最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

ガラスに映る影

昨年末の記事「シャーロックとハドスンさん」で、シャーロックの帰還について

(肉親であるマイクロフトを除いては)やはりハドスンさんのところに最初に帰ってくるのではないかしら、と予想しています。
などと書いてしまいましたが大ハズレでした。
ひとかけらの迷いもなく、まっすぐジョンのところに帰ってきやがりました。ジョンはお前のお母さんか!?

私の無念は置いといて、ハドスンさんのところにシャーロックが帰ってくる場面。
夜、侵入者の気配を感じ、鍋を構えてドアに近寄るハドスンさん。そこに映る影……

まるでホラー映画のようですが、これは「空家の冒険」での、ホームズとハドスンさんの「共犯」場面からですね!
三年間「死んだ」ことになっていたホームズがいきなり帰ってきて「気絶せんばかりに」驚かされたハドスンさんですが、数時間後にはホームズの手伝いをやってのけます。

「おい、あの影は動いたぜ!」
窓にうつるホームズの影は、もはや横顔ではなく、こちらに背を向けているのである。
「むろん動いたろうさ」彼の無愛想さというか、自分よりも知能の低い者にたいする時の性急な気質は、三年たっても少しも緩和されてはいなかった。「一見して人形とわかるようなものを立てておいて、それでもってヨーロッパ有数のわる賢こい連中を欺けると、僕が思ってるとでもいうのかい?もうここへ来てから二時間になるが、ハドスン夫人が八回あの像を動かしてくれてる。十五分に一回の割だ。夫人はあかりの向うがわからそれをやれるから、決して窓に影がうつることはない。(後略)」



狙撃の名手が相手だから、すごく危険な任務なのですが、「おっしゃったように、ひざで歩いて致しましたよ」とにこにこしています。つくづく豪胆な女性ですよね。

「(前略)街路も暗いばかりで何事もなく、ただ向かいがわの窓だけが、黄いろいなかに黒くホームズのシルエットを浮きあがらせているばかりである。」という描写も、影がくるんと向きを変えるところも、よく再現されていますね。

ところで、ハドスンさん役のウーナ・スタッブズはひょっとしたらホラー映画に出たことがあるのかな?と思いついて検索してみたら、ミス・マープルシリーズの"sleeping marder"でコックさん役を演じていたのですね。私はまだ観ていないのですが、台所で侵入者に怯える場面があったりするのでしょうか。

(原作からの引用は延原謙訳)
スポンサーサイト

This is London

London, it's like a great cesspool into which all kinds of criminals, agents and drifters are irresistibly drained.
「ロンドン、それはあらゆる犯罪者、スパイ、浮浪者がどうしようもなくひきつけられる汚水溜めだ」(拙訳)


 
シャーロックのモノローグは、「緋色の研究」冒頭のワトスンの記述から。

Under such circumstances I naturally gravitated to London, that great cesspool into which all the loungers and idlers of the Empire are irresistibly drained.
そういう状況のもとにおかれた私が、全国の無為怠惰のやからたちが滔々としておし流されていく、あの下水溜めのような大都会、ロンドンへとひきつけられたのは、すこしの無理もないことだった。



(比べること自体に無理があるんですが、自分で訳してからあらためて引用すると、延原先生の日本語の美しさがなんと際立つこと……)

ホームズの活躍した時代は、産業革命でロンドンの人口が爆発的に増加した後。
産業革命はロンドンに繁栄、文化の発展をもたらしますが、その陰で貧困、犯罪も増えていきました。
その中で生まれたのが、レストレードの属する「都市警察」スコットランド・ヤードですね。

こちらの論文の「第二章・警察の創設」では、ホームズの時代のロンドンの人口増加とそれに伴うさまざまな事柄がわかりやすくまとめられています。

「ロンドンは如何に治められてきたか 」四日市大学地域政策研究所長 拓殖大学地方政治センター長 竹下 譲
(PDFファイル)


当時は貧民街だったドックに、シャーロックの時代には再開発で高層マンションが立ち並んでいるのが面白い。
第一シーズン2話で蜘蛛男が侵入したのはここですね。
ドックランズ再開発

ワトスンは、当時のロンドンをこんなふうに描写しています。

流行のロンドン、ホテルのロンドン、劇場のロンドン、文学のロンドン、商業のロンドン、そして最後に海運のロンドンと、私たちはたてつづけにいろんな街をすぎて、ついにヨーロッパ中の食いつめものどもの集っている、悪臭鼻をつくむさ苦しい棟割長屋のたてこんだステプニ区へときた。(『六つのナポレオン』)



