最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

キティ・ライリー

"The Reichenbach Fall"でシャーロックを偽物扱いする記者、キティ・ライリーの元ネタって誰でしょう。
シャーロックをして「君には吐き気がする」と言わせるほどのキャラクター。脚本の方が個人的に、この手の「話を作っちゃう」ゴシップ記者にうんざりしてるんじゃないか、と想像してしまうくらい、インパクトありました。

原作でキティといえば、『高名な依頼人』のキティ・ウィンター。

It seems that he had dived down into what was peculiarly his kingdom, and beside him on the settee was a brand which he had brought up in the shape of a slim, flame-like young woman with a pale, intense face, youthful, and yet so worn with sin and sorrow that one read the terrible years which had left their leprous mark upon her.

得意の世界に潜りこんできたらしく、そのしるしをそばのソファに控えさせていた。きゃしゃな、燃えるような若い女である。青じろい情熱的な若い顔はしているが、罪悪と悲嘆の生活に疲れはて、ライ病めいた痕跡さえのこして、永く荒んだ生活をしてきたことが見てとれる女であった。



There was an intensity of hatred in her white, set face and her blazing eyes such as woman seldom and man never can attain.
彼女の白い、決意にみちた顔や、ぎらぎら光る眼つきには、はげしい憎悪があった。男には決して見られない顔つきである。



激しい性格が似ているといえば似てる。
キティの部屋の窓からジムが逃走する場面(原作ではホームズが逃走)や、ジムがジョンに縋り付く描写は、グルーナー男爵の部屋での出来事を思わせます。ジムの容姿や女性を簡単に騙しちゃうとこは、グルーナーっぽくもあるんだよな……(←この間ジョン・クレーって言ったくせに)。

れすとら様は「花婿失踪事件」からの元ネタ引用をご指摘の上で、"A Case of Identity"という原題と"The Reichenbach Fall"のテーマの類似性にも言及なさっています。なるほど~!!

GET SHERLOCK 「SHERLOCK S2E3 ライヘンバッハヒーローと”A case of identity”」

れすとらさんの鋭いご指摘にはもちろん大賛成なのですが、ひとさまの引用で終わるのも何なので、私なりに屁理屈を付け足してみたいと思います。
"The Reichenbach Fall"というお話の元ネタは『最後の事件』に間違いないのですが、私には、『赤髪組合』の影もあるように思えるんです。
ロンドン塔、イングランド銀行、ペントンヴィル刑務所に「侵入」したジムが、『赤髪組合』の犯人ジョン・クレーに似ている、と感じたことは前にも書きました(過去記事;『ジム・モリアーティーとジョン・クレー』)。
それを前提に、「ジョン・クレーが目をつけて利用したジェイベス・ウィルスン」=「キティ・ライリー」という説を立ててみる(という暴挙)。
ちなみにれすとらさんご指摘の「机仕事による圧迫痕」は、ジェイベス・ウィルスンにもあります。

『最後の事件』と『赤髪組合』のつながりといえば、グラナダ版。
『赤髪組合(グラナダ版和訳は「赤髪連盟)』は黒幕が実はモリアーティだった、という原作にないエピソードでお話が終わり、そのまま『最後の事件』につながっていく、という構成になっています。
『赤髪組合』の大掛かりなトリックには、犯罪王モリアーティがバックについていたという「裏設定」がいかにも相応しく、すごい説得力だ!と感じ入ったものです。
グラナダ版『赤髪組合』の印象的な改変はこれだけではなくて、相場の半額でクレーを雇ったウィルスンを、「ホームズからの伝言」と言ってワトスンが批判する場面もありました。その時の台詞と、「モリアーティの正体はシャーロックが雇った俳優リチャード・ブルック」と主張するキティ・ライリーが「もっと彼に給料を払っておけばよかった(裏切られずに済んだ)のに」と吐き捨てる台詞も呼応してる、かもしれない。立場は逆ですけど。


悪党たちにいいように使われてしょんぼりするウィルスンは、愛すべきキャラクターと言えないこともないのですが、ホームズとワトスンに爆笑されてしまいます。グラナダ版でも、鈍い人物として描かれている。
れすとらさんもご指摘なさっていますが、キティ・ライリーはジムに騙されているので、彼女もある意味被害者です(NHK版では省略されていましたが、ジムにダーリンと呼ばれているので、多分モリーと同じような騙され方をしてます。キティ・ウィンターも男に弄ばれたクチ)。
シャーロックの疑惑が晴れ、The SUN紙に謝罪文を寄せた(ジョンのブログ参照)キティ・ライリーのその後は描かれませんでした。

従業員に正当な報酬を払っていないのに、降って沸いた儲け話に夢中になるウィルスン。
「ジョン・ワトスンとはプラトニックなのか」などと、端から扇情的な記事を書く気満々で、ジムの持ってきた話の裏をとることもなく(←ここ重要ですよ、ジャーナリストなのに!)乗ってしまうキティ・ライリー。
二人共「悪い人」ではないものの、悪気なく人を食い物にしてしまうタイプ。愚かであることが、罪というべきか。

ちなみにキティ・ウィンターは硫酸浴びせという、ものすごく「悪いこと」をやってのけるのですが、復讐100%でなく、自分と同じように騙される女を救いたい、という義侠心めいたものも見て取れる。後日、裁判で情状酌量されるところまでが描かれています。
ホームズはキティ・ウィンターのような、何ていうんでしょう、同情の余地ある?気骨ある?犯罪には寛容(たとえそれが殺人であっても!)な一方で、「法の上では罪にならない、小狡い悪党」には厳しい。ミルヴァートン然り、"A Case of Identity"のウィンディバンク然り。庶民の代弁者というか、いかにも娯楽小説の主人公らしい感覚ですが、それは独りよがりの正義と言えないこともない。

キティ・ライリーは名誉欲にまみれた愚かな記者として描かれていますが、少なくともこの場での彼女は、自分こそ正義の代弁者だと自負していたんだと思います。「あなたには吐き気がする」とシャーロックに言われた言葉を突き返す彼女には、人の顔に硫酸を浴びせるくらいの迫力がある。
いや、まさに浴びせたんでしょう。本物の硫酸を浴びせるよりも、強烈な何かを。「高名になりたい」という欲望を持った彼女にとって、「評判を地に堕とす」行為は殺人以上の攻撃のはずです。
「誰が正しいのか」が一瞬揺らぐからこそ、この場面は怖い。"You repel me"(君には/ あなたには吐き気がする)という台詞の応酬が力関係の崩れを象徴していますが、ひょっとしたらこの「揺らぎ」の予兆は、ウィルスンやウィンターなどの「愚かな」キャラクターと、シャーロックの行動を巧みに入れ替えることで、演出され続けていたのかもしれません。

ウィルスンやキティ・ウィンターに潜む「悪気のない悪」。それを、キティ・ライリーも受け継いでいます。
自分が絶対的な正義の側にいるという確信は、「愚かさ」がないと生まれない。そこにこそ、本物の狂気があるような気がします。そういう意味では、シャーロックもジムも、狂い損ねてしまった人たちなのかなあ、と思いました。


……と、色々屁理屈こねたんですけど、まあ「ウィルスン=キティ・ライリー説」の一番の理由は、キティ・ライリーの髪色が赤っぽいっていうことですよね……(そんなことかい)。
キティ・ウィンターはどうだったんでしょう。先の引用には髪色の描写がないのですが、顔の青白さといい、気性といい、この記事にある「赤毛の人の(ステレオタイプな)印象」には合致してる気もします。

NAVER 「赤毛はなぜ差別?映画や小説キャラへの理解が深まる豆知識!」
スポンサーサイト
プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

『高名の依頼人』のこと書きましたが、6月24日までグラナダ版がGYAOで無料で観られるそうです。
こちら

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura