最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レストレードの推理

なぜか毎年、年末になると「書き忘れていたこと」に気づきます。
(『なぜか』と書きましたが、シャーロックに推理してもらわなくても原因はわかってます、年賀状制作からの逃避です……)

レストレードが、シャーロックも解けなかったベインブリッジ殺害未遂事件への推理を披露するさせられる場面。

"If the blade was propelled through the, erm......grating in the air vent, maybe a ballistaor a catapult, um...Somebody tiny could crawl in there. So, yeah, we're looking for a dwarf."
「もし凶器にプロペラがついていたら……え~、換気扇から入れるかな、投石器、かカタパルトかも……
小人なら這って入れるはずだ。だから、そう…ドワーフをあたればいい」(拙訳)



言ってるそばから「違う」と思ってそうな口調に、涙が出そうです。シャーロック、無茶振りはやめてあげて!

一見トンデモ説のようではありますが、カタパルト説はちょっと「ソア橋」のトリックを思わせるような……違うような……(←お前もか)。
ドワーフ説は「四つの署名」のトンガからですよね。(トンガのキャラクターは、『毒の巨人』という事件で現代版にも採用されているので、レストレードの推理もあながち突飛とは言えないかも)
"A Study in Pink"のRACHEのくだりなんかもそうですが、"SHERLOCK"は原作で麗々しく登場したものごとをしれっとひっくり返してみせるのが面白いです。

ホームズには、

"Once you've ruled out the impossible, whatever remains, however improbable, must be true."
「不可能なことを取り除いたら、どんなにありえなそうでも残ったものが真実だ」

という名言がありますし、実際、作中で起こる事件は、常識人として描かれるレストレードには思いもよらないような奇想天外なものばかり。現代版レストレードがとっさにひねり出した迷推理には、もちろん刑事としての経験も生かされているでしょうが、「ホームズ」が書かれてから21世紀の現代までに書かれた、幾多のミステリー小説や映画が影響しているような気がします。一世紀以上経過するうちに、「犯罪捜査にありがちな発想」がひっくり返っちゃった、という感じでしょうか。

現代版レストレードは、推理力よりも人柄の良さ、懐の深さが強調されています。捜査能力に関しては、登場時点ですでにシャーロックに兜を脱いでいました。
一方、原作のホームズとレストレードは、仕事で切磋琢磨する間柄(少なくとも、レストレード側はそのつもり)。ホームズがレストレードに負けそうになって弱音を吐いたことだってあるんですよ。

ホームズの帰りはだいぶおそかった。憔悴し、いらいらした顔をひと目みて、あれほど張りきって出かけた目的が、満たされなかったなと知った。帰ってくるなり物もいわずに、ヴァイオリンをとって一時間ばかり、いらだつ心を鎮めるらしかったが、やがてそれを投げだすと、とつぜん、きょうの失敗の説明をはじめた。
「駄目だ。なにもかも駄目だ。僕はきょうレストレードの前で、大きな見えをきったが、今度というこんどはあの男のほうが正しくて、僕の見こみが誤っているのかもしれないよ。僕の本能の指示するところ、ことごとに事実とくいちがっている。この国の陪審員たちは、僕の理論を、レストレードの事実の羅列以上に買うだけの叡智の高峰にはまだ達していないからね」(『ノーウッドの建築士』)



レストレードに負けることを本気で怖れているというよりは、捜査が思うように進まない苛立ちが大きいのでしょうが、この短編では「ホームズ対レストレード」の意見の対立を主軸に捜査展開が描かれており、少なくとも途中まではレストレードが優勢です。物証と経験を総合して、考え得る仮説を立ててからそれを立証しようとするホームズと、「事実」を探し出して、そこからわかることのみを淡々と積み重ねていくレストレード。二人のスタイルの違いが、よく表れています。
そもそも、レストレードはけして無能な刑事ではありません。観察力・推理力ではホームズにかなわないし、想像を働かせて捜査するのは苦手ですが、事実を冷静に分析する力はありますし、何より、捜査官としてとても大事な特性を備えています。

「あの男も推理のほうはからっきしだめだけど、逮捕するだけなら信頼してまかせておける。やるべきことさえのみこんだら、まるでブルドッグのように粘りづよいからね(『緋色の研究』)」


"The Sign of Three"冒頭のウォーターズ事件では、原作のレストレードのように「粘り強さ」で逮捕にこぎつけたのだろう、と思わせる描写がありますよね。
レストレードの性格については、過去にもまとめたことがあるのでご参照ください。

過去記事:「レストレードについて

「ノーウッドの建築士」では、捜査方針でホームズと対立するレストレード、自分が正しいという確信を得てホームズを挑発するレストレード、負けを認めてホームズを称賛するレストレードなど、彼のさまざまな表情が見られます。
現代版レストレードが活躍するお話も、見てみたいです。シャーロックとの出会いや、彼の探偵としての力を認めるまでのなりゆきも知りたいですよね。

(原作からの引用はすべて延原謙訳)
スポンサーサイト

ショルトー少佐のスノーグローブ

『SHERLOCK』ファンブログの、クリスマスになるとなぜか工作に手を出して火傷するほう、21世紀探偵です。

結婚する友人のためにスノーグローブを作ったのがきっかけで、「今年はスノーグローブにしよう」と思いつきました。

『SHERLOCK』で最も雪景色が似合う人物※


……それはジェイムズ・ショルトー少佐。
(※独断と偏見で決定)
s-image+(2)_convert_20141224191917.jpg


詳しく述べるほどのアイデアでもないので、てっとり早く画像で表現するとこういう感じです。

s-image+(8)_convert_20141224192641.jpgs-image+(10)_convert_20141224192556.jpg

スノーグローブを作るのに必要なものはこんな感じ。
s-image_convert_20141224211007.jpg
針金、ニス、洗濯のり、ネイルアート用のラメとスパンコールのセット、ビーズ、樹脂ねんど。
すべて100円ショップで買えます。いい時代だなあ……

まず、中に入れる人形を作ります。
針金で大まかな形を作り、粘土で肉付けします。
s-image+(6)_convert_20141224192425.jpg
水の入ったガラス瓶に入れるとかなり太って見えるので、気持ち痩せ気味に作ったほうが良いみたいです。
(友人の犠牲のもと学びました)

ミルクピッチャーの中で乾燥待機の一夜を過ごされるショルトー少佐。
s-image+(3)_convert_20141224192140.jpg

勲章とか剣とかを大幅に省略されつつ、なんとなく完成したことにされるショルトー少佐。
れすとらさんのイラストが大好きなので、デフォルメする上で意識してみたのですが、お名前を出すのが失礼なレベルで似てないです……
s-image+(1)_convert_20141224191842.jpg
s-image+(5)_convert_20141224192319.jpg
s-image+(4)_convert_20141224193016.jpg

ニスを塗って、ここでまた一晩乾燥待ち。

さっきからちらちら後ろに写っている乾燥待ち仲間は、Sさんへのクリスマスプレゼントになった「プルシェンコ選手」です……。(『独身OLのすべて』のノブ子にしか見えないと評判です)


人形ができたら、用意した瓶の蓋に固定するのですが、作っているうちに大きくなりすぎて用意した瓶に入りませんでした。素人にありがちな凡ミス……!
s-image+(1)_convert_20141224221145.jpg
↑この瓶に入れたかった。オリーブが入ってた瓶なので、年末年始はアホほどオリーブを食べることになります。
マグヌッセン、手伝いに来てくれないか……

仕方がないのでまた100均に行って大きな瓶を買ってきましたが、形状がすでに全くスノーグローブじゃない。
中に入れる水には、洗濯のりを混ぜ合わせます。(水に粘度があると、入れたものがキラキラと舞う時間が長くなります)
ラメ、ビーズ、アルミホイルを小さく切ったものを入れます。
しつこいようですがすべて100均。
素人が軽率に新しいことに手を出せるのは100均のおかげです!

水が漏れないように、蓋と瓶の継ぎ目を樹脂系の接着剤でカバー。
s-image+(9)_convert_20141224192759.jpg
(そして乾燥にまた一晩……スノーグローブ作りは、手間はないが時間がめちゃくちゃかかるということがわかりました)

見栄えのしない部分を100均のスパンコールコードとかでなんか適当にアレして、完成!
(ここで"Let it Go"を頭の中で流していただければ幸いです。)


♪Let it go

s-PC240258_convert_20141224215802.jpg



♪Let it go

s-PC240257_convert_20141224215718.jpg


♪Can't hold it back anymore!
s-PC240249_convert_20141224215639.jpg


なんだ、この辛いクリスマス。



★いらっしゃらないとは思いますが、万が一「スノーグローブ作ってみよう!」と思った方がいらっしゃったら、きちんとした作り方が書いてあるサイトや本を参考になさってくださいね!上記の作り方は素人仕事なので、水漏れなどの事故の可能性があります。★

ジャニーンとアガサ

これまでもさんざん触れてきましたが、ホームズは完璧なヒーローではありません。失敗も欠点もたくさんありますし、捜査のためなら手段を選ばないことも。
中でも、「最っ低」と言われかねないのが、「犯人は二人」のアガサ問題ではないでしょうか。

「君は僕のことを、結婚したがっているとは思わないだろうね、ワトスン君?」
「思わないとも!」
「その僕に婚約ができたときいたら、びっくりするだろうね?」
「えッ! そいつはおめで……」
「相手はミルヴァートン家の女中さ」
「おやおや、なんだってまた……」
「聞き込みがほしかったんだよ」
「それにしても、婚約とはちと深入りしすぎたよ」
「止むをえない措置だったんだ。まず景気のいい鉛管工になったのさ。名まえはエスコットというんだ。毎晩彼女を散歩につれだしてね。のべつおしゃべりをしたものさ。うっふ、ぺちゃくちゃ、ぺちゃくちゃだ!だがおかげで、知りたかったことはみんなわかった。ミルヴァートンの家のなかは、まるで自分の手のひらをさすほど詳しく知っている」
「だってその娘がかわいそうじゃないか」
「しかたがなかったんだ」ホームズは首をちぢめて、「場にこんないい札の出ているときは、全力をつくして札を打たなきゃならない。(後略)」



「(前略)だがいやしくも紳士というものは、絶望のどん底に沈んだ貴婦人から助けを求められたら、自分の危険など顧みているべきじゃなかろう?」



……ダメだダメだ、どんなにフォローしてもしきれん!なんという下衆っぷり。
結婚詐欺だけでもどうしようもないですが、さりげなく騎士道精神をアピールしてるとこがほんっと腹立ちますね!お前がその口で言うなって話ですよ!ワトスンもワトスンだ、アガサをかばうなら最後までかばえよ!

怒るだけ怒ったので、ハイ現代版。

"Sherlock, she loves you."
"Yes. Like I said, human error."
"What are you going to do?"
"Well, not actually marry her, obviously.There's only so far you can go."
"So, what will you tell her?"
"Well, I'll tell her that our entire relationship was a ruse to break into her boss's office. I imagine she'll want to stop seeing me at that point, but you're the expert on women."

「シャーロック、 彼女は君を愛してるんだぞ」
「そう 言った通り。人的なエラーだ」
「どうするつもりだ?」
「うーん、実際に結婚しないのは確かだな。そこまではちょっと」
「じゃあ、彼女になんて言う?」
「そうだな、僕らの関係はすべて君の上司のオフィスに押し入るための嘘だったんだ、と言う。それでもう顔も見たくなくなるだろう。君は女性のエキスパートだから、別の見解があるかもしれないが」(拙訳)


最後のは「第二の汚点」からですね。

“Now, Watson, the fair sex is your department,”
「ワトスン君、女性は君のうけもちだ」



二人が忍び入ったところに先客の刺客がいるのは、原作通り。
マグヌッセンのガードマンが白人至上主義者なのは、「オレンジの種五つ」を思わせます。
ホームズが香水を嗅ぎ分ける能力を披露する場面は、「バスカヴィル家の犬」に出てきます。

「(前略)いやしくも探偵だというからには、かならず鑑別できなければならない香料が七十五種ある。僕の経験からいっても、においを敏速に鑑別し得たために事件が解決したことは二度や三度ではない。(後略)」



時代が違うせいか、ジャニーンの小悪魔的なキャラクターが前回から描かれていたせいか、シャーロックが原作のホームズみたいにもっともらしく大義名分を振りかざさないせいか、個人的にはそれほど腹立たしくないかな……

人的ミス、つまり個人の愛情を弱点として利用する方法は、第2シリーズではアイリーンからパスワードを引き出す決め手にもなり、シャーロックにとつても、ジョン、ハドスンさん、レストレードへの友情がジムと戦う上での弱みになっています。

原作と違うのは、ジャニーンの復讐と二人の和解が描かれているところ。
シャーロックとのゴシップをタブロイド紙に売ったお金で、田舎にコテージを買うというジャニーン。


"Sherlock Holmes, you are a back-stabbing, heartless, manipulative bastard."
"And you, as it turns out, are a grasping, opportunistic, publicity-hungry, tabloid whore."
"So, we're good then?"
"Yeah, of course.Where's the cottage? "
"Sussex Downs."
"Nice."
" It's gorgeous.There's beehives, but I'm getting rid of those."
「シャーロック・ホームズ、あなたって裏切り者で冷血で、確信的クソ野郎ね」
「そして君は貪欲で日和見で、目立ちたがり屋でタブロイド大好き女というわけだ」
「じゃあ、おあいこね?」
「ああ その通りだ。 コテージはどこ?」
「サセックス・ダウン」
「いいね」
「ゴージャスよ。ミツバチの巣があるの。私が処分しちゃうけどね」(拙訳)


サセックスダウンは、原作のホームズが引退後養蜂をやっていた土地。
「処分しちゃう」というのは、時を超えた小さな復讐になるのかな。

現代版のこのくだりが「腹立たしくない」理由が、もうひとつあるような気がします。
それは、ジャニーンの去り方が清々しいこと。
「シャーロックが自分を騙していたこと」にはもちろん怒り、しっかりちゃっかり「利益の伴う復讐」をしているけれど、「自分が恋に落ちたこと」は自分の問題である、と割り切っているように、彼女は見えます。
きっと、画面に映っていないところで泣いたろうし、この場面でも内心つらいと思うんです。でも、自分に起こったことの全部をシャーロックのせいにはしない。やられた分きっちりやり返したら、残った感情は、自分の問題として自分がなんとかするしかない。
それは、たくさん恋をしてたくさん傷ついた経験のある人にしかない潔さで、シャーロックにとっては眩しいものではないでしょうか。昼の光に包まれた彼女は強かで、思慮深く、美しい。がんじがらめになったシャーロックや、闇に紛れて嘘を塗り固めにくるメアリよりも、ずっと輝いて見えました。
(もちろん彼女とて、マグヌッセンを裏切った報復はきっちり受けたわけで、その後どうなったか気になるのですが……)

原作のアガサは、どんな女性で、あの後どういう人生を送ったのでしょう。
ワトスンの知らないところ(=書かれていないところ)で、新しい一歩を踏み出せるような素敵なことが彼女に起こっていたなら良いのですが。
はじめに引用した原作の、ホームズがアガサについて述べる文章は、こんな風に続きます。

"However, I rejoice to say that I have a hated rival, who will certainly cut me out the instant that my back is turned."



このrivalを延原謙版ではミルヴァートンのことと捉えて、こんな風に訳されています。

「だが僕としては、ちょっとでもすきを見せたが最後、かならず切りつけてくるような手ごわい相手を持っているかと思うと本望だよ。」



でも、rivalをホームズの「恋敵」と解釈すれば、「僕が背を向けたとたんに、アガサを奪おうとしている男がいる」とも読めますね。アガサもまた、ジャニーンのように恋多き女性だったのかもしれません。

どんなにホームズがアガサを巧く騙したとしても、恋愛は二人のものであって、その責任の半分は彼女自身にある。
アガサが、そんな風にも考えられる心の筋力のようなものを、備えている女性だったらいいなと思います。
グラナダ版「犯人は二人」は、その辺りを上手に描いてましたね。

(原作からの引用はすべて延原謙訳)
プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

ご閲覧やRSS登録ありがとうございます!まだ廃墟じゃありませんよ~!亀の歩みですが、過去の振り返りも含めてのんびり元ネタ探し続けていきたいと思います。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。