最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

ジムの来訪

シャーロックが勧めた椅子を断って、窓を背にした椅子に腰を下ろすジム。

実は、当ブログでも「221bの椅子の位置」が話題になったことがありました。
「マイクロフトのメール」という記事のコメント欄をごらんください。

RMさんが
「BBC版でもグラナダ版でも、ワトスンとホームズが座る椅子の位置関係は同じですね。ホームズ(シャーロック)は表通りを背にして、ワトスン(ジョン)は通りの方を向いて、二人は暖炉をはさんでほぼ対称の位置」
というコメントをくださっています。
対して私(ナツミ)が
「窓を背にした人には後光のように光が当たって姿が神秘的に浮かび上がるので、話に説得力が生まれやすいそうなんです。、見る側の人にとっても、対光反射で瞳孔が収縮することで、リラックスし、信じやすくなるという効果があるそうです。」と、のんきに考察していますが、ホームズが窓側に座ると決めていることは、ちゃんと原作に書かれていました!

私は窓に背を向けて坐り、客には光りを正面から受けるように、その反対がわの椅子をすすめる習慣だった。(『白面の兵士』延原謙訳)


たった一文の記述ですが、グラナダ版も現代版も、これをもとにしていたんですね!
観察力不足で申し訳ありませんでした。

ホームズが窓側に坐る理由ですが、原作から読み取れる限りでは、単に「相手の反応がよく見えるように(または、自分の表情を読み取られにくくするために)」なのかもしれません。

しかし、心理的に相手の優位に立つ効果(『後光効果』と言われるそうです)も、経験からわかっていたのではないでしょうか。もちろん、シャーロックとジムは熟知していると思われます。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

おお、これは!(いや、考え過ぎか?) - RM - 2012年06月28日 21:35:28

なるほど、原作に椅子の配置も書かれているのですね!

>(または、自分の表情を読み取られにくくするために)

これを読んで思い出したのが「第二の汚点」のヒルダ・トリローニ・ホープ夫人です。

「『それに見おとしてならないのは、光線をうしろから受ける席を、巧みに選んだことだ。表情を読みとられたくなかったのだぜ』」(延原 謙訳)

ジムが「シャーロックが勧めた椅子を断って、窓を背にした椅子に腰を下ろ」したのは、ここからでしょうか?でもヒルダ夫人とジムじゃ、立場がちょっと違いすぎるでしょうか。

無駄にコメントを重ねるワタクシです。 - RM - 2012年06月28日 21:44:51

>ジムが「シャーロックが勧めた椅子を断って、窓を背にした椅子に腰を下ろ」したのは、ここからでしょうか?でもヒルダ夫人とジムじゃ、立場がちょっと違いすぎるでしょうか。

と書きましたが、これは「元ネタと考えるには、二人の立場が違いすぎるでしょうか」、ということです。こう書いて不安になりましたが、勧めた椅子を断る人は原典にたくさん出てくるのでしょうか。うわあ、原典をちゃんと読んでいない私が元ネタをさがそうというのが、そもそも間違いのような気がします。ハンセイ。

うわぁ!! - ナツミ - 2012年06月29日 06:09:59

ありがとうございます!
つまりシャーロック・ジムそれぞれの行動に「元ネタ」があるんですね!
短くてセリフもない、ちょっとした動きなのに、なんとマニアックなドラマ!!

原作の時代から、ホームズだけではなくさまざまな人が「座る位置と光の関係」を気にかけていたんだなあ…!
ホープ夫人の場合は、職業的な経験ではなく、きっと身分の高い女性としての経験からそれを知っていたのでしょうね。さすがです…!!

私の「元ネタ探し」は脳内検索に負うところが多く、抜けているところもいっぱいあると思います。自分ではわからなかったところや、思いつきもしなかったことをコメント欄やメールで教えていただけると、ブログを始めて本当によかった!と思います。

この二人の行動を「原作に元ネタがある」という前提で捉えなくてもいいと思うのです。
でも原作との関連性を「わざわざ」見出すのがこのブログの主眼で、正確な答えをみつけることや便利なリファレンスを作ることを目的にするのではなく、探す過程を楽しむ場にできたらいいなあ、と思っております。
そこから派生するホームズとは直接関係のない話題も、楽しませていただいております。

原作を読み込んでいる方や、現代版に興味のある方であってもなくても、お気軽に遊びにきていただけたらうれしいです!

そして最近気になっているのが「他のホームズ映像化作品との関連」です。
たとえば「滝の絵」は、グラナダテレビ版のホームズの部屋にもありましたよね。
RMさんのブログによるとあれは版画ということでしたが、誰の作品なのか、ドラマ用に特に作られたものなのか。いずれにしても、原作よりむしろグラナダ版を思い出す場面が複数あります。グラナダ版以外の映画やドラマの影響もきっとあるでしょう。過去の作品をできるだけたくさん見てみたいなあと思います。


それでは楽しくグラナダ版の話をいたします - RM - 2012年06月29日 22:11:45

>でも原作との関連性を「わざわざ」見出すのがこのブログの主眼で、正確な答えをみつけることや便利なリファレンスを作ることを目的にするのではなく、探す過程を楽しむ場にできたらいいなあ、と思っております。

なるほど、それなら私でも大丈夫ですね!実を言えば今回あげた「第二の汚点」も原典を読んで覚えていたのではなく、レディ・ヒルダが窓際に歩いていくグラナダ版での映像が思い浮かんだのです。ここでは椅子にすわらず、たったままでした。というわけで私は今後もグラナダ版一筋で行きます!

>たとえば「滝の絵」は、グラナダテレビ版のホームズの部屋にもありましたよね。
RMさんのブログによるとあれは版画ということでしたが、誰の作品なのか、ドラマ用に特に作られたものなのか。

いえ、版画と書いたのはゴードン将軍の絵の方で、それも「版画ではないか」という推測なんです。考えてみればあれが版画でなければ、あの絵が同じ日に221Bにもワトスンの書斎にもあったことに関する私の推理は、もろくも崩れ去るのでした。

>いずれにしても、原作よりむしろグラナダ版を思い出す場面が複数あります。

おお、ナツミさんもそうなんですか!私は原作をちゃんと読んでいないから、グラナダ版にひきつけてしまうのかと思っていました。

グラナダ版で暖炉の上にかけられている「滝の絵」について、調子に乗って少し。よく似たパジェットの絵があるのですが、よくみくらべると同じではないのです。この絵です。
http://www.sherlock-holmes.com/collect.htm#reich

グラナダ版で使われているのは、こちらです。このページにあるのは、William Henry Bartlettの絵を元に1835年に刷られた版画のようです。
http://www.vintage-views.com/upper-cascade-of-the-reichenbach-canton-bern-in-switzerland-1835-swiss-view.html
透かしなしの画像はこちらです。
http://www.ancestryimages.com/proddetail.php?prod=g7580

わーん - RM - 2012年06月29日 22:15:51

また間違えました(ううう)。

透かし無しの画像は、こちらです。
http://www.vintage-views.com/popup_image.php?type=D&id=53892&title=UPPER%20CASCADE%20OF%20THE%20REICHENBACH%2CCANTON%20BERN%20IN%20SWITZERLAND%2C1835%20Swiss%20View&area=C

最後のリンク先は、版画に彩色をほどこしたもの。でも暖炉の上の絵には彩色はほどこされていませんでした。

うれしいです! - ナツミ - 2012年06月30日 09:00:28

グラナダ版のお話ありがとうございます!
大好きなグラナダ版ですが、膨大な量があることもあり、RMさんほどじっくり観られていないと思うので、私が「グラナダ」とタイプした時点で半分くらいは「助けてRMさん~」という意味になっているような気がします(のび太か!)

読んでくださっている方へ。RMさんのブログ「Jeremyのことが知りたくて」には、RMさんのお名前や右側の「リンク」コーナーから行けますよ!
ホームズを演じるジェレミー・ブレットなど、役者さんの話題に留まらず、ドラマの舞台裏のお話なども楽しむことができます。グラナダ版「滝の絵」の記事はこちらです。

http://upwardjb.blog112.fc2.com/blog-date-201205.html

上のコメントでRMさんがおっしゃっている「ゴードン将軍」の版画(である可能性がとても高いと思います)の記事はこちら。

http://upwardjb.blog112.fc2.com/blog-entry-287.html

そして、グラナダ版の「滝の絵」も、ドラマ用に作られたものではなく、もともとあったものだったのですね!
パジェットの絵は「後年」のワトスンの記録の挿絵用に描かれたものだから、221Bにあるのは適当ではないと判断されたのでしょうか。1835年の版画なら、221Bに飾られていてもおかしくないですものね。(考え過ぎかもしれませんが、グラナダ版のスタッフはそういうことにこだわりそうだ…)


それにしても、つくづく私は美術の教養がないなあ、と思ってしまいます。
ホームズの大好きな音楽もまた、よく知らないのです。現代版でもシャーロックはバイオリンを弾くし、ジムも音楽がとても好きみたい。彼らの教養の高さには一生追いつけないと思いますが、「ホームズ」に出てきた美術や音楽だけでも触れてみたいなあと思います。

ジャズピアノだったりして? - RM - 2012年07月01日 22:50:38

ブログを紹介して下さって、どうもありがとうございました!

>ジムも音楽がとても好きみたい。

え、そうなんですか!読んだ瞬間にシャーロックとジムが一緒に演奏する姿を思い浮かべましたが、まあそれはないでしょうね?(ってジムは何を演奏するんでしょう。バイオリンと一緒にということならピアノで、「バイオリンソナタ」?でもジムがそれで納得するかなあ?とここまで書いて、クラシックと思い込んでいる私はつくづく「古典的」人間だなあと思いました。)

モリアーティと音楽 - ナツミ - 2012年07月02日 06:17:26

ではここで言ってしまうより、来月初めのNHKでの放映を楽しみにしていただいたほうがいいですね!

最近の作品では、昨年12月公開のガイ・リッチーの映画でも、モリアーティーが出てくる場面では音楽が印象的に使われていました。(原作の時代の設定ですから、もちろん『クラシック』音楽です。)
原作のモリアーティが音楽好きだったかどうかはちょっとわからないのですが、彼は数学の教授ですよね。
学生のころ、音楽の試験を受けて「まるで数学だ!」と思ったものです。音楽の美しさを突き詰めていくと、数学の美しさに似ているのかもしれません。

モリアーティのことはまたゆっくりお話したいのですが、音楽の話が出たついでに。
「モリアーティ」というバンドがあるんですね。
http://www.plankton.co.jp/moriarty/index.html

ベース担当が、スペル違いですがZim Moriartyという方。
バンド名の由来の一つにも「ホームズ」のモリアーティがあるようです。現代版のジムの設定の際はこのバンドの存在も意識されたのかもしれません。(今のところコメンタリーなどの付随情報を聞かずにお話しているので、もし既にドラマの関係者が言及していたら教えていただければありがたいです!)

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスンがより好きです。

2017年エイプリル・フールお片付けしました。お付き合いありがとうございました!片付けきれてないところがあったらお知らせいただければありがたいです。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura