最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

【事件の重要なネタバレ】最後の嘘

シャーロックからジョンへ、そしてホームズからワトスンへ宛てられた「最後の言葉」。
手段としては、シャーロックは電話。ホームズは、手帳を三枚ちぎった手紙。

思えば、シャーロックからジョンへの連絡手段は、いつも携帯メール(ショート・メッセージ)でしたよね。
ホームズは、「電報の届く場所なら、決して手紙なんかよこしたことのない男(『悪魔の足』・延原謙訳)」。
その二人が「最後」だけ、いつもと違う媒体を使ったということが、なぜか胸に響きます。
「電報が使えない状況だったから」「メールを読ませる時間の余裕がなかったから」と言ってしまえばそれまでなのですが、自分に降りかかった重大な出来事を振り返る時、人は細かなことまで「そういえば、いつもと違った」と特別視してしまいがちです。「ずっと晴れだったのにその時だけ雨が降った」とか、「いつもならまっすぐ行くのに、たまたま違う道を通った」とか。シャーロックやホームズが手紙や電話を使ったことは、ジョンやワトスン、ひいては視聴者や読者の心に強く残ったのではないかと思います。

さて、シャーロックの電話はおおむね次のような内容。

1、ジム・モリアーティの存在は、自分による捏造だったという告白
2、探偵としての能力も偽物だった。ジョンに自分の実力を印象づけるため、ジョンの姉のことなど、ジョンの身辺を事前に調査していたということ
3、以上の「事実」を皆に伝えて欲しいということ
4、別れの言葉


ホームズの手紙は

1、これからモリアティとの対決を行うということ
2、ワトスンへの呼び出しは偽のものだとわかっていて、あえて帰したこと
3、今後の裁判の資料の場所や遺産の管理など、事後処理について
4、別れの言葉


こうして見ると、シャーロックの電話は「シャーロックらしくない」反面、ホームズの手紙は実に「ホームズらしい」です。てきぱきと必要事項だけ伝えるところもですが、病気の英国婦人の懇望に応じてワトスンが宿に戻るのを止めなかったのは「あとでこうしたことの起こるのを予期したからこそ」だと言うのがいかにもホームズっぽい。こんな状況でも、自分の推理が正しかったことをワトスン君に知らせずにはいられないんだね、ホームズ……(『水道みたいに出したり止めたりできるものじゃない』って言ってたのはシャーロックでしたっけ)。

ホームズの手紙は、帰ってきたホームズの言を信じるなら「書いた気持ちに嘘いつわりはない(空家の冒険)」。
この手紙は対決前に、モリアティの好意で時間をもらって書かれたもので、ホームズとしては本当に死ぬつもりで書いたものだから、ホームズらしいものになっているのでしょう。
一方、シャーロックの電話がいやに神妙で「シャーロックらしくない」のは、全体として「嘘」を言っているから。この電話自体が、ジョンやレストレード、ハドスンさんなど、友人たちを守るためのシャーロックの作戦の一部だからです。
ただ、実は死ぬつもりのないシャーロックにも、この先無事に戻ってきてまたジョンに会えるかどうかは、確信がなかったのかもしれません。最後の最後に告げた「別れの言葉」には、かすかにシャーロックらしさが表れています。

「頼む。ぼくのために、やってくれるか?この電話は…これは、遺書だ。皆がやることなんだろ?
書き置きをのこすのは。 ……さよなら、ジョン」(拙訳)



ジョンとの会話を見ていると、シーズン2のシャーロックは、「世間一般の人はどうするか、どう考えるか」ということを気にかけるようになっていたように思います。いや、そのもっと前から、マイクロフトも、ジムも、ずっと"people"と自分の間の齟齬を思っていたのかもしれません。「皆がやること(That's what people do)」というのはもともとジムの台詞だったし(1期3話)、2期1話、クリスマスのホームズ兄弟の会話は、感傷を抱える人々と自分たちの距離をしみじみと噛み締めているように思えます。

ところで、ラストシーンでジョンも口にする「ぼくのために(○○をして欲しい)」という言葉は元ネタがありますね。

「それ、馬車の音が聞こえてきた!早く!僕を思ってくれるならさ!(後略・『瀕死の探偵』)」


この「僕を思ってくれるなら」は原文では"If you love me"ですから、厳密に言うと違いますね。「僕のために」(for me)は他にもありそうですが、ホームズが死にかけている(ふりをしてる)こともあり、やはりこのくだりが思い出されます。

ホームズの「別れの言葉」はとことんシンプル、そして儀礼的。

Pray give my greetings to Mrs. Watson, and believe me to be, my dear fellow,
Very sincerely yours,
SHERLOCK HOLMES.
奥さまにどうぞよろしく。ではこれで。  君の忠実なる友 シャーロック・ホームズ



むしろグッとくる私のような変態はほっておくとして、紳士的な礼儀を重んじる時代だったということを置いても、親友への最後の別れにしては「そっけない」と思われる方もいるかもしれません。
ワトスンによると、ホームズの手紙は「つくえの上で書いたのと変らぬくらい字体も文句もはっきりしていた」そうです。シャーロックの電話の内容が、あらかじめ用意されていたものであろうことを考えると、ホームズの手紙も、事前にある程度内容を考えてあったのかもしれません。

ホームズはライヘンバッハまでの道中、何度もワトスンに「もし社会がモリアティ教授の毒手から解放されさえするならば、自分はよろこんで一身をささげてもよい」のだと語っていたようです。そう語るホームズと、聞いているワトスンの心情を思うとたまらないものがありますが、シャーロック同様、「死んでみせること」までが彼の計画に入っていた可能性も否定できません。それが「死んだふり」だったか、「本当に死ぬこと」だったかはわかりませんし、どの時点でそうしようとしたのかもわかりませんが。

ハドスンさんが撃たれたと聞いたジョン(この部分の元ネタは、先述の英国婦人とワトスンのエピソードですね)が、動じないシャーロックに怒って"You…machine!"と言うところは、「四つの署名」でメアリの魅力に興味を示さなかったホームズにワトスンが叫ぶ言葉を思い出させますね。

“You really are an automaton – a calculating machine,” I cried. “There is something positively inhuman in you at times.”
「ほんとに君は自動人間―計算機だな。どうかすると君は、まるで人間ばなれのしたところがあるよ」



この言葉を、ジョンは後悔したんじゃないでしょうか。シャーロックの墓石に「君は人間だった」と語りかける場面に、それがあらわれています。


今回原作を読み返して気づいたのですが、ワトスンが滝に戻ってきて、ホームズとモリアティの痕跡を「ホームズ流をまねて」検証する場面は、「緋色の研究」でホームズがまず足跡を確かめるところ、現場に腹ばいになるところに呼応しているのですね。初めての事件でホームズから学んだ捜査の技術を、その本人の死で使うことになるとは、なんて悲しい場面なんだろう、とあらためて感じ入りました。

ジョンはシャーロックの死を信じ込まされているようですが、彼のブログを見る限り、シャーロックが偽ものだったという「嘘」は、本人が言ったにも関わらず信じていないようです。
ひょっとしたら、ジョンも「シャーロック流」をまねて、推理をめぐらせたのかもしれません。
というのも、「初めて会った時、君は僕の姉の事を全てわかったじゃないか」と聞くジョンに対してシャーロックが「君の事を調べたんだ」と言うのは、少し考えればすぐに分かる嘘ですよね。「姉のことを全てわかった」というのはジョンの言葉のあやで、シャーロックはハリーのことを男だと勘違いしていましたから。
もしまだ気づいていないにしても、遅かれ早かれジョンはこの「嘘」に気づくでしょう。ジョンの頭に浮かんだ「シャーロック流推理」が、彼を少しでも力づけてくれたら、と思います。

(原作の引用はすべて延原謙訳)
スポンサーサイト

ジムとダイヤと青いガーネット

前記事の場面と同時に描かれるジムの侵入シーンでは、ロンドン塔に展示された「クラウン・ジュエル」の展示ケースを割るために、ダイヤモンドが使われます。シャーロックは「(ガラスは)結晶化した炭素にはかなわない」と言うのですが、ホームズも宝石を「炭素の結晶」と表現していました。

「(前略)こんな四十グレーンばかりの炭素の結晶が人殺しを二度、硫酸浴びせを一度、自殺を一度、窃盗にいたっては数しれずおこしているんだぜ。こんな美しい玩具が、人を牢獄や絞首台へ送る役目をつとめるとは、誰が想像しよう。」(後略・『青いガーネット』)


「科学の人」らしい物言いに、くすりとさせられます。
(でも、ガーネットは炭素じゃないですね。原作ではblue carbuncleと書かれているこの石。カーバンクルは丸く磨き上げられたガーネットを意味すると同時に、赤い宝石の総称でもあり、ドイルがどの石を意図して書いたのかはよくわからないそうなんです。Wikiの『青い紅玉』の項には、『ブルー・カーバンクル』の正体についてさまざまな説が挙げられる中に、『ブルー・ダイヤモンドのこと』という説の紹介があります。)

また、「ダイヤでガラスを割る」という行為からは、「青いガーネット」を拾ったピータースンの「ダイヤでがしょう?すばらしいもんだ。ガラスがパテのようににザックザクときれますぜ」という台詞も思い出されます。この時、新聞に広告が出て話題になっていたという、「モーカー伯爵夫人の青いガーネット紛失事件」を知らなかったピータースン。新聞を読まないような人々にとっても、既に「ダイヤがガラスよりも硬い」ということは常識だったんですね。

それもそのはず、ダイヤモンドは、なんと紀元前3世紀から珍重されていたとのこと。
ダイヤの一番古い記録はインドにあるらしいのですが、採掘量がとても少なかったことや、あまりにも硬くて研磨が困難だったことから、宝飾品ではなく魔除けとして用いられていたそうです。
宝飾品として注目されたのは、研磨方法が発見された1445年以降。
どうやって研磨するかというと、ダイヤでダイヤを磨くようです(なるほど…!)。
17世紀末、「ブリリアントカット」という技術が発明されます。ダイヤの表面にたくさんの面をつくり、光を反射させることで、きらきらと輝かせ、ダイヤならではの美しさを引き出すのがこのカットの特徴だそうです。
今でも、宝石といえばまずダイヤを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。ダイヤと人間の長い長い歴史から見れば、19世紀に生きたピータースンの知識が、21世紀の庶民の私とそう変わらないのもうなずけます。

それにしてもピータースン、拾った宝石で実際にガラスを切ってみたんでしょうか。う~ん、私ならできない!
彼にとってダイヤの「凄さ」は、美しさよりも硬さにあったのかなあ……

ひょっとしたら硬度を比べることで「ブルーカーバンクル」の正体に近づけるかもしれないと思い、こちらの表(修正モース硬度)を参照しました。ガーネット(柘榴石)は10、ガラスは5。これって、「パテのようにザックザク」切れるほどの違いなのかしら?結局よくわかりませんでした……。ダイヤモンドは15で、やはり圧倒的ですね。

ダイヤの歴史についてはこちらのサイト(ユーアクセスさん)で、簡潔にまとめられたものが読めます。
Wikipediaでは、「四つの署名」にも登場した「グレート・ムガール」など、有名なダイヤを図にして比較しています。ジムが侵入したロンドン塔に保管されているものも複数ありますので、ご興味のあるかたはリンク先をごらんください。
また、「グレート・ムガール」に関しては、"Sherlock"シーズン1の2話冒頭で、シャーロックと戦っていた男と関連があるのでは、という話題が当ブログコメント欄で出たことがあります。
憶測の域を出ませんが、もしご興味があればこちらもご一読ください。

(過去記事)Jalia Diamondと翡翠のヘアピン

ちなみにジムが身にまとっていた王冠などの「クラウン・ジュエル」ですが、どんなものがあるかwikiで確認できます(英語版のみ)。日本の「クラウン・ジュエル」としては、「三種の神器」が挙げられていますね。

(原作からの引用はすべて延原謙訳)

ぶらさがる人形

このお話のはじめの方で、シャーロックたちの部屋ににだらんとぶらさがっている大きな人形(マネキン?)、すごく気になっていました。

「等身大人形」自体の元ネタは、「空家の冒険」でモランの狙撃対策に使われたホームズの胸像(『グルノーブルのオスカー・ムニエ』作。フランスに潜伏してる時に知り合ったんでしょうか)や、「マザリンの宝石」で宝石泥棒を欺くために使われた全身像なのだと思います。

そこまではいいんですが、なんで上からぶらさがってるんでしょう。

「彼」についてだと思うのですが、バスルームから出てきたジョンが"Did you just talk to him for a really long time?"(『ずいぶん長い間話しかけちゃったのか?』)とシャーロックに聞きます。人形が、延々と続くシャーロックの話を聞かされてるうちに首を吊りたくなっちゃったのか、ということでしょうかね。シャーロックは"Oh, Henry Fishguard never committed suicide.(『ああ、ヘンリー・フィッシュガードなら絶対自殺じゃないよ』)と答えます。
シャーロックは、ヘンリー・フィッシュガード氏が首吊り自殺したかどうか、人形を使って検証したのでしょうか。

原作中で首吊り自殺に見せかけた殺人があったのは、「入院患者」。ホームズは首吊り死体の近くに残された葉巻などから、侵入者による他殺であることを見抜くのですが、ワトスンによると「その夜以来三人の殺人犯人たちは、ついに警察の手にはかからなかった。(延原謙訳)」そうです。
シャーロックも、この事件に関係した警察の無能ぶりを嘆いていますね。この後も、ヘンリー・フィッシュガード氏を殺した犯人は、結局見つからないのかもしれません。






逆転と対立

盗難未遂というか、ものすごい不法侵入というか、とにかくジムの引き起こした事件によって裁判に引き出されるシャーロックですが、原作では裁判を望んでいたのはホームズの方でした。

「(前略)そこから手をのばして、僕は彼の身辺にすっかり網をはった。そしていまはそれを締めるばかりになっているのだ。三日で――つまりこの月曜日には機が熟する。教授はその仲間のおもだった連中といっしょに、官憲の手につかまるだろう。それから今世紀未曾有の大刑事裁判が開始されて、今まで迷宮入りとされている事件が四十件以上も解決され、全被告が絞首台にのぼらされるだろう。(後略・『最後の事件』)」



原作と現代版では、干渉する側とされる側が逆なんですね。
原作では、ホームズからモリアティ教授に。
現代版では、ジムからシャーロックに。

そして、追う側と追われる側の逆転も起こります。
ホームズは、「網を締める」側から命を狙われて逃げる側に。
シャーロックは、追い詰められた状況で自らジムを呼び出します。

逆といえば、「最後の事件」の最終的な舞台は、スイスにあるライヘンバッハの滝。それまでに起こった(少なくとも、発表されている)事件の中ではホームズとワトスンが一番遠くに足を延ばしているのに対し、現代版では「始まりの場」であるセント・バーソロミュー病院に回帰しているのも面白いなと思います。

さて、この「逆転現象」から思い出される台詞があります。

You hope to place me in the dock.
I tell you that I will never stand in the dock.
You hope to beat me.
I tell you that you will never beat me.
If you are clever enough to bring destruction upon me,
rest assured that I shall do as much to you.’

「君は私を法廷に立たせるつもりでいるが、
私はけっして法廷には立たない。
君は私を打ちのめすつもりでいるが、
私はけっして打ちのめされない。
君にもし私を破滅させるだけの聡明さがあれば、
私にも君に同じものを報いるだけの聡明さはあるのですぞ」



「最後の事件」で、モリアティ教授がホームズに言い放つ台詞です。改行は私が勝手に施したのですが、まるで一編の詩のように思えませんか?

モリアティ教授は21歳で二項定理に関する論文を書き、ヨーロッパ中で有名になった天才数学者だといいます。
数学を人生のかなり早い時期に諦めた私としては、「二項対立」という多分数学とはあんまり関係ない言葉が頭をよぎりました。

相対する二人の人物。
相対する二つの思惑。
それを数学者らしい、美しい対称を形づくる言葉であらわした、モリアーティの台詞。

現代版がいちいち原作の「逆」をやろうとするのは、やはり美しい対称を作りたかったからでしょうか。


…ということをつらつら考えていたのですが、何せ数学に弱いもので、言い出す勇気がずっとありませんでした。「全然違うよ!」と教えてくださる方の数学講義、お待ちしております。理解はできないと思いますが、反省はいくらでも致します……!

シャーロックのジムに関する証言で、思いついたことをメモとして添えます。(数学の試験で、初めのほうの計算問題でわずかな点数を稼ごうとする生徒みたいに……)

マイクロフトの「ソッファ~」発言同様「元ネタ」かどうかはわからないのですが、シャーロックの"First mistake."という台詞からは、「美しき自転車乗り」でホームズの推理のあら探しをしようと頑張るウィリアムソン老人が言う「うそ第一号だ(Lie number one.)」という台詞が思い出されました。これは、延原先生の訳が印象的だからかもしれませんねえ。

また、"He's a spider.A spider at the centre of a web, a criminal web with a thousand threads and he knows precisely how each and every single one of them dances."
「彼はクモだ。巣のまん中に陣取って、千もの糸で犯罪の網を織る。そしてどの犯罪のどんな動きも把握している。(拙訳)」
という台詞は、「最後の事件」に出てきます。

「(前略)彼は犯罪者中のナポレオンだ。大ロンドンの未解決事件のほとんど全部と、悪業の半分の支配者だ。その上天才で学者で理論的思索家なのだ。第一級のすぐれた頭脳をもち、巣の中央にいるクモのようにじっとしているが、その網には放射状の線が無数にあって、その一本一本の振動が手に取るようにわかる。(後略)」


「ノーウッドの建築士」にも言及がありました。

(前略)「あの男が生きていたころは、毎朝の新聞が面白い暗示を無限に提供してくれた。ごくわずかな痕跡とか、ほんの微かな暗示にすぎなくても、僕にはその背後にひそむ凶悪な智能が、容易に見すかせたこともしばしばだった。ちょうど蜘蛛の巣の一端におこった静かなトレモロから、中央に頑張る醜悪な蜘蛛の存在に気づくようにね。(後略)」



(原作からの引用は全て延原謙訳)

シャーロックのヘアスタイル

暗い内容の記事が続いたので、今日はちょっとライヘンバッハから離れます。

シャーロックを初めて見たとき、その髪型から思い出したのはこの人。



上の写真では帽子で分かりにくいですが、巻き毛のくるくるヘアです。

ニコラス・ロウという俳優さんです。かわいいですね!

少年版ホームズといえば、"Sherlock"視聴時点では知らなかったのですが、後にこんな人も教えていただきました。


って、これも髪型わかりにくいよ!シャーロック・ホームズ帽(命名:ジョン)め……!
演じているのはガイ・ヘンリー。検索するとYoutubeでちょこっと見られるようです(小声)。
二人の「ホームズ少年」はシャーロックと同じく、くるくる、くしゃくしゃとした髪。
(ロバート・ダウニー・Jrのホームズもこのタイプでしょうか。中年ですけど……)

以前RMさんのブログで教えていただいたこの本の写真を流し見る限りでは、ホームズの髪型はオールバックが主流のようです。

Sherlock Holmes On Screen (Updated Edition)Sherlock Holmes On Screen (Updated Edition)
(2012/01/31)
Alan Barnes

商品詳細を見る


これは、ドイルお気に入りの挿絵画家・シドニー・パジェットの絵のイメージからでしょう。

ジェレミー・ブレットや、ベイジル・ラスボーンはこのタイプですね。

原作に忠実な「オールバック派」はいいとして、なぜ「くるくるくしゃくしゃ派」が生まれたのか。
設定が「少年」である場合、オールバックは不自然かもしれないですけど、別に「くるくる」に統一しなくてもいいはずです。
堅いところへお勤めの人や優等生は髪をきっちり撫で付けているイメージがあるので、ちょっと奇矯というか、自由な感じを演出するためかなあ、と思っていたのですが、つい最近、原作にこんな一文があることに気づきました。

ホームズは数時間も黙りこくって坐ったまま、細長い背をまるめて化学容器のうえに被さるようにして、おそろしく悪臭を放つものを生成していた。首を深く垂れて、私のところからみると、まるでくすんだ灰いろの羽毛で鳥冠の黒い、妙に痩せた鳥のように見えた。(『踊る人形』延原謙訳)



「鳥冠」か!鳥冠をふわふわと解釈するか、ピッタリと解釈するかで髪型が変わってくるわけですね!

つまり、こういうことですね!

ハト派
(ガイ・ヘンリー、ニコラス・ロウ、ベネディクト・カンバーバッチ他)

タカ派
(ベイジル・ラスボーン、ジェレミー・ブレット他)


……まあ、最後のは派閥っぽく言ってみたかっただけなんで、忘れてください。
(頭ふわふわのタカもぴっちりのハトもいますよ~)
今回の記事は全わたしを震撼させた、わたし史上最大の発見を書いてみたんですが、ひょっとしてすごくどうでもいいんじゃないかという気もしてきました。
プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスンがより好きです。

2017年エイプリル・フールお片付けしました。お付き合いありがとうございました!片付けきれてないところがあったらお知らせいただければありがたいです。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura