最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

冷蔵庫に親指

1期第3話のジョン(冷蔵庫に生首発見)に続き、親指を見つけてしまったかわいそうなハドソン夫人。

ホームズで親指といえば、「技師の親指」。
この事件は、まずワトスンのところに持ち込まれたという珍しい事件です。

シャーロック・ホームズとの短からぬ親交のあいだに、彼が解決を託された事件のうちで、この私からの紹介によるものが二つだけある。ハザリー氏の親指事件とウォーバトン大佐の発狂事件である。(『技師の親指』延原謙訳)


結婚して221Bを出たワトスンは、パディントン駅の近くに医院を開業します。
駅の近くということで何人かの駅員を患者に持つことになり、その中でも特にワトスンに感謝したある車掌は「忠実な篤志客引き」となり、駅で患者がでると必ずワトスンの医院に連れて来るようになります(いかにもワトスンらしいエピソードですね)。
タイトルになっている水力技師(原文ではhydraulic engineer、水力学とは何か、にこだわると長~い話になってしまうんですが、興味がある方はwikiをごらんください)はある事件に巻き込まれ、親指を切断されてしまいます。
件の「篤志客引き」にワトスンの医院に連れてこられた彼は、ワトスンに事情を話し、ワトスンは彼を221Bに連れてゆきます。

もう一件、ワトスンがホームズに持ち込んだという「ウォーバトン大佐の発狂事件」は、タイトルから言って軍隊時代の知り合いの話でしょうか?グラナダ版では「背の曲がった男」も、軍隊からワトスンを通してホームズへの依頼があった、という設定になっていたと思います。
ジョンの軍隊時代を知る人も、今後出てくるんでしょうか。ブログには、負傷したワトスンを助けた看護兵のマーレイ君と思われる人物がコメントしていますが、本編にも出てきて欲しいですね~。

【追記:2012年7月21日】「海軍条約文書事件」もワトスンの幼馴染からの依頼ですよね。
ワトスンが「二つだけ」と言っているのはあくまで「技師の親指」執筆時点での話で、この後増えたかもしれないし、またはワトスンらしい勘違いかもしれません。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

『高名の依頼人』のこと書きましたが、6月24日までグラナダ版がGYAOで無料で観られるそうです。
こちら

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura