最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジムの来訪

シャーロックが勧めた椅子を断って、窓を背にした椅子に腰を下ろすジム。

実は、当ブログでも「221bの椅子の位置」が話題になったことがありました。
「マイクロフトのメール」という記事のコメント欄をごらんください。

RMさんが
「BBC版でもグラナダ版でも、ワトスンとホームズが座る椅子の位置関係は同じですね。ホームズ(シャーロック)は表通りを背にして、ワトスン(ジョン)は通りの方を向いて、二人は暖炉をはさんでほぼ対称の位置」
というコメントをくださっています。
対して私(ナツミ)が
「窓を背にした人には後光のように光が当たって姿が神秘的に浮かび上がるので、話に説得力が生まれやすいそうなんです。、見る側の人にとっても、対光反射で瞳孔が収縮することで、リラックスし、信じやすくなるという効果があるそうです。」と、のんきに考察していますが、ホームズが窓側に座ると決めていることは、ちゃんと原作に書かれていました!

私は窓に背を向けて坐り、客には光りを正面から受けるように、その反対がわの椅子をすすめる習慣だった。(『白面の兵士』延原謙訳)


たった一文の記述ですが、グラナダ版も現代版も、これをもとにしていたんですね!
観察力不足で申し訳ありませんでした。

ホームズが窓側に坐る理由ですが、原作から読み取れる限りでは、単に「相手の反応がよく見えるように(または、自分の表情を読み取られにくくするために)」なのかもしれません。

しかし、心理的に相手の優位に立つ効果(『後光効果』と言われるそうです)も、経験からわかっていたのではないでしょうか。もちろん、シャーロックとジムは熟知していると思われます。
スポンサーサイト

活躍と報酬

ますます名声を勝ち取っていくシャーロック(本人はそれを望んでもいないようですが)。
第3話冒頭では、その様子が描かれます。

まず、オークションハウスから盗まれたターナーの名画・The great falls of the Reichenbach(ライヘンバッハの滝)を奪還。

(ごく個人的な考えなんですが、この絵の構図は物語ラストのトリックを考える上で参考にされたのではないかと思っています。『ラストのトリック』が種明かしされるまではなんともいえないですが…)

この事件の記念と言うか、解決のお礼にもらったのが「ダイヤモンドのカフリンクス」。
シャーロックは「僕のカフスには全部ボタンがついてるのに」とどうでもよさそうです。

そういえば、周りにカフリンクスをしている若い男の人を見ないような気がする…私が男の人の袖口にあまり注目していないだけでしょうか?
袖口と言えば、原作では、ホームズやモーティマー医師がカフスにメモをとっている場面が印象的です。(『海軍条約文書事件』、『バスカヴィル家の犬』)ある程度のりをきかせた固いカフでないと文字は書きにくいと思うので、もしそれが当時のスタンダードだとしたら、ボタンよりもカフリンクスを使って留めたほうがよかったんでしょうね。

そして、銀行家誘拐事件の解決。
この事件のお礼はネクタイピン。ネクタイをしないシャーロックは、またも無関心。

原作では「ブルース・パティントン設計書」で、ウィンザー宮殿でエメラルドのネクタイピンを賜っています。
過去記事に引用がありますので、よかったらごらんください。ちなみにちゃんと着けてます。

また、インターポールが長年マークしていた男、ピーター・リコレッティの逮捕に貢献。
この名前は「マスグレーヴ家の儀式」でちょっと触れられる「語られざる事件」、「蟹足のリコレッティとその憎むべき事件」からですね。(どうでもいい話ですが、『蟹足のリコレッティ』っておいしそうだといつも思ってる私…洒落たイタリア料理屋さんのメニューにありそうな気がしてなりません)

この時の「ごほうび」は、ヤードの面々がお金を出し合ってプレゼントしてくれた「マイ鹿撃ち帽」(←『マイバッグ』『マイボール』と同じ発音で読んで下さい)。これにはシャーロックも思わず苦笑。
何だかんだ言いながらも、ジョンがタブロイド紙につけられた自分のあだ名に怒ってる間、ずっと鹿撃ち帽と戯れているシャーロックが可愛らしいです。



G.レストレード

どうやら仲直りしたシャーロックとジョンのところに、タイミングよく現れたレストレード。
休暇中のようないでたちです。

ここで、ジョンとレストレードが
"Hello, John."
" Greg."

と挨拶を交わします。
レストレードのファーストネームは「グレッグ」(おそらくはGregoryの愛称)だということがわかりました。

原作では、レストレードのファーストネームははっきり書かれていません。
ただ、「ボール箱」に出てくる彼の手紙に”G.Lestrade”の署名があるため、GeorgeやGregoryなど、Gのつく名前だということだけはわかっています。
シャーロックは、長い付き合い(ジョンと知り合った時点ですでに5年)にも関わらず、レストレードのファーストネームを知らなかったようですが、それは私たちがレストレードの名前を知っているようではっきりとは知らない、ということと関係があるのかもしれません。

突然やってきたレストレードにシャーロックは迷惑そうな顔をしますが、原作「バスカヴィル家の犬」では、ホームズが電報でレストレードを呼び出しています。

"I'm enjoying this. It's nice to get London out of your lungs."
「わりと楽しんでるよ。ロンドンで汚れた肺を洗濯するのはいいな」(拙訳)


という現代版レストレードの台詞は、原作では駅でレストレードを出迎えたホームズの台詞。

Lestrade, we will take the London fog out of your throat by giving you a breath of the pure night air of Dartmoor.
「(前略)それからレストレード君には、ダートムアのすがすがしい夜の空気で、ロンドンの霧でよごれたのどを洗濯させてあげますよ(後略・延原謙訳)」


肺やのどから「ロンドン(の霧)を追い出す」という英語の表現は面白いですね。
(ホームズが言っているthe London fogは、おそらく大気汚染によるスモッグのこと。今のロンドンでの大気汚染が産業革命当時ほど深刻だとは思えませんが、都会から田舎にやってくると空気がおいしく感じるのは変わらないですよね。)
対して、「のどを洗濯する」という延原先生の表現も、実感がよく伝わってくる名訳だと思います。

レストレードに関する過去記事はこちら。
私、ここのコメント欄でけっこう遠回しに障害の話に触れてますが(まだまだわからないことも誤解も多く、私の半端な知識で不用意に触れると誰かを傷つけかねない話題と思いますので)、今回、レストレードはものすごくはっきり「アスペルガー」って言ってるな…

追記(2012.6.23)すみません!ご指摘いただいてDVDを見直したところ、「はっきり言った」のはジョンでしたね。レストレードは言い淀んでます。ついでに見直してほかの記事も修正しました。

たったひとりの

ジョンを怒らせてしまったシャーロック。翌朝冷静になってから、一生懸命謝ります。

"Listen, what I said before, John, I meant it. I don't have friends. …I've just got one."
「聞いてくれ、僕が言いたかったのはこういうことだ、ジョン。僕に友達はいない…ただ1人を除いては」(拙訳)


ホームズの「友達」については、「オレンジの種五つ」に似たような記述があります。
嵐の夜、奥さんが親戚を訪ねて留守のため、221Bに泊まっていたワトスン(ハドスンさんがごはん出してくれるし、友人宅と言うより実家みたいな感覚なんでしょうな…)とホームズの会話。

“Why,” said I, glancing up at my companion, “that was surely the bell. Who could come to-night? Some friend of yours, perhaps?”
“Except yourself I have none,” he answered. “I do not encourage visitors.”
「おや!」ふと私は顔をあげて、ホームズを見た。「呼び鈴が鳴ったようじゃないか。こんな晩に誰が来たのだろう?君の友人だろうね?」
「僕は君のほかに、友達は一人もないよ。話しに来いと人にすすめたこともない」(延原謙訳)


私がこのお話を初めて読んだのは、小学校の図書室でした。当時は「友達は多いほうがよい。誰とでも仲良くしよう」という教育を受けていたもので、「一人しか友達がいないなんて、ホームズ、かわいそう…」と思ったものですが、大人になると、友達は数じゃないということが身に沁みてわかります。
必要な時に、必要な人がそこにいてくれるということがどれだけ奇跡的な幸運か。この頃のホームズは既にわかっていたのでしょうね。
何の見栄も計算もなく、「君はたった一人の友達だ」と伝えられる相手がいる。なんと贅沢なことでしょう。

しかし、謝っているうちになんだかおかしなことに…

"You may not be the most luminous of people, but as a conductor of light, you are unbeatable."
"Cheers…what?"
"Some people who aren't geniuses have an ability to stimulate it in others."
"You were saying sorry."
「きみは輝いてはいないが、光の導線としては申し分ない」
「そりゃどうも…何だって?」
「天才でなくても、天才を刺激する能力のある人はいるものだ」
「謝ってたんじゃなかったのか」(拙訳)


まるで漫才のような会話ですが、これも原作から。

「(前略)今日までの僕の小さな業績は、みんな君の助力のおかげなんだが、しかし遠慮なくいわしてもらえば、君は習慣的に君自身の才能を見くびりすぎてきた傾きがあるよ。君は君自身で輝かないまでも、少なくとも光を伝える能力はあるんだ。ある種の人は、たとえ自身天才でないまでも、天才を刺激し発揮させる異常な力をそなえているものだ。僕は君に負うところの多いのを、ここに改めて感謝するよ」(『バスカヴィル家の犬』延原謙訳)


それ明らかに自分褒めだろ!と小学生もツッこみますよ!
なのにワトスンは、「白状するがひどくうれしかった(延原謙訳)」と、怒るどころか喜ぶ始末。
子どもながらに「この人たち変だ」と思ったものです…今回、ジョンがつっこんでくれて本当によかった!
100年越しの「ノリツッコミ」が成立したのを見届けた思いです。

追記(2012.6.12)
DVDを見返していたところ、訳とジョンのツッコミの「間」が違ってた気がしたので修正しました。




シャーロックの見たもの

"Once you've ruled out the impossible, whatever remains, however improbable, must be true."
「不可能なことを取り除いたら、どんなにありえなそうでも残ったものが真実だ」


「ありえないもの」を見てしまったシャーロック。
この台詞は非常に良く出てくる台詞で、ホームズは「四つの署名」「緑柱石の宝冠」「ブルース・パーティントン計画書」「白面の兵士」でも同じようなことを言っています。
シャーロックのサイトのトップページにも掲げられています。

詳しくは過去記事に書きましたので、よろしければご覧下さい。
過去記事「推理の科学~シャーロックのサイトから
NEXT≫
プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。