最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

喧嘩の理由は

第2シリーズを目前にしての、ひとり反省会の続きです。
以前「事件がなくて退屈」という題でこういう記事を書いたのですが↓


「ぼくが犯罪者でないのを、社会は祝福すべきだよ」(延原謙訳)


「ブルース・パティントン設計書」の冒頭で、面白い事件がないことに拗ねまくるホームズ。
窓からロンドンの街を見下ろしてぶつぶつ言うところは、現代版では出て行ってしまったジョンを見下ろしながらハドソン夫人にぼやく場面になっていますね。


もう少し詳しく。
正確には、ジョンに向かって

Don't know what's got into the criminal classes. Good job I'm not one of them.
犯罪者たちはどうしちゃったんだ?僕が犯罪者じゃなくてよかったな(拙訳)

と言っていました。

去っていくジョンを見下ろしながら、ハドスン夫人に向かってぼやく所に該当する描写は 、同じ場面のこの部分ですね。
原作では、ワトスンに向かって言っています。

「ロンドンの悪漢はまったくだらしがない」まるで獲物をうちもらした狩人のように不平たらたらである。
「この窓からそとを見てみたまえ。ぼんやりと人影があらわれて、かすかに見えているかと思うと、たちまち厚い霧のなかへ姿をかくしてしまう。どろぼうや殺人者にしても、こういう日にこそ、虎がジャングルに出没するように、ロンドンを歩きまわれるのだぜ。いよいよ躍りかかるまでは誰にも見られないで、襲われて初めて被害者だけは知るというわけなんだ」(延原謙訳)


ここだけ抜き取ると犯罪が起こることを心配しているようですが、無論そうではなく、「こんなに犯罪日和なのに何も面白い事件を起こさないなんて、犯罪者たちは何をやってるんだ!」と苛立っている感じです。

自分が代わりに犯罪を起こしてやろうか!という勢いのホームズに対して、シャーロックは落ち込みモード。

Look at that, Mrs Hudson. Quiet. Calm. Peaceful. Isn't it hateful?
見て下さい、ハドスンさん。静かで、穏やかで、平和だ。忌々しいとは思いませんか?(拙訳)


「僕が犯罪者じゃないのを社会は祝福するべきだ」という挑戦的な台詞に対して、ワトスンが「それはまったくだね」と同意してくれたのに対し、ブログのこともあってシャーロックと言い合いになったジョンは怒って出て行ってしまったから、というのもあるかもしれません。

ホームズは、「仕事のために仕事をする(ブルース・パティントン設計書)」と言っていますが、ワトスンや後期のレストレードなど、仲良くなった人の評価は結構気にかけているんですよね。

「(前略)君は探偵術をこれ以上は不可能だというところまで厳正な科学に近づけたんだねえ」
ホームズは私の言葉と、それをいう私の熱心さとを喜んで、顔を赤くした。私はすでに気づいていたことだが、彼は自分の探偵術について褒められると、まるで美貌を讃えられた女性のように、敏感に反応するのである。
(緋色の研究・延原謙訳)


この時点(ホームズの仕事の内容がわかって、一緒に捜査を始めた初日)で既にホームズの操縦法を分かりかけてるワトスンすごい…

「なあるほど!」しばらくたってレストレードがやっといった。
「私は今日まであなたの取りあつかった事件はいくつとなく見てきましたが、これほど巧妙に解決されたものはまだなかったと思います。警視庁はけしてあなたをねたむものではありません。それどころか、あなたのあることをむしろ誇りとしているものです。明日もし警視庁へおいでくだされば、もっとも老練な警部から、末は若輩の一巡査に到るまで、あなたの巧名に感謝と称賛の握手を、心から進んで求めないものは一人としてありますまい」
「ありがとう」といって顔をそらせたホームズの顔に、いつになく温かい感動のうかぶのが認められたが、それも一瞬にして消えてしまい、たちまち彼は冷静な理路一点ばりの思考機械にもどってしまったのである。
(六つのナポレオン・延原謙訳)


ほかにも、「おだての利く男でもあるが、率直にいって親切でもある(赤い輪・延原謙訳)」など、ワトスンによるホームズの性格分析を集めていくと大変面白いのですが、同居人に自分の言動をこまごまとブログに書かれ、それを周りの人も喜んで読んでいるとなると、シャーロックの苛立ちもわからないでもありません。

でも、ジョンのブログはシャーロックの顧客を増やしたようですし、さらにヤードでのシャーロックのイメージを少し親しみやすいものにしたのではないかと思います。(本当にシャーロックが嫌いだったら、あんなに皆で読まないですよね)
そして、シャーロックのような自負心の強いタイプの人には、人の目を通した自分像を知るというのは結構衝撃的なことではないでしょうか。そこで変人扱いされたり、「驚くほど無知」と言われたり、ヒーロー視されたりすることに彼は大きく反発しましたが、それを「知った」ということは今後の彼に影響を与えていくでしょう。

ジョンがシャーロックとの付き合い方に慣れていく様子、シャーロックがジョンのブログで描かれる自分像と折り合いをつけていく様子に着目しながら第2シリーズを楽しむのも、面白いのではないかと思います。










関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

お疲れ様ですね - だい - 2011年12月28日 18:01:24

何だか年末にふさわしい話題のような・・。多分、私は来年やっとDVDを購入でき、シーズン1の細かいところを知ることができます。
私にとっては、怒濤のholmes年でした。だって、チャンネル銀河で、見たことも、読んだこともないHolmesがHolmesだと認識できて、新しいシャーロックに出会って、このブログの(他のブログも、もちろんです)素敵な人に教授頂けるなんて・・本当に世界が広がりました。

私、あのシャーロックが厭世的にぶつぶつ言うところ、後ろめたいながらも好きなんですよね。もちろん平和がいいに決まってますが、活躍が楽しいから無いと物足りなくて・・・。

ナツミさん、お勧め頂いたDVDいつか見るかもしれませんが、今は・・・。私やっぱりシャーロック好きです、何だか放っておけなくて・・。もう少しシャーロックが大人になったらマイクロフトの目線で見守ってあげたいな〜。
来年もよろしくお願いします。

こちらこそ・・・ - ナツミ - 2011年12月28日 23:02:24

だい様

私にとって昨年は、ガイ・リッチーの映画版やBBC現代版といったちょっと変わったホームズに出会うことでホームズが大好きだったことを思い出せた年(原作やグラナダ版を改めて読み返したり観返した年でもあります)、そして、今年はホームズがたくさんの出会いを連れてきてくれた年でした。
来年は、映画や現代版のパート2も観られますし、今年出会えた大切な人たちともっと楽しく交流できる年になるのではないか、と今からわくわくしています。

だいさんにお会いできたのも、だいさんがRMさんやその他のブログ主さんたちと出会ってくださったおかげですよね。本当に、私も日々世界を広げていただいてます。

やはりだいさんはシャーロック派なのですね!
抱き込めなくて残念なような、ほっとしたような(ジョン派ばっかりというのもSHERLOCKのブログとしてアレですからね……)シーズン2も、ご一緒に二人を見守って行きましょう!

そしてわたくし、2011年のドジの踏みおさめをやってしまいました…!
この記事、タイトルなしで投稿しちゃったよ~~!!
(あとで考えようと思って下書き保存したつもりが、投稿してしまってました!)
うわ~~ん、これから考えなくては!
こんなブログですが、来年もどうかよろしくお願いします。

- RM - 2011年12月30日 00:01:54

だいさん、こんにちは。「シャーロックと地図」のところで、お返事ありがとうございました。

そうでした、だいさんはもともと、ベネディクト・カンバーバッチのシャーロックにひかれていらしたのですよね。

>最近、ジョンも気になるようになってきて・・いや、ここのブログではシャーロック派が少ないようなので一筋です。

「一筋」っていいですね。でもジョンも気になってはいらっしゃるんですね。うふふ。二人ともすごくいいですよね。私は最近シャーロックが気になってきています。第二シーズンでどう変わるんでしょう。そもそも私、シャーロックがかわっていくだろう、という視点を持っていなかったのです。こちらの記事や、皆さまのコメントを読んで、だんだんそれを感じられるようになったのです。

ナツミさん、最初に読んだ時、あれ?って思いました。その後この記事に無事にタイトルがつきましたね!

- ナツミ - 2011年12月30日 08:35:37

>第二シーズンでどう変わるんでしょう。

ずっと変わらないでいて欲しいという気持ちもありますね。

グラナダテレビのホームズシリーズでは、ホームズのキャラクターはぶれなかったけれど、すこしずつ子ども(?)になっていったような。ワトスンやハドスン夫人もホームズの気持ちをよくわかって、扱いに慣れるというか、より気の置けない関係になっていったような気がするんです。風邪の流行で、治療に飛び回っているワトスンに「彼の処方箋は、りんごのすったのだけだ」なんて悪態をつくホームズが、ハドスン夫人に「ワトスン先生がいなくてお寂しいんでしょ?」なんていわれたりして。

私の場合、グラナダ版は製作後だいぶ経ってから見たお話が多いのですが、こうしてリアルタイムで新作を待ってみると、あんなに長いシリーズを育むのはとてつもない大きな仕事なんだなあ、とよくわかります。SHERLOCKも長期のシリーズになって、シャーロックの性格や、人間関係の変わっていくさまを観ていくことができたらいいなあと思います。もちろん、ずっと変わらないところも!

グラナダ版でもちょっとだけ仄めかされていた、ホームズ兄弟と両親(現代版ではお母さんのこと、グラナダ版ではお父さんのことに触れていましたね)の関係についても、今後何かわかるんでしょうか。それも楽しみです。

タイトル、急いでつけました。あ~、来年もこんな調子ですかねぇ…

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスンがより好きです。

2017年エイプリル・フールお片付けしました。お付き合いありがとうございました!片付けきれてないところがあったらお知らせいただければありがたいです。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura