最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

不可解なマッチ箱

ジョンの記事へのリンクはこちら

アイザック・ペルサーノがブライトンの「ロイヤルホテル」の一室で、口も聞けない、いわゆる「発狂した」状態で発見されました。
記事中にペルサーノの職業は明記されていませんが、たぶん書かなくてもわかるくらいの有名人と言う設定なのだと思います。(追記:2014.1.28"The sign of three"で『フランスの10種競技の選手』と言われていました。また、マッチ箱の正しい数も述べられていたので、その部分を訂正しました。)彼のトレーナーのガブリエル・アラードは(おそらくフランスの)ホテルの一室で撲殺されています。その後ペルサーノは失踪していました。
発見された当時、彼は1812個のマッチ箱に取り囲まれていました。そのうち1811個は空でしたが、残り一つの箱の中には…

ジョンの記事には、これ以上のことは書かれていません。例によって政府の誰かさんのストップがかかったようですね。
ただ、事件は動機、方法なども含め、完全に解決されたそうです。シャーロックがピエロの格好をする羽目になったり、ハドスンさんがヘリコプターから押し出されたり(ロンドンオリンピック開会式の女王様だ!)ジョンも何やら思いも寄らない役目を果たすことになったらしいです。相当面白い事件だったようですね。これは、全体が公表されないのにはストレスが溜まりますね!
アンチシャーロック派の「また嘘かよ」という煽りコメントにも、ちょっと共感してしまいます……もしこの世界の住人だったら、私も「話を作ってるんじゃないか?」と疑ったかも。

この事件の元ネタは「ソア橋」冒頭の「語られざる事件」。ホームズが「失敗した」、つまり事件の全容が最後までわからなかった事件の一つです。

A third case worthy of note is that of Isadora Persano, the well-known journalist and duellist, who was found stark staring mad with a match box in front of him which contained a remarkable worm said to be unknown to science.

また第三の注目すべきものとしては、有名なジャーナリストであり、決闘者だったイザドラ・ペルサーノの事件がある。この人は科学界にもまだ知られていない珍しい虫の入ったマッチ箱を前において、じっとそれを凝視したまま発狂しているのを発見されたのである。(延原謙訳)



ジャーナリストはともかく「決闘者(duellist)」というのが具体的に何をしていたのかよくわからないんですが、ジューン・トムスンのパスティーシュ「奇妙な毛虫」(『シャーロック・ホームズの秘密ファイル』収録)を読むと、反権力的な記事も書くため命を狙われることが多いけれど、自分で身を守れる人、という印象です。

不可解なのは、シャーロックがジョンに出会う前に関わった事件にも、同じ事件を元ネタにしたと思われるものがあること。リンク先はシャーロックのサイトですが、過去記事で和訳を試みたものを一覧にしたので、そちらにもリンクを貼っておきます。→過去記事「推理の化学~シャーロックのサイトから」
事件名しかわかっていないので、内容は全く関係ないかもしれないのですが、それにしても被害者の名前がかぶりすぎですよね。二つの事件には深い関わりがあるのか、単に製作スタッフが、一度使ったことを忘れてもう一度ネタにしてしまったのか……

というわけで、

1、マッチ箱の中身
2、過去の似た事件との関連
3、結局ジョンは何をさせられたのか


事件そのものの顛末を置いといても少なくとも3つの疑問が残るという、なかなかストレスフルな記事なのですが、シャーロックがジョンに中身を見せる場面は第3シリーズ"The Sign of Three"の回想シーンに出てきました。結局、視聴者には見せてくれなかったのですが……気になりますよね!
ちなみに、個人的には3もかなり気になります。シャーロックがピエロなら、ジョンも何かに変装したのかな?まさか、芸を披露したとか!?サーカスが出てくる原作といえば「覆面の下宿人」ですが、道化のほかに猛獣つかいの美女や力持ちの大男も出てきましたね。【追記:2014.2.8】「語られざる事件」ですが「サーカス美人のヴィットリア」の事件もありました!「サセックスの吸血鬼」に出ています。

ちなみに「ブライトンにあるロイヤルホテル」を検索してみたところ、似た名前のものは出てきたのでリンクを貼ってみました。
ロイヤル・アルビオン・ホテル(ブライトン)
スポンサーサイト
プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

『高名の依頼人』のこと書きましたが、6月24日までグラナダ版がGYAOで無料で観られるそうです。
こちら

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura