最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

アルミの松葉杖事件

待望の「語られざる事件」からのラインナップですね!
「マスグレーヴ家の儀式」に、事件名だけちょこっと出てきます。

ワトスンに部屋の整頓をしようと言われたホームズ、しぶしぶ寝室に入っていきますが、逆に青年時代の記録をひっぱり出してきます。

「このなかには事件がうんとあるんだぜ」彼はいたずらっ児の目で私を見ながら言った。
(中略)
「みんな成功した事件ばかりというわけじゃないよ。しかし中にはちょっと面白いものもある。こいつはタルトン殺人事件の記録、それからヴァンペリという酒屋の事件、ロシアの老婆事件、アルミニウムの松葉杖事件、それから蟹足のリコレッティとその憎むべき事件とね。(後略・延原謙訳)」


さて、ジョンのブログに戻りましょう。
ストランド街(劇場がたくさんあることで有名らしい)で観劇することになったシャーロック。

って、「名探偵コナン」を思わせる(唐突な)始まり方ですが、そもそもどうして行くことになったんでしょう…
コナン流を通すなら、劇場に向かいながらジョンが「雑誌の懸賞に当たるなんて僕もついてるよなあ」とチケットを眺めるオープニングがいいんじゃないかと思いますが(余計なお世話)、そのジョンはデート中につき不在(ちなみにうまくいったそうです)。この事件は、シャーロックからジョンへのボイスメールという形で綴られます。

ホームズの一人称で語られる事件、といえば「白面の兵士」と「ライオンのたてがみ」。
現代版では、シャーロックのウェブサイトで「緑のはしご事件」が読めますね。
緑のはしご事件はいかにもシャーロックらしく、物語というより「記録」という印象でしたが、今回はジョンに向かって話していますので、ちょっと趣が違います。

原作では、この事件は二人が出会う前に起こっていますので、ワトスン=ジョンがいないのは原作に沿っているといえます。
「マスグレーヴ家の儀式」や「グロリア・スコット号」も、ホームズが昔の話をワトスンに語って聞かせる、というスタイルですが、「バスカヴィル家の犬」でワトスンがホームズに書き送った、事件の経過を報告する手紙にも似ています。そういえば、「バスカヴィル~」はモーティマー医師の「杖」をめぐるホームズ&ワトスンの推理合戦で始まりますよね。
(もっともこちらは『松葉杖(crutch)』ではなく『ステッキ(stick)』ですが)

シャーロックが見た劇のタイトルは"Terror by Night"。「夜の恐怖」という感じでしょうか?
ミステリ劇らしいですが、この舞台上で実際に殺人が起こります。
内容をあまり詳しく述べると役名と実名が入り混じってややこしいので、手っ取り早く関係図をごらんください。
名前をクリックすると、青山剛昌先生の挿絵が見えるかもしれません(←うそです)。
人物相関図
…ここで告白します。私はホームズ好きではありますが、ミステリ全般に詳しいわけでは全然ないので、このブログの本分である「元ネタ検索」にはたと行き詰ってしまいました。

この事件、「元ネタ」があるとしたら、おそらく「キャラクター名」です。
シドニー・パジェットはいいんですよ、ホームズ関係だから!
しかし、正直言って他が全っ然わかりません。唯一、「ヘイスティングス」はポアロかな、と思いましたが…(それと、chapletteという姓で『四つの署名』のアグラの大秘宝にあった "chaplet"を思い出しましたが、たぶん関係ないですよね)

この事件や登場キャラクター名の由来がお分かりになる方がいらっしゃったら、コメント欄などでご教示いただければありがたいです。真実はいつもひとつ!

追記(2012/5/9)
劇中劇のタイトルについて、RM様がかなり有力と思われる情報をくださっています!
コメント欄をごらんください。


追記2(2015/3/7)
友人が教えてくれました。
らばQ「演劇で小道具のナイフが本物にすりかえられ、本物の自殺シーンに」

とてもよく似た事件です。最近ツイッターで話題になっているとのことですが、2008年の事件ですね。関係はあるのでしょうか。

関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- らいかみんぐ - 2012年04月25日 09:54:52

新たな記事、ありがとうございます!!嬉しく読ませていただきました。
.....でもゴメンナサイ。キャラ名の由来はさっぱりわかりませんです。

この記事、「被害者自身が加害者」という展開にはまず「ソア橋」を連想しましたが、あれは最初から死ぬつもりで事件を起こしているので、むしろ犯人が思い切り墓穴を掘る「白銀号事件」の方が近いかなあなどと思っています。

しかし事件自体はともかく、各登場人物に2つずつ名前があるんで、読むのがとーーーーっても大変でした。ただでさえ英語は頭に入らないのに、もう誰が誰やら。

こちらこそ - ナツミ - 2012年04月27日 04:27:45

こちらこそコメントありがとうございます!嬉しいです!

なるほど、「ソア橋」ですか。男女間の愛憎ががっつり絡んでいるのも「ソア橋」っぽいかもしれませんね。自分の仕組んだ犯罪の思わぬ犠牲に・・・というところは「白銀号~」ですね。どこに重点を置くかで「元ネタ」も変わってくるわけですね。

シャーロックがいちいち律儀に「○○役の××」と連呼するのも、読みにくさの一因ではないでしょうかねえ。シャーロックはジョンのために極力正確かつシンプルにまとめているんでしょうが、「適度な省略」のなさが災いして結果的に読みにくくなってる!この辺りが実に彼らしいような。(その割に役名と実名が入れ替わってる部分もありますけど・・・)

一つだけ気がついたことが - RM - 2012年04月28日 22:24:09

>ただでさえ英語は頭に入らないのに、もう誰が誰やら。

らいかみんぐさんに同感です。特に名前を覚えるのが苦手なもので。でも「シドニー・パジェット」なんて、ひねりもなく(失礼!)そのまんまじゃないですか!その割に他の名前はピンと来るものがないですね。私も「ヘイスティングス」は、ああそう言えば、と思いましたが。

>(その割に役名と実名が入れ替わってる部分もありますけど・・・)

あら気がつきませんでした。

でも一つ、気がついたことがあるんですよ!ナツミさんが気がついていらっしゃるか、わからないのですが。"Terror by Night"というお芝居のタイトルの由来です。

http://en.wikipedia.org/wiki/Terror_by_Night

わあ!! - ナツミ - 2012年04月30日 11:14:33

全く気がついていませんでした!
以前にRMさんのブログでホームズ映像史のムックを紹介していただいたのに!
(ご興味がある方もいらっしゃるかもしれないので、リンクを貼らせていただいてもよろしいでしょうか。ご迷惑かけてしまうようなら削除するので、おっしゃってくださいね)

http://upwardjb.blog112.fc2.com/blog-category-1.html

ベイジル・ラスボーン&ナイジェル・ブルースのホームズものの一つだったんですね!

リンク先を拝見すると、ポスターの雰囲気がいかにも、という感じです。私が「名探偵コナン的」と感じた「冒険活劇の匂い」はそこから来ていたのか!なんてこじつけたりして・・・

ウィリアムという名前で、やはりホームズを演じたウィリアム・ジレットを連想したりはしていたのですが、もう一歩突き詰めるべきでした!参りましたっ(棋士風に)
映像やお芝居になったホームズといえば、私にとってはやはりグラナダ版のイメージが強く、「決定版」の感があるのですが、その前にも後にも、それこそ無数にあるのですよね。たまたま昨日買ってきた「シャーロッキアン!」の3巻にも、「ガイ・リッチー版映画のホームズが斬新」という若い世代にシャーロッキアンの先生が「斬新?斬新なホームズ像はこれまでもたくさんあった」と言ってジレットやラスボーンの名を挙げていました。あ、ジェレミーも大きくコマを割かれていましたよ!

それにしても、ホームズについて考えるということは、なんと膨大な数の小説や映画やお芝居に関わるということなんでしょう!私など、その裾野すら周りきれないうちにおばあさんになってしまいそうです。

元ネタさがしは楽し! - RM - 2012年05月01日 22:38:56

リンク、ありがとうございます!

でも白状しますと、あの本を読んでいたからピンと来たのではなく、「ふーん、『Terror by Night』って芝居の題にしては大仰にきこえるけど」と思って何となく検索したのです。本当に「大仰な題」なのかはわかりませんが。

>私が「名探偵コナン的」と感じた「冒険活劇の匂い」はそこから来ていたのか!なんてこじつけたりして・・・

はい、あのポスターを見ると本当に、探偵ものというより「冒険活劇の匂い」がしますね。

>あ、ジェレミーも大きくコマを割かれていましたよ!

おお!

>それにしても、ホームズについて考えるということは、なんと膨大な数の小説や映画やお芝居に関わるということなんでしょう!

本当にそうですね。そして元ネタさがしって、奥が深いというか、一歩間違えるとこじつけになって楽しい(!)というか。私なんて、「セドリック」でエドワード・ハードウィックのお父様を連想し、「ストランド街」でストランド誌を連想しましたよ!

こじつけもまた楽し - ナツミ - 2012年05月03日 04:55:37

こじつけもまた、元ネタ探しの楽しさのひとつですよね。
ラスボーンで思い出したのですが、私、「緑のはしご」は"The Woman in Green"
http://en.wikipedia.org/wiki/The_Woman_in_Green
に関係あるんじゃないか!?と固執してた時期がありました・・・(というのも、タイトルを"The Lady in green"と勘違いしてたのです。The Green Lady→The Green Ladderかと!お恥ずかしい・・・調べたところ、どうやらGreenしか合ってないようなので、記事中でこじつけるのは断念しましたが・・・)

でも、こういった連想が人それぞれ違うのがまた楽しいです。
同じようにGoogle検索したとしても、検索ワードを選ぶ時や結果を選ぶ際に使う脳内のサーチエンジンが違うので、びっくりするほど収穫が違ってくるのですよね。

きちんとした研究では「こじつけ」は許されないのかもしれませんが、ここではゆる~い感じで、色々な発想をお気軽に書き込んでいただけたら嬉しいです。正しいことだけが楽しさではないですもの。って、トンデモなのは私1人か!?

こじつけついでにもうひとつ。
私が"Terror by Night"で検索したとき、出てきたのはこの本でした。
http://www.wowhd.jp/books/terry-caffey-terror-by-night-1/dp/7044331
目覚めたら、枕元に娘のボーイフレンドが銃を持って立っていたという男のノンフィクション(!)妻と二人の息子を殺された彼は、17歳の娘と向き合いながらどう生きていくのか。
Sherlockと関係は全くなさそうなんですが(←つくづく検索下手)、すごく興味深いのでブックマークしておきました。

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

ご閲覧やRSS登録ありがとうございます!まだ廃墟じゃありませんよ~!亀の歩みですが、過去の振り返りも含めてのんびり元ネタ探し続けていきたいと思います。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura