最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

活躍と報酬

ますます名声を勝ち取っていくシャーロック(本人はそれを望んでもいないようですが)。
第3話冒頭では、その様子が描かれます。

まず、オークションハウスから盗まれたターナーの名画・The great falls of the Reichenbach(ライヘンバッハの滝)を奪還。

(ごく個人的な考えなんですが、この絵の構図は物語ラストのトリックを考える上で参考にされたのではないかと思っています。『ラストのトリック』が種明かしされるまではなんともいえないですが…)

この事件の記念と言うか、解決のお礼にもらったのが「ダイヤモンドのカフリンクス」。
シャーロックは「僕のカフスには全部ボタンがついてるのに」とどうでもよさそうです。

そういえば、周りにカフリンクスをしている若い男の人を見ないような気がする…私が男の人の袖口にあまり注目していないだけでしょうか?
袖口と言えば、原作では、ホームズやモーティマー医師がカフスにメモをとっている場面が印象的です。(『海軍条約文書事件』、『バスカヴィル家の犬』)ある程度のりをきかせた固いカフでないと文字は書きにくいと思うので、もしそれが当時のスタンダードだとしたら、ボタンよりもカフリンクスを使って留めたほうがよかったんでしょうね。

そして、銀行家誘拐事件の解決。
この事件のお礼はネクタイピン。ネクタイをしないシャーロックは、またも無関心。

原作では「ブルース・パティントン設計書」で、ウィンザー宮殿でエメラルドのネクタイピンを賜っています。
過去記事に引用がありますので、よかったらごらんください。ちなみにちゃんと着けてます。

また、インターポールが長年マークしていた男、ピーター・リコレッティの逮捕に貢献。
この名前は「マスグレーヴ家の儀式」でちょっと触れられる「語られざる事件」、「蟹足のリコレッティとその憎むべき事件」からですね。(どうでもいい話ですが、『蟹足のリコレッティ』っておいしそうだといつも思ってる私…洒落たイタリア料理屋さんのメニューにありそうな気がしてなりません)

この時の「ごほうび」は、ヤードの面々がお金を出し合ってプレゼントしてくれた「マイ鹿撃ち帽」(←『マイバッグ』『マイボール』と同じ発音で読んで下さい)。これにはシャーロックも思わず苦笑。
何だかんだ言いながらも、ジョンがタブロイド紙につけられた自分のあだ名に怒ってる間、ずっと鹿撃ち帽と戯れているシャーロックが可愛らしいです。



関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- らいかみんぐ - 2012年06月25日 08:50:39

いやびっくり。ターナーの滝の絵、実在だったんですね。
失われたフェルメール的なフィクションだと思い込んでおりました。
またあの構図は....確かに意味深ですねえ。やっぱり私は見ていても観察していないわけで、反省しつつナツミさんの慧眼に敬礼。

そしてカフリンクス。今時の日本で、そこらの若いあんちゃんがつけてると「なーにを気取りやがって、コンチクショウ」という感じですが、適度に円熟した方なら素敵だと思います。

もともとシャツは上流階級の服で、襟と袖口はひんぱんに取り替えるもの。ビジネスマン仕様となった20世紀から、着やすくて動きやすい柔らかな袖口に変わり、それに伴いボタンどめがスタンダード化したとのこと。
バリバリに固い襟(と袖)は、エリザベス1世やらザビエルやらの時代の名残なんですね。それがいまじゃ、猫や小鳥の手術後ケア用品。

ところで2期第1話のラスト近く、マイクロフトが原作ホームズ流に、袖口にメモする場面があります。画面は切れちゃってるので映ってませんが(ダメじゃん)。
しかしたとえ意味があろうがなかろうが、可能な限り原作を映像に取り込もうとしているスタッフの執念...というか、オタクゴコロを感じます。

どうでもいい話ですが、" off the cuff = 即興で” は演説時に袖口に要点をメモったことから来た熟語ですって。ほほう。ホームズのおかげでいっこ覚えました。

マイクロフト~! - ナツミ - 2012年06月25日 22:17:03

ほ、ほんとだ~!
画面では見えないけどコメンタリーつきバージョンで観るとわかるんですね!
慧眼どころかコメンタリーもちゃんと聞いてなくてすみません。とりあえず面倒くさがらずに再生するとこから始めます…!

ターナーの絵のこと、前から知ってたかのように書いてますが、検索してみたら普通に出てきて、自分で検索しておいて大変驚いた私です。美術の知識(も)限りなくゼロに近いです、はい。
あの構図の意味深さ、共感していただけたでしょうか!らいかみんぐさんはわたしよりずっと前から例のトリックを深くご考察なさっていたので、そう言っていただけて大変心強いです。

ところで「猫や小鳥の術後ケア用品」はエリザベスカラーっていうんですね!
うちで飼ってた犬が似たようなものをつけられた時は家族に「衛星放送のアンテナ」って呼ばれてたものですが、そんな典雅な名前があったとは、勉強になりました…!

off the cuffという表現も初めて知りました!原稿を書く暇がなくて、袖口に要点だけさっと書いてスピーチに臨む、という感じでしょうか。
それにしても「紙じゃないものに字を書く」って行為は、私にはちょっとした驚きです。ギブスの上に卑猥なメッセージを書いたりとかもしますよね(卑猥なのは私の友人関係だけだったらすみません)。取り替えるものなら紙と同じって感覚なんでしょうか。

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

ご閲覧やRSS登録ありがとうございます!まだ廃墟じゃありませんよ~!亀の歩みですが、過去の振り返りも含めてのんびり元ネタ探し続けていきたいと思います。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。