最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

おいしい店とブラックジョーク

(この記事は、『人種差別』に関する記述や引用があります。筆者にはどなたかを貶める意図はないのですが、不勉強ゆえの配慮に欠けた記述などがありましたら、教えていただければ幸いです。)


夕食もとらずに深夜まで走り回って、腹ぺこの二人。
シャーロックは、この時間でも開いているおいしい店を知っている様子。

"End of Baker Street there's a good Chinese. Stays open till two.
You can tell a good Chinese by the bottom third of the door handle."
「ベーカー街のはずれに、おいしい中華の店があるんだ。2時までやってる。
いい中華料理屋は、ドアの取っ手の下3分の1を見ればわかる(拙訳)」



ここで、マイクロフトの姿を見つけたジョンに遮られるのですが、さて、どうしてドアの取っ手で良い店がわかるのか。

私は、こと"SHERLOCK"に関しては自分のペースで謎解きを楽しみたいタイプで、わからないことがあっても滅多にその語句でのネット検索はしません。一方、「たまたま目にしたり、ここのコメント欄やメールで教えていただくのはセーフ」という変な自分ルールがあるので、すごく時間が経ってから、書き込みで教えていただくこともしばしばだったりします。(『おへそ事件』や『バリツの免状』がそうでした…)

この件に関しても、「?」と思いつつ長いこと放置だったのですが、ある日突然気がつきました。
こういうことではないでしょうか。


1、おいしい中華料理店には、本場の人(中国人)がたくさんやってくる
2、アジア人は背が低い人が多い
3、ドアノブの下の方によく握られた形跡がある(擦れてピカピカになっている、手垢がついているなど)


これをプロフィール欄(という名の日記欄)に書いておいたところ、midoriさんからこんなメールをいただきました。

最近原典読み直してて、ふと目についた『ホームズの思い出』内の『株式仲買店員』冒頭。

メアリと結婚して開業したワトソンの居宅へホームズが来訪、ワトソンを誘って外に出た際、ワトソン宅と隣の医院を観察していたらしいホームズが、

『となりも医者だね』…中略…『じゃ君はいいほうを手に入れたわけだ』
『僕もそのつもりだがね。君はどういうところからそれがわかるんだい?』
『石段でさ。君の家のはとなりのより三インチもふかくえぐれているよ。…以下略…』

流行ってる中華料理店→流行ってる医者、
ドアノブの下3分の1→石段が3インチも…、
どうでしょう???



なるほど~!私の推理が合っているかどうかは別にして、midoriさんのこのご指摘には深く納得しました。
3分の1→3インチというのも芸が細かいですね!

midoriさんのおかげで、ホームズ≒シャーロックの考えそうなこと、という裏付けがひとつできたのですが、気になるのは、背が低いからと言ってドアハンドルの下の方を握るかしら?ということ。
ドアハンドルにも色々なタイプがありますが、この場合は縦に長い棒状のものでしょうか。
それにしても、3分の1は大げさですよね。もし、私の推測が当たっていたとしたら、これは、シャーロックの推理というよりも一種のブラックジョークなのでしょう。
私はこのブログの開設前に半年ほどSNSのアカウントを持っていたのですが、当時の私が知る限り、これと同じような「推理」は大っぴらに流れていませんでした。(この記事を書くにあたって検索してみたところ、質問サイトで同じように考えている方の回答にヒットしましたので、リンクを貼っておきます)

How can you tell a good Chinese restaurant by examining the bottom third of the door handle per Sherlock Holmes?

もっとも、SNSの世界は無数の小さなコミュニティーの連なりですよね。この「推理」が出なかったのは私の周りだけだったのかもしれません。おそらく、ぴんときていた方も、私がアジア人であることに気を遣って言及しないでいてくれたんじゃないかなあ、と思います。誰かに向かって「小さいね」と指摘することに悪意が伴うとは限りませんが、揶揄の意味がある場合も多いですからね。
今さらながら、その思いやりに感謝です。ていうか3年も気付かなくてすみません。

もともとイギリスはブラックジョーク好きの国だと思いますが、他の国の人にとってデリケートな問題をジョークのネタにしてしまい、国際問題になることもあります。BBCの番組で、広島と長崎で二度被爆した方を「世界一運の悪い男」と面白おかしく紹介して、日本大使から抗議を受けたのもまだ記憶に新しいです。
差別ジョークといえばまず思い出す人が、BBCの長寿番組「トップ・ギア」のホストの一人、ジェレミー・クラークソン。以下、「トップ・ギア」のホストたちがメキシコ人をジョークのネタにして、大使から抗議を受けた後の「謝罪文」の一部を引用します。「茶化す側の心理」をかなり本音で語っているんじゃないかと思います。

(前略)と言うわけでありまして、メキシコと国民のみなさまへ率直に謝罪する次第です。番組の一部で、怠け者で無気力と呼んでしまい本当に申し訳ありません。もちろん実際は違います。しかしながら質問もあります。みなさんは少しユーモアというのが欠けているのではありませんか。

 例を挙げましょう。もう何十年もフランス人たちは我々イギリス人を料理ができないとバカにしてきました。オーストラリア人は我々が風呂に入らず不潔だと言い、アメリカ人は我々の歯が腐った黄色い切り株のようだと言います。

 ほとんどのイタリア女性は大きな声で、イギリス人とベッドインするくらいならネズミと入ったほうがマシだとか、中には多分ネズミとあまり差はないとまで言われていますが、それらだってスコットランド人が言ってることよりはマシです。

 我々はこれらのどれも気にしません。なぜなら害のないものだからです。そして害がないからこそ、我々のほうもこきおろします。私がフランス人を傲慢だと言うときは、彼らが本当に傲慢で嫌いなので、全員とっとと死んで欲しいという意味ではないのです。私の本当の意味は、「彼らは傲慢だ、さぁビールでも飲もうか」と言いたいだけなのです。

アメリカのコメディアンが指摘していたように、イギリス人だけが友人を紹介するときに、「ビリーを知っているかい?こいつはちょっと最低なヤツなんだ」と言うのです。それが我々です。そして我々は自分たちのこともジョークにします。

(中略)

 もちろん無礼なユーモアはすべて禁止せよといった動きもイギリスでは出てくるでしょう。しかし人々がよくわかっていないのは無礼なしにはジョークは成り立ちません。(後略)

(以上、ニュースサイト『らばQ』の記事より引用させていただきました。
訳もらばQさんによるものです。引用元の記事はこちら→「メキシコを侮辱したとBBC放送が謝罪…でもイギリスらしく皮肉めいた文面だと話題に」



いっそ清々しいほどお前ら(イギリス人)基準の論理だな!とも思いますが、「無礼なしにはジョークは成り立たない」という主張にはちょっと納得しますし、ひょっとしたら彼(ら)のアイデンティティに関わる問題なんじゃないか、というほどの切実さを感じます…

何が笑いのネタにしてもいいことで、何がダメなのか。これは難しい問題だと思います。
ジェレミー・クラークソンの言うように、どういう文化が発言者の背景にあるか、によっても違ってくるし、「ネタにする」対象への、心理的な距離の差も大きいのでしょう。誰かにとっての悲劇が、違う誰かにとっては喜劇になる。誰かにとっての「当たり前」が、ほかの誰かにとっては からかいたくてたまらないことである。これはもう、人間が二人以上いたら起こり得ることです。

原作のホームズにも、差別的な言動をとった描写がある、と言われています。ジューン・トムスン著『ホームズとワトスン―友情の研究』によると、「三破風館」で黒人ボクサーのスティーヴ・ディキシーが家に殴りこんできた時、「お前の匂いがいやだから」と椅子を薦めなかったり、「ピストルを探しているのか」と言われて「なあに、香水のびんを探しているのさ」と言い返すくだり(←しつこい)などがそれにあたるそうです。「あいつの縮れ頭」などとくさしたりもしてます。
トムスンは、ホームズの嗅覚が人より鋭敏なことや以前からディキシーを殺人犯としてマークしていたことを指摘してすこし弁護する口調ですし、私の感覚ですとホームズはディキシー個人が嫌いでそう言ったのであって、差別ととらえてしまうことも差別的なのではないのかなあ、などと感じたりもしたのですが、だとしてもやはり面と向かって身体的特徴を馬鹿にするのはマナー違反ですよね。もしディキシーが日本人だったら、私もまず怒りや不快感を感じるのかもしれません。

その一方で「黄色い顔」では、妻がひた隠しにしていた黒人との混血児の連れ子が登場しますが、とてもさわやかな結末を迎えます。子供の父親も、立派な人物として描かれています。推理に失敗したホームズは、この結末から何かを学んだような描写がされます。

 ホームズと私たちは彼らの後について下へおり、表へ出た。するとホームズは歩きながら私の袖をひいて、
「ノーバリにいてももう用はなさそうだから、ロンドンへ帰ろうよ」
 ホームズはそれきり事件のことは少しも口に出さなかったが、その夜おそく、ろうそく片手に寝室に引込むというときになって、
「ワトスン君、これからさきもし僕が、自分の力を過信したり、事件にたいしてそれ相当の骨折りを惜しんだりするようなことがあったら、ひとこと僕の耳に、『ノーバリ』とささやいてくれたまえ。そうしてくれれば僕は非常にありがたい」



だいぶ時間が経ってからわざわざこんなことを言ったホームズは、ずっとこの事件について考えていたのでしょう。
これは私の想像ですが、彼が気にしていたのは、推理の上の失敗だけではなかったのではないでしょうか。自分には思いもよらなかった、妻の抱えていた真実と、依頼人自身による愛溢れる「解決」に、何か深く心打たれるものがあったのかもしれません。

たとえばホームズの時代には、同じ人種でも階級の低い相手を人間扱いしないような言動が普通に行われてますし(そういえばホームズも、『レディ』を救うために『メイド』を騙しておいて『仕方ない』って言い切ったときあったな!)、現代に生きる私も「まったく男ってやつは…」とか「これだからバブル世代は…」とか言ったり思ったりすることがあります。こうして人間をカテゴライズすることによって見えてくるものもあるのですが、誰かと、個人対個人として向き合うことをやめて、カテゴリーで括り上げて自分から切り離すことで思考停止してしまったとしたら、それを差別というのかもしれません。
一方で、そこで終わらずに考え続けるという選択もあります。ジェレミー・クラークソンは他国人を笑いのネタにするだけで終わらず、「そんな俺たち英国人」についても一応考えていますし、ホームズは、どういう思考を辿ったかはわかりませんが、この事件を忘れずに自らを戒める鍵にしたようです。(全然関係ありませんが、ワトスンはこの後何回ノーバリノーバリ言ったんでしょう)

さて、シャーロックに「お前ら小さい」と言われた件について(いや、言ったかどうかはっきりわからないですが)、そして「トップ・ギア」のジョークについて、私自身はどんな意見を持ったらいいか、まだ決めかねているのですが…(『トップ・ギア』の件は、『謝罪文』を探すために検索したらさまざまなニュースサイトで取り上げられていたのですが、反応は本当に千差万別ですね。らばQさんはかなり好意的でしたが)

自分と違う考えを持った人、自分と違う文化、理解できないこと、居心地の悪いことを切り捨てず、そういう人や物やことに対してどういう態度をとるか、自分の問題として受け止める。そして考える。そういうことをいちいちしている大人は案外少ないように思います。社会における自分の位置が定まってくるにつれて、理解できないことに疑問を持つよりも、理解できる世界だけに留まって、その枠からはみ出たものに関しては考えることをやめてしまうこと、反射的に「あの人は○○だから」と決め付けることのほうがラクになってきますから。
   
笑うにしても怒るにしても、口を慎むにしても悪し様に言うにしても、人の世界は、人が人を思うことでできているのかもしれません。自分ではない誰かについて「思う」こと、「考える」ことを(そういうことに伴う煩わしさも受け容れながら)きちんとすることは、必要なのではないかと思います。そこから出てきた結論が「良い」か「悪い」かは、本当に批判する側の立場次第なのですが、まず問題意識を持って「考える」人を私は尊敬したいです。

ホームズシリーズは、万能な名探偵が難事件を鮮やかに解決するだけのお話ではありません。ホームズ自身が何かを学んでいく物語でもあります。"SHERLOCK"もそうですよね。
そんな彼らから、読者や視聴者もまた学べるのかもしれません。

midori様、引用を快くお許しいただき、ありがとうございました!
更に、midoriさんのメールにはまだまだ、とても興味深いことが書かれていたのです。
テーマが変わるので、続きは次の記事で書かせていただきます。

(原作からの引用はすべて延原謙訳)
スポンサーサイト

砂糖二つ、ミルクなし

モリーに「コーヒーでもどうか」と誘われたのに、故意か天然か、「お茶汲みしてくれる」と受け取って好みを伝えるシャーロック。

"Black, two sugars, please."
「ミルクなし、砂糖二つで」



ジョンは"The Hounds of Baskerville"でシャーロックがいれてあげたコーヒーに顔をしかめて「砂糖はいらないのに…」と言ってたので、無糖派確定。
シャーロックはこの回でも砂糖を入れて飲んでたようなので、これが普段からのシャーロックの飲み方、と考えて良さそうなのですが、これって原作のホームズもそうだったっけ?とずーっと考えていたんです。

イギリス人は紅茶好きというイメージがありますが、先に普及したのはコーヒー。
1650年にオックスフォードに最初のコーヒーハウスができて以来、コーヒーハウスは男性たちの社交場の役割を果たし、世論を形成する重要な場ともなったとのこと。入場料1ペニー、コーヒー1杯1ペニーで最新の情報や議論に触れられたので、「ペニー大学」と呼ばれたそうです。ジャーナリズムの基盤ともなり、王立科学院も後のロイズ保険会社も、ここから生まれたというのだから驚きです。さらに、ここでの政治批判や議論が、議会政治の発達につながります。コーヒーハウスは、近代文化や民主主義の生みの親なのですね。

ただし、コーヒーハウスは女人禁制。初期は男性なら誰でも入れたコーヒーハウスですが、次第に閉鎖的になっていきます(コーヒーハウスに集った人々から、後の「クラブ」が生まれます。SHERLOCKにも「ディオゲネス・クラブ」が登場するので、後ほど詳述したいと思います)。
そういえば、(時代は後になるものの)原作のホームズはコーヒーを飲んでいる印象が強いです。「バスカヴィル家の犬」では、ポット2個分ひとりで空にしています。イギリスの紳士たちにとって、コーヒーは単なる飲み物ではなく、有識者の象徴と言うか、社会を動かしている証と言うか。ある種の選民意識の伴ったアイテムだったんでしょうね。
一方、ポルトガルからチャールズ2世に嫁いだキャサリン妃が中国茶や砂糖を持ち込んだことから、お茶のブームが起こります。その後「ティーパーティー文化」が宮廷に広まり、上流階級の女性たちからイギリスの家庭に普及していきます。コーヒーハウスの衰退と共に、紅茶の人気の方が上になるのですが、紅茶文化は、「男性と社会」を象徴していたコーヒーとは対照的に、女性によって家庭から広められていったのですね。そういえば、"A Scandal in Belgravia"の「宮廷でのお茶会」ではマイクロフトが

"I'll be mother."(私がお茶を注ぎましょう)


と言っていました。
オックスフォードの表現辞典によると、be mother=「お茶を注ぐ」。推測ですがこれは、イギリスでは母親がtea serverをやる、という伝統からきた表現なのではないでしょうか。もっと遡ると、ひょっとしたらこのお茶会の真のmotherでもある「あのお方」のご先祖に起源があるのかな。一見男だらけの「仕事の話」ですが、話題も女性のゴシップ絡みですし、お茶会自体が女性的なもの、と踏まえて観ると、この場面は面白いです。

シャーロックが「まるで子ども時代の再現だ」と頭を抱えていましたが、子どもだけでお茶を飲むnursery teaという習慣もあるそうです。果たして男の子同士でこれをやるものかはわからないんですが、参考にさせていただいた資料によると、子どもたちは競ってmother役をやりたがるそうですよ。
ただでさえ仕切りたがりなのに、7歳も年上となると、子ども時代のシャーロック、兄にはとても敵わなかったんでしょうねえ。お茶以外でも…

誰もが歴史の教科書で勉強した「東インド会社」や「ボストン茶会事件」も絡んできて、コーヒーと紅茶の歴史はすごく面白いのですが、だいぶ脱線したのでこの辺にしておきます。
参考にさせていただいたサイトや論文をリンクしますので、ご興味のある方はご訪問ください。

UCC上島珈琲>コーヒーの基礎知識>コーヒーの歴史

「イギリスにおける紅茶文化」京都産業大学文化学部 国際文化学科 成本 真央

(英国文化史を調べてるとよくヒットする、京都産業大学の学生さんたちの論文にはしょっちゅうお世話になってます…)

さて、リンク先のUCCの年表によると、初めてコーヒーに砂糖が入れられたのは1625年。ミルクが入れられるようになったのは、1660年頃。ホームズがどちらを入れたとしても、おかしくないですね。
ブラック派という可能性もありますが、以下の記述から、どちらかを入れていたのではないかと思ったんです。

ベーカー街へ帰って風呂にはいり、衣服をとりかえると、私は急にひどく元気づいた。下の部屋に降りてみると、もう食事の用意ができていて、ホームズはコーヒーを注いでいた。
(中略)「たいへんなことになったもんだね」ホームズはコーヒーをかきまぜながらいった。「君はどう思う?」(四つの署名)


上記の一文を見つけたときは「やった!」と思ったものですが、原文をあたると「かきまぜた」という表現はないんですよね。

“Isn’t it gorgeous!” said Holmes, grinning over his coffee cup. “What do you think of it?”


もっとも、当時のイギリスのコーヒーは今のようなドリップ式ではなく豆を煮出して淹れていたそうなので、掻き混ぜていたとしても、豆かすなどを除いていた、という可能性もあるかも。
ホームズ自らコーヒーを注いでいるのは、"The Blind Banker"でジョンに、"The Reichenbach Fall"でジムにお茶を淹れてあげる場面とつながっていますね(バスカヴィルのアレはともかく)。

ところで、シャーロックがコーヒーに砂糖を入れるのは、彼の「食事」に対する考えに関連している気がします。

「仕事中は食べないんだ、消化が脳の働きを妨げるから(拙訳)」 



これは、原作のホームズも言っていたセリフです。(関連記事:『バーツの食堂で』)

シャーロックは、脳をハードディスクやエンジンに例えるなど、自分の体を機械のように考えて、仕事用に「最適化」しようとします。仕事中は、食事すら「楽しみ」ではなく「最適化の一環」に位置づけているのでしょう。砂糖を入れるのは、甘味が欲しいというよりは、脳を効率よく働かせるためかもしれません。
でも「単なる甘党なんじゃないか」と想像するのも、それはそれで可愛くていい!と思います。
プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスンがより好きです。

2017年エイプリル・フールお片付けしました。お付き合いありがとうございました!片付けきれてないところがあったらお知らせいただければありがたいです。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura