最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

煙草の灰の研究

さて、シャーロックのウェブサイトの方ですが、カウンターが設置されたり、コメントがたくさん寄せられたりと賑わっているジョンのブログに比べると、なんとなく閑散としている様子。

それでも、昨年末には「煙草の灰に関する研究」という記事が挙がっていました。
(例によってリンク切れでしたが…)
これの「元ネタ」は、「四つの署名」にあります。

「君の著作だって?」
「うん、まだ知らなかったのかい?」ホームズは笑って、「じつは僕の畑のものを若干いたずらしてみたんだがね。たとえばこの『各種煙草の灰の鑑別について』なんかその一つだよ。このなかには百四十種の葉巻と紙巻と刻みとの外観を列記して、その灰の区別がカラー図入りで説明してある。こいつは犯人捜査中にしばしばぶつかる問題だし、重大な手掛りになることも時々はあるからね。たとえば、ある殺人事件で犯人がインドのルンカ煙草をのむ男だと確認できたとすれば、それだけ捜査の範囲がせばめられたことは明らかだからね。慣れたものから見れば、トリチノポリ煙草の黒っぽい灰と、バーズ・アイ印の白くてふわふわした灰とを判別するのは、キャベツとポテトとの区別よりも容易なことなんだ」(延原謙訳)


ところが、今日確認すると、この記事(かなりの大作だったはず!)は消去されていました。
「フォーラム」のページを覗いてみたところ、「みんな、ジョンのブログの方に遥かに興味をひかれているようで、誰も読んでくれないので取り下げた」とのこと。

…なんと悲しい話でしょうか……!
世界中のブロガー、号泣ものです。

原作のホームズは、いろいろと独自の研究を発表しているんです。
「各種煙草の灰の鑑別について」のほかにも、

実際書いた(と思われる)もの

・生命の書 「緋色の研究」
・足跡の詮索、その保存に石膏を応用する問題
・職業が手の形におよぼす影響      「四つの署名」
・耳に関する短い論文2編「ボール箱」
・刺青の構図に関して 「赤髪組合」
・暗号に関する小論文(百六十種の暗号記法を分析)「踊る人形」
・書類の年代の鑑定「バスカヴィル家の犬」
・初期イギリスの勅許状に関する研究 「三人の学生」
・中世の音楽の問題「ブルース・パティントン設計書」
・チベット探検記(ジーゲルソン名義)「空家の冒険」
・実用養蜂便覧 付・女王蜂の分封に関する諸観察(引退後)「最後の挨拶」



そのうち書きたいと言っていたもの

・探偵の仕事における犬の用途「這う男」
・仮病について「瀕死の探偵」



「面白そう!」と思えるものもある一方、「大衆に受けるかどうか」という点において、ワトスンの冒険記にかなわなかったのはうなずける気がします。

シャーロックはジョンのブログの書き方について、劇中でもコメント欄でも不平を言っていますが、これは原作でも変わりません。

「僕もちょっと見たがね、正直なところ、あれはあんまり褒められた出来じゃない。探偵するということは、一つの厳正科学なんだ~~であるべきはずなんだ。したがって冷静に、無感情な態度でとり扱われなければならないところを、君はロマンチックな味つけをしているから、まるでユークリッド幾何学の第五定理に、恋愛物語か駆落ちの話を持ち込んだような結果になっている。(四つの署名・延原謙訳)」



「(前略)君が筆にすべきことも犯罪そのものではなく、犯罪を分析し統合する推理のうえにこそならなければならないのだ。一連の講義であるべきものを、君は物語にまで低級化させている」(ぶな屋敷・延原謙訳)


しかし、多くの読者が求めているのは、ホームズが否定した「物語」そのものであったようで…
このホームズの文句に長いこと耐えてきたワトスンがついに反撃をするのは、引退後、二人とも歳をとってからのこと。

長いこと前から彼は私に、冒険談を自分で書いてみろといって悩ましつづけている。私が従来彼の書くものが浅薄なのをしばしば指摘し、厳正なる事実の記述のみに止めないで、大衆の興味に阿るものだと攻撃を加えてきたものだから、自然私に対してそういう迫害を加えることにもなったのであろう。
「じゃ自分で書いてみたまえ、ホームズ君」こう反撃されてペンはとったものの、書くとなるとやはりできるだけ読者に興味を与えるようにしなきゃならないということに、いまさら気のついたことを告白せざるを得ないのである。(白面の兵士・延原謙訳)



この「白面の兵士」と「ライオンのたてがみ」の2編は、こういう経緯で引退後のホームズによって書かれたものです。
時間的な順番がそうなので仕方ないのですが、wikiのシャーロック・ホームズの「経歴」は「ワトソンの文章を批判し過ぎて怒られてしまったため、『白面の兵士』と『ライオンのたてがみ』の2編を自ら執筆、発表」で終わっています。大探偵の輝かしい歴史の結末が「親友に怒られる」なのはちょっと微笑ましくって、見るたびにやにやしてしまいます。

シャーロックもこんな風に、おじいさんになってからジョンに言ったことを反省したりするんでしょうか。
こちらの二人はまだまだ若々しいので、ずっと先のことになりそうですが、歳をとってもふざけ合って大笑いしたり、ぎゃあぎゃあ言い合ったり、拗ねて離れたり、仲直りしたりする二人は容易に想像がつきますね。





関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

えー、本当に? - RM - 2012年01月18日 20:34:53

>ところが、今日確認すると、この記事(かなりの大作だったはず!)は消去されていました。

これって、これって、本当に消しちゃったってことですか?はじめから"DELETED!!"と書かれていたというわけではなくて?

思わずGoogle Blog SearchやInternet Archive: Wayback Machineを使ってみたり、Googleのcacheが残っていないかさがしてみたりしたけれども、みつかりませんね。世界中にこれだけSHERLOCKのファンがいて、著作権を尊重して、誰もコピーしていなかったということなんでしょうか!

>シャーロックもこんな風に、おじいさんになってからジョンに言ったことを反省したりするんでしょうか。

おじいちゃんか。いいですね!

ところで「ジョンのバカンス」のところのコメント欄で、「足の隣にビールが入っているという現実にジョンが抵抗を示さなくなった」と書いていらっしゃるのをみてびっくり!あれはスラングかしらと思って辞書で調べもしなかったのですが、そのものずばりの「足」なんですね!

ひょっとしたら大間違い!? - ナツミ - 2012年01月19日 22:54:23

私も記録にして残してはいないので、間違っていたら申し訳ありません。確か、年末に見たときには、下に表示されている"Analysis of Perfumes"と同じように"on going case"だったと思うのですが…はじめから"DELETED!!"とは書かれていなかったと思います。

ちなみに、香水の方の元ネタは「いやしくも探偵だというからには、かならず鑑別できなければならない香料が七十五種ある(後略・バスカヴィル家の犬・延原謙訳)」でしょうか。こっちは消していないあたり、シャーロックも往生際が悪いですね…

「足の隣にビールが入っている」と私が解釈したシャーロックのコメントはこれですね。

”There's some cans of beer in the fridge. Next to the feet.”

シリーズ1の第3話では人間の頭が入っていた冷蔵庫ですから、足が入っていても不思議はないと考えてしまったんですが、こういうスラングなんでしょうか!?
わ~、だとしたらお恥ずかしい!

私の勘違いのような気が... - RM - 2012年01月22日 00:04:35

冷蔵庫の「足」は、よく考えたらシャーロックならありそうなことですよね。頭よりはましだといえそう。いえ、よく考えたらどっちもすごくいやですが。

ところでシャーロックのウェブサイトについて、私、勘違いしていたような気がしてきました。「Analysis of Perfumes」のところ、クリックしても結局何も書いてありませんよね。「煙草の灰に関する研究」のことを「(例によってリンク切れでしたが…)」とナツミさんが書いていらしたのは、これと同じように中身が全然読めなかった、ということでしょうか。私は、ジョンのブログを含む、外部へのリンクが切れている、ということかと思っていました。それで、記事自体は書いてあったのだと思っていました。

これまでシャーロックのウェブサイトをちゃんとみていなかったのが、バレてしまいますね。充実しているウェブサイトのふりして、クリックしたら行き止まり、というのが多いんですね。結構いい加減なんですね!ちなみに "on going case"って、捜査(進行)中の事件、という意味であっていますか?それなら事件が解決してから書くつもり、ということなのですね。(でも消してしまった...。)

次の記事の「ティリー・ブリッグズ号の語られざる事件」についてもはじめて知りました。
で、また質問なのですが、
>この「語られざる事件」とメアリー・セレスト号事件の関係はよくわかりませんでした。

というのは、ドイルが「マチルダ・ブリッグス号の事件」と書いたときに、「メアリー・セレスト号事件」のことが頭にあったか、ということでしょうか。それともこの事件の中身が「メアリー・セレスト号事件」をふまえているかどうか、という意味でしょうか。そもそもドイルは普通、「語られざる事件」の中身までちゃんと考えていたのでしょうか。

ああ、質問魔でごめんなさい。お忙しいでしょうから、お時間のある時にちらっと教えてくださいませ。

今年の重要課題・・・ - ナツミ - 2012年01月22日 20:58:47

そうなんです。「リンク切れ」という私の言葉遣いが不適切でしたね。
(サイト内部のリンクが機能していないことは、何というのでしょうか?)

シャーロックのサイトの記事、"on going case"(これは、私も『捜査進行中の事件』だと思うのですが、裁判中だったりして『関係者にとってまだ終わっていない事件』という意味合いもあるのかな?)となっているものは、クリックしても読めないんです。

原作の「語られざる事件」をベースにしていると思われるタイトルがいっぱいあるので、「タイトルだけ見せ付けられて内容が読めない~!」ということ自体がパロディというかネタというか、視聴者サービスなのかなあ、と私は解釈しているのですが・・・

そして、メアリー・セレスト号についてもわかりにくい文を書いてしまってすみません!!
今年の努力課題、女子力改め文章力!!(※もう1月22日です)

またわかりにくい書き方になってしまうかもしれないのですが、箇条書きにしてみます。

1、ナツミは、「ドイルは『マチルダ・ブリッグス号の事件』という『語られざる事件』の名を書いたときに、過去に筆にした『メアリー・セレスト号の事件』の関係者の名前を意識した」という仮説を立てた

2、しかし、ナツミは1の仮説を裏付ける情報を見つけられなかったので、1の仮説は未だナツミの憶測の域を出ない

すなわち、RMさんの書いてくださった、「ドイルが『マチルダ・ブリッグス号の事件』と書いたときに、『メアリー・セレスト号事件』のことが頭にあったか」の方だと思います。

わからないならそもそも書くなって皆さんに怒られてしまいそうです。すみません・・・!

それと、私個人の憶測になってしまいますが、ドイルは「語られざる事件」の中身までは考えていなかったのじゃないかな、と思います。

ただ、「第二の汚点」という短編は、ワトスンが他の作品(『黄いろい顔』『海軍条約文書事件』)の中で触れた後、「時期が熟すれば発表すると約束してしまったことでもあるし(延原謙訳)」と前置きして発表しているので、いくつかのお話の構想はあったんじゃないでしょうか。(全部あったと思いたい!!)

>冷蔵庫の「足」は、よく考えたらシャーロックならありそうなことですよね。頭よりはましだといえそう。いえ、よく考えたらどっちもすごくいやですが。

RMさんもジョンと同じくらいシャーロックに毒されてきましたね!ふふふ・・・



トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

『高名の依頼人』のこと書きましたが、6月24日までグラナダ版がGYAOで無料で観られるそうです。
こちら

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura