最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

割れ鍋に綴じ蓋?

事件がないことにイライラして(煙草やら、お茶より7パーセント強いものやらがないことへのイライラも募ってるようですが…)、ジョンに新聞を漁らせるシャーロック。「ブルース・パティントン設計書」の冒頭の場面が似ているような気がします。

(前略)ありあまる精力をもてあまして、つめをかんでみたり家具をたたいてみたり、無為にいらだって、部屋のなかをせかせかと歩きまわっていた。
「新聞にも面白いことは出ていないだろうね、ワトスン君?」
ホームズが面白いことといえば、犯罪事件の面白いのにきまっているのだ。新聞には革命のニュース、戦争の可能性、政権の交代のせまっていることなど、いろいろ出ているけれども、そんなのはホームズの眼中にないのである。といって犯罪事件としてはみんな平凡でつまらないものしか見当たらない。ホームズは嘆声をもらして、なおも歩きつづけた。(延原謙訳)


シャーロックも、クーデターや内閣改造には興味がないようです。
また、ジョンの穏やかで単純であまり使われない(←ひどい)知性がうらやましい、というシャーロック。

「僕のはまるでエンジンだ、回りだしたらまるで制御が利かない。それもロケットのだ。発射台に縛り付けられたままじゃ、空転して砕け散ってしまう。事件が必要なんだ」(拙訳)


この台詞は「ウィステリア荘」からですね。

「僕の知性は空転するエンジンみたいなものだ。仕事をさせるために制作されたのに、その仕事が与えられなかったら、破裂してこなごなになってしまう。(延原謙訳)」


また、ジョンはシャーロックの禁煙(及び『お茶より7%強いもの』断ち)に協力しているようですが、ワトスンもホームズにコカインを止めさせています。

ちかごろ私たちはすっかり退屈しきっていた。ホームズは異常に頭脳が活動的な男で、しばらくでも考える材料のないままにしておくのは、危険であるのを経験上知っていたから、私はこの無為の期間というのがはなはだ怖ろしいのである。その輝かしい経歴をいちどはおびやかしかけた麻薬嗜好の悪癖を、私は何年もかかって徐々に捨てさせた。いまでは普通の状態では、もはや彼もこの人為の刺激を求めようとはしなくなったが、それでも根治したわけではなく、邪念が休眠状態に入っているだけなのはよくわかっている。こうした退屈な時期にホームズが苦行僧めいた顔をしかめ、落ち窪んだ測りがたい両目をくもらせているのを見ると、眼をさますのも近いかとひやひやさせられるのである。(『スリークォーターの失踪』延原謙訳)


もう友人というより、主治医というかお母さんというか…
一人の人間を麻薬依存から立ち直らせるというのは、並大抵のことではないですよね。
ホームズへの友情はもちろんのこと、ワトスンの医師としての使命感も大きく働いていたんじゃないかと思います。

ホームズはあまり他人の意見を気にしない人のようにも見えますが、ワトスンに気にかけられて面倒をみられるのは心地よく感じていたふしがあります。
「ライゲートの大地主」では、ワトスンはリヨンで過労のため倒れたホームズのもとに(電報を受け取ってから24時間以内に)駆けつけ、3日後にはベーカー街に連れ帰り、1週間しないうちに(ホームズをうまく説得するというハードルを乗り越えて)アフガニスタン時代の「ホームズが親しくなれそうな」知人のところに療養に連れ出す、という手際の良さを見せています。転地療養に入ってからも、ホームズが犯罪捜査に興味をひかれそうになると、医師として諌めていますが、ホームズも、現地の警察が協力依頼にくるまでは、おとなしくワトスンの言うことを聞いていたようです。

「瀕死の探偵」にも、

私としてはホームズの非凡な才能にふかく敬意を抱いていたから、その意思にはわかってもわからなくても、けっして逆らったことがなかった。しかしこの場合は職業本能から黙ってはいられない。ほかの場所でならとにかく、病室では私のいうことに従うべきだろう。(延原謙訳)


というワトスンの記述がありますし、ホームズの方でも

「よくそんなことがきけたものだな。僕が医者としての君の才能を、それほど見くびっているとでも思うのかい?いくらか弱っているとはいっても、脈も熱もあがっていないものを、死にかかっている男だなんて、明敏な君が承知するはずがないじゃないか。(後略・延原謙訳)」


と、ワトスンの医師としての手腕に一応信頼を置いている様子です。

犯罪捜査に関しては、ワトスンは「わかってもわからなくても」ホームズを全面的に信頼し、健康のことでは、ホームズは子どものようにワトスンに頼る。
相手よりも知性の働きが鈍いことを気にしたり、精神の不安定を恥じたりすることはないようです(二人の関係は時代によって微妙に変わっていきますし、お互いにまったく遺恨がないわけではないようですが)。
今さら言うのもなんですが、相手の美点を生かし合っている「いいコンビ」なのだなあ、とあらためて感じます。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

わーん、いいなあ - RM - 2012年06月09日 18:44:03

原典を読んでいない私の知らないホームズとワトスンの姿に、胸キュンです(って、これも死語ですね!)

>犯罪捜査に関しては、ワトスンは「わかってもわからなくても」ホームズを全面的に信頼し、健康のことでは、ホームズは子どものようにワトスンに頼る。
相手よりも知性の働きが鈍いことを気にしたり、精神の不安定を恥じたりすることはないようです。

いいなあ。ますます好きになりました。

シャーロックとジョンは、その域に達するにはもう少し時間が必要ですか?第二シーズンの二人はどんなだったのでしょう。『お茶より7%強いもの』って何でしょう。お酒じゃないだろうし、まさかそのものズバリってことはないですよね?

胸キュンありがとうございます! - ナツミ - 2012年06月10日 05:05:47

足りない部分を補い合う関係、バディものの定番ではありますが、やはりいいですよね!

>シャーロックとジョンは、その域に達するにはもう少し時間が必要ですか?

どうでしょうね?私には、二人の間には既にかなりの信頼関係があるように思えるのですが・・・

「緋色の研究」によると、同居開始当初はホームズの方がワトスンを気遣って、仲良くなった後では考えられないような「もの静かで、起居とも規則的」な生活をしていたようです。
一緒に冒険をするようになってから、だんだん本性?が表れてきたようですが、飾らない自分を見せられるようになって初めて信頼関係が生まれるものかもしれませんね。

現代版はというと、第1シリーズの2話冒頭で、おとなしく部屋で本を読んでいるシャーロックは今よりいくらか「もの静か」に見えるかも・・・
でも全体的には、原作に比べてシャーロックは奇矯なところが、ジョンは抑制的なところが強調されていて、その分早めに二人の役割が安定したように思います。


『お茶より7%強いもの』は、そのものズバリなんじゃないかと私は思います。
第1シリーズでも仄めかされていますし・・・でも、はっきりと言及されてはいませんね。
この2件に関しては、第2シリーズをごらんになったのちにも、あらためてお話できたら嬉しいです!

- らいかみんぐ - 2012年06月10日 21:17:52

そうか。「とじぶた」は「綴じ蓋」なんですねえ。おのれの国語能力を嘆きつつ、辞書をひいてしまいました。

綴じ蓋は、語意から言えば、ばらばらになったものを修繕して固め合わせた蓋。
これまで文字を意識したこともなかったけれど、ナツミさんの記事を読んで、あらためてとっくり眺めています。

シャーロックの鍋は、岡本太郎画伯もびっくりの、縄文・火焔土器なみにフリーダムな形状で、とても蓋のしようがないシロモノだと思うんですが、戦場を経由して一度ばらばらに壊れかけたジョンを修理して、再構成してみたら、あら不思議!
あの名状しがたい爆発型曲線にも、ぴったりの蓋ができちゃった!

私もRMさんと同じく、やっぱり胸キュンです。

はい...確かに胸はキュン...キュンキュンしてますのに、なぜか頭の中ではジャストフィットの蓋付き火焔土器が、中身がこぼれる心配もなくなって、縦横無尽に転げまわってます。「推理は爆発だー!」

ああ、なんだかやっぱり、また間違えた道に迷いこんでしまったような...うーん。ゴメンナサイ。


割れ鍋大暴れ! - ナツミ - 2012年06月10日 22:36:49

いや、爆発しないで料理してくれよ!とツッコミつつ大笑い。
やたら転げまわってみたり、チベットに行っちゃったり、なんて面倒な鍋だ!

実は私も、変換してみて「あれ?」と思い(←『閉じ蓋』だと思ってた)、辞書をひいちゃいました。タイプだったからよかったものの、手書きだったら完全に間違えてました。便利な世の中でよかったです・・・

ついでにいうと、「どんな人にも合う相手がいる」という意味と「何においても似通ったもの同士がよい」という意味があるそうです。(ホームズとワトスンは似てないけど)
私は「互いに欠点のある同士でお似合い」みたいに捉えていて、微妙に間違っていたかも・・・。

ちなみに、英語では"Every Jack has his Jill"だそうです。
グラナダ版、リッチー版など振り返ると、まさに"Every Sherlock has his John"ですよね。どこを取り替えてもうまくいかなそうな気がします。いや待て、RDJのホームズと現代版ジョンとか、面白い組み合わせか?
意外とナイジェル・ブルースが誰とでも仲良くやるかも、なんて、考えると楽しいですね!
どうでもいいですが、もしあらゆるホームズとワトスンが集まって慰安旅行に行くことになったら多分幹事はジュード・ロウワトスン、というのが、誰も聞いてくれない私の持論です。

それにしても戦場を経由して一度ばらばらになったジョンがぴったりの蓋に、というのは深いお言葉ですね!厄介な鍋が爆発しないように頑張って!

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

ご閲覧やRSS登録ありがとうございます!まだ廃墟じゃありませんよ~!亀の歩みですが、過去の振り返りも含めてのんびり元ネタ探し続けていきたいと思います。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。