最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

騒ぎの起こし方

アイリーン・アドラー宅への侵入を図るシャーロックとジョン。
二人の(いや、シャーロックの)作戦は、シャーロックが暴漢に襲われたふりをして助けを求めるというもの。
原作でも基本的に同じなんですが、ホームズはちょこっと工夫してた…

「喧嘩のはじまったとき、手のなかに紅の溶かしたのを隠していてね、とびこんで倒れるなり、その手で顔を押えてみせたのさ。ふるい術(て)だ」(延原謙訳)


19世紀でも「古い手」と言うくらいなので、同じような手を21世紀に使ったら明敏なアイリーンにあやしまれる怖れがあったのかもしれませんが、ヴィクトリア朝の紳士と現代の若者では、「顔に怪我をする」ということへの抵抗感も違うのかな?

また、問題の写真を見つけ出す方法も、原作と現代版で同じです。

「(前略)女というものは、自家が火事と知ったとたんに、いちばん大切にしているもののところへとんでいく本能がある。これはどうにも制しきれぬ衝動で、僕はたびたびこいつを利用したことがある。(中略)人妻なら、何は置いても赤ン坊を抱き上げるし、さもなければまず宝石類だ。(後略・延原謙訳)」


というわけでワトスンが発煙筒(※作中では『配管工の使う煙花火』と呼ばれてます)を使って「火事だッ」と叫びます。
この「火事だッ」の効果は凄まじいらしく、「ノーウッドの建築士」でも同じ手が使われていますね。
火事で大事なものを失う、という恐怖は、昔も今も変わりません。
ちなみに有名なロンドン大火は1666年。

「ボヘミアの醜聞」事件が起こったのは1888年3月。Wikiの"List of fires"(火災の年表)によると、前年の1887年にはパリのオペラ座や、デボン州のロイヤル・エクセター劇場で火災が起きて、200名前後が死亡しているんですね。
元、ワルシャワ帝室オペラのプリマドンナで、ミラノのスカラ座にも出演していたアイリーンが、この火災に無関心だったとは思えません。
そういった人間の心理を突いたホームズの狡猾さは流石ですが、結果的にはアイリーンに出し抜かれてしまったことに、ちょっとだけざまあみろ、とも思ってしまいます。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- だい - 2012年06月03日 12:05:13

それにしても古い手って、どのくらい前から在るのでしょうね、人間の考える事って大体決まっているのでしょうね〜。

 >そういった人間の心理を突いたホームズの狡猾さは流石ですが、結果的にはアイリーンに出し抜かれてしまったことに、ちょっとだけざまあみろ、とも思ってしまいます。


ふふ、シャーロック派としては残念ですが、私もちょっとざまあみろ。と思っちゃいました。たまにはいい薬です。

完璧じゃないけど・・・ - ナツミ - 2012年06月03日 16:37:24

そうですよね、どのくらい前からあるんでしょう。ホームズ以前の小説などでこの方法を見つけた方はぜひお知らせください!

>人間の考える事って大体決まっているのでしょうね〜。

本当にそうですね。私たちにとってはホームズが「昔の人」だけど、ホームズもよく聖書など先人の言葉を引用して、目の前で起こったことと比べていますね。どの時代の人にも、皆に同じような実感があるんでしょうね。

>たまにはいい薬です。

シャーロック派のだいさんにそう思っていただけてよかった!
ホームズは法律をまげても自分の正義のために動こうとする人だから、「正義」の基準が明確でなくて、どうしても時々ぶれたり矛盾が生まれたりするんですよね。
そして、自信満々過ぎて隙を突かれちゃうことも結構あったり。
そんな欠点もまた、ホームズの魅力なのかもしれません。

- らいかみんぐ - 2012年06月05日 13:37:06

相手をだますあの手この手。古いといえばイソップ寓話などいかがでしょう。とりあえず基本が紀元前6世紀らしいので。

■連想1
オオカミが羊の皮をかぶって変装し牧場に潜り込む...けど、牧場主に本物の羊と間違えられ、ピックアップされて、夕食材料になっちゃった。

■連想2
オオカミに出会って絶体絶命のロバ。とっさに策を講じる
「足にトゲが刺さったので抜いてください。そうすれば君も口にトゲが刺さらないでしょう」
で、ひづめを調べようとした間抜けなオオカミを思い切り蹴飛ばして、歯を全部折っちゃった。

どっちもあわれなオオカミに、ついシャーロックのイメージがかぶります(ごめんなさい)。
アドラー女史は、さしづめ女狐でしょうが、キツネの方が世慣れしている分有利そう。
A Scandal In Belgravia では、さらにムジナやイタチも加わって、妖怪大戦争という雰囲気です。
しかし化け物軍団の真っただ中にありながら、あくまで一般人のスタンスを崩さないジョン最強!

紀元前6世紀!? - ナツミ - 2012年06月05日 20:47:32

イソップ寓話って、そんなに古いんですか!
とりあえずいつものwiki先生を…
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%BD%E3%83%83%E3%83%97%E5%AF%93%E8%A9%B1

「うさぎとかめ」とか「すっぱいぶどう」とかは今でも普通に引用しますし、色々な国の人に通じますよね。
まさに「人間の考えることは同じ」の王道ですね。

そして確かにシャーロック、オオカミっぽいですね・・・むやみに強いがあまり世慣れていないオオカミに、どういうわけか懐かれているジョン・・・

そして、ムジナとイタチがそれぞれ誰だかなんとなくわかってしまったんですが、あえてコメントを控えさせていただきます。

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

『高名の依頼人』のこと書きましたが、6月24日までグラナダ版がGYAOで無料で観られるそうです。
こちら

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura