんですから、平常時なら「時間だったらIt'sを使うであろう」とお考えなのですよね。それなのにふと「時間」が気になってしまったのは、おそらくシャーロックの斬新過ぎるファッションのせいで脳が非常事態対応モードに入り、無意識に「説明」を求めてしまったのでは、と推察致します!

「言葉の壁」って、基本的には単語や文法の取り違えですが、「こういう場ではこう言うだろう」とか「朝早い時間らしいな」みたいな個人レベルの「思い込み」や「観察」が壁の材料になることも多々ありますね。
きっと、こういうことって言語の違いに限らず、人間が一人以上存在すると誰でもどこでも起こってしまうことで、だからこそコミュニケーションって面白い!と思います。

というわけで私がアホな発言をした時は耳元ならぬコメント欄に……
だめだ、いっぱいあり過ぎて思いつかない!!

語られないブログが語られた! - ナツミ - 2012年08月01日 07:36:33

XiXiさん

差し障りなどとんでもない!一応ついてはいるものの、存在感のないことジョンのガールフレンドたちのごとし、のSNSボタン、使っていただいてありがとうございます!ツイッターでの団欒の肴にしていただければ光栄です。

そして、え~っ!秋にSherlockの本が出るんですか!? 
いいニュースをありがとうございます!
きっとアメリカの現代版ホームズもDVDになるでしょうし、こりゃ秋も英語と戦わなきゃだわ……

第3シーズンも今から楽しみですね!
日本語版とオリジナルだけでも、声のイメージがだいぶ違うようなので、いろんな言語で比べながら観賞するのも面白そうですね。みんなで楽しめたらうれしいです。

- anonymous - 2012年09月04日 16:53:42

ブログの記事を伏せたからというより、ローマ法王に敬意を表して頭を下げる・姿勢を低くするという連想では?
原作を見ていないので、ヴァチカンのカメオ事件というものを知りませんが、ローマ法王に関係する事件ならば、姿勢を低くするかなぁと思ったのですが。
通りすがりに少し思っただけです。支離滅裂でしたらごめんなさい。
しかも記事投稿からかなり時間が経っていました。今更ですね^^;
でもこのブログのおかげでスッキリしました。
ヴァチカンのカメオ、全く見当つかなかったので検索していたんです。

おお、なるほど! - ナツミ - 2012年09月04日 20:35:51

anonymous様
(名前欄にドキッとしました…)

> ローマ法王に敬意を表して頭を下げる・姿勢を低くするという連想では?

おおおお!説得力のある説をありがとうございます!
女王の灰皿を盗む人から「ローマ法王に敬意を表す」という発想が出てくるかはともかくとして、第三者が頭を下げるのを見ていての連想なら、ありえそうです!

> 原作を見ていないので、ヴァチカンのカメオ事件というものを知りませんが、ローマ法王に関係する事件ならば、姿勢を低くするかなぁと思ったのですが。

それがですね、原作にはこの記事に引用した以上のことは全く書かれていないんですよ~!
だからこそ、色々な想像ができて面白いのですが……

もちろん私も「投稿を取り下げた」が正解だとは全く思っていないので、スッキリしていただけるほどの記事ではないのですが、「正解」がでるかはともかくとして「どうしてこの言葉が使われたのか」とあれこれ考えるのは楽しいと思います。
その意を汲んで素敵なコメントをくださったこと、深く感謝しております!
そして、「今更」なんてことは全くないですよ!シャーロッキアンの皆さんは、原作に100年くらい遅れてる今もまだ議論してますからね……

また遊びにきていただけたら嬉しいです。

- こはく - 2012年09月15日 00:20:58

遅ればせながら、{バチカンのカメオ}について拝見させていただきました。
皆さんも疑問に思われてるんですね、ストーリーだけでなく、いろんな場面で楽しめるドラマで、何度も見返しています。今、日本のドラマ見ごたえのあるものがないので

我が家では、バチカンのカメオ=黄門様の印籠と解釈して、頭下げるって事なんだろうという結論になりました、世界のシャーロッキアンには、納得してもらえませんね(笑)

なんと的確な「翻訳」・・・! - ナツミ - 2012年09月15日 08:13:13

こはく様

コメントありがとうございます!
「バチカンのカメオ」、裏に潜んでいるストーリーを思わせて、想像力を刺激するエピソードですよね。"Sherlock"にはそういう要素がたくさんあって、何度見ても見飽きませんよね!

でも私は、シーズン2の放映頃から私事が重なってしまい、「何度も」と言えるほど視聴していないんです(涙)。もっと時間をかけて丁寧に見られたらなあ、といつも思っています。
ご覧になる中で、お気づきになったことなどあったら教えていただけたらうれしいです!


> 我が家では、バチカンのカメオ=黄門様の印籠と解釈して、頭下げるって事なんだろうという結論になりました、世界のシャーロッキアンには、納得してもらえませんね(笑)

ああ、権威の象徴として、似たような働きをするのかもしれません! 上にコメントくださったanonymousさんも「ローマ法王に敬意を表して頭を下げる・姿勢を低くするという連想」とおっしゃっていましたね。

こはくさんのおうちで"Sherlock"を観たら楽しそうですね!
私は一人暮らしの上に周囲に"Sherlock"ファンもいないのでうらやましいです。

- MOC - 2013年11月24日 22:08:37

はじめまして!
最近BBCシャーロックを見て面白すぎて一気に見終えました。
2-1の「ヴァチカンのカメオ」が気になって検索していたら、こちらにたどり着きました。
Urban Dictionaryにこのフレーズについて興味深い書き込みがあったので勝手ですが貼付けますね。


Vatican Cameos
'Vatican Cameos' is a phrase used in BBC's Sherlock when Sherlock is about to open Irene Adler's safe. The phrase first originated in World War 2. It was used when a non-military person, who was armed (gun or knife) entered a British military base. The phrase was a signal for everyone duck out of the line of fire. Sherlock knew that John, being a military man, would recognise this phrase and duck out of the way of the gun in the safe. It is not a code phrase which Sherlock and John coordinated as a safe word. Very clever, don't you think?
*Person walks into room with gun*
"Vatican Cameos"
*everyone ducks*

ワトソンは軍人だったので軍人の隠語として知っていたということでしょうか。そこにいたCIAにはバレない用語ってことはイギリス軍の隠語?ってことかな。

ついに来週本国でシーズン3放映ですね。楽しみすぎます!
それでは突然失礼しましたm(__)m

卵が先かニワトリが先か… - ナツミ - 2013年11月25日 22:03:55

MOCさま

はじめまして!コメントありがとうございます。
最近ファンになられたのですね!あまり時間を置かずにS3が見られるなんて、うらやましいです…!
そして、星の数ほどSHERLOCKのファンサイトがある中で、こんな辺境のブログによくぞたどり着いてくださいました!

Urban Dictionaryの情報、ありがとうございました。
「追記」でご紹介した「実在する軍隊の符牒」説ですね。これ、ソースはあるのかな…?
もし第二次世界大戦中に実在したのであれば、果たして英国軍はどこからこの言葉を持って来たのでしょう。ホームズだったら面白いですよね。ちょっとしたパラドックスみたいで…

やはりこの説が有力ということで、この記事は検索で来て下さる方にとって紛らわしいから下げた方がいいのかな…?とも思ったのですが、正解を探すというよりは妄想を楽しむのが目的のブログなので、「二人の合言葉」説も一つの妄想として残させていただければと思います。
といってもやはり真相は知りたいですし、辺境とはいえネット上にある限りはある程度の正確さも問われると思いますので、わかったことは追記していきたいと思います。MOCさま、ご存知の方、引き続き情報をいただければ幸いです!

> ついに来週本国でシーズン3放映ですね。楽しみすぎます!

あれ、そうですか!?12月15日にロンドンで第3シリーズ1話のプレミアがあると聞いていたので、それ以降かと思っていたのですが…来年1月19日にアメリカのPBSで放送があるのは確実みたいですね。
いずれにしても、わくわくしますよね!!ご一緒にS3を楽しめたらうれしいです!

ヴァチカンのカメオ、再び。 - MOC - 2014年01月07日 17:36:14

コメントへの返信ありがとうございます!

> もし第二次世界大戦中に実在したのであれば、果たして英国軍はどこからこの言葉を持って来たのでしょう。ホームズだったら面白いですよね。ちょっとしたパラドックスみたいで…

ほんとですね!ミステリー(笑)

今シーズン3見てるんですが、第二話でまた「ヴァチカンのカメオ!」という台詞が出てきましたよ!
もう使われないと思ってたのでなんだか嬉しかったです。
「おっシャーロックが暗に危険を知らせてるぞ」と見てて理解できたのも、秘密を知ってるみたいで微妙に嬉しかったです。(^^)
しかし今回は「伏せろ!」という意味ではなかったので、漠然と危機迫る危険ほ知らせる暗号のようにも思えました。


楽しみすぎてプレミアを放送開始と間違ってました失礼しましたm(__)m

再び!? - ナツミ - 2014年01月08日 06:36:38

MOCさま

わ-い、再度のコメントありがとうございます!

> 今シーズン3見てるんですが、第二話でまた「ヴァチカンのカメオ!」という台詞が出てきましたよ!
> もう使われないと思ってたのでなんだか嬉しかったです。
> 「おっシャーロックが暗に危険を知らせてるぞ」と見てて理解できたのも、秘密を知ってるみたいで微妙に嬉しかったです。(^^)
> しかし今回は「伏せろ!」という意味ではなかったので、漠然と危機迫る危険ほ知らせる暗号のようにも思えました。

おお、そうなのですね!
だとしたら、あの時とっさに伏せたジョンの判断力はさすがですね~。

> 楽しみすぎてプレミアを放送開始と間違ってました失礼しましたm(__)m

いえいえ、大丈夫です!楽しみすぎるお気持ちは、私も含め、たぶん読んでくださってる方全員に共通ですから!第3シリーズの元ネタ話も、ご一緒に楽しめたらうれしいです。

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

ご閲覧やRSS登録ありがとうございます!まだ廃墟じゃありませんよ~!亀の歩みですが、過去の振り返りも含めてのんびり元ネタ探し続けていきたいと思います。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura