最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビリーは二人いる

ヘンリーの家の近くに宿をとった二人。
ヘンリーの家は十分大きそうなのに、原作のように自宅に泊めてもらわないのはなぜでしょう。
まあ、探偵だからって簡単に信頼はできないし、現代人はそういうものかもしれませんねえ。

その宿を切り盛りするのは、ベジタリアンでゲイのカップル、ゲイリーとビリー。

ラスト近く、食事を運んできてくれたビリーにジョンがお礼をいう場面で、既視感を覚えた方もいらっしゃるのでは。
そう、第1シリーズの1話、"A Study in Pink"で、シャーロックが同じセリフを言ってるんですね。アンジェロのレストランで、ウェイターに席に通される時です。この件は既に記事にしておりますので、リンクを貼らせていただきます。

過去記事「ありがとう、ビリー」

シャーロックとジョンにわざわざ同じセリフを言わせていることから察するに、この二つの名前は「たまたま同じになった」のではなくて、原作で221bの給仕を務めていたビリーが二人いる、またはワトスンが歴代の給仕を総称して「ビリー」と書いている、という説に基づいてつけられたのではないでしょうか。

リンク先の記事と重複しますが、「ビリー」が出てくるのは「恐怖の谷」「ソア橋」「マザリンの宝石」の三編。
「恐怖の谷」は1880年代の終わり頃、「マザリンの宝石」は、1894年より後。
「恐怖の谷」のビリーと「マザリンの宝石」のビリーが同じように「少年給仕」であることはあり得ないので、ビリーは二人以上存在した、という理屈になるわけですね。
ワトスンの妻が二人以上いた、という説と同じ、記述の矛盾を突いたお遊びといえばそれまでですが、こういうことにめっぽう本気になるのがシャーロッキアン。

「Sherlock」は、原作の設定を現代に変えるだけでなく、矛盾点(ジョンの傷の位置(過去記事「ジョンはどこを撃たれたか」)の件がそうですね)や、それに対する現実の読者の反応までもパロディーにしているところが興味深いです。

余談ながら、ゲイリーがジョンに「ダブルベッドの部屋が空いていなくて悪いね」と詫びるセリフは、「唇の捩れた男」からきているのではないかと思います。

ホームズが、捜査中に偶然出会ったワトスンを依頼人宅に連れて行くときにこう言います。

「(前略)それに『杉の家』で僕のあてがわれている部屋は、都合のいいことにベッドが二つある」(延原謙訳)


原文では"My room at The Cedars is a double-bedded one."
この"double-bedded"は、延原先生のように「ベッドが二つついている」と解釈するのが妥当でないかと思うのですが(いわゆるツインルームですね)、「ダブルベッドのある部屋」と捉えて、二人がホモセクシュアルの関係にあったのではないか、と勘繰る向きもあったようなんです。

つまり、シャーロックとジョンを「カップル」扱いするという劇中人物の反応が、小説に対する読者の反応のパロディとなっているわけですね。

「ホームズとワトスンは恋愛関係にあった」説に基づいたパスティーシュで、有名なのはこちら。(FC2商品検索では画像が表示されないようですが、『商品詳細を見る』をクリックすると表紙がみられます。)

わが愛しのホームズわが愛しのホームズ
(1993/03)
ロヘイズ ピアシー

商品詳細を見る


「いつか読もう」と思っていましたが、すでに絶版で8400円か…!(原書ペーパーバックは3000円前後で比較的安価ですが、翻訳版は表紙が坂田靖子さんの絵なんですね。貴重!!)


関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

すごいです、凝ってます! - RM - 2012年06月12日 23:17:30

"Thank you, Billy"という同じせりふを二人が違うエピソードで口にすることに気づくのも、そのことから

>原作で221bの給仕を務めていたビリーが二人いる、またはワトスンが歴代の給仕を総称して「ビリー」と書いている、という説に基づいてつけられたのではないでしょうか。

という考察が出て来るのも、ナツミさん、すごい!そして制作チームも偉い!そして、

>つまり、シャーロックとジョンを「カップル」扱いするという劇中人物の反応が、小説に対する読者の反応のパロディとなっているわけですね。

うわあ、これもまた凝ってますね!ところで、その時ジョンはどんな顔をしたのでしょう。

そして凝っていると言えば、もう一つは「わが愛しのホームズ」。坂田靖子さんはイギリスを舞台にした作品を多く描いていらっしゃるし、ホモセクシュアルのお話もありますね。その坂田靖子さんの表紙なんて、凝ってますね!リンク先の「坂田靖子」のwikiのページにある森川久美さん、花郁悠紀子さんも含めて、デビュー当時を知っていますので(うふふ、年齢がばれますね)懐かしいです。もうここ20年ほどマンガを読まなくなってしまったのですが。坂田靖子さん、ホームズがすごくお好きなんじゃないかなあ、とふと思いました。

Re: すごいです、凝ってます! - ナツミ - 2012年06月13日 01:50:55

過分なお褒めのお言葉、ありがとうございます。
私はともかく、"SHERLOCK"の作りは本当に凝っていると思います。

> ところで、その時ジョンはどんな顔をしたのでしょう。

相変わらず迷惑そうな顔をしていましたが、相手もゲイなだけに否定の仕方に困ってる感じでした。
(日本ではそんなことないんじゃないかと思いますが、現代のイギリスにおいては、男二人で宿泊しようとしたらゲイである可能性が高いんでしょうか?それとも、ゲイの人が好みそうなお店があって、飛び込みで宿を決めてしまったら、そこがたまたまそうだった、ということなんでしょうか。)

> 坂田靖子さん、ホームズがすごくお好きなんじゃないかなあ、とふと思いました。

検索して坂田靖子さんご本人のサイトにたどり着いたのですが、「影響を受けた作家・アーチスト」の中に「シャーロック・ホームズ」を挙げていらっしゃいますね。(日記の過去ログはある程度残して消されているので、SHERLOCKもお好きかどうかはわからなかった…)
そのものずばり、ホームズを描いた短編作品も「バスカビルの魔物」に収録されています。

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%90%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%93%E3%83%AB%E3%81%AE%E9%AD%94%E7%89%A9-%E3%83%8F%E3%83%A4%E3%82%AB%E3%83%AF%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E6%96%87%E5%BA%AB-JA866-%E5%9D%82%E7%94%B0-%E9%9D%96%E5%AD%90/dp/4150308667

私が気づいていないだけで、他にもあったらすみません…!

実は、私の英国のイメージはかなり「バジル氏の優雅な生活」でできています。
そういえば、「わが愛しのホームズ」表紙のホームズはバジル・ウォーレン卿に似ているかな?
「マーガレットとご主人の底抜け珍道中」のタルカム氏は「バスカビルの魔物」に出てきたワトスンに似ていると思います!(『わが愛しのホームズ』では二人とも結構な美形になってますけど、短編作品ではほのぼのとした絵柄でした。)

うわあ、懐かしい! - RM - 2012年06月13日 22:00:07

サカタBOXは今も更新されているのですね!そして、「シャーロック・ホームズ」を挙げていらっしゃること、今確認しました!うわあ、「バスカビルの魔物」ですか!

>そういえば、「わが愛しのホームズ」表紙のホームズはバジル・ウォーレン卿に似ているかな?

そうそう、私もそう思いました。それで懐かしくなったのです。「バジル氏の優雅な生活」は連載中に一部を読んだけれども、まとめては読んでいなくて、なんだか久しぶりにマンガの本を購入しそうです。

「マーガレットとご主人の底抜け珍道中」は友達から単行本を借りたけれども、これも全部ではありませんでした。その中に、cozy mystery風の作品があったような覚えがあります。他にもミステリーの要素が素敵に加わった作品も多いですよね。ホームズがお好きということであれば、納得できます。

- らいかみんぐ - 2012年06月14日 21:15:39

おお!狂喜乱舞!!! うれしいなあ。
おふた方も、坂田靖子さん、お好きでいらっしゃいますか。当方も「LaLa」で描いていらっしゃった頃からの大ファン。

RMさんのコメントを拝見して、久しぶりにサカタBOXを覗いてきました。月に1~2度程度は近況が更新されているようですね。TV番組の感想もけっこう多くて、最近のものでもDr.Houseについての記事がありました。うーん。昨年チェックしていれば「Sherlock」についてのコメントもあったかもしれません。ああ、残念。

「バスかビルの魔物」のホームズ短編は、ワトスン先生が珍妙なカレーをハドソン夫人にリクエストして、ホームズを呆れさせるやつでしたっけ?

あ、そういえば、坂田さんのサイトの記事を中心にまとめたエッセイ&コミック集のタイトルが「サカタ荘221号室」でした。でもこれはホームズ好きの坂田さんのために編集者がつけたタイトルで、数字に弱いご本人は言われるまでベーカー街の住所だとは気付かなかったとか何とか。いまは絶版になっているようでこれも残念です。

坂田靖子好き大集合 - ナツミ - 2012年06月15日 01:43:08

わ~い!お二人とも坂田靖子ファンでしたか!
私は「サカタBOX」の存在も知りませんでしたし(エッセイ集読みたかった!)、文庫になり始めてから読むようになったのでまだまだ浅いファンですが、時々読み返すといつも変わらず「いいなあ」と思える、心地よく大切な作品ばかりです。

「マーガレットと~」は、手元にあるので読み返してみました。どのお話にも小さな謎解きが含まれていますが、cozy mystery風の作品は、文庫版「旅情篇」に収録されている「ドーバー海峡殺人事件」でしょうか。

ちなみに「バジル氏~」は文庫版描きおろし(『百の器』)もあるそうですよ!
これも素敵なお話でした。

「バスカビルの魔物」のホームズ短編はそれです!ホームズは呆れていたというよりは淡々とワトスンの希望をかなえてあげていましたが、淡々と呆れていたのかもしれません。ごく短い作品ですが、飄々としたホームズと、えらく可愛いワトスンにいつも悶絶させられます。ワトスンの所望するカレーが、まずそうなのに美味しそうなのがいい!坂田作品に出てくる食べ物は、いつも美味しそうです。「村野」のおもちも美味しそうだった!

坂田先生、海外ドラマもお好きなのですね。来月になったらSherlock シーズン2の感想が書かれているかもしれませんね!楽しみです。

Thanks, Billy. - そふぃー - 2012年12月20日 12:32:27

ナツミさん、はじめまして。
ホームズに関する様々なお話、以前から興味深く拝見していました。本当にお詳しいのですね…!

ハウンド回での”Thanks, Billy.”について、ビリーは以前のエピソードにも登場していたという話を聞いてGoogleで調べた所、こちらのページに辿り着きました。
素晴らしい解釈で、感動しました。是非、拙ブログの該当記事(http://sophiesherlock.blog.fc2.com/blog-entry-20.html)にリンクを貼らせて頂きたく思っています。

それから、『我が愛しのホームズ』は図書館で読んだことがあります。今はもう絶版なのですね。
それほど多くのパスティーシュを読んだわけでないので、自分が知っているものが取りあげられていて嬉しく思い、反応してしまいました。

半年程前の記事へのコメント、失礼致しました。
これからも更新楽しみにしています^^

Re: Thanks, Billy. - ナツミ - 2012年12月21日 07:51:14

そふぃー様

コメントをありがとうございます!

サイトを拝見しました!詳しい訳出と、文化の違いなどにも及ぶ、丁寧なご考察に感激しております!
お正月休みに、ゆっくり読ませていただく楽しみができました♪
(そして今、夜中なのに無性にたまねぎサーモンが食べたいです…)

どうぞ、こちらからのリンクはお気軽になさってくださいね。
でも、過分なお褒めのお言葉をいただいてしまって恐縮なのですが、私は全くホームズに詳しくないんです…原作は好きで一通り読んではいるんですが、文化や歴史などの背景にも疎いですし、原作にしろ研究書にしろパスティーシュにしろ、拾い読みという感じです。
便宜上、元ネタ探しとしていますが、ほとんどが屁理屈ですし!万が一ドラマの脚本家さんが読まれたら、「そんなこと意図してない!」とツッコミ満載だと思います。(日本語ブログでよかった!)子どもの遊びのようなブログなのですが、ご一緒に遊んでいただけたら嬉しいです。

『我が愛しのホームズ』、その後、私も貸していただいて読みました!
ホームズとワトスンのラブストーリーということで、恋愛の雰囲気重視かと思って読み始めたのですが、原作との整合がとれている精密なパスティーシュなんですね。ワトスンと妻のメアリの関係も素敵だと思いました。

でも、図書館にあるというのにはびっくり!この本の日本語版が発行された時のことは覚えているのですが、当時は、同性愛もののパスティーシュはこっそり楽しむものという意識があったものですから。
それもまた、私の偏見かもしれませんね。いい作品は、たくさんの人の目に触れる場所にあるべきなのかも。作中でワトスンの言っていた「これらの回想録がふさわしい共感と関心をもって受け入れられる(柿沼瑛子訳)」時代が、近づいているのだといいなあ。日本語版も再版されますように!

失礼しました - そふぃー - 2012年12月21日 13:11:12

私のブログの方でコメントをまとめてお返ししようと思ったのですが、上の私のコメントに間違いを見つけてしまったので、再び失礼致します。

実は、見直ししたところ、私が読んだのは『わが愛しのワトスン』でした。
大変失礼を致しました。まさかこんなに似たタイトルの本が他にもあったとは…汗
http://www.amazon.co.jp/わが愛しのワトスン-マーガレット・パーク-ブリッジズ/dp/4163135103

こちらは、シャーロック・ホームズは実は女性だった、という前提で書かれている本です。閉架でしたが、図書館にありました。(ちなみに、調べた所『我が愛しのホームズ』も図書館に置いてあるようです。近所の図書館の寛容さに感謝です。)

またブログにお邪魔させていただきますね。
この度はありがとうございました!

あああ! - ナツミ - 2012年12月21日 17:58:10

わが愛しのワトスン!
読んだことはないのですが、うっすら記憶にあります!その本!
そして、いつか「わが愛しのホームズ」をYOKOさんの本棚の写真でお見掛けしました、と私が書いた気がするんですが、YOKOさんがお持ちなのもこちら(ワトスンのほう)ですね!大変失礼致しました!今出先
なので、帰ったら該当コメントを直します。

それにしても、本当によく似たタイトルですね。ホームズが女性とは!こちらもぜひ読みたいです。

積読本 - YOKO - 2012年12月21日 20:08:42

こんにちは。
そふぃーさんもこちらでもこんにちはー。
えへへ、私の本だなにあったのは確かに「わが愛しのワトスン」です(^ ^)
実はまだ読んでいないのです。
パスティシュがなかなか読めない体質のようで、買うんですけど、読めないそんな本がたまってます。ナツミさんの倫敦ミイラだけは、不思議と何の抵抗もなく読めてお気に入りなんですけどね。


そうそう、私も坂田靖子さんが大好きで、バジル氏は全部持ってます。

訂正致しました - ナツミ - 2012年12月22日 14:54:58

YOKO様

間違えてしまって、すみませんでした!「わが愛しのワトスン」、まだ読んでいらっしゃらないということですが、内容がすごく気になるので私も購入しようと思います。
そふぃーさんが貼ってくださったリンクを見ると、この小説のホームズ(実は女性)の本名はルーシー!偶然だと思いますが、今年話題になった"Elementary"の女性版ワトスンを演じているのはルーシー・リュー。おもしろいですね。

パスティシュがなかなか読めないというお気持ち、すこしわかるような気がします。
同じキャラクターを使っていても、書き手によって全体や細部の印象が変わるので、読み手も微妙に意識を「チューニング」しなくてはならないですよね。この「チューニング」作業に、まったく別の作品を読むよりもエネルギーを要する気がします。

島田荘司・作「漱石と倫敦ミイラ殺人事件」(※おこがましいことに、私はこの作品の登場人物からハンドルネームをお借りしてしまっています)は、漱石の文体の再現が上手なのもありますが、構成の勝利!という印象もありますね。島田荘司氏と同じ国に生まれることができて、ラッキーでした!

そして、わーい!坂田靖子さんのファンの方に、また出会うことができました!
私は自宅が手狭なこともあり、「バジル氏~」を手放してしまったのですが、時々友達の家で読ませてもらっては「やっぱりいいなあ」と思います。お話も面白いのですが、登場人物がみんな魅力的ですよね!レディ・ビクトリアのように身軽な心を持った人になりたいです。




- 通りすがりの者ですが… - 2013年05月16日 03:44:29

『我が愛しのホームズ』私も図書館で借りて読みました。
ちょうど『わが愛しのワトスン』が出版された時期だったと思います。

ホームズのパスティーシュに凄く凝っていた時期で、両方とも印象に残っています。

パスティーシュ祭り - ナツミ - 2013年05月16日 05:05:00

コメントありがとうございます!

> 『我が愛しのホームズ』私も図書館で借りて読みました。
> ちょうど『わが愛しのワトスン』が出版された時期だったと思います。

「ホームズ」は「ワトスン」より発売が1年後なんですね。タイトル訳が似ているのは「ワトスン」を意識されてるのかもしれませんね。

そして、コメントいただいたおかげで「ワトスン」の方を購入するのをすっかり忘れていたことに気付いて、たった今注文して来ました!全くいい加減なヤツですみません!"My dear Watson"はライヘンバッハでの失踪から帰還したホームズの第一声でもあるので、SHERLOCKS3前に読めてタイムリーだったと無理やり思うことにします…(ほんとに無理やりだな)
ついでに上巻を読んだきり下巻がみつからなかった「おやすみなさい、ホームズさん」も注文しました。

たくさんパスティーシュを読まれたのですね。パスティーシュの数はすごく多いので、私の場合、凝っている時期はこんな風にまとめて読んだりするけれど、きりがなくて離れてしまうことを繰り返しています。おすすめがあったら教えていただきたいです。

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

ご閲覧やRSS登録ありがとうございます!まだ廃墟じゃありませんよ~!亀の歩みですが、過去の振り返りも含めてのんびり元ネタ探し続けていきたいと思います。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。