さまざまな人が集まり、多面性に富むからこそ、そこかしこに犯罪のひそむロンドン。だからこそ、ホームズはこの地を活動の拠点に選んだわけですね。退役し、失意の日々を送っていたワトスンが「ひきつけられた」のも、
シャーロックに(死体や事件を)「もっと見たい?」と言われて思わず頷いてしまったジョンにも通じる、冒険を愛する性格のせいなのかもしれません。

彼にとっての指標となる人々を観察することで、ロンドンの変化を把握しようとするシャーロック。
時には彼ら自身というより、彼らのとる些細な行動が重要なサインになるようです。

この男が新聞を解約するなら、僕はそれを知る必要がある。この女が飼い犬を預けないでロンドンを出るとしたら、それも知らなくてはならない。(拙訳)



ホームズも、ロンドンの街をよく観察しています。

「どれ、待ちたまえ」ホームズは角に立って、その軒並みを見わたしながら「僕はこのへんの家々の、順序を記憶しておきたいと思うんだ。ロンドンというものに対する、正確な知識をもちたいのが僕の道楽でね。ええと、一番がモーティマーの店で、つぎがタバコ屋。そのつぎが小さな雑誌屋、それからシティ・エンド・サバーバン銀行のコバーグ支店か。それから菜食者用レストランのつぎがマクファーレン馬車製造所の倉庫で角になっているね。(後略・『赤髪連盟』延原謙訳)」



「赤髪連盟」では、街と人の動きへの観察が、文字通りその「陰」に隠れて進行していた犯罪を暴きだします。
このお話のタイトルと前半の展開は「空家の冒険」に似ていますが、その点だけ取り出せば、「赤髪連盟」がモチーフになっていると言っていいかもしれませんね。とはいえ「技師の拇指」とか「三人ガリデブ」も似た感じなんで、もう少し丁寧に見ていく必要がありそうです。

打ち明ける?打ち明けない?

「じゃあ、お兄さんと、モリーと、あと100人くらいか」
「まさか!多くても25人だ」 (拙訳)


シャーロック……ジョンの神経を逆撫ですることにかけては、右に出るものはないですね。

原作で、ホームズが「実は生きている」ことを打ち明けたのは、兄のマイクロフトただ一人、ということになっています。

「僕はひとりだけに事情をうち明けた。兄のマイクロフトだ。君にはまったく相すまないけれど、僕は世間から死んだと思われることが、絶対に重要だった。それに君に知らせたら、僕の遭難談をあれまでまざまざと迫力をもっては書けないからね、君という人は。」
「マイクロフトのほうは、金の必要にせまられて、何とも止むを得ず打ちあけたのだよ。」(『空家の冒険』)



こちらもちょっと言い訳がましいのが、なんだか可愛いですね。

ジョン(ワトスン)に真実を打ち明けなかったのは、どちらも「バラされるのを恐れて」と言うのですが……

「何度も、もう少しで連絡をとりそうになった、でも心配だったんだ。わかるだろ?君が軽率なことを言うのが」(拙訳)


「あれから三年、僕は君に手紙を書こうと思って、何度ペンをとったかしれないが、そのつど思いとどまったのは、僕に対する親愛の情が、この秘密を暴露してしまうというような軽率なことを君にさせはしないかと、恐れたからだ。」(『空家の冒険』)



どうも「知らない振りをする」ということに関しては、ワトスンはまったく信用がないようで……

「(前略)君はいろいろ勝れた才能を持っているけど、そらとぼけてみせる芸だけは、決してできない男だからね。(後略・『瀕死の探偵』)



結果としてジョンのみ「僕のせいか!」とマジギレ。
同じことを言ってるのに、ホームズの方が「言い方を知ってる」という感じ。
どちらにも「ジョン(ワトスン)自身の安全を守る」という意図があったはずなんですが、それを持ち出さないところがシャーロック(ホームズ)らしいですね。

ジョンのひげ

ハドスンさん、シャーロック、そして肝心のメアリにも評判の悪いジョンの口ひげ。
私にもすごく違和感がありましたが、なるほど、再会の場面でこんな役割を果たすためだったのですね。
「ひげ批評」が、3人の会話を深刻にさせ過ぎず、ユーモラスな場面になっています。

原作では、ワトスンに口ひげがあることは、こんな描写でわかります。

「中背ながらがっしりとした体格で、顎がはって首が太く、髭があってマスクをつけていました」(『犯人は二人』)
「君は口ひげをのばしたので、ちょっとわかりませんでしたよ。といってもどうか悪くとらないでください。」(『海軍条約文書事件』)

現代版のジョンと原作のワトスンは、体格がだいぶ違うようです。
原作のワトスンにひげが似合っていたとしても(ほんとに似合ってたのか、『海軍条約文書事件』から引用した幼馴染のパーシー・フェルプス君のリアクションが若干気になるんですが……)ジョンには似合っていない、ということもあり得ますね。
ワトスンが口ひげをのばした理由は、Wikipedia「口髭」の項(面白かった!)からちょっとうかがえたので引用します。

近代では、口髭は軍人に好まれた。多くの国々において、部隊や階級ごとに様々なスタイルやバリエーションが見られた。一般的に、若い下級の兵士は、比較的小さな、あまり手の込んでいない口髭を立てる。やがて昇進していくと、口髭はより分厚くなり、さらには全てのひげを伸ばすことが許されるようになる。



ということは、マイワンドの戦いで負傷して、チフスに罹って除隊しなかったら、もっさもさになっていたんでしょうか。我々皆が思い描く「口髭のワトスン」のイメージは、まだ若いうちに除隊したからこそなんですね。
まあ、そうしなかったらホームズとも出会わなかったわけです。「私にとっては徹頭徹尾災難だけであった(『緋色の研究』)」というワトスンには申し訳ないですが、ファンとしてはちょっとこのめぐり合わせに感謝しちゃったりします。

さて、こんなに不評なひげを、どうしてジョンはのばしてたんでしょう。
単に「いけてる」と思ったからかもしれませんし、メアリが気に入っていると思い込んでいたのもあるでしょう。そのメアリは「ないほうがいい」と言いそびれていた訳ですが、「まだ知り合って間もないし、お互いのこともよく知らないってわかっているけど(拙訳)」というジョンの台詞、「6ヶ月もごわごわのキスを(拙訳)」というメアリの台詞から考えると、二人が出会ったときは既にひげがあったのではないでしょうか。

ひょっとしたら、口ひげをのばしたのは、新しい人生を歩もうという決意の表れだったのかもしれません。
口ひげが軍人、ひいては強い男の象徴という意識があるのだとしたら、自らをシャーロックと出会う以前の自分にリセットしようとしたのかもしれません。あの頃のジョンの状態は本当にひどかったけれど、それでもそこから一人でやっていかなくては、強くならなくてはならない。そんなジョンの心情が、切なく伝わってきます(ルックスとしてはすべりまくってたとしても……)。

同時に、シャーロックやハドスンさんのように「似合わない」と指摘してくれる人がいなかったことから、ジョンの2年間には、メアリの他にはあまり親しい人がいなかったことも窺えます。ハドスンさんに電話一本入れなかったように、既知の親しい人を遠ざけていたのかもしれません。

兄弟の再会

マイクロフトとの会話によると、シャーロックは「死んでいた」間も忙しく働いていたようです。

【追記:2014.4.27】後から思い出したので追記。
シャーロックが忙しかったことは
"You have been busy, haven't you?" "Quite the busy little bee."
「忙しかったようだな」「ミツバチみたいにね」
(拙訳)というやりとりでわかります。
忙しい人を働きバチに例えることはよくありますが、ホームズもどっかで言ってたような……と探してみたら、「這う男」でした。

「あるかどうか、当って砕けろだね」
「大いによろしい!"忙しい蜂"と"より高きへ"の合成だね。当って砕けろ―― 不動のモットーだ。親切な土地の人間が現われて誘導してくれるに違いないよ」


「忙しい蜂」と「より高きへ」は原文では "Busy Bee and Excelsior."
私の持っている版は脚注がついていて、「エキセルショアはさらに向上を意味するラテン語でアメリカのモットー。ロングフェロウの同名の詩で有名になった」そうです。
日本にも同名のカフェのチェーン店があったと思います。群馬にはないけど。
ロングフェローの詩はこちらで読めます
ホームズは「勤勉と向上心」をちょっと洒落て言ってみた、って感じなのかな。


"Moriarty's network. Took me two years to dismantle it."
「モリアーティの残党。解体するのに2年かかった(拙訳)」



原作ではこんな風に語っています。

「(前略)モリアティが落ちたとたんに、ふと僕は考えついたのだが、これは何という幸運を神は与えてくれたことだろう!僕の生命をねらっているのは、決してモリアティ一人ではない。首領の死を知って、僕への復讐の念頭をいよいよ強くするやつが、少なくとも三人はあるのを僕は知っている。三人ともこのうえなく危険な人物だから、そのなかの誰かが目的を達するに違いない。それに反して、ここで僕が死んだものと世間に信じさせておけば、自然彼らは解放されたつもりで、仕事をはじめるに違いない。仕事をはじめたら、遅かれ早かれ僕はそいつを取って押さえて、そこで初めてまだ生きていたぞと名乗りをあげるのだ。(後略)」



「最後の事件」でホームズが「死んだ」のは、1891年5月。その後、モリアティの残党の「最も危険な人物」二名は裁判で無罪に。モリアティの部下にはライヘンバッハで生き残っているのを見られているため、まだまだロンドンは危険だと悟ったホームズは、二年間チベットの探検にでかけます。その後ペルシャ、エジプト、フランスと移動しますが、少なくともホームズの談話からは、1894年の春にロンドンでワトスンと再会するまで、探偵の「仕事」をしている様子は見られません。

シャーロックの潜入にはモーペルトイ男爵(Baron Maupertuis)なる人物が絡んでいたようですが、モーペルトイの話は、「ライゲートの大地主」冒頭に出てきますね。1887年春、ホームズはフランスで国際的な大事件を解決した後、過労で倒れてしまうのですが、どうもその「国際的大事件」にこの人が関係していたようです。

The whole question of the Netherland-Sumatra Company and of the colossal schemes of Baron Maupertuis are too recent in the minds of the public, and are too intimately concerned with politics and finance to be fitting subjects for this series of sketches.They led, however, in an indirect fashion to a singular and complex problem which gave my friend an opportunity of demonstrating the value of a fresh weapon among the many with which he waged his lifelong battle against crime.

かの有名なオランダ領スマトラ会社事件、モーペルトイ男爵の大陰謀事件などは、あまりにも世間の記憶になまなましくはあり、あまりにも政治経済方面に関係がありすぎて、ここにホームズ探偵譚の一つとして物語るにはいささか不適当ではあるけれど、それがホームズを間接に、奇怪にして複雑な事件に引き入れ、ひいては彼が終生の敵として闘っている犯罪に、新しい武器の威力を示す機会をあたえることになったのである。



シャーロックの二年間には、こちらの「海外遠征」が混入しているようです。現代版シャーロックとマイクロフトの会話にも、

"Quite a scheme."「一大計画だな」
"Colossal."「壮大だ」(拙訳)


と、同じ表現が使われていますね。また、前もって発表されていたこのお話のキーワードは"rat"であり、原作ファンに「スマトラの大鼠」(サセックスの吸血鬼)を連想させたわけですが、物語の後半でキーワードになる「スマトラ」という言葉がここでも現れています。

数時間でセルビア語をマスターしたというマイクロフト。
ほんの少しですが、"The Blind Banker"でもシャーロックがドイツ語を使う場面がありました。中国語は話せないようです。
「話せなかったさ。だがスラブ語系だ(拙訳)」と言ってたマイクロフトは、スラブ語系の他言語の知識を応用してセルビア語を身につけたようですが、印欧語なら何とかなるものが多いのかしら。
原作のホームズは、ドイツ語・フランス語・ラテン語を時々引用していますね。また、フランス人労働者の振りをしていたり(『フランシス・カーファックス姫の失踪』)ドイツ語文法に言及したり(『ボヘミアの醜聞』)していますので、ここらへんはペラペラという印象があります。「赤い輪」ではイタリア語も、ちょっとつっかえながらも思い出していました。


助けてはくれたものの、一筋縄ではいかないマイクロフト。きっちり借りを返してもらうつもりのようで……

"In case you've forgotten,field work is not my natural milieu."
「忘れたかもしれないから言っておくが、現場仕事は私の領分じゃない(拙訳)」


と、弟に釘をさします。

原作では、体を使うのが嫌いで、職場とクラブと自宅以外には出向かないというマイクロフト。
その異常なまでの面倒くさがりようはホームズも口にしていますが、本人もこう言ってます。

「(前略)あちこち走りまわったり、鉄道員を尋問したり、レンズをもって腹ばいになったり、そういうことは苦手なんでね。この解決はお前にかぎるよ。(後略・『ブルース・パティントン設計書』)



「鈍ってきた」と揶揄する弟に「もう中年だから」と返してはいますが、現代版のマイクロフトは原作よりもだいぶ活動的で若々しいですよね。スリムですし!

(原作からの引用はすべて延原謙訳)
NEXT≫
プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスンがより好きです。

2017年エイプリル・フールお片付けしました。お付き合いありがとうございました!片付けきれてないところがあったらお知らせいただければありがたいです。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura