最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリエント・エクスプレス殺人事件

ジョンの記事へのリンクはこちら

※アガサ・クリスティ「オリエント急行殺人事件」のネタバレがあります。








……私はホームズが好きですが、特にミステリ作品全般に詳しいわけではないので、ホームズ以外の作品へのオマージュはいっぱい見逃していると思います。(ホームズへのもたぶん見逃してるけど)
でも、さすがにこれはわかりますよ!まんまだもん!!

ナイツブリッジの中華料理店「オリエント・エクスプレス」で、店主のテリー・ウォンが麺の皿につっぷした状態で発見されました。レストレードはシャーロックに相談に来ます。喉をつまらせた事故死のように見えたのですが、ウォンの顔にはあざがあり、何者かに襲われた様子。しかし、犯行があったと思われる晩、彼の周りにはずっと従業員や客がいました。その全員が、殺人を見ていないと証言しました。シャーロックとジョンは、「動機」に焦点をあてて捜査をすることにします。





要するにその場にいた全員が犯人なんでしょ!と思いながら読んでたらその通りでした。
シャーロックが「犯人」を見逃すのも、ポアロと同じですね。

とはいえ、クリスティや「ポアロ」のことをあまりよく知らないので、詳しい方にはもっと語るべき点があるのかもしれません。細部に関しては、クリスティに造詣が深い方に語っていただくのが楽しみです。

「オリエント急行殺人事件」、私は中学生くらいで読んだきりなので、この機会に再読したくなって先ほど文庫本を買ってきました。何か、気付いたことがあったら追記していこうと思います。今はこの作品以外のことを!

「オリエント・エクスプレス」、ここでは「急行列車」ではなくて、中華料理屋さんの名前になっています。
不意に思い出したのですが、北米で「パンダ・エクスプレス」という中華ファストフードのチェーン店を利用したことがあります。
リンク先はwiki。お店のサイトはこちら。パンダがかわいいです。

wikiを読んだら、従業員の時給が安いことで有名なんですね!テリー・ウォンが嫌われ者だったことに重ねてしまったら、経営者の方々に失礼かしら……

「パンダ・エクスプレス」は店名ですが、他にも、テーブルがある店舗と別に、フードコートなどに持ち帰り専用の小さな店舗を出店している場合、そちらを「○○(店名)EXPRESS」という名前にしていたお店があったと思います。店名は失念してしまったのですが……要するに「さっと買って食べられる」というような意味合いなのかな。

いずれにしても、ざっと調べた限りでは「パンダ・エクスプレス」に英国支店はなさそうです。ロンドンに詳しい方は、モデルになったお店をご存知かもしれませんね。


ジョンは「シャーロックには、彼独自の善悪の判断基準がある」と言っています。ポアロもそうですが、ホームズも同様ですね。犯人を見つけても、場合によっては告発して法に委ねることをせず、自己判断で見逃してやることがあります。

「要するに何だな」とホームズは陶製のパイプに手をのばしながらいった、「何も警察の欠陥を補うのを僕は頼まれているわけじゃないからね。(中略)ただ僕としては重罪犯人を勝手に減刑してやったことになるが、その代りこれで一つの魂が救われると思う。あの男は二度と悪いことはするまい。すっかり懲りて、震えあがっている。もしここで刑務所へ送ってやれば、あいつは常習犯に転落してしまうだろう。それにいまは寛容のクリスマスの季節でもある。偶然の機会から、はなはだ奇怪な事件を経験することになったが、われわれとしては事件の解決したことが報酬なのだ。(後略・『青いガーネット』)」


   

「ちょっと試してみただけです。あなたはあくまでも正しいことがわかりました。これは私として非常に大きな責任なのですが、ホプキンズ君にはちゃんとヒントを与えたのです。それを利用し得なかったとしても、私の知ったことじゃありません。いいですか、それではここで、当然ふまれるべき法律的手続きをとることにしましょう。あなたは被告、ワトスン君は陪審員です。陪審員としてこれほど打ってつけの人物はまたとありません。私は判事です。さて陪審員諸君、諸君は証言を聴取されました。被告は有罪ですか無罪ですか?」
「裁判長、無罪です」私が言った。
「民の声は神の声なり。クローカー船長を放免します。別の犠牲者が現われないかぎり、あなたは再び捕えられることはありません。一年たったら、あの夫人のところへお帰りなさい。彼女とあなたの将来で、今晩私たちの下した判定の正しかったことが立証されますように(『アベ農園』)」



「見せびらかし屋」のシャーロックにも、ちゃんと彼なりに犯人を見逃すか、見逃さないかの基準があるんですね。まあ、暴いたところで誰も得はしないんですけど、シャーロックのやることだと、「ウォンよりも犯人たちの方が面白くて好きだから」くらいの理由に思えてしまうのは、私の偏見でしょうか。
一方、ホームズは「法」と「自分の信じる正義」の間で自分自身を納得させるのに、壮大な自己弁護が必要なようです。
これは、時代背景による違いなのでしょうか。シャーロックは、ホームズをモデルにして作られたキャラクターだけれど、人格は別人、と言ってしまえばそれまでなのですが……。

(シャーロックは否定的にはとらえていないものの)犯人たちがインターネットでつながっていき、犯行を企てたというくだりには、"Death by Twitter"事件に通じる視点を感じます。ものすごく陳腐な言い方になってしまいますが、「現代社会の闇」をネットに見出しているような……
ジムが仕掛けた"fall"は、肉体的な転落だけではありませんよね。シャーロックとジョンが堕ちて行った先は、まさにそこだったのでしょう。

それにしても、こうも大っぴらに「別の作家」作品のパロディをやられると、シャーロックたちの世界がどれだけ私たちの世界と違うのか、気になってきます。「ドイルとその作品」が存在しないのは当然として、「クリスティとポワロ」もいないのか!この世界の本屋さんを覗いてみたいです。

(原作からの引用はすべて延原謙訳)
スポンサーサイト

ツイッターの殺人

ジョンの記事へのリンクはこちら

ジェイラン・ハッサンという女性がバスに轢かれて死にました。(この読み方でいいのかな?トルコ風ですね)
それは、事故に見えました。CCTVに映像が残っていたのですが、誰かに押された様子もありません。
しかし、彼女の兄・フランクは、妹の死の間際のツイートに疑念を抱き、シャーロックとジョンに相談をします。

「私にはわかる。彼が来る」
「わかるの」


最後の4つの「呟き」は、この繰り返し。死の数日前から、彼女はひどく取り乱していたとのこと。
その理由について、フランクには心当たりがなく、彼からは(例のシャーロックの脅…いや、交渉術をもってしても)何の情報も引き出せません。
わかっているのは、ジェイランがフェイスブックのアカウントを抹消(※)したこと(※原文ではshut downです。私はフェイスブックをやっていないので、認識から間違っているかも。教えていただけたら嬉しいです)。
すべてのメールを消去し、家の鍵を増やさせたこと。

シャーロックは、フェイスブックの件に興味を持ちました。
ジョンのブログに書き込んでいる人たちから適任者を見つけ出し、ジェイランが消去した情報を復活させます。

この、適材適所の人材運用にほれぼれしますね。モリー然り、ホームレスのネットワーク然り。
「ソシオパス」とはいうけれど、仕事上のコミュニケーション力は人並み以上ですよね。
情報屋や街の孤児たちを雇ってうまく活用していた、ホームズを思い起こさせます。
さて、日頃の書き込みなどから白羽の矢を立てられたのが、モンタギュー街時代からずっとシャーロックのサイトやジョンのブログにコメントを続けている"theimprobableone"さん!

……お恥ずかしい告白をします。実は私、この人の正体はマイクロフトだと、ずっと思い込んでまして、このブログにも何度もそう書いちゃってました。
確かにマイクロフトらしからぬ言動もあるにはあったんですけど、ジョンブログ自体を「たぶんそれほどホームズオタクじゃないライターさんが書いてるんだよね、そんなに深く考えなくてもいいや」と軽く考えてまして……しかも、ここ数日は「まさかアンダーソン!?」なんて言っておりました……
(でも、思えばS2放映前頃にらいかみんぐさんがメールで『私は単なる1ファンじゃないかと思います』っておっしゃってたんですよ!さすがだ……!)
お正月は、自らのブログを検索しては訂正しまくるという世界一楽しくない作業をして過ごすことに決定。今日仕事納めしたばかりなのに!もう!決定!(号泣)

愚痴はこのくらいにしまして、事件の顛末を。
この記事のはじめにリンクを貼った、元記事の画像をごらんください。
一見、ありがちなスパムメールなのですが(下のほうにある「本物のロレックスを安価で」みたいなスパム、よく海外ドラマで見かけるけど、そんなにしょっちゅう来るんでしょうか)、標題ではなく差出人に注目すると、
「お前に近づいている」「逃げ道はない」「死んだ女、30」「どん詰まりだ」など、不気味な言葉が並んでいます。
どうやら、彼女にふられた元カレの仕業だったらしいです(シャーロックは犯人を逃してしまったので、断言はできませんが)。ジェイランは精神的に追い詰められた挙句、彼から逃げようとしてか、または自暴自棄になって、車の前に身を投げてしまったのかもしれません。

「以前につながりがあった人(たち)に、本人にしかわからないやり方で追い詰められ、死に追いやられる」というパターンは原作にも多くあります。ぱっと思い出せるのは、「踊る人形」「オレンジの種五つ」。依頼人=被害者ではないけれど、「入院患者」もこの系譜に連なるのかな。「恐怖の谷」も当てはまりますね。

ホームズはこの手の事件だと失敗することが多いような気がします。いずれの事例においても、事件の全容は解読できても、ターゲットの殺害を防げていません。多くの場合組織的な犯罪ですし、すでに被害が出始めてから謎解きをはじめるわけなので、どうしても後手にまわってしまうのですよね。しかしホームズは自分自身の不甲斐なさを悔い、犯人の卑劣さに強い怒りを燃やします。

二人ともしばらくは口がきけなかった。ホームズのしょげかたは、私もかつて見たことがないほどであった。
「僕は誇りを傷つけられたよ」しばらくたって彼がいった。「むろん、つまらない感情にはちがいないが、僕は自尊心を傷つけられたよ。こうなったら僕には事件じゃなくて、個人的な問題だ。命のあるかぎり必ずこのギャングを押えてやる。せっかく僕を頼ってきたものを、むざむざと死なすために帰してやるなんて!」(オレンジの種五つ)



ホームズは返事もしないで、急いで馬車へ乗りこんだが、それから七マイルという長い道中を、ひと言も口を利かなかった。彼がこれほど悄気たのを見たことがない。ロンドンから来る途中も気にかかるらしく、しきりに朝刊を心配そうに引っくり返すのを見たが、ここへ来て、彼の恐れていた懸念が事実となったことを知らされ、ぼうぜんと暗い気持になってしまったのである。座席により掛って、沈痛なもの思いにふけっている。(踊る人形)



ジョンによると、シャーロックもそうだったようです。

He always regretted never being able to bring the man to justice right up until the day he died.
シャーロックは、この男を罰することが出来なかったことをいつも悔やんでた。それこそ、彼の死ぬ日まで。(拙訳)



そして、この記事にはジョン自身の怒りも滲み出ています。
ブログの再開以来、ジョンはネットという戦場で、シャーロックを中傷する見えない敵と戦うことになりました。
顔の見えない相手に、真実を証明したくてもできないまま、いつまでもいつまでも貶められ、辱められ、苦しめられる。
「嘘」と「真実」の間で、ひたすら精神的に消耗していく。
それは、想像以上につらい戦いだったのでしょう。「ツイッターに殺された」(正確には、そこに潜んでいる誰かの悪意に、ですが)彼女に、ジョンはシャーロックの死を重ねています。

(原作からの引用は、すべて延原謙訳)

死のキャンドル

(ジョンの記事へのリンクはこちら

ヨガのインストラクター、ティム・レンが入浴中バスタブに横たわったまま死亡。
溺死ではなく、窒息死でした。
同居人のスコット・ベヴァンは、ジョンのブログの読者でした。警察に通報する一方で、シャーロックたちにも連絡。
密室殺人が大好物のシャーロックは、この事件に飛びつきます。

……この流れなのに登場人物に男しか出てこないのが、いかにも「SHERLOCK」って感じです。
まあ、関係者が女性だったら「まだらのブロンド」と似たシチュエーションになっちゃうんですけどね。

ここで、突然ジョンの風呂好きが判明。

Apparently, the deceased had liked candles. And long baths. I'm not judging. There's a possibility I might enjoy a long bath myself occasionally. When Sherlock was alive I did a lot of running and fighting and sometimes I needed to relax and recuperate. And a bath is good for that. That's a medical fact. So it makes sense. And essential oils and candles help with the whole relaxing thing. People might laugh. People did laugh when Sherlock told them I enjoyed having baths but I was fine with it. I'm still fine with it. Baths are good.

どうやら、被害者はキャンドル好きで長風呂だったようだ。おかしいとは思わない。
僕も、しょっちゅう長風呂を楽しむ方かもしれない。シャーロック・ホームズが生きていた頃は、たびたび走ったり格闘したりだったので、たまにはリラックスして、元気を回復する必要があった。そのためには、入浴が良い。これは医学的事実だ。だから、(ヨガ講師が風呂好きなのは)理にかなっている。エッセンシャルオイルとキャンドルは、リラックス効果を促進する。
みんなは笑うかもしれない。シャーロックが僕の風呂好きをバラすと、実際笑われたものだが、僕は平気だった。今でもそうだ。風呂はいいものだ。(拙訳)



この力説ぶり!
シャーロックはシャーロックで、「ジョンはまだ風呂に入ってるのか……」と呆れていたんでしょうね。原作でもワトスンの風呂好きに関する会話があります。

「バスのことだよ!風呂さ!何だってまた、だるくなる上に高価なトルコ風呂なんかへいったんだ?イギリスふうのにすれば、からだが引きしまって元気がでるのに!」
「この二、三日リューマチの気味で老いこんだような気がするものだからね。トルコ風呂は医者のほうでは薬の代用品だというよ―新しい出発点になる体質の清浄剤とでもいうかな」(フランクス・カーファックス姫の失踪)



ジョン同様「医者のほうでは」とか理屈をいうけど、まあ好きだったんでしょうね。「四つの署名」でもお風呂に入って元気になったことを、わざわざ書いていますし。
面白いのは、こんなことを言っていたホームズもトルコ風呂に「はまる」ことです。
(関連記事『ジョンの影響』)

ホームズも私も、トルコ風呂ときたら目のないほうだった。風呂からあがって、休憩室で汗のひく間、快い疲労のうちにぐったりしてタバコをやっているときは、彼もいくらか口が軽く、よほど人間味をおびてくるのだった。(高名な依頼人)



シャーロックも、ジョンの影響で長風呂になっているかもしれないですね。
男の人がお風呂好きなのって、笑われるようなことなのかな?古代ローマ人に感心されるような国に暮らしていると、特におかしいとは思わないのですが……

さて、シャーロックは、(自己申告によれば)この事件をたったの36秒で解いてしまいました。
この記事はいわゆる「読者への挑戦状」形式になっています。「正解」を見る前に36秒以内に解けた方、いらっしゃったでしょうか?

結論から言ってしまうと、犯人は通報したべヴァンその人。
ドアの周りに濡れタオルを貼り付けて空気の通り道を塞ぐことで、徐々に酸素が不足していく状態を作ったんですね。ドアの下の床が濡れた跡、ドア枠に残ったテープのかけら、ベランダに干されたタオルが証拠になりました。
このバスルームの換気の悪さも、日本だったらまずあり得ない!乾燥した国ならではのトリックだなあ。(それでも、私も長風呂なのでちょっと怖いです。実際は何分くらいで意識がなくなるんだろう。とりあえず、疲れてるときはキャンドルは使いません!)

シャーロックの分析によると、犯人自らシャーロックを呼んだ理由は、自分の頭の良さに自信があって、ちょっとばかり見せびらかしたかったから。
でも、頭の良さも、それを見せびらかしたい欲望も、シャーロックの方が上だったみたいですね。

わざわざ現場の写真をアップしたジョン(死体の写真アップロードって、やってもいいんでしょうか。FC2さんだったらすごい怒られそうなんですが!まさか、ジョンかシャーロックによる再現!?)に、マイクがつっこんでますが、私はジョンの良識以上にシャーロックの画力に注目したいです。(ジョンが描いた可能性もあるけど、「緑のはしご事件」の時の字に似てるからシャーロックだと思う!)
いや、走り書きにしちゃ字は綺麗なほうかと思うんですけど……ティムの足、いくらなんでもひどくないですか!?

コメント欄には、ジムの信奉者によるものと思われる、#TEAMMORIARTYのタグを冠した書き込みも見えます。いわゆる「煽り」ってやつですね。彼らは、「最後の事件」でホームズが触れていた「モリアティの残党」にあたるのだと思います。

さて、事件全体の元ネタはなんでしょう。床についた水の「しみ」が決め手になるところは、「第二の汚点」を思い出させるのですが、密室殺人であったり、かなりの短時間で解決した点に目を向けると、また別の事件もあるかもしれません。

(原作からの引用はすべて延原謙訳)

Many Happy Returns

※第3シリーズの内容に関わる記述があります。

2013年のクリスマスに発表された、小さなエピソード。

(検索したところ、日本語字幕がついた動画もいくつかあるようです。ファンの方による、ご厚意の投稿だと思います。なにかご迷惑をかけるといけませんので、ここではBBCが投稿したものを載せましたが、ご興味のある方はタイトルを検索してご覧になってください!)

クリスマスイブにはもうアップロードされていたようでしたので、既にご覧になった方がほとんどだと思いますが、ざっと粗筋を書いてみます。

★★★
シャーロックの生存を信じている男がいた。それは、元・科学捜査官のアンダースン。
彼はこの説に固執するあまり、ヤードを退職してしまっていた。
「シャーロックは生きている」という根拠を、レストレードに向かって並べ立てるアンダースン。
さまざまな国で、シャーロックが関わっているとしか思えない難事件の解決が行われていた。
アンダースンによると、それはだんだんロンドンに近づいてきている。

アンダースンと別れたレストレードは、ジョンに会いに行く。
彼は、ジョンに一枚のDVDを渡す。以前、ジョンの誕生祝いのディナーに来られなかったシャーロックに、レストレードがお祝いのメッセージを言わせて撮影したことがあった。その動画の、未編集バージョンが入っているという。

★★★

全体的に、シャーロックの「帰還」を仄めかす内容になっています。
まず、(シャーロックからジョンへのメッセージでもある)タイトルがそうですね。お誕生日を迎えた人に贈る言葉"Many happy returns"(今日のこの幸せが、何度もあなたに訪れますように)"には、「空家の冒険」が収録されている短編集"The Return of Sherlock Holmes"の"Return"が含まれています。
そして、レストレードが街角で見かけるスポーツ紙の見出し"THE GAME IS BACK ON(試合再開)"。
これは"A Study in Pink"での、シャーロックの"The game is on"という台詞につながっていて、元ネタは原作のホームズによる"The game is afoot"(獲物が現れた)です。さらにその元ネタはシェイクスピアの…面倒なので過去記事にリンク貼ります!(関連記事:『タイトルについて(3)』

シャーロックからジョンへのメッセージには、「心配するな。もうすぐ、また君といっしょになる(←延原先生風に試訳)」という言葉も出てきます。もともと二人が一時的に離れていた時に撮られた動画なので、ほんの偶然なのですが、シャーロックと出会う前を思わせる、がらんとした部屋でこれを見ているジョンは、きっと胸が熱くなったと思います(視聴者も!)
ジョンが思わずつぶやいた"stop being dead"という「指示」に、画面上のシャーロックがたまたま"Okay"と「返事する」ところにも泣かされますね。

さて、元ネタ探しですが、「失踪中にホームズがいろいろな国をさまよっていた」ということは「空家の冒険」で明かされます。ちょっと信じられないような話なのですが……

「(前略)だから僕は二年間チベットへ行ってきた。そのあいだラサへも行って、面白かったし、ラマの長と数日を過したこともある。ジーゲルソンというノルウェー人の非凡な探検記を、君は読んだかもしれないが、あれが君の親友のニュースだとはまさか気がつかなかったろう。
それから僕はペルシャを通過して、メッカをちょっとのぞき、エジプトのハルツームで回教王をも訪問したものだが、それらのことは外務省のほうへ報告を出しておいた。
 フランスへ帰ってきてからは、南フランスのモンペリエのある研究所で、コールタール誘導体の研究をやったが、数カ月で満足すべき成果を得たし、ロンドンには敵が一人しかいなくなっていると知ったので、帰国しようと思っている矢先へ、こんどのパーク・レーン事件だ。(後略・延原謙訳)」



冒頭に出てくる「仏教徒の僧兵」たちは、ラサに行ったくだりへのオマージュでしょうね。
アンダースンが「だんだんロンドンに近づいてくる」と言うのは、ホームズが最終的にお隣の国であるフランスにいたことに由来しているのではないでしょうか。アンダースンの地図では、シャーロックの「最新目撃地点」は フランスの北端あたりに見えます。ホームズの辿ったルートと、アンダースンの地図、比較してみたら面白そうです。

そして、シャーロックが解決した事件の中には「語られざる事件」が!

「ニューデリー事件(命名:アンダースン)での、犯人が「チョコレートフレークがアイスクリームにどれだけ沈んだかで判明した」エピソードは、「六つのナポレオン」に出てくる「アバネティ一家の事件」からですね!

「(前略)ワトスン君は覚えているだろうが、あのアバネティ一家の恐るべき事件は、夏の暑い日にパセリがバターのなかへ沈んだその深さに僕が気づいたのが始まりだったんだからね(後略・延原謙訳)」



余談ですが私、この「パセリがバターに沈む」というのがどういう状態か、想像できなかったのです。小学生の頃からずーっと。
バターは塊だとして、パセリは刻まれているのか、ひと房(?)ぽんと載っているのか。
この疑問は一生「とけない」かと思っていたのですが、ドイツに旅行した時、宮廷での晩餐会を模したイベントに参加してこれを見つけたときはすごく嬉しかったです!ホームズがアバネティ家で見つけたものと同じ状態かはわかりませんが。

パセリとバター

「トレポフ氏の妻の殺人事件」(これも個人的な感慨ですが、トレポフがドイツ系の名前だということに、アンダースンが地図を指差すまで気付きませんでしたよ……!カタカナはぜんぶ英語だと思ってた、小学校の図書室での読書時代から基本的に進歩してない……!)は、「ボヘミアの醜聞」に出てくる「語られざる事件」から。

たとえばトレポフ殺人事件でオデッサへ招かれていったこと、トリンコマリーのアトキンスン兄弟の奇怪きわまる惨劇を解決したこと、さてはオランダ王室から頼まれたむずかしい使命を、いともみごとに果したことなどである。(延原謙訳)



レストレードが「シャーロックなしでも解決した」という事件を挙げ、アンダースンが「でも、タワーハウスの件は読み違えてた」と突っ込むくだりは、「空家の冒険」でのレストレードとホームズの再会シーンを思い出させます。

「非公式な助力も少しは必要かと思ってね。迷宮入りの殺人事件が一年に三つでは、困りますよね。しかしあのモールセイ事件だけは日ごろの君にも……いや実にお手際でしたよ(延原謙訳)」



「クライン兄弟の事件」「ケンジントン・リッパー」「タワーハウスの事件」と、レストレードが単独で解決した(?)事件も、すごく面白そうですね。「ケンジントン・リッパー」はやはり切り裂きジャック事件、「クライン兄弟」は先述した「トリンコマリーのアトキンスン兄弟の奇怪きわまる惨劇」、「タワーハウス」は「ギリシャ語通訳」でマイクロフトが弟に「お前には荷が勝ちすぎてる」と言った「マナーハウスの事件」を思いだすのですが……犯罪史やホームズ学に詳しい方には、もっと別の意見がありそうです。

レストレードが持って来た箱の、DVD以外の中身も気になります。
携帯はあの事件の証拠品として、マスクはなんだろう……原作の「黄いろい顔」を思い出すのですが。現実にあれが窓から覗いてたらすごく怖いな!!

ジョンの友人たちと顔を合わせたくなくて、「忙しい」と嘘をつくシャーロック。
「言い訳をもっとよく考えなくていいのか」と聞くレストレードに
"Only lies have details.(つべこべ言うと、余計に嘘っぽくなる)"と返すのですが、この「嘘だけが細部を持つ(≒真実は常に単純?)」という表現、原作になかったかしら。「赤髪組合」の 「一般に事件というものは、不可解であればあるだけ、解釈は容易なもの(延原謙訳)」かな?全体的な意味合いが違いますが……
ちょっとこれは思いつかないのですが、#SHERLOCKLIVES期間中は「歴史の生き証人として」勢いで記事をアップしてしまった方がいいような気がするので、後ほど時間をかけて探してみます。


さて、この動画はジョンの心を大きく動かしたようです。
ブログにこのことを書き、それを最後の記事としています。記事の最終行では、シャーロックがテレビの中からジョンに語りかけたように、ジョンもシャーロックに語りかけています。

もしシャーロックがこの記事を読んだら、帰りたいという気持ちを強めるのではないかしら。
過去記事「シャーロックとハドスンさん」のコメント欄でRMさんが引用してくださっていますが、「最後の事件」の終わりにはワトスンの個人的な、友を想う熱い言葉が書かれています。
以前も、「最後の事件」の記録の発表と「空家の冒険」での二人の再会の近さに触れましたが(関連記事:『再開と再会』)、ジョンが語りかける言葉が、シャーロックの帰還の呼び水になるような気がします。

以下は感想というか叫びです。


レストレードかっこいい!(こんなに洒落たことができるのに、なんで奥さん浮気したんだろう……)
疲れきったジョン、なんだか色っぽい!
そして、何よりもアンダースン!シャーロックとは犬猿の仲と思いきや、なんと人生狂わせてしまうほどのファンだったとは!
(ジョンのブログやシャーロックのサイトに初期から書き込んでいる"theimprobableone"は彼だったのかしら。私、ずっとマイクロフトだと思ってました!)
【追記:2013.12.28】ジョンのブログの、別にアップされた記事"Death by Twitter"を読んだところ、どうやらどちらとも別人ですね。当て推量を書いてすみませんでした!しかも与えられていたデータすら見ずに……!ホームズが激怒しそう!)

これは、「アンダースンが意外なキーパーソン説」に信憑性が出てきました……!
(関連記事:『アンダースン』

シャーロックとお菓子の家

タイトルからしてだいぶおかしい記事ですが、今日のクリスマス限定トップ絵について若干ご説明を……

発端は、IKEAでこれを見つけたことでした。
お菓子の家材料


お菓子の家は子どもの頃からの夢!ぜひ作ってみたい!という夢が大人になってだいぶこじれた結果、こんなことに……

お菓子の家中

作り始めたのは23日の午前11時くらいです。
私は室内を。友人が同時進行で外壁を組み立てたのですが、組み立てるのにはアイシングが大量に必要で、大変そうでした。

室内は結構簡単にできました。(とりあえず、壁は裏側に物をおいて支えています。)
シャーロックの髪はココアとマッシュポテト、ソファとシャーロックのコートは、イカ墨のパスタソースとマッシュポテトをまぜたもの。スカルはもともと持っていた石膏の置き物で、壁紙は紙ですが、あとはすべてお菓子です。
シャーロックは、持つたびに指先が黒くなり、いちいち手を洗いにいかなければならないので、こんなとこでも皆に嫌われてました。(食べてもまずくはなかったけれど……)イカ墨の色素ってすごいんですね……!

室内を撮影した後、追加の砂糖を買いにちょっと外出。スーパーに行ったら宇都宮餃子を試食販売してたおじさんに「お姉ちゃんたち、買い出しして女子会かい?寂しいクリスマスだねぇ~」と声をかけられました。
知ってます。

帰ってきて、(ふらっとやってきた母を巻き込みつつ)外壁が完成!
こちらは友人プロデュースの、子供の頃の夢の通りの「お菓子の家」なんで、華やかでかわいいです。

ものは試し、と(指先を汚しつつ)シャーロックとジョンを置いてみたところ

お菓子の家外

なんか変だ。いや、すごく変だ。

「ろうそくをもってくるよ。その方がロマンチックだ」(拙訳)というアンジェロの教えに従ってろうそくを灯してみましたが、そういう問題じゃない感満載です。

クラフト好きやお料理上手の方からみれば笑っちゃうような拙さですが、こんなんでもまあまあ気が済みましたので、子供の頃からの夢はとりあえず叶えてみるものですね。
しかし、舌と胃袋はもう大人なので、作ったのはいいけど甘ったるそうであんまり食べたくないな……と思っていたら、家が遠いSさん、「運ぶの無理だから」置いていきやがりました。
しかたないので明日(もう今日か)私が家から近い職場に持っていき、スタッフ総出でおいしくいただきます。皆さん夜のご予定もお有りでしょうに、生活習慣病に優しくないギフトで申し訳ありません。せめて胃薬を持っていきます。
NEXT≫
プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。