最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

ポケットに銃を

一年かけてのろのろと進めてきた「第3シリーズ元ネタ探し」も、そろそろ一周目の終わりに近づいています(網羅するのは私にとっては難しく……どのシリーズも二周、三周しなくてはならないのですが。まだまだ、ホームズ兄弟のお母さんの著書、アイリーン・アドラー、ディオゲネス・クラブなど、『触れなくてはいけないけれど、自分なりに納得してから書きたいこと』がたくさんあるのです)。

とりあえず、元ネタがしっかりわかっている(つもりの)ものから書いていこうと思います。
ホームズ家のクリスマスディナーに、なぜか銃を持ってきてるジョン。

"But it's Christmas! "
"I feel the same. ……Oh, you mean it's actually Christmas. Did you bring your gun, as I suggested?"
"Why would I bring my gun to your parents' house for Christmas dinner?"
" Is it in your coat?"
" Yes."
「でもクリスマスだぞ」
「僕も嬉しいよ。……・ああ、君が言いたいのは実際に今クリスマスだってことか。言っておいたように、銃を持って来たか?」
「何で君の実家のクリスマスディナーに招かれるのに銃を持ってくるんだよ」
「コートの中か?」
「ああ」 (拙訳)



こんな状況でも、シャーロックとジョンの会話は漫才のように軽妙。
「お祭りだ、嬉しい!」というような意味での" it's Christmas"は、"A Study in Pink"での二人の初の共同捜査の日、難事件に浮かれるシャーロックがつぶやいてた台詞。、「ホームズ家のクリスマスディナー」にも、同じ話でマイクロフトが言及していましたね。やはり、第三シリーズは一つの区切りになるのかな。
ベネディクト・カンバーバッチの実のご両親が演じた、シャーロックとマイクロフトのモデルになった人物も探ってみたいと思います。

それは置いといて、今回は銃の話。
ホームズがワトスンに銃を携帯させる場面は何回もあります。
まずは「緋色の研究」。

「そのときはすっかり僕にまかせとくさ。君は銃をもっているかい?」
「ふるい軍用拳銃と弾丸がすこしある」
「じゃそれを掃除して、弾丸をこめといたほうがいいだろう。その男はきっとむこう見ずの命がけでやって来るのだろうからね。それは僕としても油断さしといて捕えるつもりだけれど、万一の場合には備えておくほうがいいからね」



「頼む。そしてね、少々危険があるかもしれないから、軍用ピストルをポケットに忍ばせてきたまえ」(『赤髪連盟』)



「ポケットにピストルを忍ばせていってくれるとありがたいな。鋼の火掻棒を飴のように曲げてみせる男にゃ、イリーの二号ピストルくらいはないと話になるまいよ。ピストルと歯ブラシだけ用意してゆけば、たいてい間に合うだろう」(『まだらの紐』)



後述する過去記事「ワトスンの強さ」で、「イリーの二号」はピストルではなく弾丸の名前、というご指摘をいただいています。それにしても『ピストルと歯ブラシだけあればいい(That and a tooth-brush are, I think, all that we need.)』って、やたらかっこいいですね……

しまいには、自主的に持参するようになったワトスン……

だが、目的地に近くなったころ、彼は急に私の正面に来て坐り――そのときは二人で一等車を独占していたのだが――私のひざに片手をおいて、こういう気分のときの癖で、妙にいたずらっぽい眼つきで私の目の中をのぞきこんでいった。
「ワトスン君、きみはこうした冒険に出かけるときは、よく武器を忍ばせたような気がするがねえ」
私がそれをするのは彼のためなのだ。ホームズときたら、事件に心を奪われると、自分の安全をも顧みない男だから、私のピストルが物をいったことも一度や二度ではない。(ソア橋)



ホームズのために銃を携えていた、と言うワトスン。
"A Study in Pink"で引き出しから銃を取り出すジョンの表情は、それ以上の物を抱えていたように思えます。
ジョンにとって銃は、従軍時代の、戦士としての自分の象徴のようなものだったのでしょう。楽しい思い出ばかりだったはずはありません。いろいろな意味で、重荷である。でも、その過去にすがっている自分もいる。
そのジョンも、シャーロックと冒険を続けることによって、「ソア橋」のワトスンと同じような気持ちを抱くようになってきたのかもしれません。
武器は武器として、過剰な意味をまとわせることなく、友人の命を守る道具のひとつとなったのでしょう。
原作のワトスンもまた、同じような心の変遷をたどったのかもしれません。
ホームズとワトスンの「銃を持ってきたか」というやりとりには、生死を共にする仲間だけが分かち合う、独特な親密さと乾いたユーモアがあるように思えます。現代版シャーロックとジョンのやりとりにも、それと似たものを感じます。

ジョンの銃がどんな銃なのかは、わたしにはちんぷんかんぷんなのですが、こちらの記事のコメント欄では、銃に詳しい方々が華麗な解説を繰り広げてくださっています。ご興味のある方はぜひご覧ください。
過去記事:「ワトスンの強さ」

ひとつだけ「銃」に関しての補足をします。
シャーロックがメアリの銃を特定しようとする場面で、"Cat-0208""Cat-077839"などの名前が現れるのですが、これは初対面の時シャーロックが見抜いたメアリの情報として現れるテキスト"Cat Lover"と呼応する、と教えていただいたことがあります(その方も、『ネットでこういう説がありますよ』というように教えてくださったので、ソースははっきりしないのですが)。
非常に面白い説だと思うのですが、もしそうだとしたら、シャーロックはどういう根拠をもって"Cat Lover"という情報を導き出したのかしら。かなり漠然とした"Liar"とは違って、メアリの裏の顔をはっきりと打ち出してしまうキーワードですよね。シャーロックの推理は単なる「猫好き」で、名前が一致するのはメタ的なお遊び、ということなのかな。

(原作からの引用はすべて延原謙訳)
スポンサーサイト

引き立て役の真実

れすとら様とコメント欄でお話させていただいて、ひさしぶりに「競技場バザー」を読み返しました。(その時ご紹介した、望 岳人様のブログ「日々雑録 または 魔法の竪琴」へのリンクも再び貼らせていただきます。「競技場バザー」の原文と全訳を載せてくださっています→こちら)、
"The Sign of Three"にここからの引用と思われる場面がありましたので、忘れないうちに記録しておこうと思います。「消えた臨急」といい、第3シリーズは「外典」からの引用が続きますね。「シャーロックのスピーチ」という記事に追記しようと思ったのですが、スピーチ前半への言及があまりなかったので、新たに記事を立てることにしました。見落としがあれば、また付け足していきたいと思います。

"If I burden myself with a little helpmate during my adventures ,this is not out of sentiment or caprice, it is that he has many fine qualities of his own that he has overlooked in his obsession with me. Indeed, any reputation I have for mental acuity and sharpness comes, in truth, from the extraordinary contrast John so selflessly provides. "
「僕の冒険にちょっとした助手を頼むのは、感傷や気まぐれからではありません。僕のことを過大評価するあまり 彼自身見落としているものの、ジョンにはジョンの美点がたくさんある。
実のところ、僕に鋭敏、有能と言われるなら、それはジョンが引き立て役を買ってでてくれるおかげだ(拙訳)」


この辺は「白面の兵士」からだと思います。

Speaking of my old friend and biographer, I would take this opportunity to remark that if I burden myself with a companion in my various little inquiries it is not done out of sentiment or caprice, but it is that Watson has some remarkable characteristics of his own to which in his modesty he has given small attention amid his exaggerated estimates of my own performances.
ワトスンの話が出たから、この機会に述べておくが、私が今日まで多くのつまらない事件にこの古い友人であり伝記作者でもある男と行動をともにしてきたのは、感傷や気まぐれからではない。ワトスンにはワトスンなりに著しい美点があるからであって、彼は謙譲な性格から、私の実績を誇張して評価するのあまり、自分のことにはあまり思い至らないのである。(延原謙訳)



続いて、「競技場バザー」が混ざってきますね。

"It is a fact, I believe, that brides tend to favour exceptionally plain bridesmaids for their big day. There is a certain analogy there, I feel. And contrast is, after all, God's own plan to enhance the beauty of his creation."
「自説ではありますが、結婚式で花嫁は、ことのほか地味なブライズメイドを選びたがる。
それと同じだと思います。つまるところ対比とは、創造物の美を引き立てるための、神の摂理なんです(拙訳)」



"You will not, I am sure, be offended if I say that any reputation for sharpness which I may possess has been entirely gained by the admirable foil which you have made for me. Have I not heard of debutantes who have insisted upon plainness in their chaperones? There is a certain analogy."
「こう言っても君は気を悪くはしないと思うんだが、僕が鋭敏だと言われているとすれば、それは君が素晴らしい引き立て役を演じてくれるおかげだね。社交界にデビューする淑女が介添えの女性に望むのは、目立たなさだと言うじゃないか?それと同じだよ。(拙訳)」



「白面の兵士」のほうは引き立て役がどうこう、という話にはならず、ワトスンが先のこと全然見えてないからやりやす~い(大意)みたいな続きがあります。どっちにしても失礼ですが、ひょっとしたら皮肉ではなく、純粋にワトスンがもたらす利益に感謝し、文字通り褒めてたのかもしれない、と、シャーロックを見てると思えてきます。
以下は「シャーロックのスピーチ」に書いたことと重なってしまいますが……

この後、シャーロックのスピーチは感動的な「どんでん返し」を見せます。イヤ、たぶんシャーロック自身は一貫して事実を言ってるだけで盛り上げてる意図ははないんでしょうけど、聞いてるほうは泣きそうです。シャーロックがどんなにジョンを大事に思っているか、「第三者にわかりやすく」伝わってくるんですね。

原作のホームズも、ワトスンにずけずけものを言います(ホームズ自身が書いた『白面の兵士』を読むと、作中に描写がないだけでワトスンも負けてはいなかったんだろうなあ、と察することはできますが)。
まあいいんですよ、当人同士がよければ。それこそがホームズの個性だ、とワトスンが一番よくわかっていたろうし、友情のあり方に他人が口出しするのは野暮かもしれません。でもやはり読者には、もやっとくるものがあったんじゃないでしょうか。
二人が考えていてもお互いに言葉にしなかったこと、あるいはわざわざ他人に見せなかったこと。このスピーチには、そんな「語られなかった友情」に対する読者の想像が、詰め込まれています。

ジョンとワトスンとドイル

“John, you are addicted to a certain lifestyle. You are abnormally attracted to
dangerous situations and people.”
「ジョン、君はこういう生活の中毒なんだ。君は異常なほど危険な状況や人間に魅了されてる」(拙訳)



シャーロックに、根っからの危険好きを看破されるジョン。
もちろん、原作のホームズもその点には気づいていました。

ホームズは私にソファをすすめ、自分も肘掛椅子にもどって、批判的な気持のときいつもやる癖で、両手の指をかるくつき合せた。
「ねえ、ワトスン君、何かしら奇異なこととか、紋切型な日常生活の退屈きわまる常軌を逸したことを愛する点では、君もあえて僕に劣らないようだね。その点は、僕の数多くのつまらない事件を、すすんで記述してくれた熱意が、十分証明していると思う。しかもこういってよければ、ちょっぴりと文飾をさえほどこした記述でね」(『赤髪連盟』)



こういう「スリルを好んでしまう性格」を、フランク・ファーレイ博士は「T型人格(Type T personality)」と定義しています。
博士によれば、「T型人格」は「知的T型人格」「身体的T型人格」に分かれます。科学者や画家は知的、身体の限界に挑戦するスポーツマンなどは身体的T型人格に分類されるようです。
単純に分けられるものでもなく、両方の要素がある人もいるかもしれませんが、ホームズは主に前者、ワトスンは主に後者に分類されるかもしれませんね。
ちなみにファーレイ博士、ワトスンが学んだロンドン大学でも学位をとっていますが、ワトスンの卒業した大学は、「外典」にあたる「競技場バザー」ではエディンバラ大学となっています。現代版ジョンは、キングス・カレッジ ロンドン校で医学士などの資格を得たようです。"The Blind Banker"で履歴書が大写しになる場面があります。

どうして「競技場バザー」でワトスンがエディンバラ大学出身になったのかというと、これは原作者のアーサー・コナン・ドイルがエディンバラ大学出身で、母校のバザーのために寄稿した作品だから、ということのようです。
エディンバラ大学は、ドイルがホームズのモデルとしたジョゼフ・ベル博士に出会った場所でもあります(私が世界で一番行きたい場所です)。ベル博士がホームズなら、その推理に驚かされる生徒であったドイルは、ワトスンの原型と言ってもよさそうです。

さて、ドイルと言うと、シャーロック・ホームズシリーズの作者であり、今日の探偵小説の基礎を築いた人として知られているわけですが、ホームズファン=ドイルのファンとは言い切れないと思います。「実はホームズを書きたくなかったんだけど、歴史小説で成功できなかったんだよね」とか、「コティングリー妖精事件に踊らされてやらかしちゃったんだよね」などと、ネガティブな認識をされてることが多い。でもドイルが好きな皆さん、そんな風に言われるたびに言い返したいですよね。「他にやりたいことがあった」という意味でも、「やらかしちゃった」という意味でも、そんなもんじゃねえぞ!と。

波乱万丈なドイルの人生をジョンのような「冒険野郎」という切り口でまとめてくれたのが、先日(2015年1月21日)放送されたNHKの番組 「ザ・プロファイラー ~コナン・ドイル 名探偵ホームズを生んだ挑戦人生」。
この番組では、ドイルの自伝「わが思い出と冒険」が何度か引用されてました。

わが思い出と冒険―コナン・ドイル自伝 (新潮文庫)わが思い出と冒険―コナン・ドイル自伝 (新潮文庫)
(1965/08)
コナン・ドイル

商品詳細を見る

自伝とはいえ、小説に劣らぬ面白さです。波乱万丈過ぎて。番組で割愛された登場人物やエピソードも相当面白いです。(変人というか、癖の強い人に出会う確率と、あしらいスキルの高さも何気にすごい。さすがワトスンの生みの親)
波乱万丈と一口に言っても、人や状況に人生をかき乱される人もいます。でも、ドイルは違う。NHKの番組をご覧になった方はお分かりかと思いますが、波乱に自分から飛び込んで行くんですね。学生時代はお金を稼ぐために捕鯨船に乗っちゃうし(一分で決めて次の週には乗船しちゃうんですよ……)、旅先のエジプトでイギリスが戦争を始めたことを知ると、その場で前線に送ってもらっちゃったり(ちなみに奥さんの療養のための旅行ですよ!外出先でホームズに合流するワトスンなんか可愛いもんだわ!)。負け戦とわかっても自分の正義を訴えるために選挙に出ちゃうわ、とにかく、ひとつのステージに安住しない。人権問題、植民地問題、スポーツ……新たな世界に、自分の頭と体でどんどん挑戦していく。

ボートはすでに燃やされたのだ。前進するしかない。

という表現が複数回出てきたと思うのですが、燃やしすぎです……

人から見ると「なんで!?」とつっこみたくなることも多いですが、ドイル自らの言葉で綴られた回想録を読むと、彼にとっては切実な理由があることがわかります。いまだ叩かれている心霊学への傾倒も、宗教では納得できないこと、科学では説明できないことへの探求心ゆえ。ドイルの行動原理は、挑戦精神、冒険心、使命感といったものであり、結果は二の次。成果を求めての冒険じゃなく、冒険自体が目的なんだと思います。富でも名誉でもなく「仕事が報酬」と言ってのけるホームズの言葉は、この人が書くからこそ説得力があるんですよね……
もちろんシャーロックもそうでしょうけど、ジョンのキャラクター像を作る上でドイルの人生が参考にされていたとしたら、シャーロックに「ジョンを頼む」と言われたメアリが

" Don't worry. I'll keep him.in trouble."
「心配しないで。絶えず面倒に巻き込むから(拙訳)」


なんて答えちゃうのも、むべなるかな、という感じです。

そして、ドイルはそんな自分の行動を美化しようとしない。だからこそ「ホームズ」で成功をおさめたにも関わらず、「実を結ばなかった部分」を嘲笑されたりもするわけですが、ドイルは成功も失敗も同じ温度で、情熱的に、率直に語る。そこには冷徹に物事を診断するホームズの目も、ロマンチストのワトスンの目も、確かに生きています。

まったくの余談なんですが、翻訳者・延原謙の「解説」で、ドイルが有名人との邂逅をやたら記録したがるのを「どうかと思う」と評しているのにいつもクスッとさせられます。
後の世代からみれば、歴史のパズルのピースがはまっていくようで大変面白く、ありがたいのですが。
ドイルが騎士なら、延原謙は侍の精神を受け継いでるんですよね、きっと。

(ホームズ原作、ドイル自伝からの引用はすべて延原謙訳)
プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

『高名の依頼人』のこと書きましたが、6月24日までグラナダ版がGYAOで無料で観られるそうです。
こちら

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura