最初の挨拶
パンダとジョン

BBC制作、現代版シャーロック・ホームズのドラマ「SHERLOCK」ファンのブログです。
①正典/聖典(原作)と比較しながらドラマを観て、元ネタ探し
②ドラマでまだ出てこない原作の事件は、SHERLOCKだとどんな話になるのかな?と妄想する

…を一人で(主にトイレとかお風呂で)楽しんでいたのですが、
さまざまな方にご意見をいただけたら楽しいだろうなあ、と思って始めました。
ネタバレ満載ですのでお気をつけください!
★原作の文章を引用する際、主に新潮文庫版(延原謙・訳)を参考にさせていただいております。
★全ての記事は、推測やこじつけを基にしており、たまに妄想も入っております。ご了承の上ご利用ください。
★このサイト及び記事へのリンクは、どうぞご自由になさってください。
【お願い】 ★記事における間違いは、できる限り修正したいと考えております。お気づきの点がありましたら、ご教示いただけるとありがたいです。
★コメントを歓迎しております。初めてコメントくださる方は、こちらの記事をご一読いただければ幸いです。
→「コメントをくださる方へ
「あの場面の元ネタは?」という時はこちらへ
記事索引「ブリキの文書箱

灰皿と階段

事件の依頼主(正確には、依頼したのは部下ですが)が、喫煙者であることを見抜いたシャーロックと、どうしてわかったのか知りたがるジョン。

「証拠は君の鼻先にあったよ、ジョン。いつものことだが、君は見てるのに観察しない」
「観察?何を?」 
「灰皿だ」(拙訳)


とても有名なセリフですね。これ、ちょうど「ボヘミアの醜聞」からの引用なんですね。

「推論の根拠を聞くと、いつもばかばかしいほど簡単なので、僕にだってできそうな気がするよ。それでいて実際は、説明を聞くまでは、何が何だかわからないのだから情けない。眼だって君より悪くなんかないつもりなんだがねえ」
「それはそうさ」とホームズは巻きタバコに火をつけて、肘掛椅子にどかりと腰をおろしながらいった。
「君はただ眼で見るだけで、観察ということをしない。見るのと観察するのでは大ちがいなんだぜ。たとえば君は、玄関からこの部屋まであがってくる途中の階段は、ずいぶん見ているだろう?」
「ずいぶん見ている」
「どのくらい?」
「何百回となくさ」
「じゃきくが、段は何段あるね?」
「何段?知らないねえ」
「そうだろうさ。心で見ないからだ。眼で見るだけなら、ずいぶん見ているんだがねえ。僕は十七段あると、ちゃんと知っている。それは僕がこの眼で見て、そして心で見ているからだ。(後略・延原謙訳)」


ちょっと説教くさい話になってしまいそうなところを、原作のホームズは「自宅の階段の段数」という誰にとっても身近な例を出すこと、現代版シャーロックはジョンの言っていた冗談に「オチ」をつけてみせることで、楽しく、しかも印象的なエピソードにしています。
こういう作り手の「巧さ」に出会うと、うれしくなってしまいますよね。
スポンサーサイト

バッキンガム宮殿で

全裸でバッキンガム宮殿に通されると言う快挙(?)を成し遂げたシャーロックと、拉致られ歴も極まってついに空にまで進出したジョン。第3シーズンではぜひ海を越えていただきたい。

原作でもホームズは宮殿に招かれています(全裸じゃないですよ!多分!)。
第1シーズン第3話のモチーフの一つにもなった、「ブルース・パティントン設計書」事件の報酬を受け取るためです。

数週間後になって、ホームズがウィンザー宮殿で一日をすごしたことを、私は偶然知った。
帰ったときはすばらしいエメラルドのネクタイ・ピンを飾っていた。買ったのかと聞いたら、ある祝福すべき貴婦人から、幸運にもちょっとしたご用をうまく果したお礼に贈られたのだと答えるだけだった。だが私にはその貴婦人の尊い名は推測できた。このエメラルドのピンが、ブルース・パティントン設計書事件の時のホームズの功績を永遠に表彰するものであることをすこしも疑わないのである。(延原謙訳)


「その貴婦人の尊い名」がピンとこない日本人のために、我らが延原先生、訳注をつけてくださってます。当時英国を統治していたヴィクトリア女王です。
……「宮殿に招かれた」と言っても、片やエメラルドのピンを賜り、片や灰皿を盗んでくるとは、一口に「元ネタ」と言ってしまっていいのか悪いのか。

また、ジョンの方は

「そしてこちらがドクター・ワトスンですね?元、第五ノーザンバーランド・フュージリア連隊(The Fifth Northumberland Fusiliers)の」 (拙訳)


と聞かれていますが、この連隊は第一作「緋色の研究」のまさに冒頭に出てきますね。

一八七八年にロンドン大学で医学博士の学位をとった私は 軍医としての必須科目をおさめるため、ひきつづきネットリの陸軍病院へと進んだ。そしてそこで修行を終了してから、順調に第五ノーサンバランド・フュージリア連隊付の軍医補に任命されたのである。(延原謙訳)


「ロイヤル・フュージリア連隊」の公式サイトはこちら。日本語wikiはこちら
私のように軍事関係の知識に疎い者にもわかりやすく書かれています。
それにしても、原作の時代から現代までずーっと続いているんですよね。全く同じ隊名が通用してしまうということに、なんだか圧倒されてしまいます。

冷蔵庫に親指

1期第3話のジョン(冷蔵庫に生首発見)に続き、親指を見つけてしまったかわいそうなハドソン夫人。

ホームズで親指といえば、「技師の親指」。
この事件は、まずワトスンのところに持ち込まれたという珍しい事件です。

シャーロック・ホームズとの短からぬ親交のあいだに、彼が解決を託された事件のうちで、この私からの紹介によるものが二つだけある。ハザリー氏の親指事件とウォーバトン大佐の発狂事件である。(『技師の親指』延原謙訳)


結婚して221Bを出たワトスンは、パディントン駅の近くに医院を開業します。
駅の近くということで何人かの駅員を患者に持つことになり、その中でも特にワトスンに感謝したある車掌は「忠実な篤志客引き」となり、駅で患者がでると必ずワトスンの医院に連れて来るようになります(いかにもワトスンらしいエピソードですね)。
タイトルになっている水力技師(原文ではhydraulic engineer、水力学とは何か、にこだわると長~い話になってしまうんですが、興味がある方はwikiをごらんください)はある事件に巻き込まれ、親指を切断されてしまいます。
件の「篤志客引き」にワトスンの医院に連れてこられた彼は、ワトスンに事情を話し、ワトスンは彼を221Bに連れてゆきます。

もう一件、ワトスンがホームズに持ち込んだという「ウォーバトン大佐の発狂事件」は、タイトルから言って軍隊時代の知り合いの話でしょうか?グラナダ版では「背の曲がった男」も、軍隊からワトスンを通してホームズへの依頼があった、という設定になっていたと思います。
ジョンの軍隊時代を知る人も、今後出てくるんでしょうか。ブログには、負傷したワトスンを助けた看護兵のマーレイ君と思われる人物がコメントしていますが、本編にも出てきて欲しいですね~。

【追記:2012年7月21日】「海軍条約文書事件」もワトスンの幼馴染からの依頼ですよね。
ワトスンが「二つだけ」と言っているのはあくまで「技師の親指」執筆時点での話で、この後増えたかもしれないし、またはワトスンらしい勘違いかもしれません。
プロフィール

Author:ナツミ
シャーロック・ホームズが好きです。どちらかというとワトスン君がより好きです。

メールはこちらへ

Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
索引
このブログで考察した「元ネタ」を、ドラマの時系列に沿って探すための索引サイトです。 順次更新致します。 「21世紀探偵・ブリキの文書箱」
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blog mura