最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モルグにて

現代版の青白い光(蛍光灯かな)を見慣れたせいか、「青い炎のちろちろするブンゼン灯(『緋色の研究』)」に「ホントだ!めっちゃチロチロしてる!」とやたら感激するモルグのシーン。 

モルグでのホームズの第一声は、”Please tell me which idiot did this(どこの馬鹿がこんなことをした)!"。
『緋色の研究』のホームズも、現場に到着するなり怒ってました。現場保全の重要性を理解せず、前の道についた足あとを踏み荒らした警官たちに怒っていたわけですが、こちらでは「死者による犯罪」を本気で信じているアンダースンたちに苛立っているようですね。
原作でも
この事務所は大地にしっかり足をおろしているのだ。今後もそうでなければならない。世の中は広いのだ。幽霊まで相手にしてはいられない。(サセックスの吸血鬼)

というスタンスです。

そして、まさかのモリー男装!「いや、見抜けない人のほうが珍しいだろ!」と思わざるを得ませんが、シャーロックの脳内では

ワトスン→気づいてる
アンダースン→気づいてない
自分→気づいてない

という設定なんでしょうか。あとでモリーが女性として登場した時に驚いてるので、気づいてたけど気づかないふりをしてる、というわけじゃなさそうですよね。
そうだとしても、「気づかない自分」という設定はシャーロック本人によって行われたわけで、よく考えるとたいへん複雑なことになってます。

原作では、アイリーン・アドラーの男装に、ホームズ・ワトスン共に気づけないんですよね。

ベーカー街に帰りつき、戸口でホームズがポケットの鍵をさぐっているとき、通りがかりに声をかけた者がある。
「シャーロック・ホームズさん、こんばんは」
通行人は幾人かあったが、言葉をかけたのは、急ぎ足に遠ざかっていったやせ形に長外套を着た青年だったらしい。
「聞きおぼえのある声だ」ホームズは街灯のほのぐらいなかにじっと瞳をこらした。「はて、どこのやつだろう?」(『ボヘミアの醜聞』)
これが、ホームズにとってながく忘れられない大失敗になってしまうわけですが、逆パターンもあって、男性の女装は見抜いてるんです。

「どうだい、うまくいったね」ホームズは逸りたつスパニェルの首輪に紐をつけながら、
「女主人だと思ったのが別人だったのだ。犬はけっして人違いはしないからね」
「あの声は男だったぜ!」
「そうさ。これでカードがまた一枚手に入ったわけだ。だがこのカードを使うには、やっぱり慎重でなければならないよ」(『ショスコム荘』)
だから単純に「異性装を見抜けない」わけではなくて、ホームズにはどこか、女性に対して腰のひけてるところがあるという解釈もできるかもしれない。
もちろん、上記のケースだけでは何とも言えません。その場面に至るまでの経緯も異なるし、それだけアイリーンの演技が見事だった、という見方もできるでしょう。
しかし『忌まわしき花嫁』という作品は「ホームズと女性」というテーマに深く切り込んでいますから、シャーロックによるモリー男装設定にも「19世紀に女性の検屍官はいないので、苦し紛れに」以上の意味があるのでしょうね。 【追記:2016.7.23】ミナミナさんに教えていただいたのですが(ありがとうございます!)、男装したモリーのモデルは、ジェイムズ・バリーという実在した男装のお医者さんだと、脚本のマーク・ゲイティス氏がおっしゃっていたそうです。全然知りませんでした!事実は小説より奇なり……! もっと言うと、シャーロックには「自分だってモリーやジャニーンにとっては、『女を弄んだ男』なんだ」という自覚があるんですよね。後に彼女たちが登場する場面にたどり着いたら、またゆっくり考えたいです。

”There are two features of interest,as you are always saying in Dr.Watson's stories.”
”I never say that.”
”You do, actually, quite a lot.”
「ワトスン先生の小説で君がよく言うように、『興味深い点が二つある』」
「そんなこと言った覚えはない」
「それが言ってるんだよ、しょっちゅう」(拙訳)
映像化ホームズの醍醐味のひとつに、「ワトスンが語った話」と「ホームズとワトスンに実際に起こったこと」のズレを楽しめる、ということがあります。ホームズの台詞をワトスンが脚色する、ということもありそうですよね。 そこから更に読者がホームズの台詞を作ってしまう、ということもあり、その代表格が「初歩だよ、ワトスン君(Elementary, My dear Watson)」。 
ElementaryもMy dear Watsonも作中には出てきますが、組み合わせて用いられたことはない、というのは、わりと有名な話だと思います。でも、誰かに「ホームズのものまねして」と言ったら、この台詞を言うんじゃないかな。それくらい有名な台詞ですよね。『忌まわしき花嫁』のラストシーンでも、印象的に用いられています。 

さて、こちらは他作品のネタバレになるので閲覧に注意していただきたいのですが、ワトスンが「双子説」に固執するのは 
 

 2004年のBBCドラマ"The Case Of The Silk Stocking"から、と教えていただきました(ありがとうございました!)。ルパート・エヴェレットがホームズ、イアン・ハートがワトスンのシリーズです。日本でも『淑女殺人事件』というタイトルでDVDになってますね。私は未見なのですが……
原作で双子がキーになる話ってありましたっけ。『四つの署名』のショルトー兄弟や『まだらの紐』のストーナー姉妹は双子だったけど、謎解きには特に関係無かったような。語られざる事件はどうだったかな?
それにしても、ジョンは絶対しなそうな、「どうですかこの推理!」と言わんばかりの無垢な瞳、byマーティン……うっかり、新たな性癖に目覚めそうになりましたよ。

血で描かれたyouの文字はもちろんジムの「IOU」に繋がっていますが、原作の元ネタを紐解くなら、『緋色の研究』の『RACHE』でしょう。
「RACHEというのはラッヘと読んで、ドイツ語で『復讐』という意味です。だからレーチェル嬢の捜査なんかに、大切な時間を空費しないようにしたまえ」(『緋色の研究』延原謙訳)
更にこれは現代版『ピンク色の研究』の元ネタでもあるわけで、つくづく、あちこち複雑な入れ子構造になってます。

ワトスンが「ある分野においてはホームズより鋭い」と言うのは、言わずと知れたこれですよね。
「ワトスン君、女性は君の受け持ちだ。あの夫人の目的はなんだと思う?何がほしくてやってきたのだろう?」(『第二の汚点』)
初見の際は「いや、アンダースン以外地球上の全員が気づいてるよ!」とツッコむので精一杯でしたが、このワトスン=シャーロックの頭の中にいるジョン、としてこの場面を見直すと、どうも、「普段は過剰なほど道化を演じているが、実は鋭い」というイメージを、シャーロックはジョンに対して抱いているのかもしれない。
ジョンが「賢さを隠している」という印象は、私にはなくて、「賢さの種類がシャーロックと違う」というように受け止めていたのですが、シャーロックはそういう風には考えないのかもしれないですね。
彼が「ジョンに自分にはない美点がある」と認めているのは、結婚式のスピーチで明らかになっていますが、シャーロックにとって「賢さのベクトル」というのはあくまで一方向しかなくて、自分とジョンの資質の違いを、まだ根本的には理解できていない。その辺に、ホームズ兄弟と「金魚たちの世界」との齟齬を見いだせるのかも、というのは考え過ぎかな。

(原作からの引用はすべて延原謙訳)
スポンサーサイト
プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

ご閲覧やRSS登録ありがとうございます!まだ廃墟じゃありませんよ~!亀の歩みですが、過去の振り返りも含めてのんびり元ネタ探し続けていきたいと思います。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。