FC2ブログ
最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探しをしております。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
ブリキの文書箱

ユーラスは姉か妹か

お久しぶりです。本業のほうがだいぶ正念場に入ってしまい、正月も山のように宿題を抱えている身でございます……資料を読んでも読んでも、ゾンビのように新しいのが追っかけてくるよ!

そんな日々ですが年末年始、不義理を続けていた方々とちょっぴりお話できたり、、(再放映の恩恵で)アクセスいただいたり、新たにコメントもいただいたりして、生きることに必死過ぎて見失ってた承認欲求がちょっぴり回復してきましたよありがとうございます!!今のうちにちょっくら新しい記事でも書いてみようかと思います!あ、S4の元ネタを求めていらっしゃった方は、大御所がやってらっしゃるんでそちらへどうぞ!!



……さて。ちゃんとした元ネタを求めていらっしゃった方は既にハヤカワ書房に行かれたと思うので、もう友人知人しか読んでないと信じてぶっちゃけますが、S4は大ネタが過ぎますよね!

ただでさえどったんばったん大騒ぎな第4シリーズで存在感が大きいのは、やはり「ホームズ家のもう一人のきょうだい」ユーラス・ホームズ。ていうか、あり過ぎるわ存在感。 7年間一応ミステリーという体裁を保ってきたシリーズを、たった1.5話かそこらでサイコ・スリラーに塗り替えた実力の持ち主です!もうアンタが優勝!ちゃんぴよん!!次点は数世紀にまたがって友情+ほのかなブロマンスを貫いてきたホームズとワトスンの仲をドロドロにした、メアリ・モースタン!おめでとう!おめでとう!ありがとう!【新世紀エヴァンゲリオン:終】

……そんな無意味なランキングはいいんですよ。(ごめんなさい、更新久しぶり過ぎてだいぶとっちらかってます)
グールド説を下地に「もう一人兄弟がいるのか」と思わせておいて女性だった、というのは、第1シリーズ1話でシャーロックがジョンのきょうだいの性別を間違えたことの裏返し。こういうのがすごく巧いですよね、このドラマは。
第4シリーズには、これまでにシャーロックとジョンの二人がしたこと、されたことが「返ってくる」描写がいっぱいある。少しずつ追っていきたいと思います。

ところで、英語で書かれたものを読む時たまに立ちはだかるのが「兄か弟か/姉か妹か」問題。
brotherにもsisterにも、年上か年下かという意味は含まれてませんからね。「姉・妹・兄・弟」の漢字一文字で年齢差まで表現するのは、何につけても年上を重んじる文化だからこそ、なんでしょうね。

このブログの初期の記事でも、ジョンのきょうだい・ハリエットを「姉」ということにしちゃってますし、たしかNHK版でもそうなってた。
のちにSHERLOCK CONでジョンのプロフィールが発表され、妹だと判明したと聞きました。あの時はびっくりしました。
私も含め多くの人がハリエットを「姉」だと思ってしまったのは、彼女の元ネタのせいなんです、たぶん。

“Quite so. The W. suggests your own name. The date of the watch is nearly fifty years back, and the initials are as old as the watch: so it was made for the last generation. Jewellery usually descends to the eldest son, and he is most likely to have the same name as the father. Your father has, if I remember right, been dead many years. It has, therefore, been in the hands of your eldest brother.”

「そうさ。Wは君の姓だ。制作日付は五十年ばかりまえで、彫りこんだ頭文字もおなじくらい古くなっている。つまりこれは、われわれの親の代の代物なんだ。貴重品というものは親から長男にゆずられるのが普通で、その長男は父親とおなじ名をあたえられることが多い。君のお父さんはたしか、だいぶ前に亡くなったとか聞いている。だからこの時計は、君のいちばん上の兄さんが持っていたのだ」(『四つの署名』)



ね?原作ではもうはっきり「長兄」ということになってる。原作読んでる人はこれを踏まえるから、「ハリエットはジョンより年少」というはっきりとした根拠がない限りは「姉」と訳すと思うんですよ。
ユーラスも、NHK版ではシャーロックの「妹」ということになってます(スクリプトをきちんと読み込んでいないので、もし作中にシャーロックとユーラスの年齢差に言及があったら、お教えいただければありがたいです)。
幼少時の二人の描写を見ると、シャーロックが弟のように見えなくもないのですが、ユーラスが妹なのだとしたら、こちらがその元ネタかもしれません。

“But you would not advise me to refuse?”
“I confess that it is not the situation which I should like to see a sister of mine apply for.”

「でもそれでは、断ったほうがよいとおっしゃるのでもございませんのね?」
「正直に申しますと、これが自分の妹か何かだったら、こういう質問はいやだと思いますね」



And yet he would always wind up by muttering that no sister of his should ever have accepted such a situation.

そのくせそのあとではかならず、自分の妹ならけっしてあんな家へやりはしないとつぶやくのがきまりだった。



上記2つの引用は、『椈屋敷』から。
家庭教師の職に就くヴァイオレット・ハンター嬢が、雇い主の提示した奇妙な条件について、ホームズに相談に来る場面。日頃女性に関心のないホームズが見せた保護者的な態度に、ワトスンも驚いています。事件の解決とともにホームズはハンター嬢に関心を示さなくなるので、「自分の妹なら就職には賛成しない」というのは「根拠が足りないので探偵として引き止めることはできないが、なんだか嫌な予感がする」くらいの意味でしょうが、ヴァイオレット・ハンターの描写には、確かに「ホームズの妹」的な賢さと勇敢さがあります。
ハンター嬢の年齢ははっきりと書かれているわけではありませんが、the young ladyとなっていますし、家庭教師としての職歴も5年ほどのようですから、ホームズやワトスンより若いはず。「妹」と訳されるのは自然な感じがします。

ユーラスの名は『最後の挨拶』の「東の風」から来ていますが、シャーロックの姉妹、という設定は『椈屋敷』も意識されているかもしれません。
『椈屋敷』は郊外の一家庭という閉鎖的な環境で、若い女性が監禁される話です。
それが現代版の(郊外にある)ホームズ家や、「長男の名」から転じて特殊な監禁施設となった「シェリンフォード」を想起させるような気もします。

「君はこういうことに気がついているかい。僕のような傾向をもつ男には、何を見ても自分の専門にむすびつけて考えないじゃいられないという精神的苦痛のあることを?君はこうした農家の点々としている景色を見て、美しいと感嘆している。だが僕にとっては、こういう景色を見ておこる感じは、家のちりぢりにはなれていることと、したがって人知れず罪悪が行われるだろうということだけなんだ」
「驚いたな。このふるい農家が点在するのを見て犯罪を連想するやつがあるもんか!」
「ところが僕にはいつでも一種の恐怖なんだ。僕は自分の経験に照らして信じているが、美しく平和そうな田園というやつは、ロンドンのどんなに卑しい裏町にもまして、怖るべき悪の秘密をひめているものだよ」
「嚇かしちゃいけない」
「嚇かしなもんか。それにはちゃんとした理由があるんだ。都会では法律の手が届かぬところにも、世論の力というものがあって、代りをつとめてくれる。どんなにひどい裏町へはいっても、子供の苛められる泣き声とか、酔っぱらいのなぐりあいの物音とかは、必ず隣近所の同情をひき、憤慨をかもすものだ。そして司法機関はいたるところ手近に備わっているのだから、ひと言それと訴えさえすれば、たちまちその出動をみるので、犯罪から断罪まではほんの一歩に過ぎない。
けれどもあの寂しい家々を見たまえ。みんなはなればなれにひろい地所にそれぞれ独立していて、多くは法律のほの字も知らないような無知な人たちが住んでいるのだ。こういうところでひそかに悪事が行われたとしてみたまえ。おそらく何年でもその秘密は埋もれたままで、世に知れることはないのにちがいない。(後略)」



『椈屋敷』で郊外に向かう列車の中での、ホームズとワトスンの会話です。
『海軍条約文書事件』でのホームズは、逆にロンドンに入っていく列車の中で、高架から町並みを見下ろすのは心楽しいことだと語り、レンガ作りの公立学校を未来を照らす灯台だと、そこからより賢くて素晴らしいイングランドの未来が生まれてくると表現します。
(後年田舎で暮らすことを選択しますが)この頃のホームズは、都会化していくこと、無知で閉鎖的な人々が啓蒙され均質化されていくことで世界がより良くなっていくのだと、信じていたのかもしれません。
対して現代版のシャーロックは、インターネットを駆使してホームズよりもずっと多くのデータを手に入れられる時代に生きながら、自身の家族の記憶に大きな穴を抱えていた。この対比も面白いと思います。

(原作からの引用はすべて延原謙訳)
スポンサーサイト



プロフィール
Author:ナツミ


シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

エイプリルフール記事を片付けました。

例年、背景画像を変えて違うサイトに擬態したり、ブログ名を変えたりと派手派手なネタが多かったのですが、すっかり過疎った状態で地味にひとつ記事を追加しただけの今年、多くの人の心にひっかき傷を残すことになろうとは……(追記参照)
マジすみませんでした……

ネットを見渡して思ったんですが、ウェブサイトがエイプリルフールに全力でウソをつく!という風習(?)自体が古びつつあるのかもしれませんね。
私は好きなんでやりたいですけど。

メールはこちらへ

カテゴリ
最新記事
最新コメント
Twitter
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura